スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年3月13日(土)の「おつたえ」;しんのじゆう。

いつもありがとうございます。毎週末の神社でのめでぃてーしょんを通じて「おつたえ」いただいた「しんい・めっせーじ」等を誠実に記させて頂いております。
【参照】「「おつたえ」はじめに。」のページへ
【参照】「わたし」のスピリチュアリティー(霊性)の「しんか」のページへ
【<毎週末のめでぃてーしょん>】
                                    <◆◆「おつたえ」まとめ
                                    <★★「しんい・めっせーじ」まとめ



(しんの)じゆう。 しんいかなうこのよこころ。

(しんの)じゆう。 しんいかなうこのよこころ。

(しんの)じゆう。 しんいかなうこのよこころ。





今朝は、今までにない変則型の「おつたえ;くげん」でした。

。。。定位置で(上半身を)サレンダーさせていただき、めでぃてーしょんを開始するやいなや、まるで天から(深遠の意識から)強烈なエネルギー体(波動・雰囲気)が私の体の中になだれ込むような感覚に包まれ深淵の意識に埋没する直前、昨日から始まった「不要なペルソナのアポトーシス」のため、「ころしてください!」と声が出ました。

(上のブランク部は少々衝撃的なことばなので、「せんたく」することにより「あらわれる」ことになります。ご了承ください。ありがとうございます。)


また、「不要なペルソナのアポトーシス」のためか、通常よりも「ながめ」のめでぃてーしょんでした。
通常は「30分」程度なのですが、今朝は「45~50分」でした。





今朝は、変則的に「じゆう!」と、まず一言、強烈に「こえ」が発せられたと記憶している。

「じゆう」。。「自由」。。。「じゆう」。

【参照】「自由」 (三省堂「大辞林 第二版」より)
(1)〔freedom; liberty〕他からの強制・拘束・支配などを受けないで、自らの意志や本性に従っている・こと(さま)。自らを統御する自律性、内なる必然から行為する自発性などがその内容で、これに関して当の主体の能力・権利・責任などが問題となる。
(ア)哲学的な意味では、自らを自律的に統御し、内なる必然から自発的に行為すること。外的自然からの自由、内的自然(理性や意志以外の要因)からの自由、他人による強制からの自由に分かれる。意志の自由とほぼ同義。
(イ)社会学的な意味では、社会集団が個人の自律的な判断・決定能力を発展させる構造的条件を備えていること。基本的人権のほか価値・規範体系の整備なども含む。
「―な社会の実現」
(ウ)政治的・歴史的には、時代によって異なる内容をもつ。古代ギリシャでは度零などと区別されたポリス市民固有の属性、すなわちすぐれたものへの洞察力を意味したが、中世ヨーロッパでは身分的特権の別名であった。近代のリベラルな自由概念は一七世紀の宗教戦争以来成立し、市民革命を経て強化・確立され、宗教的自由から思想・信条の自由が、さらにそこから言論・出版の自由が要請された。この過程で、権力と対立しこれを制約する自由という視点も出てくる。マルクス主義的には、社会全体が解放され、人格の自律が真に達成されることが重要視される。
(2)物事が自分の思うままになるさま。
「三か国語を―にあやつる」「―がきく」「―になる時間」「船の進退―ならねば/近世紀聞(延房)」
(3)わがまま。気まま。
「よろづ―にして、大方、人に従ふといふ事なし/徒然 60」
[派生] ――さ(名)



私たちはともすると「じゆう」という言葉を「勝手気まま」「わがまま。気まま。」の意味で使用したり、認識してしまいがちだ。

しかし、今朝、「じゆう」に関して強烈に「おつたえ;くげん」としてくださった。

じゆう。しんいかなうこのよこころ。」

「しんのじゆう」とは、「しんいかなうこのよこころ」。

それはつまり「しんいかなうこのよこころ」でなければ、「じゆう」ではない。

勝手気ままに言いたいことを言いやりたいことをするのは、決して「じゆう」ではない。

それは「2010年3月4日(木)10:37にとどきました。;じゆう。」でも届いている。

そして、今朝改めて「おつたえ;くげん」として強烈におつたえ下さった。



私たちは「こころせんたく」次第で「じゆう」にいきることができる。

「しんいかなうこのよこころ」を「せんたく」することにより、私たちは皆、「じゆう」にいきることができるのだ。

逆に「しんいかなうこのよこころ」を「せんたく」しない場合には、「勝手気まま」に言いたいことを言ったりやりたいことをやったとしても短命に終わる。

ある一時、ある一瞬は「勝手気まま」に言いたいことを言ったりやりたいことをやることができるが、いずれ必ず「しんいかなわぬ」「こころせんたく」次第の「めぐりかえり」が、さまざまな「事象や事情」として、皆それぞれ「じぶんじんせい」に「あらわれる」。



今朝、強烈に「じゆう」に関して「おつたえ;くげん」をくださったということは、近いうちに何か「じゆう」に関してこのよこころに明確に「あらわれ」が顕在化するのだろう。

そして同時に、私たちこのよこころ、社会意識は、これからさらに「じゆう」に関して、「しんか」する時となったのだろう。




本来、私たちは皆、「じゆう」だ。

このよこころ、自然宇宙は、「すべてしぜん」で「すべてじゆう」だ。

その「しんい」にますます多くの人々がきづきはじめている。

そして私たちは、これからさらに「みなでしあわせ」に、さらに「じゆう」に「しんか」する時と成ったのだと強く感じた/観じた。




今朝は、今までにない、とても変則的な「おつたえ;くげん」だった。

それだけ、いつもとは異なるほど「(しんの)じゆう。 しんいかなうこのよこころ。」という「おつたえ;くげん」の観点が、今後は私たちこのよこころに大切な観点となる。



「じゆう」。



「しんのじゆう」とは、「しんいかなうこのよこころ」。


「じゆう」。



本来、私たち、このよこころ、自然宇宙、は「すべてしぜん」で、「すべてじゆう」なのだ。

これからますます、私たちこのよこころ社会意識における、「じゆう」という観点のさらなる「しんか」が「あらわれる」。


「このよおおせんたく」が世界中を巡り還りあらわれている真っ只中、楽しみな時代に、今、私たちは皆、いきている。

【重要】
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん

【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは




みなのこころのなかじゃ。
すべてこのよこころのなか。

なにがあってもかんしゃするがよい。

かんしゃしてしんかするしんい。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころのせんたく。
しんいはみなでしあわせ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

このよすべてしぜん。

みなそれぞれじぶんのじんせい。
ひとたにんのじんせいいきられん。

みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。

みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

すべてわさいぜん。

このよこころわひびきあいかなであい。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。


このよすべてじぶん。
みなでひとつ。
みなでしあわせ。

みなちがういのち。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

ひとみないちれつみなたいら。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせ。

このよこころすべてじぶん。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

このよこころじんせいむだはない。
このよこころすべてまなび。

このよこころすべてまなび。
このよこころすべてじぶん。
このよこころすべてしぜん。

みなでしあわせみなでひとつ。
みなこころこのよつながっておる。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

しんのつよさすべてをうけいれすべてをあいしすべてをいかすこのよこころしぜんうちゅうのつよさ。

すべてにかんしゃしまなびなせ。

ぜんあくいだきあいとなる。

なにがあってもかんしゃするがよい。
かんしゃすればこころせんたく。
かんしゃすればこころせんたくこころすむ。

かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。

ぜんかんしゃ。
しんいみきわめまなびなす。
しんかのみちびき。
しあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

かんしゃこころこのよいきることじゃいかすことじゃ。


かんしゃはいきること。。。。

かんしゃいかすこと。


ぜんかんしゃこのよこころいきることいかすこと。

ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。

しんいはみなでしあわせじゃ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることじゃいかすことじゃ。
しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころせんたく。
かんしゃすればしんいみえる。
しんいみえればまなびなす。
まなびなせばみちびきつかむ。
みちびきこれあらたなるしんかへのみちじゃ。
かんしゃするがよい。
かんしゃするがよい。
かんしゃするがよい。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃはいきることじゃいかすことじゃ。

ぜんあくいだきあいとなる。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

しんいはみなでしあわせじゃ。






すべてに、ありがとう。全感謝。

{【2013年2月2日の変更】『2013年2月2日(土)14:00過ぎ「隅田川河畔ランニングコーナー」での出来事;「殺したい心にも『愛』を感じた/観じた「このよ」への『愛』。。。全感謝。」』に記したように、「どれい」という表現は「あしきごかい」を浄化させるため、「度零」に変更いたしました。
ありがとうございます。}



◆★◆ランキングに参加させていただいております。下もしくは左の《参加ランキング》の「ランキングバナー」等をそれぞれクリックしていただけましたら幸いに存じます。                             ありがとうございます。◆★◆

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング【くつろぐ】

{注;以下、「スポンサー(Ads by Google)」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。