スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年2月20日(土)の「おつたえ」;このよこころじんせい。

いつもありがとうございます。毎週末の神社でのめでぃてーしょんを通じて「おつたえ」いただいた「しんい・めっせーじ」等を誠実に記させて頂いております。
【参照】「「おつたえ」はじめに。」のページへ
【参照】「わたし」のスピリチュアリティー(霊性)の「しんか」のページへ
【<毎週末のめでぃてーしょん>】
                                    <◆◆「おつたえ」まとめ
                                    <★★「しんい・めっせーじ」まとめ



このよこころすべてしんのじぶん。
このよこころすべてしんのじぶん。
このよこころすべてしんのじぶん。

こころじんせいみなかえる。
こころじんせいみなかえる。
こころじんせいみなかえる。

こころ(せんたく)しだいじんせいあらわれる。
こころ(せんたく)しだいじんせいあらわれる。
こころ(せんたく)しだいじんせいあらわれる。





今朝は、上空雲一つ無く、すがすがしい春を感じさせる快晴。
「春」はもうすぐそこまでやって来ている。





まず、「このよこころすべてしんのじぶん。」とおつたえくださった。

今朝の「神社でのめでぃてーしょん」で「おつたえ;くげん」が「こえ」として発せられた後の「(上半身)浮遊状態」の時に、「今年の春は、大きな変化(「しんか」)が、私たちのこのよこころ、社会意識に顕在化する」ことが届いた。。
(具体的なことは「つたえんでもよい。」と届いておりますので、この場に記すことは割愛させて頂きます。
ご了承ください。)


。。。この春「大きな変化(「しんか(進化・深化・心化・信化・清化・新化・芯化・真化・神化・しんか)」)」が、このよこころ社会意識に顕在化する。

そのため、今朝は今までにも幾度もおつたえくださっていることをまたあらためておつたえくださったようだ。


ますます多くの人々が「このよこころすべてしんのじぶん。」という「しんい」をきづき始めている。

今、これを読んでくださっている人も「このよこころすべてしんのじぶん。」という「しんい」をきづいている。

そして一人、また一人と「このよこころすべてしんのじぶん。」をきづき始めている。

たとえ今、「このよこころすべてしんのじぶん。」という「しんい」をきづかない、もしくはきづくことができない人々がいるとしても、それは皆それぞれ「こころせんたくしだい」であるのでその「こころせんたく」も尊重され、しかしみなそれぞれ「じぶんじんせい」の中でいずれ自然ときづく。

「しんのじぶん」とは、「がよくのじぶんでない。」

「しんのじぶん」とは、我欲の自分でない。

「しんのじぶん」とは、「しんが(真我/神我)」とも呼ばれる。

私たちは、ますます「このよこころすべてしんのじぶん。」ということをきづき始めている。

他人様(ひとさま)を見ても、それは「じぶん」をみせられていることに、ますます多くの人々がきづき始めているのだ。

このよこころ「鏡の法則」をさらに多くの人々がきづいている。

他人様(ひとさま)も、実は「しんのじぶん」なのだときづく。

その「きづき」がある人ときづき無い人との「ちがい」もまた、明確にあらわれる。

「ちがい」が明確にあらわれることも、とても自然。

その「ちがい」も影響して、今年の春は、このよこころ社会意識が何か大きく変化(「しんか(進化・深化・心化・信化・清化・新化・芯化・真化・神化・しんか)」)するのだろう。





こころじんせいみなかえる。」とおつたえくださった。

自分が発した「こころ」は、「みなそれぞれじぶんじんせい」に、「みなかえる(皆、帰る/還る)」。

同時に、自分の「こころ」が、「みなそれぞれじぶんじんせい」を皆、変える。

私たち一人一人の、それぞれ自分の「人生」は、自分の「こころ」がめぐりかえりあらわれたもの。

日々の自分の「こころ」が、自分の「じんせい」として皆、自分自身に「かえる(帰る/還る)」。

そして自分の「こころ」により、自分の「じんせい」を、変えることもできる。

これからますます「こころ」という観点が重要になる。

「こころ」は目には見えない。

「こころ」は数値にも表せない。

「こころ」は無限だ。
分量としても表せない。

「こころ」は、言葉でも説明しきれない。


それほど偉大で奥深く、複雑であり多様な存在である「こころ」という観点が、これから私たち皆それぞれ、「じんせい」でますます重要になるということだと悟らさせて頂いた。

同時に、私たちのこのよこころ社会意識においても同様に、この「こころ」という観点がますます重要になる。

こころじんせいみなかえる。」。。。

今、「こころ」の重要性を、ますます多くの人々がきづき始めている。





こころ(せんたく)しだいじんせいあらわれる。」とおつたえくださった。
(「せんたく」の部分は「こえ」としては発せられませんでした。しかし敢えて「(せんたく)」と文字で添える旨、届いております。。。
申し訳ございません。その「しんい」は未だきづききれておりません。。。
「きづききれない」ことにもまず、感謝させていただきます。
ありがとうございます。)


みなそれぞれ、自分の「じんせい」は、「こころのあらわれ」。

それはつまり、自分の人生の日々の現実として巡り還る出来事は、自分の「こころのあらわれ」。

同時に、その日々の現実として巡り還る「こころのあらわれ」の連続が、自分の「じんせい」と成る。

私たち皆それぞれ自分の「じんせい」は、自分の「こころ(せんたく)しだい」。

それは、今後「こころ(せんたく)しだい」で、自分のさらに幸せな「じんせい」を歩んでゆくこともできるということ。

今朝、「こえ」として「おつたえ;くげん」が届いた後の「(上半身)浮遊状態」の時に届いた「私たちのこのよこころに、この春、大きく顕在化する何らかの「変化(「しんか(進化・深化・心化・信化・清化・新化・芯化・真化・神化・しんか)」)」も影響し、私たち皆それぞれ自分の「じんせい」が、自分の「こころ(せんたく)しだい」で、さらに幸せに「あらわれる(顕われる)」こともあるということ。

同時に、その「春の大きな変化(「しんか」)」により、「こころ(せんたく)しだい」で、自分の「じんせい」が「あらわれる(洗われる)」ことにもなるのだろう。

この春は多くの人々の「じんせい」が「あらわれる(洗われる)」ことになるのだろう。

いずれにせよ、皆それぞれ自分の「じんせい」は、自分の「こころ(せんたく)しだい」であり、とても「しぜん(自然/至全/至善)」なこと。


皆、楽しみに、「この春の大きな変化(「しんか(進化・深化・心化・信化・清化・新化・芯化・真化・神化・しんか)」)」を、迎えることになる。


「しぜん」は、必ず移りゆく。。。変化・「しんか(進化・深化・心化・信化・清化・新化・芯化・真化・神化・しんか)」する。

「こころ(せんたく)しだい」。。。とても「しぜん(自然/至全/至善)」なことなのだ。。。




みなのこころのなかじゃ。
すべてこのよこころのなか。

なにがあってもかんしゃするがよい。

かんしゃしてしんかするしんい。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころのせんたく。
しんいはみなでしあわせ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

このよすべてしぜん。

みなそれぞれじぶんのじんせい。
ひとたにんのじんせいいきられん。

みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。

みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

すべてわさいぜん。

このよこころわひびきあいかなであい。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。


このよすべてじぶん。
みなでひとつ。
みなでしあわせ。

みなちがういのち。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

ひとみないちれつみなたいら。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせ。

このよこころすべてじぶん。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

このよこころじんせいむだはない。
このよこころすべてまなび。

このよこころすべてまなび。
このよこころすべてじぶん。
このよこころすべてしぜん。

みなでしあわせみなでひとつ。
みなこころこのよつながっておる。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

しんのつよさすべてをうけいれすべてをあいしすべてをいかすこのよこころしぜんうちゅうのつよさ。

すべてにかんしゃしまなびなせ。

ぜんあくいだきあいとなる。

なにがあってもかんしゃするがよい。
かんしゃすればこころせんたく。
かんしゃすればこころせんたくこころすむ。

かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。

ぜんかんしゃ。
しんいみきわめまなびなす。
しんかのみちびき。
しあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

かんしゃこころこのよいきることじゃいかすことじゃ。


かんしゃはいきること。。。。

かんしゃいかすこと。


ぜんかんしゃこのよこころいきることいかすこと。

ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。

しんいはみなでしあわせじゃ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることじゃいかすことじゃ。
しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころせんたく。
かんしゃすればしんいみえる。
しんいみえればまなびなす。
まなびなせばみちびきつかむ。
みちびきこれあらたなるしんかへのみちじゃ。
かんしゃするがよい。
かんしゃするがよい。
かんしゃするがよい。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃはいきることじゃいかすことじゃ。

ぜんあくいだきあいとなる。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

しんいはみなでしあわせじゃ。






すべてに、ありがとう。全感謝。

◆★◆ランキングに参加させていただいております。下もしくは左の《参加ランキング》の「ランキングバナー」等をそれぞれクリックしていただけましたら幸いに存じます。                             ありがとうございます。◆★◆

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング【くつろぐ】

{注;以下、「スポンサー(Ads by Google)」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。