スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年1月24日(日)の「ひかりたち」; 「お江戸散歩;浅草」

【 snapshots! 】まとめ。
【◆snapshots! アルバム / ALBUM◆】


(下の各画像「ひかりたち」をクリックすると、大きな画像が表示されます。Please click the thumb-nails below. You can see enlarged photos.)

Asakusa_012410_001.jpg Asakusa_012410_002.jpg Asakusa_012410_006.jpg Asakusa_012410_009.jpg Asakusa_012410_014.jpg Asakusa_012410_015.jpg Asakusa_012410_024.jpg Asakusa_012410_025.jpg Asakusa_012410_029.jpg Asakusa_012410_078.jpg Asakusa_012410_088.jpg Asakusa_012410_120.jpg Asakusa_012410_126.jpg Asakusa_012410_134.jpg




【<アルバムスライドショー / SLIDESHOW>】
(こちらをクリックするとスライドショーとなり、その他の画像もご覧いただけます
。)
(上記をクリックするとスライドショーがスタートします。
スライド速度は、マウスを動かすと表示される画面下方の「表示秒数」横の「+マーク」をクリックするとゆっくり表示されるようになります。適宜ご調整ください。)




【◆snapshots! アルバム / ALBUM◆】



。。。。「お江戸庵(この部屋)」から地下鉄で10分弱。。。。そこは「浅草」。。。

「浅草」はここから近所だ。。。

。。しかしあまり足が向かない。。。

。。その理由は、そこにはあまりにも強烈なありがたい「観音様」の波動・雰囲気が漲っているからだ。。

しょっちゅう足を運ばせて頂くには私にはあまりにも「もったいない」。。。

。。。。。

。。。距離にして地下鉄でわずか10分弱。。。。しかし、「心の距離」は、はるかに遠い。。。

。。。。。。。


お江戸庵ではよく、NHKを小さな音量でBGV的につけている。

先日、タモリさんが浅草を「ぶらぶら(散歩)」している番組が放送されていた。

「そうだ、浅草、行こう!」。。。

。。。。。

今朝、5時に起きた。。

ゆったりと準備をし、地下鉄で夜が明け切らぬ6:30前、浅草に着いた。。。

。。。。

日中、日曜日の浅草は「賑わい」の波動・雰囲気に包まれる。。。

。。。「観音様の強烈なありがたい」波動・雰囲気と、その「賑わい」が入り交じり、「わたし」には強烈すぎる。

そこで、観光客が少ない、日の出前の6:30頃から、「お江戸散歩;浅草」開始!

。。。。。


建設中の「スカイツリー(新東京タワー)」が夜明けの空に、ノッポの印象的なシルエットで私を迎えてくれた。。

。。。。。

雷門をくぐり、仲見世を進み、浅草寺へ。。。。

。。。

その時、「朝日に照らされ、萌えるような(燃えるような)五重塔が紺色の大空に浮かび上がり」。。。。

まさに「そのわずかな時(時間)」にしか目にすることができない、五重塔の目覚めるような美しい姿を見ることができた。

。。。。。

「釘付け!」


【<アルバムスライドショー / SLIDESHOW>】
(こちらをクリックするとスライドショーとなります
。)
(上記をクリックするとスライドショーがスタートします。
スライド速度は、マウスを動かすと表示される画面下方の「表示秒数」横の「+マーク」をクリックするとゆっくり表示されるようになります。適宜ご調整ください。)




。。。。。。。

私はまさに、その「美」に釘付けだった。。。

。。。朝日が昇るに従い、刻一刻とその燃え上がる(萌え上がる)色彩は、微妙に表情を変える。。

その「わずかな光の変化」が、心を大きく揺さぶるほどに、味わい深い。。。

「自然の光」の成せる技。。。。

五重塔を見つめ何十分も、全感謝の心で、その場に立ちつくした。。。。

。。。。。

そしてゆったりと、ゆったりと、「ひかりたち」と出会いながら、隅田川沿いを下り、帰宅した。。。

。。。。


。。。。今朝はまさに「観音様の光」を観せて頂いた「お江戸散歩;浅草」だった。。。。


ありがとうございます。。。




すべてに、ありがとう。全感謝。

◆★◆ランキングに参加させていただいております。下もしくは左の《参加ランキング》の「ランキングバナー」等をそれぞれクリックしていただけましたら幸いに存じます。                             ありがとうございます。◆★◆

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング【くつろぐ】

{注;以下、「スポンサー(Ads by Google)」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}




スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。