スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ネガティブ感謝術』;【4】全ては自分に起因する。

『ネガティブ感謝術』の秘力は、この世の善意を倍増させ、この世の悪意は悪意を発した本人により自ら浄化される。ありがとうございます。


【 #ネガティブ感謝術_2 189 】【4】全ては自分に起因する。
【 #ネガティブ感謝術_2 190 】人生を変えるための根本的な「こころせんたく(心の選択)」は、「全ては自分に起因する。」という心を選択すること。
【 #ネガティブ感謝術_2 191 】「自分の人生」の日々現実として起きてくるいかなる出来事に対しても「全ては自分に起因する。」という心を選択する。
【 #ネガティブ感謝術_2 192 】「全ては自分に起因する。」という心を選択することにより、物事に対して他責する心が無くなる。
【 #ネガティブ感謝術_2 193 】他責する心が無くなると、本当の意味での「自分の人生」を自分自身が生きることができる。
【 #ネガティブ感謝術_2 194 】日々の出来事に対して他責する心がある場合には、本当の意味での「自分の人生」を生きていることにはならない。
【 #ネガティブ感謝術_2 195 】自分の人生に起きてきた出来事に関して他責をすることにより自分の人生が他人の人生に影響されてしまうからだ。
【 #ネガティブ感謝術_2 196 】例えば、友達と食事に行く約束をしていた時に、友達の都合が悪くなり食事に行くことができなくなってしまった場合。
【 #ネガティブ感謝術_2 197 】「食事に行けなくなったのは友達の所為である。」という心を選択してしまうことにより、「自分の人生」ではなくなる。
【 #ネガティブ感謝術_2 198 】「自分の人生」を自分が主体になり生きていない、生きられないという状態に陥ってしまう。
【 #ネガティブ感謝術_2 199 】他責することは「自分の人生」が他人の人生により影響を受け、自分の人生を自分自身が生きていないことの宣言である。
【 #ネガティブ感謝術_2 200 】自分以外の存在に影響されてしまう人生は、本当の意味での「自分の人生を自分自身がいきる」ことにはならない。
【 #ネガティブ感謝術_2 201 】「自分の人生」を自分自身が生きるためには、「全ては自分に起因する。」という心の選択をする。
【 #ネガティブ感謝術_2 202 】「自分の人生」を自分自身が生きている場合、友達が約束を破る結果となったとしても他責せず、自ずと対応策が見つかる。
【 #ネガティブ感謝術_2 203 】食事に行けなくなってしまった原因を友達だけの所為にして、友達を責めることはしない。
【 #ネガティブ感謝術_2 204 】原因を一方的に友達に課し友達を責めるのではなく、また別の都合のいい日時を提案すればよいのだ。
【 #ネガティブ感謝術_2 205 】自分の意図に沿わない出来事が起きた場合に、他責することは「自分の人生を自分が生きること」を放棄していることだ。
【 #ネガティブ感謝術_2 206 】さらに幸せな人生を生きるためにまずすることは、「全ては自分に起因する。」という心の「せんたく」。
【 #ネガティブ感謝術_2 207 】「全ては自分に起因する」ときづくことは、自分は運命に翻弄されず「自分の人生を自分がいきる」と確信すること。
【 #ネガティブ感謝術_2 208 】「全ては自分に起因する」と心を選択し、他責せず常に可能性を見つけて生きることは「自分の人生」を生きること。
【 #ネガティブ感謝術_2 209 】「全ては自分に起因する」と心「せんたく」することで「自分自身が自分自身の人生を自分自身で生きる」ことができる。
【 #ネガティブ感謝術_2 210 】『ネガティブ感謝術』の秘力は、この世の善意を倍増させ、この世の悪意は悪意を発した本人により自ら浄化される。
【 #ネガティブ感謝術_2 211 】『ネガティブ感謝術』の秘力によりこの世の善意は倍増されこの世の悪意は悪意を発した本人により自ら浄化されるのだ。



<次節へ>
◆ 【5】「鏡の法則」


『ネガティブ感謝術』;目次へ


『ネガティブ感謝術』の秘力は、この世の善意を倍増させ、この世の悪意は悪意を発した本人により自ら浄化される。ありがとうございます。





すべてに、ありがとう。全感謝。

{注;以下、「スポンサー(Ads by Google)」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。