スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年12月5日(土)の「おつたえ」;さべつへんけんみなかえるこころせんたくあらわれるこのよかがみ。

いつもありがとうございます。毎週末の神社でのめでぃてーしょんを通じて「おつたえ」いただいた「しんい・めっせーじ」等を誠実に記させて頂いております。
【参照】「「おつたえ」はじめに。」のページへ
【参照】「わたし」のスピリチュアリティー(霊性)の「しんか」のページへ
【<毎週末のめでぃてーしょん>】
                                    <◆◆「おつたえ」まとめ
                                    <★★「しんい・めっせーじ」まとめ



よい。よい。よい。




このよかがみこのよこころじぶん。
このよかがみこのよこころじぶん。
このよかがみこのよこころじぶん。

みなそれぞれじぶんじんせいこころせんたくあらわれる。
みなそれぞれじぶんじんせいこころせんたくあらわれる。
みなそれぞれじぶんじんせいこころせんたくあらわれる。

さべつへんけんみなかえる。
さべつへんけんみなかえる。
さべつへんけんみなかえる。






今朝は、いつもお世話になっている神社に向かう道中、大空に「龍」が迎えてくださいました。

壮大な「龍」の形をした雲が天空にあらわれていたのです。


師走に入り、初めての「神社でのめでぃてーしょん」。。。

この数日の間にも世の「波動・雰囲気」が変わったのがはっきりときづかれます。

このよこころの「しんか」がさらに急速にあらわれているようです。




さて、今朝は、いつもの「定位置」でいつものように「神社でのめでぃてーしょん」を開始早々、「よい。よい。よい。」という言葉が突然発せられたと記憶しております。。

いつものように上半身は「サレンダー(明け渡す。譲渡。開放。ゆだね。)」。。。

意識を失わないためにも、サレンダーさせていただきながら、記憶は保っております。

今朝は、神社では「年末の樹木植木の剪定」が行われておりました。

そのことも影響して、突然「よい。よい。よい。」と言葉が発せられたのか、「しんい」は定かではありません。

いずれにせよ、何かに対して、もしくは現状に対して「肯定」をお伝えくださったのだと感じて/観じております。






このよかがみこのよこころじぶん。」とお伝えくださいました。

すでに多くの人々がきづいています。

また、最近CMに使用されているヒットソングの中でも、「人は鏡だから。」と歌われています。

このよかがみこのよこころじぶん。」。。。

このよこころは全て繋がっていることが、量子力学的にも解明されています。

全てが繋がっているこのよこころ。。。

この世は、「自分の鏡」のように、自分の心(心理、深層意識等)を映し出します。

この世は、自分の心の投影であり、まさに、この世は「自分の鏡」なのです。

そして「このよこころじぶん」なのです。

今、これをお読みくださっている多くの方が、「この世は自分の心を映し出す鏡」であることに、きづいていらっしゃいます。

そして、「このよこころじぶん」をさらにきづきます。

これからますますこのよこころが「しんか」し、多くの人々が「このよかがみこのよこころじぶん」にきづく時と成ったのだと感じ/観じさせていただきました。





みなそれぞれじぶんじんせいこころせんたくあらわれる。」とお伝えくださいました。

日々自分の人生に巡り還りあらわれるこの世「現実」は「自分の心を映し出す鏡」であり、どのような「こころせんたく」をするかにより、その「こころせんたく」を映し出す「現実」も異なる。。

日々巡り還りあらわれる「現実」の連続が「じぶんじんせい」であり、自分の人生は、自分の「こころせんたく」次第の人生として、自分自身に巡り還り「あらわれる」。。。

この「おつたえ」「しんい」は、今までも幾度もおつたえくださっております。

【参照】(今までの「おつたえ」より。)
2008年11月29日(土)の「おつたえ」;こころめぐりかえりじぶんのじんせいぜんかんしゃ
2009年5月23日(土)の「おつたえ」;このよじぶん
2009年7月4日(土)の「おつたえ」;こころあらわれしんかするじんせい



今朝もまた改めておつたえくださいました。

これからますます「自分の人生」として、「こころせんたく」次第、あらわれる時と成ったのだと強く感じ/観じさせていただきました。

また、同時に、「皆それぞれ、自分人生」により、今まで以上にさらに一層「心が磨かれ洗われる」時と成ってゆくのだとも感じ/観じさせていただきました。

これからは、私達一人一人が、「自分の人生」というものをさらにしっかりと認識をして(=私たち一人一人が、「自分の人生」に対する認識がさらに深まり)、日々、自分の人生をいきることいかすことにより、それが「こころせんたく(心の洗濯)」となり、心がきれいに美しく磨かれ「洗われる」時と成ったということです。


みなそれぞれじぶんじんせいこころせんたくあらわれる。」。。。

短い「おつたえ」ですが、とても多くの「しんい」解釈、奥深い意味を含んでいます。

「こころせんたく」次第の、解釈ができると感じて/観じております。





さべつへんけんみなかえる。」とお伝えくださいました。

「差別・偏見、みな、かえる。」。。。

このよこころがますます「しんか」している昨今、過去の形骸化した慣習や判断基準などでは計り得ない爆変の時を迎えています。

我欲に囚われた、「しんか」の乏しい人間尺度の軽率な基準で物事を判断してしまい、他人様(ひとさま)に対して、差別や偏見を気づかずともしてしまう。。。

あからさまな差別・偏見はもちろん、「差別・偏見」の心を持った人の人生には様々な形の事情が顕在化しますが、これからは他人様(ひとさま)に対して自分では気づかない無意識の差別・偏見ですら、みな、その人の人生に様々な事情として「かえる」。。。。

日々巡り還りあらわれる「現実」の中で、思いもよらない事情(。。最近頻発している都心鉄道の不具合による、通勤時の混乱の不快等)が生じた際には、自分がそのような事情に遭遇するそれ相応の「しんい」が包み隠されているものです。

鉄道の不具合により大多数の人々が、自分と同じ事情に見舞われているからといって、自分の人生に巡り還りあらわれたその「事情」という現実を軽視することは、今後は、さらなる別の形の大きな「事情」が巡り還る時になっていると強く感じ/観じられました。

鉄道などの不具合により、都心では何万人もの大多数の人々が同様に混乱し、それらの事情に遭遇した人々は、不快を感じたり困惑を感じる等、通常ではない「非常事態」が、その人々の人生に巡り還りあらわれているのです。

その「非常事態」に包み隠されている「しんい」を悟り、万が一、自分でもそれまで気づいていなかった「差別偏見」等のこころに気づいた場合には、心改め、改心をして、「こころせんたく(心の洗濯)」をすることが、今後、さらに大きな事情に遭遇しないためにも、必要なのではないかと、強く感じ/観じました。。

どのようなことが巡り還りあらわれようとも、まず、感謝をさせていただき、感謝することにより、その巡り還りあらわれた「現実」の中の「しんい」を、よりはっきりときづくことができます。

日々の現実の中で、何か思わしくない「事情」等に遭遇したり、あらわれた際には、自分でも気づいていない「差別や偏見」のこころを抱いていないか、一度、自分の心を、よく見つめてみることが必要な時代になってきているのだと悟らさせていただきました。

これからは、他人様(ひとさま)に対して、些細な「差別・偏見」の感情ですら、すぐに、その「差別・偏見」等のこころを抱いた本人に、必ず、何らかの思わしくない「事情」として、みな、「かえる」ときと成ったのです。



しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。」とおつたえくださっております。

過去の形骸化した観点から他人様(ひとさま)を判断してしまい、「常識に沿っていないから、あの人は、おかしい」とか、「自分の意に沿っていないから、自分が理解できないから、あの人は、変。」等のように、軽率に他人様(ひとさま)を見下したり差別・偏見をするのではなく、「このよかがみこのよこころじぶん」です。

自分の理解能力・脳力を越えた行動や言動を、他人様(ひとさま)が成しているのを目にしたり耳にしても、その他人様(ひとさま)は、その人の人生を「さいぜんいいきいかしている」のかもしれません。

他人様(ひとさま)の「しんのしあわせ」は、その方ご自身だけがわかり得ることであり、第三者がその他人様(ひとさま)のことを判断すべきではないのです。ましてや、見下しや差別・偏見はもってのほかということです。


これからは、たとえ、他人様(ひとさま)が、自分の意に沿わない、もしくは、自分の理解能力・脳力を越えた行動や言動をしていたとしても、「このよかがみこのよこころじぶん」であり、他人様(ひとさま)に対して、見下しや差別・偏見のこころは一切抱くべきではない時と成ったのだと、強く感じ/観じさせていただきました。



このよかがみこのよこころじぶん」です。

自分の理解能力・脳力を越えた、自分では理解できない他人様(ひとさま)を目にしたり、耳にしたりしたときにも、それは「じぶん」であることを悟り、一切、見下しや差別・偏見のこころは、もう、いだきません。

万が一、自分でも気づかずに、他人様(ひとさま)に対して「差別や偏見」をしてしまった場合には、「さべつへんけんみなかえる」という改心を促す「しんい」により、自分の人生に、必ず何らかの「事情」があらわれます。


また、他人様(ひとさま)を差別や偏見することにより、差別偏見した人の人生を、その「こころせんたくしだい」のとおりに、みな、「変える」ということだとも、感じ/観じました。


いずれにせよ、今後は、今まで以上に、他人様(ひとさま)に対して、自分では気づかないような、小さな「差別や偏見」等は、一切、抱かないようにすることが大切になる時となったのだと悟らさせていただきました。




このよかがみこのよこころじぶん。」という「しんい」をしっかりときづいていれば、全ての他人様(ひとさま)に対して、「愛と、敬意と感謝のこころ」で、接することができるのです。


いよいよこれからは、「このよこころすべてじぶん」の「しんい」がこのよこころにきづかれ、このよこころがさらに「しんか」し、他人様(ひとさま)に対して見下しや差別偏見をすれば、すぐにその人の人生にその差別・偏見の「こころせんたく」次第の、悪しき事情が巡り還りあらわれ、改心を促し、「このよかがみ」の「しんい」をさらにきづき、「みなでしあわせ」のこのよこころがますます顕在化する時と成ったのだと、強く悟らさせていただきました。





みなのこころのなかじゃ。
すべてこのよこころのなか。

なにがあってもかんしゃせよ。

かんしゃしてしんかするしんい。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころのせんたく。
しんいはみなでしあわせ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

このよすべてしぜん。

みなそれぞれじぶんのじんせい。
ひとたにんのじんせいいきられん。

みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。

しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

このよすべてじぶん。
みなでひとつ。
みなでしあわせ。

みなちがういのち。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせ。

このよすべてじぶん。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

このよじんせいむだはない。
このよすべてまなび。

このよすべてまなび。
このよすべてじぶん。
このよすべてしぜん。

みなでしあわせみなでひとつ。
みなこころこのよつながっておる。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

しんのつよさすべてをうけいれすべてをあいしすべてをいかすこのよこころしぜんうちゅうのつよさ。

すべてにかんしゃしまなびなせ。

なにがあってもかんしゃすればよい。
かんしゃすればこころせんたく。
かんしゃすればこころせんたくこころすむ。

かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。

ぜんかんしゃ。
しんいみきわめまなびなす。
しんかのみちびき。
しあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

かんしゃこころこのよいきることじゃいかすことじゃ。


かんしゃはいきること。。。。

かんしゃいかすこと。


ぜんかんしゃこのよこころいきることいかすこと。

ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。

しんいはみなでしあわせじゃ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることじゃいかすことじゃ。
しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころせんたくせよ。
かんしゃすればしんいみえる。
しんいみえればまなびなす。
まなびなせばみちびきつかむ。
みちびきこれあらたなるしんかへのみちじゃ。
かんしゃせよ。
かんしゃせよ。
かんしゃせよ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃはいきることじゃいかすことじゃ。

しんいはみなでしあわせじゃ。





すべてに、ありがとう。全感謝。

◆★◆ランキングに参加させていただいております。下もしくは左の《参加ランキング》の「ランキングバナー」等をそれぞれクリックしていただけましたら幸いに存じます。                             ありがとうございます。◆★◆

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング【くつろぐ】

{注;以下、「スポンサー(Ads by Google)」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。