スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年11月7日(土)の「おつたえ」;ぜんあくむだないこのよこころじんせいすべてまなび。

いつもありがとうございます。毎週末の神社でのめでぃてーしょんを通じて「おつたえ」いただいた「しんい・めっせーじ」等を誠実に記させて頂いております。
【参照】「「おつたえ」はじめに。」のページへ
【参照】「わたし」のスピリチュアリティー(霊性)の「しんか」のページへ
【<毎週末のめでぃてーしょん>】
                                    <◆◆「おつたえ」まとめ
                                    <★★「しんい・めっせーじ」まとめ



このよ(こころ)すべてまなび。
このよ(こころ)すべてまなび。
このよ(こころ)すべてまなび。

ぜんあくきめつけるでない。
ぜんあくきめつけるでない。
ぜんあくきめつけるでない。

じんせいむだない。
じんせいむだない。
じんせいむだない。







今朝は、先週のように「きく(菊)」は無く、いつものように「おつたえ;くげん」をいただくことができました。
ありがとうございます。



まず、「このよ(こころ)すべてまなび。」とおつたえくださいました。

昨夜も「まなび」に関して「しんい・めっせーじ」が届きました。

【参照】
2009年11月6日(金)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;いしきこころしんずいしんいまなびひつよう。



「まなび」。。。。

昨夜の「しんい・めっせーじ」でもおつたえくださったように、これからは今まで以上に「まなび」に留意する必要があると強く感じ/観じました。

このよ(こころ)すべてまなび。」。。。。

昨夜の「しんい・めっせーじ」でもおつたえくださったように「知識」も大切ですが、知識に固執執着しすぎず、これからはますます「意識」や「こころ」や、「しんずい/真髄/神髄」に関して今まで以上に奥深い学びが必要になる。

「まなび」「学ぶ」と聞くと、私たちはつい、「知識を覚えること」と無意識に思ってしまいます。

。。。。。

高度経済成長時代の「教育」は、「知識詰め込み型」で、「記憶力の優秀性」により人々をランク付けした時代でした。


「過去すべて学び」。。

そのような時代も、今では「学び」として、私たちはその「弊害」や「素晴らしさ」を学んでいます。

「知識偏重のデータベースのように記憶が優れること」も素晴らしいことです。

その当時は「データベースのように記憶力が優れることだけ」が評価をされていたようですが、それも「過去」。

私たちはその「データベース」に代わる情報は、今ではキーボードとPCスクリーンの向こうに表示される「検索画面」から、手軽に簡単に、情報を得ることができるようになりました。

そして、「データベースのように記憶力が優れること」だけではなく、これからはますます「意識の発達」や「このよこころのしんずい/真髄/神髄を感じる/観じる能力・脳力」の重要性に、私たちの社会意識はますますきづいてゆきます。


「意識の発達」や「このよこころのしんずい/真髄/神髄を感じる/観じる能力・脳力」は、受験勉強やPCスクリーンに表示される「検索結果」では得ることができません。


私たちの社会意識は、「知識偏重時代」のステージを卒業し、次なる「意識こころ成長(「しんか」)時代」へと発展「しんか」をしているのです。


「知識」も大切です。
しかし、今後は「知識」以上に「意識」「こころ」が重視される時代となることを強く悟らさせていただきました。


「意識」「こころ」は、点数では判断されません。。。。数値では測定不可能。。

「意識」「こころ」は、人間が点数や数値で判断・測定できるような浅はかで軽率なものではないのです。


私たちの「意識」「こころ」は、無限自然宇宙の存在だからです。


。。。。

過去は、「知識」や「データベースのような記憶力が優れた人々」が効果的な結果を創出した時代でしたが、これからは世の趨勢・社会意識が変化し、「知識偏重の人々」や「知識に固執執着している人々」には逆に多くの厄介が生じてしまう世となってゆきます。

「知識」は、ある意味、「過去の産物」です。
「過去の経験や情報」が、「知識」として結晶化され、認識された「過去の産物」なのです。

「知識に囚われてしまっていること」は、点数や数値で、人間を安易軽率に判断評価してしまいます。



「知識」に囚われてしまっている人々は、本人は気づかず、「知識」という人間が判断した過去の産物の「壁」の中にいる。。。



。。。「知識」を軽んじているのではありません。

「知識」に無意識に、気づかずに、囚われてしまうリスクが、今後はますます増大するということです。

物事を「過去の産物」である「知識」でいろいろと判断してしまうことは、今後は、今まで以上に様々な「リスク」や「損失」等を生じかねないということなのです。

その点に「きづく」心を持っている「意識」「こころ」を大切にしている人々は、同時に「知識」も大切にしながら、「意識」「こころ」に感じる「知識」を越えた「しんい」「ひらめき」「叡知」等により、バランス良く今までどおり自由に生きいかし、さらなる「このよこころ」の発達・発展・「しんか」を顕在化させることができます。


。。。。


(。。。「知識」に囚われておらず、「意識」や「こころ」も大切にしている人々は、上記の内容に関しては、「なるほど。そうかもしれない。。そうだよね。」と、すぐに腑に落ちます。。。「人間判断の過去の産物である「知識」に囚われていない」ので、すぐに理解できます。。。。

。。しかし、自分でも気づかずに「知識に囚われてしまっている人々」は、「知識」が上記の内容の理解を邪魔して、「何を言っているんだ。。全くわからん。。」。。。と、いうように、ご本人の「知識」を越えた何らか(例えば、上記の内容をご理解いただけない方にとって、この、今の「現実」等のような事象)に遭遇した場合、理解することができない物事や他人様(ひとさま)に対して、批判や非難等の「こころせんたく」を、残念ながら、してしまうリスク・損失・傾向が強いのです。。。)



。。。。


このよこころすべてまなび」です。。。

。。。たとえ、自分で気づかずに「知識に囚われてしまっており」上記の内容が腑に落ちず、理解できず、納得できないとしても、そのこと自体にもまず、感謝させていただき、その「固執執着」のこころをきれいに洗い流す「こころせんたく」をなさると、いずれその方の「意識」「こころ」が「しんか」し、最善のときに「しんい」をきづき、理解納得できるようになります。

。。。「あぁ、自分は、自分で気づかずに、実は知識の呪縛に囚われていたんだ。。」と、きづき、それもさらなる「意識」「こころ」の「しんか」の「まなび」となるのです。。。。
ありがとうございます。






ぜんあくきめつけるでない。」とおつたえくださいました。

このよこころすべてまなび」であり、それらは「善」でも「悪」でもありません。。。

今まで私たちは、自分で気づかずともつい、物事を「善」や「悪」で判断しがちでした。

このよおおせんたく」が着実にすすみ「しんか」している昨今、今後は今までのように、物事を「善/悪」で判断し決めつける必要はなくなります。

逆に、物事を「善/悪」で判断し、決めつけることにより、今後は今まで以上にリスクや損失が多大に生じてしまう世の中となってゆきます。

(「みなそれぞれじぶんじんせい」であり、「じんせいじぶんこころせんたくしだい」ですので、ここでは敢えて具体例を明示することは控えさせていただきます。明示することにより、「意識」「こころ」が、明示された具体例に影響されてしまう事態を避けるためです。ご了承ください。)


このよこころすべてまなび」です。。。「善」でも「悪」でもありません。。。「まなび」なのです。

この世の事象事情は、それらが「善」であるか「悪」であるかは、人間のエゴによる価値判断です。

歴史をひもといてみましても、それまで「善」であったものが人間のエゴによる価値判断で「悪」とされてしまったものがいくつもあり、また、その逆もたくさんあります。
(ここでも、敢えてそれらの具体例の明示は控えさせて頂きます。ご了承ください。)

今、私たちは、そのような「人間のエゴによる価値判断」では判断しきれない、「このよこころ自然宇宙の価値判断」のステージに「しんか」しています。

これからますます「このよこころ」に、今まで私たち人間には想像も及ばない様々な事象事情が顕在化してゆきます。

それらは、私たち人間のエゴで判断できる事象事情ではありません。

「きづくものからきづけばよい」と届いております。


これからは、物事に対して「善/悪」判断するのではなく、顕在化し、生じたその物事・状況・事象から「何を学ぶことができるか」という観点にシフトすることが、一層重要になってまいります。

この世、事象、事情は、「善」でも「悪」でもありません。

。。。今までは「悪」であろうと判断された事情が、たとえ、今、自分の人生にめぐりかえりあらわれているとしても、それは決して「悪」ではありません。。。。


。。。それは、「まなび」なのです。。






じんせいむだない。」とおつたえくださいました。

。。。「人生」には「無駄」は無い。。。。

今までも、幾度もおつたえくださっております。

【参照】
2009年1月2日(金)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;じんせいむだはない。
2009年2月11日(水)「建国記念の日」9:00にとどきました。;このよしぜんこころしぜんむだはない。
2009年5月24日(日)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;このよこころすべてまなびじぶんじんせいめぐりかえりあらわれむだはない。
2009年6月22日(月)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;なくがよいなくもよいしぜん。
2009年10月30日(金)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;よきときあしきときじんせいすべてまなびつとめしんかする。




上記【参照】の中の「しんい・めっせーじ」でも幾度も届いております。。「じんせいむだない。」。。

過去、悪しき事情や「悪」と判断してしまったことが、自分の人生に巡り還りあらわれようとも、それらは決して「悪」ではありません。

それらは「まなび」であり、今、そして、これからの自分の人生にとって、決して無駄ではないのです。

万が一、他人様(ひとさま)に迷惑などをかけてしまった「悪」と判断される事情が過去にあったとしても、「かいしん」して、その「事情」の中に、今後の人生に役立つ「まなび」を悟ることが大切です。。

「このよおおせんたく」の真っ只中。。。今、何らかの過去の形骸化した「常識」という名の「社会意識呪縛」による判断で「悪」とされうる事情に陥っていたとしても、それは決して「悪」ではありません。。。全て「まなび」です。


人生には、何一つとして無駄はありません。。。。全て、「まなび」なのです。


しあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。」。。。

。。。今、精一杯、最善にいきいかし、今、最善に「まなぶ」こと。。。。

その学びは、決して「知識偏重」ではありません。。。「知識」に固執執着した学びではなく、「いしき」「こころ」の観点の「まなび」です。


「今」。。。


このよこころすべてまなび。」。。。。「ぜんあくきめつけるでない。」。。。。。「じんせいむだない。」。。。。



私たちは、これからさらに「意識」「こころ」の「まなび」の時代に突入致します。


私たちは、誰一人として、「過去」には、戻れません。。。。


「みなでひとつ。」「みなでしあわせ。」に、「今」を、最善に、共にいきいかし「まなぶ」時となったのです。




みなのこころのなかじゃ。
すべてこのよこころのなか。

なにがあってもかんしゃせよ。

かんしゃしてしんかするしんい。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころのせんたく。
しんいはみなでしあわせ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

このよすべてしぜん。

みなそれぞれじぶんのじんせい。
ひとたにんのじんせいいきられん。

みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。

しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

このよすべてじぶん。
みなでひとつ。
みなでしあわせ。

みなちがういのち。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせ。

このよすべてじぶん。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

このよじんせいむだはない。
このよすべてまなび。

このよすべてまなび。
このよすべてじぶん。
このよすべてしぜん。

みなでしあわせみなでひとつ。
みなこころこのよつながっておる。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

しんのつよさすべてをうけいれすべてをあいしすべてをいかすこのよこころしぜんうちゅうのつよさ。

すべてにかんしゃしまなびなせ。

なにがあってもかんしゃすればよい。
かんしゃすればこころせんたく。
かんしゃすればこころせんたくこころすむ。

かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。

ぜんかんしゃ。
しんいみきわめまなびなす。
しんかのみちびき。
しあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

かんしゃこころこのよいきることじゃいかすことじゃ。


かんしゃはいきること。。。。

かんしゃいかすこと。


ぜんかんしゃこのよこころいきることいかすこと。

ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。

しんいはみなでしあわせじゃ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることじゃいかすことじゃ。
しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころせんたくせよ。
かんしゃすればしんいみえる。
しんいみえればまなびなす。
まなびなせばみちびきつかむ。
みちびきこれあらたなるしんかへのみちじゃ。
かんしゃせよ。
かんしゃせよ。
かんしゃせよ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃはいきることじゃいかすことじゃ。

しんいはみなでしあわせじゃ。






すべてに、ありがとう。全感謝。

◆★◆すべて感謝のこころがさらに拡がるようにランキングに参加させていただいております。下もしくは左の《参加ランキング》の「ランキングバナー」等をそれぞれクリックしていただけましたら幸いに存じます。                             ありがとうございます。◆★◆
 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング【くつろぐ】  人気ブログランキングへ

{注;以下、「スポンサー(Ads by Google)」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。