スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年9月26日(土)の「おつたえ」;がよくやっかいまねくさとし。

いつもありがとうございます。毎週末の神社でのめでぃてーしょんを通じて「おつたえ」いただいた「しんい・めっせーじ」等を誠実に記させて頂いております。
【参照】「「おつたえ」はじめに。」のページへ
【参照】「わたし」のスピリチュアリティー(霊性)の「しんか」のページへ
【<毎週末のめでぃてーしょん>】
                                    <◆◆「おつたえ」まとめ
                                    <★★「しんい・めっせーじ」まとめ


がよくやっかいまねく。
がよくやっかいまねく。
がよくやっかいまねく。

このよこころすべてじぶん。
このよこころすべてじぶん。
このよこころすべてじぶん。

みなでひとつみなでしあわせ。
みなでひとつみなでしあわせ。
みなでひとつみなでしあわせ。






。。。今朝は、神社でのめでぃてーしょんの際に、少々いつもと異なるできごとがありました。

とても個人的なことですのでこの場で記すことは控えさせて頂きます。

(。。。一部「かくせ」と届きましたので、いつものようにその部分は、「しんい」を受け取る心をもって、「せんたく」なされますとあらわれます。)
いずれにせよ;


いかなるしねんをもかんしゃさせていただきます。
いかなるしねんをもかんしゃさせていただきます。
いかなるしねんをもかんしゃさせていただきます。

ありがとうございます。
ありがとうございます。
ありがとうございます。

のろいすらかんしゃさせていただきます。
のろいすらかんしゃさせていただきます。
のろいすらかんしゃさせていただきます。

ありがとうございます。
ありがとうございます。
ありがとうございます。


ありがとうございます。。





さて、まず「がよくやっかいまねく。」とおつたえくださいました。

昨夜のめでぃてーしょんでもやはり「がよく(我欲)」に関して届きました。

【参照】
2009年9月25日(金)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;がよくのりめぐらんみなでしあわせよろこびのりめぐるかえるあらわれるしんい


「我欲」。。。。

「我欲」とは「他人のことを考えず、自分の利益のみを目指す欲望。」
(三省堂「大辞林 第二版」より)

「他人様のことはさておき、自分だけが良い思いをすればよい。」
「知らない人、通りすがりの人のことはおかまいなしで、自分の家族や友人だけが幸せであればよい。」
「お客様の事や業界、社会の事は考慮せず、株主や自分の企業だけが利益を上げればよい。」
「諸外国の情勢は気にせず、自分の国だけが発展すればよい。」

「我欲」とは「他人のことを考えず、自分の利益のみを目指す欲望。」
(三省堂「大辞林 第二版」より)

「我欲」。。。。

高度経済成長時代や「過去」は、我欲的な思考でも成果を創出することができました。

その時代は「今」に至るプロセスの一時期であり、その当時は「我欲的な発想」でも「世のため」と成った時代でした。
つまり、その当時は「自分のことだけ。自分の企業のことだけ。自分の国のことだけ」にフォーカスして考えることが、実は「他人のため。業界や他の企業のため。諸外国のため」になっていたのです。

当時は「我欲的な発想(=自分の利益のみを目指すような思考・発想)」が結果的には「全体の利益」となっていた時代でした。


しかし、その時代は既に「過去」となりました。

社会・世の中は常に変化(「しんか」)しております。

いつまでも「過去の形骸化した思考パターン」に囚われることなく、私たちは「しんか」することができます。

これからはますます「がよくやっかいまねく。」事情がますます顕在化するのだと強く感じ/観じさせていただきました。


最近の経済状況、企業活動を見ても、「ある自動車企業は、売れると見込んで自社の利益をもくろんで生産した自動車に、欠陥が見つかり、結果的に何万台というリコールをする厄介な」事情が顕在化しています。

またある消費財関連企業は、「健康思考にアピールし、ヒットすると見込んで自社の利益をもくろんで開発した食用油に、発ガン性物質に成りうる薬品が含有されており、結果的に企業信頼の失墜」を招く厄介が生じております。

「金融崩壊」。。。社会の経済の「マネー;お金」を循環させる等の役目(レゾン・デ・トール)である「金融業界」にまつわるある種の「我欲」により、この世・世界中にどのような「厄介」が顕在化したか、私たちは、今、身をもって体験し、学んでおります。
ありがとうございます。


過去であれば、そのような「我欲的な発想」は「厄介」を招くことは少なかったのでしょうが、今後はますます「我欲」により、その何倍も、否、何十倍もの「厄介」を、結局「我欲の自分」の人生に招くことになるのだと悟らさせて頂きました。

これからは、「我欲の心」ではなく、「しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころせんたく」「しんいはみなでしあわせ」の心をますます「せんたく」させていただく時となったのです。


今後は、ますます「我欲」の心は、結果的に「厄介」を招く事情が顕在化してまいります。





このよこころすべてじぶん。」と届きました。

ますます多くの人々が、「このよこころ」は「すべてじぶん」であると、きづいています。

日常生活の中で、日々巡り還る「現実」の中で、他人様から見せられることや被ることは、よく分析判断し吟味してみると、実は「じぶん」に起因しており、「じぶん」の心の投影がそれらを見せ、被らせていることをきづきます。

「この世鏡の法則」や「この世因果応報の法則」に、ますます多くの人々が気づいているのです。

もう、それらの法則を無視したり、否定したり、気づかないふりをすることはできない時代となりました。

いつまでも「知らないふり」はできません。

日々の会社や家庭での「おつとめ」の中にも、明確に「この世鏡の法則」や「この世因果応報の法則」がすぐに顕在化致します。

他人様を貶めれば、それは実は「自分を貶めている」こと。。。

他人様を責めれば、それは実は「自分を責めている」こと。。。

他人様を見下せば、それは実は「自分を見下している」こと。。。

「このよこころすべてじぶん」なのです。。
( 【厳重留意】 「このよこころすべてじぶん」とは、「我欲の自分」ではありません。ご理解頂けましたら幸いに存じます。ありがとうございます。)

家族や家庭の毎日の生活において、厄介を招かず、幸せに生きるには、どのように心がければよいかすぐに気づきます。

企業や国家の日々の「つとめ」において、厄介を生じず、善い成果を創出するには、どのような心がけが最善かすぐに気づきます。

「がよくやっかいまねく。」「このよこころすべてじぶん」なのです。


今後はますます多くの人々が「このよこころすべてじぶん」をきづいてまいります。





みなでひとつみなでしあわせ。」とおつたえくださいました。

今までも幾度も「みなでひとつみなでしあわせ」に関連した「おつたえ」をおつたえくださっております。

【参照】
2009年5月23日(土)の「おつたえ」;このよじぶん
2009年7月25日(土)の「おつたえ」;みなちがうみなでおなじいのち
2009年8月22日(土)の「おつたえ」;しんのしあわせしんのかんしゃしんのじぶんしんか



今朝も改めて「みなでひとつみなでしあわせ。」とおつたえくださいました。

私たちは一人一人「肉体」としては物理的に分離しているように思われますが、心・意識では「このよこころ」は全て繋がっているのです。

そして、「肉体」として物理的に分離しているように「見える」のですが、それはあくまでも「人間の視覚による認識」であり、「人間の視覚が及ばないレベル」では分離しているのではなく、「このよこころ」は全て繋がっているのです。

つまり、「目には見えないレベル」をも意識・認識するか否かにより、私たちが分離しているか繋がっているかという理解のレベルが異なるのです。

いずれにせよ、今朝もまた改めて「みなでひとつみなでしあわせ。」とおつたえくださいました。

今後はさらに「みなでひとつみなでしあわせ」をきづく人々がますます多くなってゆくと強く悟らさせて頂きました。

今、これをお読みくださっている皆様の中にも既に「みなでひとつみなでしあわせ」の「しんい」を気づいていらっしゃる方が大勢いると感じて/観じています。


これからはますます多くの人々が「みなでひとつみなでしあわせ」の「しんい」をきづいてゆく時となったのです。




みなのこころのなかじゃ。
すべてこのよこころのなか。

なにがあってもかんしゃせよ。

かんしゃしてしんかするしんい。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころのせんたく。
しんいはみなでしあわせ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

このよすべてしぜん。

みなそれぞれじぶんのじんせい。
ひとたにんのじんせいいきられん。

みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。

しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

このよすべてじぶん。
みなでひとつ。
みなでしあわせ。

みなちがういのち。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせ。

このよすべてじぶん。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

このよじんせいむだはない。
このよすべてまなび。

このよすべてまなび。
このよすべてじぶん。
このよすべてしぜん。

みなでしあわせみなでひとつ。
みなこころこのよつながっておる。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

しんのつよさすべてをうけいれすべてをあいしすべてをいかすこのよこころしぜんうちゅうのつよさ。

すべてにかんしゃしまなびなせ。

なにがあってもかんしゃすればよい。
かんしゃすればこころせんたく。
かんしゃすればこころせんたくこころすむ。

かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。

ぜんかんしゃ。
しんいみきわめまなびなす。
しんかのみちびき。
しあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

かんしゃこころこのよいきることじゃいかすことじゃ。


かんしゃはいきること。。。。

かんしゃいかすこと。


ぜんかんしゃこのよこころいきることいかすこと。

ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。

しんいはみなでしあわせじゃ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることじゃいかすことじゃ。
しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころせんたくせよ。
かんしゃすればしんいみえる。
しんいみえればまなびなす。
まなびなせばみちびきつかむ。
みちびきこれあらたなるしんかへのみちじゃ。
かんしゃせよ。
かんしゃせよ。
かんしゃせよ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃはいきることじゃいかすことじゃ。

しんいはみなでしあわせじゃ。






すべてに、ありがとう。全感謝。

◆★◆すべて感謝のこころがさらに拡がるようにランキングに参加させていただいております。下もしくは左の《参加ランキング》の「ランキングバナー」等をそれぞれクリックしていただけましたら幸いに存じます。                             ありがとうございます。◆★◆
 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング【くつろぐ】  人気ブログランキングへ

{注;以下、「スポンサー(Ads by Google)」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。