スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突風、竜巻、台風など。。。『風のス(又)三郎』の「しんい」。。。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。

2015年9月12日(土)。


風のス三郎等




藤城清治様『風の(ス)又三郎』




「このよおおせんたく」「大洪水」等、心よりお見舞い申し上げます。

救援・救護・支援等に携われている皆様に心より感謝申し上げます。

ありがとうございます。


【厳重留意】
「このよおおせんたく」「大洪水」等の犠牲になられた方々は、決してその方々の「こころせんたくしだい」の犠牲ではありません。全人類、「ひとりひとり」皆の「こころせんたくしだい」が「しぜん」と顕現した「めぐりかえりあらわれ」です。
その観点からは、「このよおおせんたく」「大洪水」等の犠牲者は、皆の「こころせんたくしだい」の犠牲者でもあるのです。何卒「悪しき誤解」なきよう。
ありがとうございます。







今朝の毎週末の「神社でのめでぃてーしょん」で、

やはり以下のメールを

このブログを通じて

「このよ」と

シェア(共有)させていただくことになりました。



ありがとうございます。




{以下、メール「時系列」配置。一部補足等含む。}
-----Original Message-----
From: まがたまぱじゃま。
Sent: Wednesday, September 09, 2015 11:12 AM
To:「あい」の皆様。
Subject: <ひとりごと。。> 突風、竜巻、台風など。。。『風のス(又)三郎』の「しんい」。。。

{お忙しいところご返信いただかなくとも大丈夫です。}



。。。「あい」の皆様。。。

。。。

また「ひとりごと」すみません。。

。。


また、「台風」。。。

今年は、8月下旬から突然「10月の肌寒さ」が。。

その後、

ずっと陰鬱な「曇天・雨天」の毎日。。。

その上、

各地で「突風、竜巻」。。多数。。

それに多数の「台風」も。。。

。。。


「風」。。。


「かぜ」。。。


「風」。。。


。。。


「突風、竜巻、台風」。。。

。。


電車も止まり、何万もの人々に影響。。

「水を『張った』ように」、浸水。。。

国土(土砂)も崩れる。。。


突風・竜巻により、家屋崩壊。。


「突風、竜巻、台風」。。。

「突風、竜巻、台風」。。。

「突風、竜巻、台風」。。。


「風」。。。


「かぜ」。。。


「風」。。。

。。。


。。


「突風、竜巻、台風」等が生じると、

いつも、

宮沢賢治様の『風の又三郎』を感じ/観じます。。。

。。



『風の又三郎』(かぜのまたさぶろう)は、宮沢賢治の短編小説。 賢治が死んだ翌年(1934年)に発表された作品である。谷川の岸の小さな小学校に、ある風の強い日、不思議な少年が転校してくる。少年は地元の子供たちに風の神の子ではないかという疑念とともに受け入れられ、さまざまな刺激的行動の末に去っていく。その間の村の子供たちの心象風景を現実と幻想の交錯として描いた物語。

(<【出典】Wikipedia「風の又三郎」より>)
↓↓↓<■アドレス(URL)■>↓↓↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A2%A8%E3%81%AE%E5%8F%88%E4%B8%89%E9%83%8E




その秘められたテーマは;


少年たちが野良遊びを楽しみながら墜落死や溺死を危うく回避する経験を通して、「魔」の本質を見抜き、本能的に団結して仲間から魔を追い出してしまうことで幼さを卒業する。しかしその代償として二度と風の精とは遊べなくなってしまうという、命を賭けた通過儀礼のプロセスが作品中に織り込まれている。三郎は単なる転校生だったという説、風の又三郎が化けていたという説のほか、よそ者である三郎に又三郎が憑依していたなどの説があるが、賢治は彼の正体を分からずじまいで終わらせている。

(<【出典】Wikipedia「風の又三郎」より>)


。。。。

。。。



「いま(今/生間/意魔)」。。。


「いま」、異質だと感じ/観じられる存在に対して、

「魔(悪)」だと、疑念を抱けば、

いずれ「疑念しだい」の「魔(悪)」の「めぐりかえりあらわれ」が顕現する「しぜん」。



「いま」、異質だと感じ/観じられる存在に対して、

「神(善)」だと、感謝を抱けば、

いずれ「感謝しだい」の「神(善)」の「めぐりかえりあらわれ」が顕現する「しぜん」。



。。。。


「再記」。

。。。


「いま(今/生間/意魔)」。。。


「いま」、異質だと感じ/観じられる存在に対して、

「魔(悪)」だと、疑念を抱けば、

いずれ「疑念しだい」の「魔(悪)」の「めぐりかえりあらわれ」が顕現する「しぜん」。



「いま」、異質だと感じ/観じられる存在に対して、

「神(善)」だと、感謝を抱けば、

いずれ「感謝しだい」の「神(善)」の「めぐりかえりあらわれ」が顕現する「 しぜん 」。


。。。。


「再々記」


。。。


「いま(今/生間/意魔)」。。。


「いま」、異質だと感じ/観じられる存在に対して、

「魔(悪)」だと、疑念を抱けば、

いずれ「疑念しだい」の「魔(悪)」の「めぐりかえりあらわれ」が顕現する「しぜん」。



「いま」、異質だと感じ/観じられる存在に対して、

「神(善)」だと、感謝を抱けば、

いずれ「感謝しだい」の「神(善)」の「めぐりかえりあらわれ」が顕現する「しぜん」。

。。。。


『風の又三郎』に秘められたテーマの、

『「魔」の本質』とは、

「ひとりひとり」が、「いま」、その「異質だと感じ/観じられる存在」に対して、

それを、

「魔」とするか、

「神」とするか、

「こころせんたくしだい」の、

「めぐりかえりあらわれ」が、

いずれ「しかるべきとき」に顕現する「 しぜん (自然/至全/至善)」。


。。。


『風の又三郎』の中では、

「こども」達(神霊的に未成熟な存在たち)が、

「三郎(異質だと感じ/観じられる存在)」を、

「又三郎」「魔(悪)」だとして、

陰湿な「いじめ」的な扱いをしたために、

「墜落死や溺死」等、

「魔(悪)のめぐりかえりあらわれ」が顕現した「しぜん」。

。。。



やみわかみ」。


。。。。


大好きな「藤城清治様」との、

「このよ」での「しんえん(深遠/深淵/神苑/神縁)」を想い出し、

感じ/観じることができた、

『NHK日曜美術館;光と影の"又三郎" 藤城清治89歳の挑戦・完結編』
↓↓↓<■アドレス(URL)■>↓↓↓
http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2014/0316/


{2015年9月19日追記}
【補足追記】
NHKインターネットサービス利用規約』より

第1章 総則;第7条(リンク等){2015年9月19日確認時現在}
本サービスへのリンクは原則として自由に行っていただけます。ただし、NHKや第三者の著作権・著作隣接権等を侵害する態様や、出所を誤認混同させる形態のリンクは禁止します。
NHKは必要があると判断した場合、本サービスにおいて外部サイトにリンクを行うことがあります。NHKはリンク先の外部サイトの内容等には責任を負いません。

とのことですので、上記URLにリンクを貼らせていただきました。ありがとうございます。

{補足追記ここまで。}


「卒寿(90歳)」になられた、

藤城清治様の『風の又三郎』の「画本」(←添付した画像参照)。。。


そして、まがたまぱじゃま。『風の(ス)又三郎』と、

藤城清治様の『風の又三郎』との

「しんえん(深遠/深淵/神苑/神縁)」なる「しんい」。。。全感謝。



さらに、

藤城清治様の「画本」『風の(ス)又三郎』は、

みごと、「2014年、第24回宮沢賢治賞」を受賞!!!

<【参照】「藤城清治様『宮沢賢治賞』受賞!」>
↓↓↓<■アドレス(URL)■>↓↓↓
http://www.kenji.gr.jp/prize.html##24



。。。。

。。。


「いま(今/生間/意魔)」。。。


「いま」、異質だと感じ/観じられる存在に対して、

「魔(悪)」だと、疑念を抱けば、

いずれ「疑念しだい」の「魔(悪)」の「めぐりかえりあらわれ」が顕現する「しぜん」『風の(ス)又三郎』。。。



「いま」、異質だと感じ/観じられる存在に対して、

「神(善)」だと、感謝を抱けば、

いずれ「感謝しだい」の「神(善)」の「めぐりかえりあらわれ」が顕現する「しぜん」『風の(ス)又三郎』。。。

。。。。

。。。


いつも、


「突風、竜巻、台風」等が生じると、

宮沢賢治様と、

大好きな藤城清治様の、


『風の(ス)又三郎』を


感じ/観じます。。。



『風の(ス)又三郎』。。。。

。。。。



如何なる思念仕打ちをいただいても、

「わたし」まがたまぱじゃま。『風のス三郎』は

「すべて」に

感謝しています。。。



ありがとうございます。
ありがとうございます。
ありがとうございます。。。。



「突風、竜巻、台風」。。。

「突風、竜巻、台風」。。。

「突風、竜巻、台風」。。。


『風の(ス)又三郎』。。。



。。。



「あい」の皆様、

ありがとうございます。
ありがとうございます。
ありがとうございます。。。
まがたまぱじゃま。(『風のス三郎』。)
全感謝。





-----Original Message-----
From:まがたまぱじゃま。
Sent: Wednesday, September 09, 2015 12:26 PM
To: 「あい」の皆様。
Subject: RE: <ひとりごと。。> 突風、竜巻、台風など。。。『風のス(又)三郎』の「しんい」。。。
Importance: High

{お忙しいところご返信いただかなくとも大丈夫です。}



「あい」の皆様。。。


。。。いつも「追伸」、ごめんなさい。。。

「補足的」な「追伸」です。。。。


。。。


前のメールに記されているWikipedia(ウィキペディア)から引用した『風の又三郎』に「秘められたテーマ」である以下の内容は、科学的にも「それなり」に説明がつきます。。。


少年たちが野良遊びを楽しみながら墜落死や溺死を危うく回避する経験を通して、「魔」の本質を見抜き、本能的に団結して仲間から魔を追い出してしまうことで幼さを卒業する。しかしその代償として二度と風の精とは遊べなくなってしまうという、命を賭けた通過儀礼のプロセスが作品中に織り込まれている。三郎は単なる転校生だったという説、風の又三郎が化けていたという説のほか、よそ者である三郎に又三郎が憑依していたなどの説があるが、賢治は彼の正体を分からずじまいで終わらせている。






科学的に「未知の存在」である「ダークマター」等を含めた「このよ」。


「このよ」には、「科学で立証されている『科学的』な存在」と、「科学では立証されていないが、立証されつつある『未科学的』な存在」があります。

(【補足】かねてより幾度も示唆しているように、「未科学」は決して「非科学(=科学ではない)」ではありません。

「未科学」とは、「未だに科学的に立証されていない」だけであり、将来、「今まで以上に科学が進歩・しんか(進化・深化・心化・信化・清化・新化・真化・神化・しんか)すれば、立証されるであろう存在」のことです。

従って、『未科学』は「非科学」とは異なります。ありがとうございます。)



上記した「Wikipediaからの引用の内容」は、つまり、「神霊的に未成熟な存在(=「こども」達)」が、「異質な存在」である「三郎」を、『「魔」と思ったこと自体』が、「魔」である。ということを示唆しています。

つまり、「こども」達「ひとりひとり」が、「三郎」を「魔」だと思い、『「三郎を魔にした」こと自体』が、「魔」なのです。
(「こども」達「ひとりひとり」の「こころ」が、「魔」になってしまったのです。)

もし、「こども」達「ひとりひとり」が、「三郎」を「魔」だと「思わなければ」、「三郎は魔ではなく」、「三郎」は、「大多数と『異質』である」だけであり、決して「魔」にはなりません。


神霊的に未成熟な「こども」達「ひとりひとり」の「こころ」の中で、「異質な三郎を魔だと思い」、「三郎を魔にしたこと」により、「ひとりひとり」の「こころ」の中で「魔」が生じ、その「ひとりひとり」の「こころ」が「魔」となり、そのことが(量子力学的観点も含み)「墜落死や溺死」等を招き、結果的に「魔(悪)」「悪しき事情」等を「このよ」に生じさせているのです。



◆「思念したこと」は、いずれ「しかるべきとき」に、「このよ」(自分の人生等)に顕現する「しぜん」。

◆「善いこと(善意)を思念すれば」、「善いこと」が、いずれ(自分の人生等)「このよ」に顕現する「しぜん」。

◆「悪しきこと(悪意)を思念すれば」、「悪しきこと」が、いずれ(自分の人生等)「このよ」に顕現する「しぜん」。



科学的にも、「未科学」を含んだ「量子力学的観点」を「理解」することにより、上記の「このよ」の「しんいしんずい」も理解できます。


そして、『風の又三郎』では、「三郎」を「悪意」により排除してしまうことにより、「しぜん」の奥深い「しんい」も「わからなく」なってしまったのです。



Wikipediaでは『「魔」の本質を見抜き、本能的に団結して仲間から魔を追い出してしまうことで幼さを卒業する。しかしその代償として二度と風の精とは遊べなくなってしまう』と記されています。

『幼さを卒業する』とは、「異質を理解しようと努めず、安易軽率に『魔』としてしまう」ような「未成熟な思考力を卒業する」ということです。

「成熟したひと」は、「異質」に対して安易軽率に「魔」だとは思わず、「異質を深く理解しようと努める」思考力のある存在です。
「未成熟な人間」は、「異質」に対して安易軽率に「魔(悪)」だと思ってしまう傾向が強いです。


つまり、『幼さを卒業する』とは、「異質を理解しようと努めず、安易軽率に『魔』としてしまう」ような「未成熟な思考を卒業」し、「異質」に対して安易軽率に「魔」だとは思わず、「異質を深く理解しようと努める」ような「成熟した思考」に成長成熟「しんか」するということです。



そして『その代償として二度と風の精とは遊べなくなってしまう』とは、あの『「3.11」以前の日本社会意識』のように、「このよ」物事の「しんい」を深く考えようともしなくなるほど、その、神霊的に未成熟な「こども」達(=あの『「3.11」以前の人間達』等)の集団の「こころ」が、愚鈍劣化してしまう。ということです。




『風の又三郎』は、「ふかい」読解力により、以下の秘められた「しぜん」のテーマ(「しんい」)等が理解できます。

◆「思念したこと」は、いずれ「しかるべきとき」に、「このよ」(自分の人生等)に顕現する「しぜん」。

◆「悪しきこと(悪意)を思念すれば」、「悪しきこと」が、いずれ(自分の人生等)「このよ」に顕現する「しぜん」。

◆「善いこと(善意)を思念すれば」、「善いこと」が、いずれ(自分の人生等)「このよ」に顕現する「しぜん」。


。。。


「風」「かぜ」「風」。。。。

。。。


「突風、竜巻、台風」等が生じると、

いつも、

宮沢賢治様の『風の又三郎』を感じ/観じます。。。



「突風、竜巻、台風」。。。

「突風、竜巻、台風」。。。

「突風、竜巻、台風」。。。


。。。。



「いま(今/生間/意魔)」。。。


「いま」、異質だと感じ/観じられる存在に対して、

「魔(悪)」だと、疑念を抱けば、

いずれ「疑念しだい」の「魔(悪)」の「めぐりかえりあらわれ」が顕現する「しぜん」。



「いま」、異質だと感じ/観じられる存在に対して、

「神(善)」だと、感謝を抱けば、

いずれ「感謝しだい」の「神(善)」の「めぐりかえりあらわれ」が顕現する「 しぜん 」。



。。。。


上には「意魔」と記されておりますが、

「しんじつ(真実/神実/しんじつ)」は『意真(いま)』です。

『風の又三郎』に関しては、「いま」が「意魔」になっています。



神霊的に未成熟な「こども」達は、

「三郎」を軽率軽薄に「魔」にしてしまったからです。

だから「いま」が「意魔」になってしまいました。。。


しかし、「このよ」の「しんじつ(真実/神実/しんじつ)」は、

「いま」は、「意真」です。

「魔」ではなく「真」なのです。


その「真」を、「しん;神」とするか「ま;魔」とするかは、

「ひとりひとり」「こころせんたくしだい」です。。。



そして、

「このよ」に、

いずれ「こころせんたくしだい」の「めぐりかえりあらわれ」が顕現する「しぜん(自然/至全/至善)」。



「いま」を

「意魔」とするか「意真」とするか。。。。



。。。


「いま」、

このメールをお読みの「あなた様」の

「こころせんたくしだい」です。。。。



「いま」。。。。




「意魔」とするか「意真」とするか。。。。



。。。。



『風の(ス)又三郎』の「しんい」。。。 「しぜん(自然/至全/至善)」。


◆「思念したこと」は、いずれ「しかるべきとき」に、「このよ」(自分の人生等)に顕現する「しぜん」。

◆「悪しきこと(悪意)を思念すれば」、「悪しきこと」が、いずれ(自分の人生等)「このよ」に顕現する「しぜん」。

◆「善いこと(善意)を思念すれば」、「善いこと」が、いずれ(自分の人生等)「このよ」に顕現する「しぜん」。





「いま」。。。。




『風の(ス)又三郎』の「しんい」。。。




。。。



「あい」の皆様、

ありがとうございます。
ありがとうございます。
ありがとうございます。。。。
まがたまぱじゃま。(『風のス三郎』。)
全感謝。
{メールここまで。}

「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。



「ひとりひとり」


「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「 2020 」。。。。




「ひとりひとり」


「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「 しぜん 」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

「ひとりひとり」「このよ(この世/子の世/未来)」の救世主「しんじつ(真実/神実/しんじつ)」の「わたし」。全感謝。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。


<◆◆【 ミラーサイトへ 】◆◆>
{注;下に「スポンサー」が表示される場合がございます。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。