スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「3.11の『つぎ』」等が生じませんように。。。ありがとうございます。

<◆◆【 ミラーサイトへ 】◆◆>
「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。

2015年2月28日(土)。


この数日間、とても頻繁に

「地震の波動・雰囲気」を感じ/観じました。。。




今朝の、

毎週末の「神社でのめでぃてーしょん」で、

やはり、

下のメールを

このブログを通じて

「このよ(この世/子の世/未来)」と

共有させていただくことになりました。。。


ありがとうございます。



下のメール中の;


(。。今回、もし「精神錯乱的状況説明大声叫び発作」が生じてしまったら、「3.11の『つぎ』」が生じてしまいそうな程、危険でした。。
周りの方々が、「3.11の『つぎ』」が生じてしまわないように、「優しく見守ってくださった」のかもしれないとも感じ/観じられました。)
とてもとても、とてもありがたかったです。。。
ありがとうございます。。。



の箇所が、

とても興味深いです。。。





何卒、ぶなんに。ぶなんに。ぶなんに。。。




ありがとうございます。




-----Original Message-----(一部補足修正等含む)
From:まがたまぱじゃま。
Sent: Thursday, February 26, 2015 8:23 PM
To: 「あい」の皆様。
Subject: <簡易報告>。。。「錯乱的発作」が生じそうになりましたが、「状況説明独り言発作」で治まりました。

{お忙しいところご返信いただかなくとも大丈夫です。}


「あい」の皆様。。。
いろいろとすみません。。


今日は帰宅時、「精神錯乱的状況説明大声叫び発作」が生じそうになりましたが、治まりました。。
「精神錯乱的状況説明大声叫び発作」が生じる前に、「すぅぅぅっと」、「れいせい」になることができました。。。

このパターンは初めてです。。

。。。「精神錯乱的状況説明大声叫び発作」が生じなかったことは、やはりかなり「改善されつつある」ことがまた、自覚できました。
ありがとうございます。。。


以下、「簡易状況報告」として。

いろいろとすみません。。。




<2015年2月26日(木)帰宅時(18:30頃)の「できごと」>

1,いつものように「{削除}」に「LED安全たすき」を付けて、ピカピカ光りながら、オフィスを出た。

2,(本日日中「14:20頃~14:35頃」も強烈に感じ/観じたが)帰宅時にも「地震の波動・雰囲気」が感じ/観じられた。
(さらに気温は低いとは言え、雨天で「湿度が高い」ので、発作の懸念があった。)

3,(折りたたみの雨傘をしまう等、時間を費やしてしまったため)いつも乗車する時間の「次の」南北線に乗車した。

4,ドア横の「安全な場所」を譲っていただき、市ヶ谷駅で、場所を譲って下さった方が下車する際に、「ありがとうございました。」とお礼を言ったところ、その方も「うなづいて」応えて下さった。。とても嬉しかった。
重ね重ね、ありがとうございます。。。

5,市ヶ谷駅で都営新宿線に乗り換えた。
(電車を待っている時も強烈な「地震の波動・雰囲気」が感じ/観じられた。)

6,ドアの構造が「発達障がいのまがたまぱじゃま。には危険」な構造の「古い型」の電車を見送り、「次の{削除}発」の電車のいつもの「車いすコーナーの壁面」に(場所を譲っていただき)乗車した。

7,場所を譲っていただく際に、「脳に障がいがあります。発達障がいです。他人様(ひとさま)と接触すると発作が生じてしまうので、この場所を譲っていただきました。譲って下さった方、ありがとうございます。馬喰横山で降ります。」と、「説明責任(accountability;アカウンタビリティー)」として、丁寧にお礼を言った。

8,小川町に到着した時に、後方からの乗客のどなたかの「傘」がまがたまぱじゃま。の「右ふくらはぎ」に当たった。

9,最初はさほど衝撃は感じ/観じなかったが、次第に「じわじわじわじわ」と、まるで「右足が次第に崩れてゆく(燃えてゆく?)」ような感覚になり、「うぅうぅうぅ」っといううめき声が生じ始めた。

10,岩本町に到着する頃には、「ほぼ発作状態」になり、大きな声で「先程、どなたかの傘が右足(ふくらはぎ)にあたったので、発作が生じています。脳に障がいがあります。発達障がいです。他人様(ひとさま)と接触すると発作が生じてしまいます。先程、どなたかの傘が右足(ふくらはぎ)にあたったので、発作が生じています。先程、どなたかの傘が右足(ふくらはぎ)にあたったので、発作が生じています。。。うっぅうぅぅ。。。。」と、大きな声の「状況説明独り言発作」が生じ始めた。

11,さらに「全身/全心」が燃えるような感覚に成り、「あぁぁぁあぁ、発作が生じるうぅううぅ。。。。あっぁぁあぁぁ。。。」と、大きな声の「わめき声」的になりそうになった。

12,しかし、先日の発作の際に、「ありがとうございます。」という感謝の言葉を発した際に、すぐに発作が治まったことも思い出し、「ありがとうございます。ありがとうございます。」と複数回叫んだ記憶あり。。

13,すると、前回のような「精神錯乱的状況説明大声叫び発作」までには悪化せず、すぅぅぅうぅっと、「れいせい」になるような感覚を自覚した。

14,「あぁ、発作が治まっています。ありがとうございます。発作が治まっています。ありがとうございます。。。」と発した記憶もあり。

15,岩本町を出発し、馬喰横山手前頃には「発作は治まり」、かなり「れいせい」な状態で、下車する際に、「発作が起きそうになりました。失礼します。大丈夫でした。ありがとうございます。」と、言いながら下車したところ、その言葉が止まらなくなり、その後、帰宅するまでずっと「発作が起きそうになりました。失礼します。大丈夫でした。ありがとうございます。発作が起きそうになりました。失礼します。大丈夫でした。ありがとうございます。発作が起きそうになりました。失礼します。大丈夫でした。ありがとうございます。発作が起きそうになりました。失礼します。大丈夫でした。ありがとうございます。発作が起きそうになりました。失礼します。大丈夫でした。ありがとうございます。。。。」と、比較的大きな声の「状況説明独り言発作」が残留した。

16,帰宅して、「うがい」をしたところ、ようやく治まった。



。。。いろいろと申し訳ございません。。


今回は、何よりも、これまでのような「精神錯乱的状況説明大声叫び発作」は生じず、途中で「れいせい」に戻ることができ、「自信」というか、これまでにない「安心」というかが感じ/観じられるようになりました。

前回は「精神錯乱的状況説明大声叫び発作」からの短時間での「立ち直り」を体験し、今回は「精神錯乱的大声叫び発作」まで悪化する前に「れいせい」になることができました。

。。。「発作の最中」に、「ありがとうございます。」という感謝の言葉と、周りの方々の波動・雰囲気が「優しい見守り(しんあい(真愛/神愛))」の波動・雰囲気が感じ/観じられたことがとても大きな要因だと感じ/観じます。


。。発作の最中、周りの方々が、まがたまぱじゃま。の周りに十分なスペースを空けて下さり、(数年前のような『奇異なまなざし』ではなく)「優しく見守って下さっている」ような「心温かな波動・雰囲気」が感じ/観じられました。


(。。今回、もし「精神錯乱的状況説明大声叫び発作」が生じてしまったら、「3.11の『つぎ』」が生じてしまいそうな程、危険でした。。
周りの方々が、「3.11の『つぎ』」が生じてしまわないように、「優しく見守ってくださった」のかもしれないとも感じ/観じられました。)

とてもとても、とてもありがたかったです。。。

ありがとうございます。。。


いろいろと申し訳ございません。。。


以上「簡易報告」として。。。


「あい」の皆様、
「おはなし(お話/お離/お放)」させていただけ、ありがとうございます。。。


ありがとうございます。
まがたまぱじゃま。

「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。



「ひとりひとり」


「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「 2020 」。。。。




「ひとりひとり」


「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「 しぜん 」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

「ひとりひとり」「このよ(この世/子の世/未来)」の救世主「しんじつ(真実/神実/しんじつ)」の「わたし」。全感謝。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;下に「スポンサー」が表示される場合がございます。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

紹介

Re: 紹介

辻様、
ご紹介ありがとうございます。
宗教や精神世界等、「いろいろ」な「こころ」はそれぞれが皆、それぞれに素晴らしいですね。
「このよ」の「しんの美しさ」だと感じ/観じています。
ありがとうございます。
まがたまぱじゃま。
全感謝。
プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。