スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年11月23日(日)「勤労感謝の日」の「ひかりたち」;私の『憲政感謝の日』。。政治家の皆様と「こころ」「ともに」。

<◆◆【 ミラーサイトへ 】◆◆>
「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


【 snapshots! 】まとめ。
◆snapshots! アルバム / ALBUM◆


(下の各画像「ひかりたち」をクリックすると、大きな画像が表示されます。Please click the thumb-nails below. You can see enlarged photos.)

KenseiNagata_112314_002.jpg KenseiNagata_112314_004.jpg KenseiNagata_112314_005.jpg KenseiNagata_112314_007.jpg KenseiNagata_112314_008.jpg KenseiNagata_112314_011.jpg KenseiNagata_112314_015.jpg KenseiNagata_112314_017.jpg KenseiNagata_112314_030.jpg KenseiNagata_112314_031.jpg KenseiNagata_112314_032.jpg KenseiNagata_112314_037.jpg KenseiNagata_112314_038.jpg KenseiNagata_112314_039.jpg KenseiNagata_112314_045.jpg KenseiNagata_112314_049.jpg KenseiNagata_112314_052.jpg KenseiNagata_112314_056.jpg KenseiNagata_112314_057.jpg KenseiNagata_112314_060.jpg KenseiNagata_112314_065.jpg KenseiNagata_112314_068.jpg KenseiNagata_112314_075.jpg KenseiNagata_112314_078.jpg





【<スライドショー / SLIDESHOW>】
(こちらをクリックするとスライドショーとなり、他の画像もご覧いただけます
。)
(上記をクリックするとスライドショーがスタートします。
スライド速度は、マウスを動かすと表示される画面下方の「表示秒数」横の「+マーク」をクリックするとゆっくり表示されるようになります。適宜ご調整ください。)



◆snapshots! アルバム / ALBUM◆





この季節になると、

「たのしみ」な事がある。




「衆議院憲政記念館特別展」。





日々、「みなでしあわせ」に

感謝の心で勤労できるのも

この国が平和に

繁栄・成熟「しんか」して

「治まって」いるから。



「憲政」により

平和に「治まって」いる

感謝の「こころ」で、

これまでも「勤労感謝の日」に、

私の『憲政感謝の日』として、

幾度も憲政記念館に

足を運ばさせていただいた。



【参照】『2009年11月22日(日)の「ひかりたち」; お江戸から「明治」に会いに。。。憲政記念館;「激動の明治国家建設」特別展

【参照】『2011年11月23日(水)「勤労感謝の日」の「ひかりたち」;心、「大正」に飛ぶ。。。憲政記念館;『大正デモクラシー期の政治』特別展

【参照】『2012年11月23日(金)「勤労感謝の日」の「ひかりたち」; そして『憲政感謝の日』。。。「特別展;昭和」へ。』


<【参照】衆議院HP;憲政記念館特別展紹介ページ

<【参照】衆議院HP

<【参照】衆議院HP;憲政記念館紹介ページ


<【参照】Wikipedia「憲政記念館」





今年の特別展のタイトルは

『明治に活きた英傑たち;議事堂中央広間から歴史を覗く』




伊藤博文様、板垣退助様、大隈重信様らに纏わる

特別展。





社会意識の成長・成熟プロセスにおいて

それまで「自分(江戸日本)」しか

「知らなかった(意識しなかった)」

社会意識の敏感な一部

「深層自我(自己意識)」が、

「世界潮流」を「知り」

自国の「ありさま」を「変化」させ

「世界潮流」の主流である

「他者(西洋)」を

「理解する」ことにより、

自らも「世界潮流」に参加開始した

明治時代。




今年は

心、明治に馳せながら、

同時に

心は、

「いま」にも。。。




まさに先日(2014年11月21日)、

『アベノミクス解散』と銘打って

衆議院が解散された。




これまで

「国があるから」

国民が「いきる」という時代から、


国民「ひとりひとり」が

「しんか」成熟し、

国民「ひとりひとり」が

『いきる』から、

「国が存続する」という時代に

大変化・大転換していることを、

ますます多くの人々が

きづき始める「しぜん」。




逆に、

国民「ひとりひとり」が

自分の「強み(長所)」を自覚し「いかし」

多様な

「しんのゆたかさ」を「きづき」

「しんか」成熟しなければ、

「国は滅ぶ(自滅する)」ことを

嫌でも思い知らされることになる

「しぜん」。




「2020」へ向けて、

その事が、

(嫌でも)さらに

国民「ひとりひとり」に

「めぐりかえりあらわれ」

「理解」されることになる

「しぜん」。




「国が悪い」

「政治が悪い」等と

他責していればよい時代は

遠い過去。





「2020」に向けて、

政治家の皆様と「ともに」、

国民『ひとりひとり』が、

自分の「強み(長所)」を自覚し「いかし」

「しんか」成熟する。





【<スライドショー / SLIDESHOW>】
(こちらをクリックするとスライドショーとなります
。)
(上記をクリックするとスライドショーがスタートします。
スライド速度は、マウスを動かすと表示される画面下方の「表示秒数」横の「+マーク」をクリックするとゆっくり表示されるようになります。適宜ご調整ください。)






2014年の「しんいしんずい」は


「うまれかえる」。


「かこ」「いま」かえる「いま」「このよ」かえる「しんか」「しぜん」。

「かこ」「いま」かえる「いま」「このよ」かえる「しんか」「しぜん」。

「かこ」「いま」かえる「いま」「このよ」かえる「しんか」「しぜん」。



<【参照】『【Dawn of "New EPOCH".】2014年「しんいしんずい」;「うまれかえる」。』






「このよ」には、

短期的・表層的に見れば

「失敗/負け/誤」に感じ/観じられる事柄も、

実は

長期的・俯瞰的に見れば

「成功/勝ち/正」であることが

「わかる」こともある

「しぜん」。




逆に



「このよ」には、

短期的・表層的に見れば

「成功/勝ち/正」に感じ/観じられる事柄も、

実は

長期的・俯瞰的に見れば

「失敗/負け/誤」であることが

「わかる」こともある

「しぜん」。





「このよ(この世/子の世/未来)」は

「ひとりひとり」

「こころせんたくしだい」

「めぐりかえりあらわれる」

「 しぜん 」。





「かこ」「いま」かえる「いま」「このよ」かえる「しんか」「しぜん」。

「かこ」「いま」かえる「いま」「このよ」かえる「しんか」「しぜん」。

「かこ」「いま」かえる「いま」「このよ」かえる「しんか」「しぜん」。






この「選挙」を皮切りに、

これからますます

信じられないほど (猛スピードで)

とてもとても「たのしみ」になる

「 2020 」に向けて

「このよ(この世/子の世/未来)」のために

政治家、憲政関連の皆様と

「こころ」「ともに」

「いきる」。





政治家、憲政関連の皆様

『ひとりひとり』のご尽力に、

心から重ね重ね

感謝しています。



ありがとうございます。

「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。



「ひとりひとり」


「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「 2020 」。。。。




「ひとりひとり」


「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「 しぜん 」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

「ひとりひとり」「このよ(この世/子の世/未来)」の救世主「しんじつ(真実/神実/しんじつ)」の「わたし」。全感謝。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;下に「スポンサー」が表示される場合がございます。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。