スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自殺」は「社会」と本人が犯す『殺人』です。『自殺者の念』が「やみ」地獄から「このよ」に「うまれかえる」「しぜん」。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。
2014年4月26日(土)。



「自殺」は 『殺人』です。




「自殺」は

「社会」と本人が犯す

『殺人』です。



「自殺」は、

本人が「自分の肉体を殺す」という

「殺人」です。




しかし、

決して

「本人だけ」が犯す「殺人」

ではありません。




「自殺」は、

『社会』と

本人が犯す

「殺人」なのです。




「自分を殺そう」としている

「殺人」に対して、

「社会」が理解を怠り

「無知・無頓着」であったり、

「見て見ぬふり」をしたり、

「知って知らぬふり」をしたり、

「無視」したり。。。


。。。。



「自殺という殺人」の

「原因」は、

決して「本人だけ」に

起因しません。



「自殺」という「殺人」の

「背後」には、

「自分を殺そうとしている本人」を

「自殺」という『殺人』に追いやる

「環境的」「社会的」等の

隠れた

「理由」「原因」等が、

必ず

存在しています。




「自殺」は、

決して

「本人だけ」が

犯す

「殺人」ではありません。




「自殺」は

『社会』と

本人が犯す、

「殺人」であるということを、

ますます多くの人々は、

「きづき」はじめています。






そしてさらに、

「困難試練も『このよ』の愛」であることにも、

ますます多くの人々が、

「きづき」始めています。



人生に与えられた「困難試練」は、

決して「悪」ではなく、

「ふかい」「まなび」を伴った

『このよ』の愛の

「めぐりかえりあらわれ」「しぜん」。






「困難試練も『このよ』の愛」。





自殺することなく、

与えられた「人生(いのち)」を

最期まで「いききる」「しぜん」。





「このよこころ」「すべて」「まなび」。





「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。





既に「自殺をしてしまった方々」も、

「かいしん」すれば

「『このよ』の愛」により

再び「このよ」に「うまれかえる」「しぜん」。




『自殺者の念』が

「やみ」から

「このよ」に

「うまれかえる」「しぜん」。




「2020」に向けて、

さらに「このよ」を

正しい「みち」に

浄化させるために、

これまで「(「かいしん」した)自殺した方々の念」が、

「このよ」に「うまれかえる」「しぜん」。





これまでは、

自殺をした方々の霊魂は

「地獄」の中に留まってしまい、

「浮かび上がれない(浄化されない)」状態でしたが、

「しぜん」「このよ」の「しんか」「愛」により、

「(「かいしん」をした)自殺をした方々」も、

「浄化される(うかばれる)チャンス」が

与えられる「しぜん」。




「(「かいしん」をした)自殺をした方々」は、

「このよ」の「悪意」に対して、

その「悪意を発した人間」に対する

「悪しき事情」等の

「ふかいまなび」を与えて、

その「悪意を発した人間」を

「ただしい」「みち」に

導く支援をすることにより、

「自殺をした方々の霊魂」は

「浄化される」「しぜん」。




それは、まるで

「このよ」に「善意を発した人々」に、

『天使』がさらに

「幸運」を導く支援をすることに

似ている「しぜん」。





「このよ」に「悪意」を発した人間は、

「自ら発した悪意」が、

いずれ「しかるべきとき」に、

ご本人の「悪業」により倍増された

様々な「悪しき事情」として

「ご本人の人生」に

「めぐりかえりあらわれる」だけではなく、

今後は、

「2020」に向けて

さらに「自殺した方々が浄化されるため」に、

「やみ」の中から「自殺者の念」が、

さりげない陰湿な「いじめ」や

「真実(真理・原理・天理・摂理、等含む)」を知らず

「悪しき噂話」を信じたり、

「陰口」や「嘘」

「差別偏見」「排除排斥意識」、

「未理解(無視)」や

「揶揄嘲笑」「見下し」や「貶め」

「かんぐり」「意図的な誤解」等を含む

「悪しき誤解」等、

「このよ」に発せられた『悪意』に、

拍車をかけるがごとく倍増され

『世界戦争』勃発や

世界の経済を巻き込む危険をはらみ

間近に迫っている「近隣国のバブル経済崩壊」や

「3.11の『つぎ』;大都市直下、南海、東南海等」をも

引き起こすほどの

強烈な「めぐりかえりあらわれ」として、

「悪意を発した本人」のみならず、

「悪意を発した本人のご家族」や

「悪意を発した本人が勤めている企業」

またその企業が属している「業界」や

その「国家社会」等の

様々な状況の「悪化」をも伴い、

結果的に

「悪意を発した『本人の人生』」に、

本人の悪業による倍増以上の

さらに極度に悪化した

「悪しき事情」が、

正しき「みち」に導くための

「ふかいまなび」として、

「悪意を発したご本人」に

「しかるべきとき」に

強烈に

「めぐりかえりあらわれる」「しぜん」。




そうして

これまで「自殺」に対する

無頓着で無責任な社会から

「排除排斥」される等、

さりげなく「自殺」に追い込まれ

「自殺した方々(の念)」は、

「悪意を発した人間」達を

正しき「みち」に

導く支援をすることにより、

浄化される(うかばれる)「しぜん」。





こうして

「2020」に向けて、

さらに「このよ(この世/子の世/未来)」が

「しんいかなうのぞみねがいかなうただしき」「みち」に

浄化され

「しんか」する「しぜん」。




ありがとうございます。



。。。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。


「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「2020」。。。。




「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「しぜん」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。