スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「芸能界」との「しぜん」;美輪明宏様。。。若尾文子様。。。中島みゆき様、そして、高倉健様。。芸能界関係の皆様、ありがとうございます。【みかん2】

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。
2014年2月15日(土)。



【みかん2】「たね」。。。



「わたし」は、

プロフェッショナルなアマチュアなのかもしれません

アマチュアなプロフェッショナルなのかもしれません

そして

アマチュアなプロフェッショナルの「やく」の

プロフェッショナルなアマチュアの「やく」の

『人生の大根役者』の

「わたし」なのでしょう か。。。




『人生の大根役者』にも、

感謝しています。。。



ありがとうございます。





「このよこころ」


「かみ」「がみ」


「かがみ」の「しぜん」。




「このよ」の「わたし」です。




ありがとうございます。





「芸能界」。。。

「芸能」とは。



映画、テレビや書籍、雑誌、ラジオやDVD、インターネット等、

「メディア」を通じて「つながって」いる。。。




「コンサート」や「シアター」等の

「ば」。。空間を通じて「つながって」いる。。。



「このよ」「こころ」「しぜん」と「つながる」


「このよこころ」に「ひびく」世界。。。


「芸能界」。。。


。。。。。




そもそも、「芸能」とは。。。


「芸術の諸ジャンルのうち、人間の身体をもって表現する技法のことである。」
{Wikipedia「芸能」より。}

<【参照】Wikipedia「芸能」>




日本での芸能のルーツは。。

「日本の芸能は村々における神祭りの場を母胎とした。
黎明期の芸能はシャーマニズム儀礼の形をとっていたと考えられている。
大和朝廷は祭りの場の歌舞をいち早く芸能化し、
猿女氏や物部氏がそれを行った。
これが神楽のもととなったと考えられている。
平安時代にはいると猿楽・田楽が行われるようになった。」
{Wikipedia「芸能」より。}



歌舞伎では、

「おくに(阿国)」。。。





多くの「ひと」の「こころ」に「ひびく」。。。

「生き様」「死に様」。。。


島倉千代子様という「いのち」(人生)を通じて

発せられる、その「ことば」が、

「こころ」に「ひびく」。。。


「発達障がい(自閉/アスペルガー傾向)」を自覚した2009年。
大多数の皆様とは「異なった人生」を「いきる」「覚悟」。

『人生いろいろ』等で、とても勇気づけられました。

ありがとうございます。


「いま」でも
「こころ」の「なか」で、
美しい「心の響き」。。。
生き続けていらっしゃいます。。。

ありがとうございます。





「やく」を演じきるその「こころ」は、

「芸能界」だけに通じるものではない。

ビジネス界における「社長」や「社員」。

それぞれの「やく」役職。。。



生活界(日常生活)における「父親」や「母親」。

家庭での「やく」。。。



それぞれの「やく」。



「じぶんじんせい」の「しめい」としての「やく」。。。



それは「しんのじぶん」に

「つうじる」「こころ」。。






和田アキ子様。。。


「わたし」の幼少時代に、


大好きな祖母と一緒に観ていた


白黒テレビの「なか」で、


和田アキ子様がインタビューにお応えになっているシーンが、




今でも、


プラチナ(白金)色の輝きを放ち


「わたし」の「こころ」の「なか」で、


美しく「ひかり」続けています。。。



芸能は、

会場のお客様やファンの皆様のために

歌い、踊ることはもちろんです。


でも、それだけではなく、

芸能とは、

「神様(「このよ」「すべて」)」のために、

「神様(「このよ」「すべて」)」に捧げる、

「こころ」だと

先輩から教わりました。。(旨)



と、


「こころ」を「おつたえ」くださいました。


ありがとうございます。






美輪明宏様。。。

小石川植物園で。。。「卑弥呼(日巫女)」「中将姫」。。。




ありがとうございます。



1991年頃
稲荷鬼王神社。。
美輪明宏様。中島みゆき様
。。。
「白いカウボーイハット」いただいた美しい想い出。
皆で「稲荷鬼王神社」を参拝した。

(1991年頃。。『MERRY-GO-ROUND』、『Tell Me, Sister』。。。)






『十二単』を心に纏い、

「白いカウボーイハット」を想い出にかぶる

『人生の大根役者』の

「やく」にも感謝し「いきる」

「いかす」、演じきる、

このよ」の私。。。



ありがとうございます。




高倉健様(小田剛一様)

2006年頃お電話ありがとうございます。
「いま」こうして「全感謝の心」で「いきて」います。
ありがとうございます。
(『文化勲章』受章、おめでとうございます。)



若尾文子様、

1990年頃大学時代、内定企業入社前に人生相談ありがとうございます。
同じ大学で学び、「同期」のBlackRiver様との楽しかった想い出も
心の中でしっかりと輝いています。。
この「人生」での「出会い」「巡り会い」に
感謝しています。


ありがとうございます。






そして、何千人、何万人という、

芸能界ご関係者の皆様、

「見えない縁(えにし)」の「つながり」。。。



ありがとうございます。



芸能界」との「しぜん」;和田アキ子様。。。島倉千代子様。。そして、美輪明宏様。。芸能界関係の皆様、ありがとうございます。【みかん1



「芸能界」との「しぜん」;美輪明宏様。。。若尾文子様。。。中島みゆき様、そして、高倉健様。。芸能界関係の皆様、ありがとうございます。【みかん2】


ありがとうございます。



。。。




「みなそれぞれじぶんじんせい」という「やく」。。。


その大切な「やく」を


「このよ」に捧げ


「いま」というステージで


「このよこころ」


「すべて」「まなび」


「しぜん」と演じきる。。。


「いきる」『人生』。。。



ありがとうございます。



。。。


「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「2020」。。。。




「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「しぜん」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。