スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

。。「このよ」と「あのよ」の「しんい」。。。。{みかん}

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。
2014年2月4日(火)早朝に感じた/観じた「たね」。



2014年2月4日(火)の早朝に届き感じ/観じた「たね」。。。{みかん}。




『このよ(この世/子の世/未来)』は、「すべて」「しぜん」「みちのかみ」「やみわかみ」の「陽の子供」。
「あのよ(あの世/吾・阿・亜の世/過去)」は、「すべて」「しぜん」「みちのかみ」「やみわかみ」の「陰の子供」。


「あ(吾/阿/亜)」

「い(意/為/異)」

「う(有/生/宇)」

「え(回/枝/絵

「お

「むい(無意/無為)」



。。。。

「すべて」
「しぜん」
「みちのかみ」
「やみわかみ」




「すべて」「しぜん」

「みちのかみ」「やみわかみ」




「すべて」「みちのかみ」

「しぜん」「やみわかみ」

「しぜん」「みちのかみ」

「すべて」「やみわかみ」





「すべて」「しぜん」と「みちのかみ」「やみわかみ」の「陽の子供」は、
「このよ(この世/子の世/未来)」。


「すべて」「しぜん」と「みちのかみ」「やみわかみ」の「陰の子供」は、
「あのよ(あの世/吾・阿・亜の世/過去)」。

(【厳重留意】「陰」や「陽」には「上下優劣前後善悪関係」等は無く「おなじ」であり、同時・同様に「可逆的」でもあります。
「あしきごかい」無きよう。ありがとうございます。)


その「すべて」に同時・同様に「みちのかみ」「やみわかみ」が「しぜん」と「みち(道/未知/満)」「ある」。
(上記の『「みちのかみ」「やみわかみ」が、「しぜん」と「みち」「ある」』ことは、「目(眼)で見えず」「愛(め)で見える/観える」感じる/観じる(心で「きく」)状態。)


そのさらに同時・同様に、「すべて」に同時・同様に「みちのかみ」「やみわかみ」が「しぜん」と「みち(道/未知/満)」「ない」ことも「ある」、「すべて」「しぜん」。
(上記の『「みちのかみ」「やみわかみ」が、「しぜん」と「みち」「ない」』ことも、「目(眼)で見えず」「愛(め)で見える/観える」感じる/観じる(心で「きく」)状態。)



「すべて」「しぜん」「みちのかみ」「やみわかみ」の子供である「このよ」も「あのよ」も、
「みちのかみ」「やみわかみ」が「しぜん」と「みち(道/未知/満)」「ある」場合には、
「このよ」も「あのよ」も、
「すべて」「しぜん」「みちのかみ」「やみわかみ」と
「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」と
『わたし』として「つづく」。



「すべて」「しぜん」「みちのかみ」「やみわかみ」の子供である「このよ」も「あのよ」も、
「みちのかみ」「やみわかみ」が「しぜん」と「みち(道/未知/満)」「ない」場合には、
「このよ」も「あのよ」も、
「すべて」「しぜん」「みちのかみ」「やみわかみ」に
「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」と
「かえる(帰る/返る/還る/変える/代える/換える/替える/復る/孵る/反る/かえる)」。


。。。



「すべて」「しぜん」「みちのかみ」「やみわかみ」の「陽の子供」である、『このよ(この世/子の世/未来)』の
さらに「陽の子供」は、
「存在(人類、生物、植物、生命体、鉱物、物体、物質、電子、量子、光子、原子、素粒子、宇宙・惑星等を含む)」「大自然宇宙」の「有形・固定(個)的」な存在。


「すべて」「しぜん」「みちのかみ」「やみわかみ」の「陽の子供」である、『このよ(この世/子の世/未来)」の
「陰の子供」は、
「いのち」「生命活動」等の「いま」「無形・変化する」「ちから」「とき」の「プロセス」「けいい」。
(【補足】ただし上記の「いま」は「いのちのま」である「いま」。「いま」は多様。)


その「すべて」に同時・同様に「みちのかみ」「やみわかみ」が、「しぜん」と「みち(道/未知/満)」「ある」。
(上記の『「みちのかみ」「やみわかみ」が、「しぜん」と「みち」「ある」』ことは、「目(眼)で見えず」「愛(め)で見える/観える」感じる/観じる(心で「きく」)状態。)


そのさらに同時・同様に、「すべて」に同時・同様に「みちのかみ」「やみわかみ」が「しぜん」と「みち(道/未知/満)」「ない」ことも「ある」、「すべて」「しぜん」。
(上記の『「みちのかみ」「やみわかみ」が、「しぜん」と「みち」「ない」』ことも、「目(眼)で見えず」「愛(め)で見える/観える」感じる/観じる(心で「きく」)状態。)



「すべて」「しぜん」「みちのかみ」「やみわかみ」の「陽の子供」である「このよ」の
さらに子供である、「存在」や「いのち」に
「みちのかみ」「やみわかみ」が「しぜん」と「みち(道/未知/満)」「ある」場合には、
「存在」や「いのち」が
「すべて」「しぜん」「みちのかみ」「やみわかみ」と
「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」と
「存在」や「いのち」が
「このよこころ」「すべて」
『わたし』として「つづく」。



「すべて」「しぜん」「みちのかみ」「やみわかみ」の「陽の子供」である「このよ」の
さらに子供である、「存在」や「いのち」に
「みちのかみ」「やみわかみ」が「しぜん」と「みち(道/未知/満)」「ない」場合には、
「存在」や「いのち」は
「崩壊消滅」や「死」として
「すべて」「しぜん」「みちのかみ」「やみわかみ」に
「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」と
「かえる(帰る/返る/還る/変える/代える/換える/替える/復る/孵る/反る/かえる)」。



「崩壊消滅」や「死」は、
さらに同時・同様に、
「すべて」「しぜん」「みちのかみ」「やみわかみ」の「陽の子供」である「このよ」の
さらに子供である、「存在」や「いのち」が
「みちのかみ」「やみわかみ」により「しぜん」と「みち(道/未知/満)」「ない」場合の
「崩壊消滅」「死」として、
「しぜん(死然)」と
「すべて」「しぜん」「みちのかみ」「やみわかみ」に「かえる」と同時・同様に
「あのよ」への「誕生」でも「ある」。



。。。




「すべて」「しぜん」「みちのかみ」「やみわかみ」の「陽の子供」である、「このよ」の、
さらに「陽の子供」である「人類・個人(生命個体の肉体)」を含む「生物(生命体)」の、
そのさらに「陽の子供」は、
「精子」「卵子」の「わたし」の子供(「つなぎ」融合体)である
「肉体(生命体)としての子孫」。


「すべて」「しぜん」「みちのかみ」「やみわかみ」の「陽の子供」である、「このよ」の、
さらに「陽の子供」である「人類・個人(生命個体)」の、
「陰の子供」は、
個人としての「人生」「こころ」。


その「すべて」に同時・同様に「みちのかみ」「やみわかみ」が、「しぜん」と「みち(道/未知/満)」「ある」。
(上記の『「みちのかみ」「やみわかみ」が、「しぜん」と「みち」「ある」』ことは、「目(眼)で見えず」「愛(め)で見える/観える」感じる/観じる(心で「きく」)状態。)



「あい(愛/合/相/会/間/逢/遇/ i / I /あい)」や「しんのわ」「共感」「思い遣り」「感情」などの「個人および、個人間の『こころ』」

それは同時に



「すべて」「しぜん」「みちのかみ」「やみわかみ」の「陽の子供」である、「このよ」の、
さらに「陽の子供」である「人類・個人(生命個体)」の、
そのさらに「陽の子供」である「肉体としての子孫」の、
そのさらに「陽の子供」は、
「遺伝」。


「すべて」「しぜん」「みちのかみ」「やみわかみ」の「陽の子供」である、「このよ」の、
さらに「陽の子供」である「人類・個人(生命個体)」の、
そのさらに「陽の子供」である「肉体としての子孫」の、
「陰の子供」は、
「死」。。。それは「あのよ」への「誕生」。




「いのち」の「陽の子供」は、「肉体や個体」等、「生命個体」。
「いのち」の「陰の子供」は、「こころ」「精神」「意識」等、「無形の存在」。
や、「文明」や「文化」の「そうぞう」「変遷」、「世界趨勢」や「社会意識」、「出来事」等、「無形・しんか」的な、「



「存在」は「人類」を含む。
従って「人類」は「このよ(この世/子の世/未来)」の子供。
「人類」の子供は、物質的には「肉体の子供」であり、精神的には「できごと」や「つとめの成果」等。


{「みかん(未完)」の「たね」ここまで。}





。。。


「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「2020」。。。。




「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「しぜん」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。