スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひとりひとり」。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。
2014年1月18日(土)。




「ひとりひとり」とは、


「唯我独尊」や


「個人主義」等ではありません。






「ひとりひとり」が


かくしん(確信/革新/核心/確神)」し、


しんのわ」を成す、


「ひと」


「ひとりひとり」が


「このよ」の大切な存在。


参照】『しんのわ






「ひとりひとり」とは、


「唯我独尊」や


「個人主義」等ではありません。




「ひとりひとり」とは、

2013年「しんいしんずい」;「うみのくるしみ」「しんのわ」「ひとりひとり」「ひかり」と成る「しんのつよさ」「しぜん」。』


でも「おつたえ」させていただいたように、



{抜粋ここから}
-1)「ひとりひとり」。

これはつまり、

日本の各自「ひとりひとり」は、

「みなそれぞれじぶんじんせい」という、

「しんい」を「きづき」、

それぞれが持っている「しめい」を「きづき」、

各自一人一人、

「じぶんじんせい」は、

一人自分だけが、自分の「人生」を「いきる」ことができ、

一人自分だけが、自分の「人生」を「いかす」ことができるという、

「このよこころ」の「しんいしんずい」を「きづき」、

「ひとりひとり」が、他人様(ひとさま)の「人生」を尊重し、

「ひとりひとり」が、お互いの「人生」を尊重しあい、

皆それぞれ「じぶんじんせい」を、

「さいぜん」に「いきる」ことができ、

「さいぜん」に「いかす」ことができる、

「しんのしあわせ」を「きづく」ための

「しんいしんずい」「しぜん」。



また同時に、

「ひとりひとり」とは、

「一人人理」であり、

一人の心ある「ひと」としての「理(道理)」が「あらわれている」言葉。


さらに「ひとり」とは、

「ひ」と「り」であり、

それは、

「ひ(霊/一/日/陽/灯/火/彼/非/否/秘/ひ)」と「り(理/利/裏)」。


これは、他に言われる「半身半霊(もしくは「半霊半物質)」をもあらわす。


つまり、

一人の心ある「ひと」としての「ひとり」とは、

「ひ(=霊や心等、物質ではないもの)」と

「り(=「ひ」の裏である身体や物質、金銭等を含む「利」を含めた「理」)」でもあり、

したがって、

「ひとり」とは「『ひ』と『り』」であり、

「半身半霊(もしくは「半霊半物質」)」をも同時にあらわす。
{抜粋ここまで}
(【ご留意】「日本」とは、国土や国民、国境や人種等には一切制限はなく、プレーローマ等「日本のこころ」がある「ひと」に関わることです。)


<念のための【厳重留意】>
上記抜粋中、

各自一人一人、
「じぶんじんせい」は、
一人自分だけが、自分の「人生」を「いきる」ことができ、
一人自分だけが、自分の「人生」を「いかす」ことができるという、
「このよこころ」の「しんいしんずい」

には、もちろん「このよ」「しぜん」の「 paradox 」も含まれております。
「未成熟」な精神はその「 paradox 」を「きづく」「理解する」能力・脳力に欠け、「あしきごかい」等により、「批判・非難」「差別・偏見」「揶揄・嘲笑」等、見下し貶めの心等が生じる可能性もございます。
「あしきごかい」無きよう、厳重にご留意いただけましたら幸いに存じます。
ありがとうございます。




「ひとりひとり」の「こころ」は

「しんのわ」を成す

「しんのきづな」を結ぶ

重要な「こころ」。



「しんのわ」に満たされた

「しんのきづな」で結ばれた

「あい」の顕現

世界・国家等の

集合体の意識が

「しんのむら意識」。





いずれ、



「みなのこころせんたくしだい」、



「ひとりひとり」の



「こころせんたくしだい」、



「地球(全世界)」が「ひとつ」という



「みなでひとつ。みなでしあわせ。」という



「しんのむら」が



「このよ(この世/子の世/未来)」に


さらに


顕現する「しぜん」。

{21:15頃追記}
【ご留意】
『「地球(全世界)」が「ひとつ」』とは、決して「現在地球に存在する多数の国家」が強制的に「統一」されたり「一律化」「均一化」等されるのではなく、地球上の「それぞれの地域文化等の素晴らしさ」が地球上で「いきる」状態を保ち、地球上の全世界が「愛の心(「しんあい(真愛/神愛)」)」や「相互理解」等により、地域ごとの特色や文化等は異なることも「しぜん」であり、その「しぜん」の状態が尊重されその状態を「いかし」、地球における「地域ごとの『ちがい』」は存在しながらも、「地球全体」として「ひとつ」と成る。という「しんい」です。
(「地球環境の変化」や「宇宙環境」の「しんか」等により『人類の叡智』をさらに「いかし」、そうならざるを得ない状況に「しぜん」と「しんか」すること等も含まれます。とても「しぜん」なことです。)
「あしきごかい」無きよう。ご理解いただけましたら幸いに存じます。
ありがとうございます。
{追記ここまで}





【参照】『むら意識;日本の美しい「しんのむら意識(成熟したむら意識)」にも感謝。未成熟な「むら意識」にも感謝。』




{抜粋ここから}
【◆重要観点◆】⇒「善きむら意識(成熟したむら意識=しんの日本のむら意識)」は、まさに「しんの美しい日本の『こころ』」である「しんのわ」「しんのおもいやり愛」「しんあい(真愛/神愛)」によって「しんのきづな」で結ばれた「相互理解」と「相互信頼」等による、「個人の『ちがい』や自由意志が尊重されながら、個々の『ちがい』が「いかされ」、その「しんのきづな」で結ばれた『ちがい』の多様性が、その集合体(組織)の「つよみ」にも成り、成熟した個々の精神の集合体としての『しんのわ』が保たれている」集合体(組織)意識です。

この「善きむら意識(成熟したむら意識)」の社会では、個々の精神が成熟しているので、その社会内の「異質な存在」に対して悪しき誤解や未理解無く、「理解」することができますし、さらにある意味、その「成熟した社会」に於いては、「個々がそれぞれに異質な存在である」と同時に「その個々の異質な存在」の集合体(組織)を「俯瞰的」に観ると、その集団は「全体として『ひとつ(和)』」である」という、成熟した観点も可能です。

そのような「成熟したむら意識」による集団社会に対して、たとえ外部からその社会を「■■化」しようと働きかけても、その「意図」を、成熟した知性により個々人が、悪しき誤解や未理解無く、容易に「見極める」ことができるので、その社会は決して「■■化」されることはありません。
{抜粋ここまで}
(【ご留意】「日本」とは、国土や国民、国境や人種等には一切制限はなく、プレーローマ等「日本のこころ」がある「ひと」に関わることです。)




いずれ、

「みなのこころせんたくしだい」、

「ひとりひとり」の

「こころせんたくしだい」、

「地球(全世界)」が「ひとつ」という

「みなでひとつ。みなでしあわせ。」という

「全世界国家(=地球上の全ての存在が「あい(愛/合/相/会/間/逢/遇/ i / I /あい)」を成す「ひとつ」の国家)」という

「しんのむら」が

「このよ(この世/子の世/未来)」に

顕現する「しぜん」。




ありがとうございます。




。。。


「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「2020」。。。。




「みなのこころせんたくしだい」。





「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。