スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「弱肉強食」野獣意識にも感謝。「ひと」人類の「叡智知性」にも感謝。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。

2013年10月26日(土)。


「台風27号と28号」接近、通過。

「風邪(ふうじゃ)」にも感謝し、

毎週末の「神社でのめでぃてーしょん」へ。



最中、久しぶりに

「いぶきくちぶえ」が生じた。



やがて、その「いぶきくちぶえ」(の音程)が、

ありがとうございます。」となった。



ありがとうございます。





「神社でのめでぃてーしょん」を通じ、

以前、

このブログで「このよ(この世/子の世/未来)」とシェア(共有)させていただいた

むら意識;日本の美しい「しんのむら意識(成熟したむら意識)」にも感謝。未成熟な「むら意識」にも感謝。』の中から、

改めて、「弱肉強食」野獣意識に関して、

この場で「このよ(この世/子の世/未来)」と

(再)共有させていただくことになった。



以下、『「弱肉強食」野獣意識にも感謝。「ひと」人類の「叡智知性」にも感謝。』として、

むら意識;日本の美しい「しんのむら意識(成熟したむら意識)」にも感謝。未成熟な「むら意識」にも感謝。』からの抜粋。





<「弱肉強食」野獣意識にも感謝。「ひと」人類の「叡智知性」にも感謝。>


「弱肉強食」という観点は、

「野獣社会」には適合し、機能します。



なぜならば「野獣」には、

「ひと」のような「叡智」や「知性」等が無いからです。



「叡智や知性」が無い野獣社会においては、

「弱肉強食」という「大自然の摂理」しか選択の余地が無く、

嫌でもその摂理を選択せざるを得ず、

その摂理に適合せざるをえず、

しかし、

野獣社会では「弱肉強食」という摂理は、

「野生」に基づいている摂理であるため、

適切にバランスよく「機能」します。




一方、

人類・「ひと」には、

野獣とは異なり、

「叡智」や「知性」があるので、

「弱肉強食」という摂理は、

「選択の一つ」と成っています。




つまり、

人類は、

「叡智」や「知性」の成熟により、

「弱肉強食」という「野獣的な大自然の摂理」は

「選択しなくても良い」という、

選択の「自由意志」が与えられているのです。




従って、

人類は、

「弱肉強食」ではなく、

「叡智や知性」を「いかす」ことにより、

「共生(=みなでひとつ。みなでしあわせ。)」という、

別の「選択をすることが『できる』」

生命体なのです。





野獣は、その「選択は『できません』」。




2000年頃に、日本社会に「儲けるが勝ち」等という洗脳フレーズと共に、さりげなく巣くった(拡がった)「弱肉強食」的な「野獣意識」により、あの「3.11以前の無縁社会」等のような、日本社会崩壊が見事に成功しました。


次は「日本■■化」です。(←ここでは「■」の箇所は、敢えて明確な文字入力は控えさせていただきました。ごめんなさい。。。)


しかし、(事前に何度もブログ等で「おつたえ」させていただいたように)ようやく「3.11の発生」により、それまで鈍感で未成熟だった日本社会意識は、「しんの日本の美しい心」を思い出し始めたようです。



TPP交渉開始や、「2020」が「東京」に決定したこと等により、ますます「日本■■化」がし易くなっております。





「弱肉強食」という観点は、

「野獣社会」には適合し、機能します。



「野獣」には、

「ひと」のような「叡智」や「知性」等が

無いからです。



一方、

人類・「ひと」には、

野獣とは異なり、

「叡智」や「知性」があるので、

「弱肉強食」という摂理は、

「選択の一つ」と成っています。



人類は、

「弱肉強食」ではなく、

「叡智や知性」を「いかす」ことにより、

「共生(=みなでひとつ。みなでしあわせ。)」という、

別の「選択をすることが 『 できる 』」

生命体なのです。





野獣は、その「選択は『できません』」。






人類は、

「叡智や知性」を

いかす」ことにより、

「共生(=みなでひとつ。みなでしあわせ。)」という、

「選択をすることが




 できる 』」




生命体である「しぜん」。。。





「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。