スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マドンナ様と、レディガガ様と、カーペンターズの皆様と。。。(「春夏」の「わたし」と、「秋冬」の「わたし」と。。。)

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。
2013年10月6日(日)。


「わたし」

まがたまぱじゃま。は、

「春夏」と「秋冬」は



異なる。。。



「わたし」まがたまぱじゃま。の

「体質」や「精神状態」、

「意識傾向」等は、

「春夏」と「秋冬」は



異なる。。。




「春夏」は、

外向的、積極的で

ワイルド。。。




「秋冬」は、

内向的、黙考的で

マイルド。。。





毎年、

「わたし」まがたまぱじゃま。は、

「春夏」と「秋冬」は



異なる。。。






幼少時代から

「わたし」まがたまぱじゃま。の

「体質」や「精神状態」、

「意識傾向」等は、

「春夏」と「秋冬」は



異なる。。。






他人様(ひとさま)が見れば、


「別人」かも。。。

「同人」かも。。。



「毎年、

『春夏』と『秋冬』が

異なること」が、


「同じ」かも。。





マイノリティー(少数・稀少/希少)だから、



大多数と同じではないから。。。




形骸化した

「常識」的な

理解の域を超えてしまい、


「誤解」や「未理解」等が


多々、


生じてしまい。。。





「よくわからない」と

他人様(ひとさま)から幾度も言われてしまう、


致し方ない

この「人生」。。。




「この人生」にも、

もちろん感謝。

ありがとうございます。




「わたし」まがたまぱじゃま。は、

「春夏」と「秋冬」は



異なる。。。






「春夏」は、

外向的、積極的で

ワイルド。。。



「秋冬」は、

内向的、黙考的で

マイルド。。。




「やみわかみ」。




「荒魂」と「和魂」。




「やみわかみ」。




「しぜん」。。。。




昨年(2012年)の夏には、

レディガガ様の『ジューダ(Judas)』に併せて

炭坑節」の踊りが生じた。。。

(【ご留意】お名前の正しい表記は「レディー・ガガ」様ですが、親しみを込めて「レディガガ様」と記させていただきます。ありがとうございます。)



今年の夏には、

ビリー・ジョエル様の『オネスティー(Honesty)』の

うた」が生じた。。。
(「相馬への『心の旅』」以降、最近は治まりました。ありがとうございます。)








高校米国留学時代から、

大学時代にもよく聴いた

マドンナ様。


<【参照】Wikipedia「マドンナ」>



あの「バブル時代(1990年頃)」に

購入したマドンナ様のベストアルバム

『The Immaculate Collection; ウルトラ・マドンナ・グレイテスト・ヒッツ』

を懐かしく聴いていた。




2013年9月、

その後のマドンナ様の作品も聴きたくなり、

『Celebration; マドンナ・オールタイム・ベスト(2009年リリース;2枚組)』

を入手。



全楽曲が

「デジタル・リミックス」のため、

懐かしいデビュー当時、1980年代~1990年頃の楽曲も

また「新たなひびき」として

再生される。



ポータブルミュージックプレーヤーに接続した

イヤフォンから聞こえてくる

音色の「位相」が

とてもクリスプ(鮮明で生々しい)で、

「デジタル」な、エッジの効いた

音の「際立ち」

「かがやき」を

楽しむ。




その中から、

主に『The Immaculate Collection』に収録されている曲等を除き、

以下の楽曲の「お気に入りプレイリスト」を作って

ポータブル携帯ミュージックプレーヤーで楽しむ。


(下記の楽曲名をクリックすると、YouTubeにアクセスし、どのような曲かご確認いただけます。)

1) Hung Up

2) Ray of Light

3) Sorry

4) Secret

5) Erotica

6) Revolver

7) Frozen

8) Miles Away

9) Take a Bow

10) Beautiful Stranger

11) Hollywood

12) Die Another Day

13) Don't Tell Me

14) Celebration


{2013年10月7日追記}
上の楽曲中、「7) Frozen」以外のPVに関しては敢えてこの場でのコメントは慎ませていただきます。ありがとうございます。
◆「7) Frozen」は楽曲のみならずPVのクリエイティブ「完成度」は驚愕的です。
ありがとうございます。
{追記ここまで。}




マドンナ様の、

表現豊かな楽曲と


「歌声」。



曲調に併せて

「声質」まで変える。


「プリティー&キュート(魅惑的でかわいい)系」の声質。

「ハード&ワイルド(妖艶で野性的)系」の声質。

「ハート&マイルド(優しく愛おしい)系」の声質。


。。。


その中に、

(2008年デビューの)レディガガ様の声質」にそっくりな曲がある。



「3) Sorry(2006年リリース)

そして

「8) Miles Away(2008年リリース)」。。。


歌詞の「発音/発声法」もそっくり。。。




声帯の「締め具合」と

「R」の発音を発声する際に、

「口輪筋」を

「頬筋」と「笑筋」により

平たくする。。。



。。。。





1986年生まれの

レディガガ様は、「人生の年輪」が

マドンナ様ほど多くないので、



レディガガ様の「歌声」には

「人生の年輪」に近い

「若さ」漲る

「元気」「勇気」「躍動力」

そして、

如何ともしがたい「現実」を

昇華させる

「開き直りのユーモア力」等が

しっかりと伝わってくる。。。




1958年生まれの

マドンナ様の「歌声」には、

永年の「人生の年輪」による

「奥深さ」や「恒久性」

「神秘性」や「寛容性」



そして、

永年の人生を経て、

否定できない、

排除できない、

「如何ともしがたい人生の


『現実』」を、


「ユーモア」で開き直り

「わらい/笑い/和来」、

昇華させるだけではなく、



どうしようもない

「せつない『真実』」を、

否定せず、

排除せず、

認め、

受け入れ、

それでも「いきて」ゆく

「覚悟」までもが

感じ/観じられる。。。




マドンナ様の「歌声」には、

「人生」の、

「このよ」の、


どうしようもない


如何ともしがたい


「せつない



『真実』」



「すべて」を


受け入れ、


それでも「いきて」ゆく



「いきる覚悟」という名の



「愛(母性)」が



「しんあい(真愛/神愛)」が、



感じ/観じられる。。。




。。。。。




レディガガ様も、


これからますます


多くの「人生経験」を経て、


「人生の年輪」を重ね、


その「歌声」から、


「なに」が


感じ/観じられるようになるか、


とてもとても


「たのしみ」な


アーティストだ。。。。


。。。。





レディガガ様やマドンナ様の「声質」は、

カーペンターズの

「カレン・カーペンター様」の「声質」に

「つうじる」

ものがある。。。



。。。。。



Yesterday Once More(イエスタデー・ワンス・モア)』


。。。。。



通勤時(行き)は、


「カーペンターズ(カレン・カーペンター様)」。。。



。。。。



「春夏」は、

ワイルドに、

荒魂的に、


「レディガガ様」と「マドンナ様」と。。。






「秋冬」になれば、


「イル・ディーボ」の皆様や、

「サラ・ブライトマン様」等の



マイルドな、


和魂的な、



「歌声」が


心に


「ひびく」。。。




(2013年10月23日発売予定の「イル・ディーボ」の皆様の新しいアルバム『ミュージカル・アフェア』も楽しみだ。

2013年11月11日発売予定の「レディガガ様」の新しいアルバム『アートポップ』も楽しみだ。。。)




。。。。。





「わたし」まがたまぱじゃま。は、



「春夏」と「秋冬」は



異なる。。。

異ならないこともある。。。





「やみわかみ」。




「荒魂」と「和魂」。




「やみわかみ」。



「このよこころ」




しぜん」。。。。



ありがとうございます。





「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。