スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『心の馬』と「ともに」、「相馬事件」と「真実」と。。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。

2913年9月28日(土)。


昨日、

下のメールを記しながら、

「もしかしたらこのメール(下のメール)も

ブログで『このよ』とシェア(共有)させていただくことに

なるのだろうなぁ。。」と

感じ/観じていたところ、

やはり、

今朝の「毎週末の神社でのめでぃてーしょん」を通じて、

こうしてこのブログで

「このよ(この世/子の世/未来)」と

シェア(共有)させていただくことに

なりました。


ありがとうございます。




下のメール内には、「社会意識の成熟途上」である

「未成熟」な時代における

「できごと」に関する

記述もございます。




「2020」に向けて、

ますます「成熟した社会」が実現している昨今、

過去の「未成熟な社会意識」を

「悪」等と

軽率で浅はかな善悪二極判断等するのではなく、

「未成熟」であるがゆえの、

「多くの『まなび』」が含まれている観点により、

その「まなび」を、

「いま」そして「これから」に

「いかす」

「きっかけ」として、

「全感謝の『こころ』」で

提示させていただいております。




過去の「未成熟な社会意識」にも

「すべて」に

感謝しています。


ありがとうございます。


【ご留意】
「未成熟」は「未熟」と異なります。
「未成熟」には、将来的に「成熟する」という偉大な「可能性」があり、あくまでも「成熟」に向けた「プロセス(過程)」(「しぜん」の「成熟途上の状態」)を示唆しております。
「未熟」が場合により暗示するような「見下し」や「揶揄・嘲笑」、「貶め」等の「ネガティブな悪しき意図」は含まれておりません。
「悪しき誤解」無きよう。
「未成熟」の「しんい」をご理解いただけましたら幸いに存じます。
ありがとうございます。




<【参照】『「差別偏見意識」。』



-----Original Message-----(一部「削除」「訂正」等含む。)
From: まがたまぱじゃま。
Sent: Friday, September 27, 2013 11:41 AM
To: 皆様
Subject: <【返信不要】簡易状況報告>『心の馬』と「ともに」「相馬事件」と「真実」と。。
Importance: High

{お忙しいところご返信いただかなくとも大丈夫です。}

皆様、
いつも心温かいご理解やご支援等ありがとうございます。


<【要点】>
1;このメールを記す「背景」
2;昨日、朝の通勤電車内(南北線)での「できごと」
3;近況報告(「福島県相馬」への「心の旅」)




<【詳細】>
{1;このメールを記す「背景」}

(また「長文気味」となってしまい、申し訳ございません。
しかし、「心に鬱積させておく」ことは、あの「3.11」の時のように、また別の「異なった悪しき事情」が「このよ」に顕現してしまうといけませんので、こうして「ことば」として心の外に出してあげること(=「おはなし(お話/お離/お放)」)をさせていただくことにいたしました。いろいろとすみません。
ありがとうございます。)


{削除}
。。。。。





{2;昨日、朝の通勤電車内(南北線)での「できごと」}

以下、いつものように、「できごと」の「けいい」に番号を振って記させていただきます。
(なぜ、まがたまぱじゃま。は、こうして「番号を振る」のか、未だ自己分析結果が出ておりません(苦笑)。
しかしこうして「できごと」を記すには、なぜか「きづいたこと」(記憶に残っていること)に「番号を振る」と、とてもスムーズに記憶から蘇ってくるのです。。。)




<2013年9月26日(木)朝の通勤時、南北線内での「できごと」>

1,昨日の朝は、「精神過敏」ではあったものの、社会波動・雰囲気の中に、「2020への、このよの改善への意気込み」のような、「前向き(ポジティブな)」波動・雰囲気が観じられたため、比較的「爽快」な心持ちで自宅を出て、「馬喰横山駅」から都営新宿線に乗車した。

2,都営新宿線の車内も、日本人の「しんの美しさ」の一つである「さりげない他人様(ひとさま)への思い遣り」も感じ/観じられ、「社会意識の『しんか』」も感じ/観じ、さらに感謝した。

3,市ヶ谷駅で「南北線」に乗り換えた。

4,南北線の「いつもの車両の安全な位置(=「車いすコーナー」のあるドア付近には既に他人様(ひとさま)がいたので、次に安全な「その対面の、昇降側とは反対のドア横」)」に、一人分のスペースが空いていることがわかったので、その位置に移動して、ドア横の手すりにつかまり、いつものように「窓外を向く」方向で直立していた。

(「車内を向く方向」では、車内にいる大勢の人間の波動・雰囲気が直接視野に入ってしまい、その中に「怒気」や「我欲・強欲の固まりのような精神」、「鬱」「自殺願望」等を抱えている人間の波動・雰囲気が「視界」から、まがたまぱじゃま。の意識に入り込んでしまうと、厄介なことになるので、いつも「車内の方には向かず」「窓外の方を向いて」、できるだけ「ネガティブな精神の人間が視野に入らない」ように心がけている。)

5,背後に、「書籍を読む若い男性(高校生)」の姿が、目前の降車口ドアのガラスに映り、認識できた。

6,「高校生が何かを勉強しているのだなぁ。。学ぶ心は素晴らしいなぁ。。」と感じ/観じていた。。

7,しばらくして、電車が揺られ、背後の学生の「書籍の角」が、まがたまぱじゃま。の背中に当たった。

8,「発達障がい」の「精神過敏」の状態に、さらに「台風通過による影響」が加味された「精神超・激・爆過敏状態」のまがたまぱじゃま。の背中に、「書籍の角」が当たった瞬間、まるで「ナイフで背中を突き刺されている」ような感覚が全身/全心に走った。。。

9,強烈な「ショックと不快」を感じ/観じたが、「一度」でその「ナイフで背中を突き刺された」ような感情を伝えるのは申し訳ないので、精一杯我慢した。

10,その後、さらに「複数回」。。。否、「故意」とも思われるほど、幾度も、さりげなく「電車の揺れ」に併せるがように、何度も「書籍の角」がまがたまぱじゃま。の背中に接触したので、どうしても我慢ができなくなり、

11,「学習するその心は素晴らしいと感じ/観じます。しかし、背中に書籍が当たることはとても不快です。学習するその心は素晴らしいと感じ/観じます。しかし、背中に書籍が当たることはとても不快です。学習するその心は素晴らしいと感じ/観じます。しかし、背中に書籍が当たることはとても不快です。。。(旨)」と、比較的大きな声の「状況説明独り言」が生じてしまった。

12,「状況説明独り言」が生じた後にも、さらに背後から、「まさに『故意』」と思われるべく、さりげなく幾度も同様に「書籍の角」がぶつかってくるので、さらに「精神不安定」が助長され、

13,「『わたし』に、どうか触らない(触れない)でください!『わたし』に、どうか触らない(触れない)でください! Don't touch me!! Don't touch me!! Don't touch me!! Don't touch me!!。。。キリスト教徒の方、いらっしゃいますか?。。。キリスト教徒の方であれば、おわかりかもしれません。。Don't touch me!! Don't touch me!! Don't touch me!! Don't touch me!!。。。」と、さらに大きな声の「独り言発作」が生じてしまった。

14,途中、「わらい発作」も融合されていたと記憶している。

15,「溜池山王駅」に到着し、下車するために「左回り」で身体の方向を「降車口」へ向け、下車の準備をした。

16,そのとき、まがたまぱじゃま。の左側では、なにやら「スマホにメッセージを入力している」小柄で比較的長めの頭髪の20代中盤くらいのカジュアルスーツ姿の男性が視野に入った。

17,背後に立っていた高校生とおぼしき男性の持っていた、「幾度もまがたまぱじゃま。の背中を突き刺した書籍」が視野に入った。

18,「英語の参考書」であることが認識できた。。。と同時に、

19,「Oh, you study English! That's good! Good for you!(あぁ、あなたは英語を勉強しているんですね。いいですね。素晴らしいですね。)」と、英語の「独り言」が生じた。

20,溜池山王駅に到着し、降車口のドアが開いた。

21,下車しながら、優しい小さな声で「Please touch me. Please touch me. Please touch me.(どうぞ「ふれて」ください。)。。。」と、英語の独り言が複数回発せられた。

22,自分はとても「不快」「苦痛」に感じ/観じているのに、なぜ「Please touch me.(どうぞ「ふれて」ください。)」という表現が生じたのか最初はわからなかったが、その後自己分析をした結果、「如何ともしがたい人生の苦悩」を(揶揄や嘲笑ではなく)微笑ましい「わらい/笑い/和来」に昇華させるための「ユーモア」であると理解した。
(下車後はいつも『ふれあいコーナー』に向かうため。)

23,そして、いつものように、「読書タイム」のため、いつもの「溜池山王の『ふれあいコーナー(休憩スペース)』」に行き、読書をして、その後、いつものように出社した。

({削除}。)






{3;近況報告(「福島県相馬」への「心の旅」)}

上記の「できごと」にも関連して、「9月21日と22日」に、「福島県相馬」に行ってまいりました。

「心の馬」と「ともに」、とても美しい「旅」でした。。

その内容をブログに記し、「このよ(この世/子の世/未来)」とシェア(共有)させていただきました。



ブログの頁へのリンク【こちらをクリック】>




◆その中に「相馬事件」のことが触れられています。

(検索エンジン等で、「相馬事件」を検索していただけたら、どのような「事件」だったかがご理解いただけると思います。)
(まがたまぱじゃま。ととても多くの「しんえん」ご縁「共通観点」がございます。)


◆「相馬事件」は「このよ(この世/子の世/未来)」における「精神」と「社会」「医療」「法」「メディア(報道等)」や、「情報を受け取る一人一人の心のありかた」等について「考える」とても「ふかい」過去の出来事の一つです。

(まがたまぱじゃま。は決して、「国が悪い」とか「メディアが悪い」とか「社会が悪い」等というような「何かに悪を起因・帰結させる」「何かを責める」等という心はございません。
「ぜんあくいだきあいとなる。」「しぜん」の心です。
どうかどうか、その点をご理解いただけたら幸いです。
ありがとうございます。


一方、「過去の事実」は「事実」として存在することはとても「しぜん」ですし、逆にそのことを「消し去ってしまう」ことや「隠してしまう」ことの方が、社会が「同じ過ち」を繰り返すことに「つながり」、「悪しき事情」がさらに倍増され生じてしまうと感じ/観じています。

過去のような、「何かを悪として葬れば、それで社会が浄化される」という軽率で浅はかな時代は終わりました。



◆短絡的な善悪二極判断はせず、「れいせい」に、「事実を事実として受け入れ、その『過去の出来事』から、「まなび」として、「いま」そして「これから」の「このよ(この世/子の世/未来)」を、さらに「善いもの」にするために、私達「ひとりひとり」が考え、「まなぶ」ことが「さいぜん」だと「かくしん」しています。


。。。。


未だ「コンプライアンス」等の意識が日本社会に無かった「1992年頃」、まがたまぱじゃま。が「テレビ局に送った『人生相談』のお手紙」も含め、その後の「日本社会」に「3.11」も含め、「いろいろ」な「できごと」が「みなのこころせんたくしだい」倍増され、「めぐりかえりあらわれ」が顕在化いたしました。

「『人生相談』のお手紙」に関して「テレビ番組の中で放送された内容」を、視聴者やその内容を「噂話」や「陰口」等として拡めたこと等も含め。。。


◆今では、『過去すべて』に感謝しています。 ありがとうございます。



◆ブログにも記しましたが、『「真実」は、その「できごと」に関わる、本人の「なか」にある。』。。。


たとえば、上記の「<2013年9月26日(木)朝の通勤時、南北線内での「できごと」>」に関しても、「16,そのとき、まがたまぱじゃま。の左側では、なにやら「スマホにメッセージを入力している」小柄で比較的長めの頭髪の20代中盤くらいのカジュアルスーツ姿の男性が視野に入った。」と記したように、もしその男性が、「できごと」のわずか「一端」を記して「SNS等で拡散」させたり、その「できごと」の様子を「画像」に撮って、インターネット内で拡めたり、さらに「動画」として、拡めたりした際に、「電車内で大きな声で独り言を言っている」等のことだけが拡められてしまいます。


◆「ことの背景」や「その『できごと』に関わる本人の障がいや体調等の事情」、「ことの経緯(『発端』となる原因や理由等)」は、情報や画像・動画を受け取った人間達は理解できません。


たとえ、それらの「背景」や「経緯」等を「知った」としても、「理解する」能力・脳力があるか否かにより、「できごと」の「理解の仕方」も異なります。



◆【最重要観点】
「真実」は、その「できごと」に関わる、本人の「なか」にある。


。。。。。。



いずれにせよ、『相馬』では、多くの「きづき」や「まなび」を感じ/観じさせていただけた、とてもとても「美しい旅」ができました。

「相馬中村神社」にも、とても多くの「しんえん(深遠/深淵/神苑/新縁/親縁/清縁/信縁/芯縁/真縁/深縁/心縁/神縁)」を感じる/観じることができました。
(なによりも「中村神社」という社名が、とても強い「しんえん」を感じ/観じさせてくださいました。。)


お時間のあるときに、「スライドショー」として、画像をご覧いただけたら幸いです。



スライドショー1(2013年9月21日)


スライドショー2(2013年9月22日)


まがたまぱじゃま。Webアルバム





。。。。。。


「2020」に向けて、日本社会が、「ビッグデータ活用」や「情報の伝播」「画像・動画拡散の普及」等が、さらに高まると感じ/観じます。


◆そのような「激情報化の『おおつなみ』」を迎える日本社会において、その「情報や画像・動画」等を「受け取る『ひとりひとり』の理解能力・脳力や精神、心のありかた」が、ますます重要になります。


以下、『念のため』「ブログ」に明記した「しんい」を再記させていただきます。


{ブログからの抜粋;ここから}
「悪意」や「悪しき誤解」等は、


「このよ(この世/子の世/未来)」の


「悪しき事情」として、


「こころせんたくしだい」倍増され、


いずれ


「しかる」べき時に、


「3.11」や


都市直下、海トラ」、


「大争」等、


「みなのこころせんたくしだい」倍増され、


「めぐりかえりあらわれる」


「しぜん」。



{【厳重留意】
「3.11」の犠牲になられた皆様は、その方々ご本人の「めぐりかえりあらわれ」というよりも、「きづき」乏しく「こころ」貧しい「3.11前のすさんだ社会」「みなのこころせんたくしだい」の犠牲になられたという観点です。}







「善意」や「善き理解」等は、


「このよ(この世/子の世/未来)」の


「善き事象」として、


「こころせんたくしだい」倍増され、


いずれ


「さいぜん」の時に、


「2020」や


「運気上昇、好景気」、


「このよこころ大平和」等、


「みなのこころせんたくしだい」倍増され、


「めぐりかえりあらわれる」


「しぜん」。


{ブログからの抜粋;ここまで}
。。。。。。。。





このメールは、「ひとつ」の「まえぶれ」である「しぜん」。。。



これから、「激情報化の『おおつなみ』」が、日本社会を襲う前に、あの「3.11の前に誠実に『おつたえ』」させていただいたように、「ひとりひとり」の「こころ」に、「きづき」の「きっかけ」を、こうして誠実に「おつたえ」させていただきます。



◆日本社会の「情報等を受け取る、

『ひとりひとり』の「こころ」」が、

軽率で軽薄な『誤解』に近いような「浅はかな理解」にとどまらず、

「れいせい」に、「真実」に沿った『しんの理解』ができますよう、

「2020」に向けて、とてもとても「たのしみ」にしています。



ありがとうございます。



まがたまぱじゃま。
「みちのかみ」「やみわかみ」。全感謝。





しぜん」。







「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。