スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年8月12日(月)「夏休み」の「ひかりたち」;「やま」へ、高尾山。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


【 snapshots! 】まとめ。
◆snapshots! アルバム / ALBUM◆


(下の各画像「ひかりたち」をクリックすると、大きな画像が表示されます。Please click the thumb-nails below. You can see enlarged photos.)

TakaoSan_081213021.jpg TakaoSan_081213027.jpg TakaoSan_081213037.jpg TakaoSan_081213050.jpg TakaoSan_081213083.jpg TakaoSan_081213091.jpg TakaoSan_081213101.jpg TakaoSan_081213113.jpg




【<スライドショー / SLIDESHOW>】
(こちらをクリックするとスライドショーとなり、他の画像もご覧いただけます
。)
(上記をクリックするとスライドショーがスタートします。
スライド速度は、マウスを動かすと表示される画面下方の「表示秒数」横の「+マーク」をクリックするとゆっくり表示されるようになります。適宜ご調整ください。)




◆snapshots! アルバム / ALBUM◆




今週は「2013年、夏休み」。


一つのビッグイベントとして

「やま」へ行くことになった。




当初、「奥多摩」が心に浮かんだが、

その後、「くま」がその心を阻んだ。



しかし、

「くま」のお陰で、

「高尾山」に行くことができた。


<【参照】Wikipedia「高尾山」>





「高尾山」には、

真言宗智山派の関東三大本山のひとつである「高尾山薬王院」がある。
(他2つは「成田山新勝寺」と「川崎大師平間寺」)


<【参照】Wikipedia「高尾山薬王院」>




。。。。。


早朝、スタート!

「お江戸庵(自宅)」から電車で約「90分」。

「高尾山口」に到着。


。。。。。



高尾山は、

「修験道」の波動・雰囲気も感じ/観じられる。


修験道は、

「山岳信仰」や「仏教」「道教」「陰陽道」等が融合した、

日本独特の混淆宗教。


<【参照】Wikipedia「修験道」>




あちこちから、

「念」の残留のような波動・雰囲気が

絡み合っているように

切磋琢磨のせめぎ合いのように

蜘蛛の巣のように

複雑に

感じ/観じられた。。。


。。。


途中、

空いていたベンチに腰掛けて休んでいると、

すぐ隣に(まるでガード下の酒場のように)

接触しそうなほど接近して、

他人様(ひとさま)が座ってきた。。。


。。。

横に置いたカメラを取ろうと

上半身を右に回して手を伸ばした瞬間、

すぐ隣の他人様(ひとさま)に肘が接触してしまい、

「発作」が生じ始めてしまった。。。

。。。。


「大声発作」。。。


大変失礼いたしました。。

ありがとうございます。


。。。。。



それほど、

「やま」は

やはり精神に多くの「安らぎ」も与えて下さる一方、

その反面(修験道等の残留思念等にも影響され)

強烈な「念力」が

あちこちに

「しがらみ」のように

複雑に張り巡らされている。


。。。。


「念」を込めながらの登山は、

まるで

犬がマーキングするかのごとく、

「やま」を踏みしめる

一歩一歩に、

「念」を

マーキング。。。



。。。。


それらの「念」にも、

「しぜん」と、

「すべて」に感謝させていただいた。。。

ありがとうございます。





【<スライドショー / SLIDESHOW>】
(こちらをクリックするとスライドショーとなります
。)
(上記をクリックするとスライドショーがスタートします。
スライド速度は、マウスを動かすと表示される画面下方の「表示秒数」横の「+マーク」をクリックするとゆっくり表示されるようになります。適宜ご調整ください。)





。。。。。


如何なる術、

如何なる法、

如何なる念、

如何なる思念「こころ」であろうとも、

他人様(ひとさま)に向けた「もの」は、

一瞬(短期)は何らかの影響を与えたかのように錯覚されることもあるが、

しかし、

結果として、

本人の「業」等により倍増され、

いずれ

「しかるべき」時に、

「しかるべき」事情として、

本人やその家族や友人、居住している地域、関係者、つとめ先の企業や団体、業界、そして国家や世界等、「このよ」にも影響が生じ、

様々な「かたち」で

本人の「人生」に

「めぐりかえりあらわれる」「しぜん」。


。。。。


「高尾山」に散在している

様々な「念」にも感謝して、

「すべて」に感謝して、

高尾山の

「しぜん」を堪能させていただいた。。。


。。。。。


ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。