スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年2月2日(土)14:00過ぎ「隅田川河畔ランニングコーナー」での出来事;「殺したい心にも『愛』を感じた/観じた「このよ」への『愛』。。。全感謝。」

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


[English follows after Japanese. Thank you.]

2013年2月2日(土)14:00過ぎ「隅田川河畔ランニングコーナー」での出来事;「殺したい心にも『愛』を感じた/観じた「このよ」への『愛』。。。全感謝。」

The "Slice of My Love, My Life" on Feb. 2, 2013, 1400+ at "Running Area by the Smida River"; "Found 'LOVE' to this Universe in the Killing Passion".

1,2012年12月1日以降の「土曜日の午後」は、「隅田川河畔のランニングコーナー」で約1時間程度、「スキップ・ウォーク・ダンシング」をさせていただいている。
1, I usually have around-one-hour "Skip-Walk-Dancing" in running area by the Sumida River on Saturdays' afternoon since Dec. 1, 2012.

2,。。。実は「ジョギング」が苦手。。。
2, To tell the truth, I'm not good at "jogging"...

3,「ジョギング」をしようとすると、足が「スキップ」になってしまう。。。
3, Whenever I try to "jog", somehow, my legs start "skipping"...

4,それであれば、無理に「ジョギング」をするのではなく、「スキップ」を楽しくすればいいと考え直した。
4, Then, I changed my mind; let me enjoy "skipping", instead of forcing me in "jogging" with difficulty.

5,「ジョギングできない悲しみ」よりも、「スキップできる楽しみ」を「こころせんたく」させていただいた。
5, I "CHOSE" the "happiness and enjoyment of ability in skipping" rather than "sorrow of disability in jogging".

6,今日は、東京地方、2月2日とは思えない、「春の到来を思わせる、4月下旬並」のとても暖かな午後。
6, Today, Tokyo this afternoon, it was like "spring-coming warm good weather", it was at similar temperature of late April.

7,14:00頃から、隅田川河畔(『両国橋』の少し下流辺りの)ランニングコーナーで、「スキップ・ウォーク・ダンシング」をさせていただいた。
7, I started "Skip-Walk-Dancing" from about 1400 in the running area by the Sumida River; a little downward from the "Ryogoku Bridge".

8,美しい青空と、白い雲。。。カモメやハトやカラスも一緒に「春風(のような爽やかな風)」と「ともに」、「しぜん」を「いきて」いた。。。
8, With beautiful blue sky and white cloud,...gulls, dove, even crows were enjoying flying and Living with the "spring-coming like smooth breeze" in this Mother Nature...

9,時々、天空の「太陽」に「全感謝」をしながら、「スキップ・ウォーク・ダンシング」で全感謝の「エクセサイズ・めでぃてーしょん」をさせていただいていた。。。
9, Sometimes, I saluted to the Sun shining above us with "All-Gratitude", and enjoyed "Skip-Walk-Dancing"; it was a very good "All-Gratitude, exercise meditation"...

10,しばらくして、突然、左後方から、「わたし」の「二の腕(肘のすこし上部)」に、「ボン!」とぶつかる「衝撃」を感じた。。。
10, After a while, I suddenly felt "physical impact; Bump!" at my upper arm from my left-back...

11,その「衝撃」の中には、なぜか、「優しい思い遣り」も感じた/観じた。。。
11, Somehow, I felt a kind of "tender kindness or prudence of his true nature" in the "impact".

12,驚いて、左を振り返ると、そこには「身長約185センチ、(アングロサクソン系の肉体では中肉的な)体重約85キロ、一般的な中程度の長さの巻き毛気味の黒髪、グレー系の目」の「20代~30代位のルース気味な服装」の男性が、立ち、さらに複数回「わたし」の「二の腕」に「ボン!ボン!」と彼の「二の腕」をぶつけながら、口から「唾」を飛び散らせながら、真剣な表情で、なにやら「怒り」というか「激しい訴え」ような「荒い口調(英語)」で、「わたし」に「ことば」を投げかけていた。
12, With my surprise at the impact, I turned my head to left, I saw a medium-built Anglo-Saxon-like caucasian man around 20-30s, H185cm, W85kg, mid-short-long brunet hair, grayish eyes, in loose-fit clothes standing very close to me. He bumped his upper arm to mine several times more...Bump! Bump!... I understood he was trying to protest something in English with a kind of anger or seriousness with some flecks of spit from his mouth.

13,最初に「ボン!」とぶつかったその「衝撃」の中に「優しい思い遣り」も感じられたこともあり、「わたし」はその「唾を飛び散らせながら真剣に、激しく英語で訴えている男性」に対しては、「衝撃に対する少しの驚き」を感じただけで、その「男性」に対しては、全く「驚き」や「恐怖」等、感じ/観じられなかった。
13, Because I felt some kind of "tender kindness or prudence of his true nature" in his first bump, I felt only small mental "impact" from the bump, but NO "shock" or "fear" from the man protesting seriously in English with some flecks.

14,以前、この場所で「すれ違ったことがある男性だ」とも、思い出した。
14, I remembered I had seen him once passing me here before.

15,口から「唾」を飛び散らせながら、真剣な表情で、なにやら「怒り」にも近い「激しい英語の訴え」の内容要点は;
15, The essence or messages in his strong English protest with flecks or serious-anger are;

1)Why you say, "slave"!!!
(「なぜ、『どれい』と言うんだ!!!!」)

2)You, Japan do NOT have oil!!
(「お前達、日本人は石油を持っていないだろう!」)

16,この「2つの要点」を「唾が飛び散るほどに真剣に怒りのような波動・雰囲気」を込めて激しく訴えていた。
16, I understood these "two important messages" to me through his strong serious-anger protest with flecks.

17,途中、複数回「I'll KILL you!!! (お前を殺すぞ!!)」とも、言われた。。。
17, I remember, I was also told "I'll KILL you!!!" several times...

18,その表現は刑法上「脅迫」にも値する可能性もあるが、「わたし」は、その「ことば」と、彼のその「真剣な眼差し」と「こころ」の「なか」に、「このよ」に対する「愛」をも感じ/観じた。
18, Although the phrase can be categorized legally as "assault", I felt "true LOVE" for "this World and Universe" in his "HEART" and seriousness.

19,英語の発音は「米国東部の英語発音」のように感じられた。
19, His English was something like similar to "Eastern-American English", I noticed.

20,「I'll KILL you!! (お前を殺すぞ!!)」という「脅迫表現」すら仕向けられたが、「わたし」はその真剣な「こころ」の「なか」に「愛」をも感じ/観じ、その男性に感謝した。
20, Even though, I was encountered an "assaulting" phrase "I'll KILL you!!!", I felt and found "true LOVE" to "All of this LIFE", "this World", "this Universe” or this "Mother Nature", in his HEART, and thanked him very much.

I thank you very much...Thank you for speaking to me, and telling me so...
(ありがとうございます。。。「わたし」に話しかけてくれて、「わたし」に言ってくださって、ありがとう。。)

If you want to say any more, please tell me whatever you want.
(もし、もっと何か言いたいことがあれば、どうか何でも「わたし」におっしゃってください。)

I really thank you very much for your telling me whatever you want.
(「わたし」は、どんなことでも言いたいことがあればおっしゃってくださることに感謝します。)

Thank you...
(ありがとう。。。)

21,そして、その男性は、去っていった。。。
21, Then, the man walked away...

22,「わたし」は、その男性がおっしゃってくださったことに、心から感謝している。
22, I truly and sincerely thank for his telling me from my HEART.

23,「おこころ」を、「はなして」くださり、ありがとうございます。。。
23, I really appreciate your telling me your HEART...

24,その男性が歩き去った後も、「スキップ・ウォーク・ダンシング」をしながら、その「できごと」を「きっかけ」に、「いろいろ」と「めでぃてーしょん」的に、感じ/観じ、考えさせていただいた。。。
24, After he walked away, I kept "Skip-Walk-Dancing" with meditating and reflecting the "True HEART Moment" given from the man...

25,「奴隷」という単語から、おそらく「わたし」のこのブログに記されている「どれい」という表現に、何らかの「誤解」や「未理解」、場合によっては、その「中間者的なリアクティベーター媒介等」も存在しながら、何かの精神的な抵抗を感じていることを推測した。
25, I assumed the reason why he mentioned "Do-rei; slave", maybe because he might read my THIS blog with some "misunderstanding" or "stereotype-like or prejudice-like superficial understanding" to my expression of the word, or could be someone as "intermediate-man-like person" would have deliver wrong translation or wrong message to him. Then he felt some kind of mental irritation to the word.

26,「どれい」という表現に関しては、『「信号」や「法」「ルール」等を「まもる」「こころ」。』で記したとおり。
26, I used the word "Do-rei" without any intention of prejudice or discrimination or that kind of negative perspectives.

27,「わたし」も、過去生において、おそらく「どれい」だったのかもしれないとも感じて/観じている。
27, I appreciate my life, or my past-life with gratitude I might have been a "Do-rei" before.

28,さらに「わたし」自身、「今生」でも、過去に「形骸化した社会意識のどれい」だったり、「我欲/強欲のどれい」だったりした時期もあったかもしれない。
28, More, I could be a "Do-rei" even in this life before; "Do-rei of old and useless social rule", or "Do-rei of own sick-desire or greed".

29,「どれい」も「ふかいまなび」として素晴らしく、「わたし」が「どれい」だったことや「どれい」にも感謝している。ありがとうございます。
29, Even I thank for the possibility of my past "Do-rei" experience as important "deep learning" of my LIFE.

30,その状態を表現するために、「どれい」という言葉を使わざるを得ず、その「過去の事実」や「その状態」に対して、悲しく、残念に感じて/観じる。
31, I am very sad and sorry that I have to use the word "Do-rei" for the mental situation.

31,「わたし」は、「かくす」より「いかす」という「こころ」。
31, My HEART is not to hide, but to make it realize or create and express.

32,その状態を表現する上で、「さいぜん」な表現は、やはり残念ながら、その「ことば」しかない。。。
32, The best and the only word that I am able to express the mental situation in this World is "the word; Do-rei".

33,「このよ」の「歴史的な事実」を「かくす」のではなく、「過去のすべて」を「まなび」として、「いま」そして「これから」に「いかす」。
33, "All of the Past" in this Universe should not be denied, neglected or hidden, but the Past can be learned as an important "lesson" for present or precious and improved future.

34,「過去の事実」に対しては、「善悪判断」はしない。
34, "All of the past" can not be judged or labeled as good or bad, negative or positive.

35,「悲しい」もしくは「素晴らしい」という「感情判断」。
35, The important thing or important aspect is what you feel about the Past or what you can "LEARN" from the Past for present and the future.

36,過去に「どれい」という状態の「事実」があり、その状態により多くの人々が「苦しんだり」「悲しんだり」した、その「事実」がとても「苦しい」「悲しい」。。。
36, I feel very sad the past "Do-rei" situation; so many people, maybe including past-me were "Do-rei".

37,しかし「苦しい」「悲しい」からといって「過去の事実」を無視したり、「知ろう、学ぼう」としなかったら、また「同じ苦しさ」「同じ悲しさ」「さらなる厄介」等が「このよ」に「さまざまな事象・事情」として「めぐりかえりあらわれる」「しぜん」。
37, But, even we feel "agonizing" or "sad", we should not be neglect the Past. Because if we do not learn from the Past, we might make the same or similar "mistakes".

38,「過去の事実」を、「善悪判断」したり「差別偏見」「誹謗中傷」等することなく、「過去の事実」を「過去の事実」として「れいせい」な「こころ」で、「知り」「受け入れ」「まなぶ」。。。
38, We should not judge the Past good or bad, and should not neglect, discriminate, segregate, defame or calumniate, but should "know", "understand" and "learn" the Past with rational HEART.

39,「過去は過去」として「受け入れ」「まなぶ」。。。
39, The Past is the Past can "understand" and "learn"...

40,「過去」は「いま」ではない。。。
41, The Past is not present...

41,「いま」そして「これから」の「このよ」を、どのように「する」か、どのように「したいか」の大切な「判断材料」「きっかけ」として「過去」が「いま」に「いきる」。
41, The Past can always have important "message" to human beings should "learn" for our happier future.

42,「過去の事実」の「なか」に、「ひと」としての「悲しみ」や「苦しみ」等を感じ/観じたら、「いま」そして「これから」その「悲しみ」や「苦しみ」と「おなじこと」を「繰り返す」「こころせんたく」をするのか、その「悲しみ」や「苦しみ」と「おなじこと」は「繰り返さない」「こころせんたく」をするのか、その「こころせんたく」がとても重要だと強く感じ/観じる。
42, We can CHOOSE whether we will not learn from the Past and make the same mistakes, or we will LEARN from the Past and NOT make the same mistakes, whenever we found any "sadness" or "sorrow" in the Past.

43,「過去の事実」を、その「過去の事実のできごと」を体験もしていない第三者が「短絡的に善悪判断してしまうこと」自体が、「差別偏見」や「誹謗中傷」「誤解」や「未理解」等、様々な「別の形の同様事象・同様事情」を「このよ」に再び生じさせてしまう最大の原因「きっかけ」ではないだろうか。
43, I'm wondering the biggest reason why we make the same mistakes of the Past is the judgment or labeling to the Past by the people who have not truly experienced the Past, and this superficial judgment or labeling will cause "discrimination", "segregation", "prejudice", "defame" or "calumniation", and "misunderstanding" or "stereotype-like or prejudice-like superficial understanding".

44,「このよ」の物事、事象、事情には、「すべて」に「善」もあれば「悪」もあり、「すべて」に「善悪」同時に融合し「表裏一体のごとく」含有されている。
44, Everything in this World has "good" and "bad", or "positive" or "negative"; these two natural aspects are merged into everything as one.

45,「過去のできごと」の「このよ」の事象・事象の「ある側面」だけを知り、その「過去の事実」の「真実」を「体験」もしていない第三者が、その「断片的な側面」に対して短絡的に善悪判断してしまうことは、別の機会に別の状況として、結果的に「さらなる厄介」を生じさせる「もと」だと強く感じ/観じる。
45, I understand the judgment to the superficial or partial aspects of the Past by the person who had not truly experienced the Past leads or causes some "more negative impact" as different accident or occurrence to this World in the long-span perspective.

46,「真実」は、その「できごと」を実際に「体験したひとの『こころ』」の「なか」にだけ、存在する。。。
46, The "Truth" exists only in the HEART of people who truly experience the TIME.

47,「過去の出来事」を「見たり」「聞いたり」、様々なメディア等を通じて「知ったり」することは、決して「真実」を体験することではない。
47, It is not the whole "TRUTH" or true experience or knowledge of the Past, even though you "see" "watch" or "listen" through any kind of media.

48,「このよ」の「できごと」の「真実」は、「その出来事を体験した人の心の中」にだけ存在するのだ。
48, The TRUTH of this World can exist in the HEART who experiences the TIME.

49,「過去の出来事」を「見たり、聞いたり、知ること」等の「真実」は、「過去の出来事の真実」ではなく、「見たり、聞いたり、知る」ということだけが「真実」であり、その「できごとを体験していない第三者」は、決してその「過去の出来事の真実」は「わからない」「しぜん」。
49, The only Truth we can have through seeing, listening, or knowing of the Past, is the Truth of the "seeing", "listening" or "knowing", and these are NOT the whole TRUTH of the Past.

50,そして、その「できごと」を実際に体験もしていない第三者が、「過去の出来事」に対する「善悪判断」は「できない」「しぜん」。
50, Then, the people who did not experience the TIME of the Past, are NOT able to judge the Past truly.

51,その「できないこと」を、「無理に善悪判断すること」、その第三者の「心」自体が、「差別偏見」や「誤解」「未理解」、「誹謗中傷」等、「心の罪」を犯すことになり、その御本人の人生や、その御本人のご家族、ご関係者等に、「さらなる厄介」を「このよ」に生じさせている。
51, The judgment by the people did NOT experience the TIME of the Past against the Law of the Nature is the cause or origin of the "discrimination", "segregation", "prejudice", "defame" or "calumniation", and "misunderstanding" or "stereotype-like or prejudice-like superficial understanding".

52,今日、あの男性が、真剣に、さらにその「ことば」の中に「I'll KILL you!!!」という「ことば」をも複数回、「わたし」に伝えた、その「殺したいほど真剣に考えている『おこころ』」に敬意を感じ/観じ、「どれい」という漢字は「度零」と表現することにした。
52, I will use the Chinese characters "度零" for the word "Do-rei" with sincere respect to the man said "I'll KILL you!!!" to me several times, who deliver "True LOVE" this World and the Mother Nature, and this precious occasion.

53,あの男性の「おこころ」に、感謝し、「I'll KILL you!!!」の心に「このよ」への「愛」をも感じ/観じ、この後、このブログ内の「どれい」という表現を全て「度零」とする。
53, I will change all words of "Do-rei" in my blog into "度零" with gratitude to the man who gave me the words "I'll KILL you!!!" with True LOVE to this World and the Mother Nature.

54,「過去の事実」としての「どれい」は、とても悲しく、苦しい。。。
54, I really feel very sad and agonizing through "Do-rei" of the Past...

55,「いま」そして「これから」の「このよ」には、「過去のような出来事」「悲しみ」「苦しみ」等は、二度と生じて欲しくない。。
55, I pray not to make the same mistakes as we had in the Past, for this precious "Present" and OUR happier "future".

56,「度零」は、「slave」ではない。
56, "Do-rei" is NOT "slave".

57,「度零」は、「こころ」の「度」が「零(0)」。
57, "Do-rei" means "0, zero"-degree heart.

58,「こころせんたくしだい」で、如何様にも「しんか」することができる。
58 The heart can evolve whatever the "Do-rei" can choose.

59,心ある「ひと」に「しんか」する「こころせんたく」もできる。
59, The "Do-rei" can choose to evolve "Hito" with HEART.

60,「ひと」以外の「こころせんたく」もとても「じゆう」で「しぜん」。
60, It can also choose not to be "Hito" naturally and freely.

61,「みなそれぞれじぶんじんせい」。
61, Every One has his/her OWN LIFE.

62,皆それぞれの「じぶんじんせい」が、皆、素晴らしい。
62, Every LIFE IS precious and meaningful.

63,今日、出会った、あの男性の「おこころ」に感謝して、この後、このブログ内の「どれい」という表現を全て「度零」と変更する。
63, I will change ALL "Do-rei" in this blog into "度零; zero-degree" with respect and gratitude to the man I met today.

64,今日、出会った、あの男性に、また巡りあり、是非、「いろいろ」と「相互理解」のコミュニケーションをする「とき」が訪れることを、心から感謝しながら、楽しみに「いきる」。
64, I am looking forward to seeing or meeting again the man I met today, and I sincerely would like to have respectful "mutual understanding" occasion with gratitude.

65,この「できごと」を記す「きっかけ」を下さった、今日の男性にも、「すべて」に感謝。。。
65, I thank the man and ALL of today who gave me this important and meaningful occasion to write this down.

66,言わずに「こころ」の「なか」で鬱積させておくよりも、「ことば」として言ってくださって、ありがとうございます。
66, I heartfully thank the man very much for telling me, instead of accumulating it in his mind.

67,今日、この一連の「できごと」を通じても、「ことば」により、「相互理解」の「きっかけ」が、こうして、「このよ」に生まれました。。。
67, The precious "chance" of "mutual-understanding" by "words" was given through the TIME of today...

68,今日、「わたし」に真剣に「ことば」を投げかけてくださった、あの男性に、重ね重ね感謝いたします。。。
68, I thank the man again and again who gave me the "words" seriously from his True HEART and LOVE...

ありがとうございます。
I thank YOU ALL very much.



わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。