スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年「しんいしんずい」;「うみのくるしみ」「しんのわ」「ひとりひとり」「ひかり」と成る「しんのつよさ」「しぜん」。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。
2013年正月元日(火)。


(下の各画像「ひかりたち」をクリックすると、大きな画像が表示されます。Please click the thumb-nails below. You can see enlarged photos.)


FirstSunRise2013_R000.jpg FirstSunRise2013_R001.jpg FirstSunRise2013_R002.jpg FirstSunRise2013_R003.jpg FirstSunRise2013_R004.jpg





≪2013年「しんいしんずい」;「うみのくるしみ」「しんのわ」「ひとりひとり」「ひかり」と成る「しんのつよさ」「しぜん」。≫
<0,【全体世界】>
◆「あらたなる『このよ』」「うみのくるしみ」「こんなんしれん」「しんせい日本」への「みち」「しぜん」。
(【ご留意】「日本」とは、国土や国民、国境や人種等には一切制限はなく「日本のこころ」がある「ひと」に関わることです。)
-1)「しんいはみなでしあわせ」。
-2)「しんのわ」「つながる」「ひろがる」。
-3)「しんのつよさ」「しんせい日本」への「みち」。

<1,【社会意識】>
◆「うみのくるしみ」「めぐりかえりあらわれる」「こんなんしれんこのよこころみがくまなび」「しぜん」。
-1)「うみのくるしみ」「やみでる」「しぜん」。
-2)「めぐりかえりあらわれる」「こんなんしれん」「しぜん」。
-3)「こんなんしれんこのよこころみがくまなび」「しんか」「しぜん」。

<2,【集団意識】>
◆「しんのわ」「しんのひとなるこんなんしれんこころみがく」「しんのつよさ」「しぜん」。
-1)「しんのわ」「なる」。
-2)「しんのひとなるこんなんしれんこころみがく」「まなび」。
-3)「しんのつよさ」「きづく」。

<3,【個人意識】>
◆「ひとりひとり」「しんいつとめる」「しんのひとなるひかりとなる」「しぜん」。
-1)「ひとりひとり」。
-2)「しんいつとめる」。
-3)「しんのひとなるひかりとなる」。






「しんねん」

明けましておめでとうございます。




新たなる年、2013年、

正月、元日。




「わたし」の自宅部屋『お江戸庵』がある、

日本橋界隈の「初日の出」は

白雲の向こうから

「やさしい」「ひかり」

「2013年初日」。





「しんねん」。。。


。。。。。




毎年、「しわす」になると

「しんねん」を感じ/観じはじめる。



「しわす」になると

「しんねん」を感じ/観じはじめ

毎年とても「精神過敏」になる。



2013年以降の『このよ』」の「みきわめ」。
(【厳重留意】「2013年以降の『このよ』」の「みきわめ」はやはり2月頃まで続くようです。)



大晦日の「お礼詣で」を経て、

「しんねん」の「はつひ」に全感謝の参拝。



「2013年の『このよ』の波動・雰囲気」

「しんいしんずい」を

しっかりと感じる/観じる。



そして、

近所のお世話になっている

「神社」や「仏閣」等に

全感謝の参拝をさせていただき、

「わたし」の

「しんえん(深遠/深淵/神苑/新縁/親縁/清縁/信縁/芯縁/真縁/深縁/心縁/神縁)意識」に

はっきりと届き感じる/観じる

「しんいしんずい」をここに記す。





「しんねん」。


2013年、


元日。





≪2013年「しんいしんずい」;「うみのくるしみ」「しんのわ」「ひとりひとり」「ひかり」と成る「しんのつよさ」「しぜん」。≫
<0,【全体世界】>
◆「あらたなる『このよ』」「うみのくるしみ」「こんなんしれん」「しんせい日本」への「みち」「しぜん」。
(【ご留意】「日本」とは、国土や国民、国境や人種等には一切制限はなく「日本のこころ」がある「ひと」に関わることです。)
-1)「しんいはみなでしあわせ」。
-2)「しんのわ」「つながる」「ひろがる」。
-3)「しんのつよさ」「しんせい日本」への「みち」。

<1,【社会意識】>
◆「うみのくるしみ」「めぐりかえりあらわれる」「こんなんしれんこのよこころみがくまなび」「しぜん」。
-1)「うみのくるしみ」「やみでる」「しぜん」。
-2)「めぐりかえりあらわれる」「こんなんしれん」「しぜん」。
-3)「こんなんしれんこのよこころみがくまなび」「しんか」「しぜん」。

<2,【集団意識】>
◆「しんのわ」「しんのひとなるこんなんしれんこころみがく」「しんのつよさ」「しぜん」。
-1)「しんのわ」「なる」。
-2)「しんのひとなるこんなんしれんこころみがく」「まなび」。
-3)「しんのつよさ」「きづく」。

<3,【個人意識】>
◆「ひとりひとり」「しんいつとめる」「しんのひとなるひかりとなる」「しぜん」。
-1)「ひとりひとり」。
-2)「しんいつとめる」。
-3)「しんのひとなるひかりとなる」。





これらを詳しく説明すると、


以下の「理解」と「なる」。


これはまるで

「ことば曼陀羅」のような状況であり、

「複雑系」の

フラクタル、マンデルブロ集合図のよう。。。


<【参照】Wikipedia「曼陀羅」>

<【参照】Wikipedia「フラクタル」>




「このよこころ」「しんいしんずい」の「しぜん」。。。


「しんい」や「しんいしんずい」は、

「ことば」のようであり「音」のような、

「波長」のような「波動・雰囲気」のようなものなので、


その状態にもっとも近い「音的な表記形式」である「ひらがな」で記すことが「さいぜん」だと強く感じ/観じており、

その「音的」であり「波長」のある「波動・雰囲気」のような「しんい」や「しんいしんずい」を「文字」として記した「ひらがな」は、

同時に「複合的」で「複義的」「多義的」な存在であり、

必ずしも全てに「漢字」を使用して表現することは困難であるため、

敢えて「ひらがな」で表現させていただきます。

「ご理解」頂けましたら幸いに存じます。

ありがとうございます。




≪2013年「しんいしんずい」;「うみのくるしみ」「しんのわ」「ひとりひとり」「ひかり」と成る「しんのつよさ」「しぜん」。≫
<0,【全体世界】>
◆「あらたなる『このよ』」「うみのくるしみ」「こんなんしれん」「しんせい日本」への「みち」「しぜん」。
(【ご留意】「日本」とは、国土や国民、国境や人種等には一切制限はなく「日本のこころ」がある「ひと」に関わることです。)
-1)「しんいはみなでしあわせ」。
-2)「しんのわ」「つながる」「ひろがる」。
-3)「しんのつよさ」「しんせい日本」への「みち」。

<1,【社会意識】>
◆「うみのくるしみ」「めぐりかえりあらわれる」「こんなんしれんこのよこころみがくまなび」「しぜん」。
-1)「うみのくるしみ」「やみでる」「しぜん」。
-2)「めぐりかえりあらわれる」「こんなんしれん」「しぜん」。
-3)「こんなんしれんこのよこころみがくまなび」「しんか」「しぜん」。

<2,【集団意識】>
◆「しんのわ」「しんのひとなるこんなんしれんこころみがく」「しんのつよさ」「しぜん」。
-1)「しんのわ」「なる」。
-2)「しんのひとなるこんなんしれんこころみがく」「まなび」。
-3)「しんのつよさ」「きづく」。

<3,【個人意識】>
◆「ひとりひとり」「しんいつとめる」「しんのひとなるひかりとなる」「しぜん」。
-1)「ひとりひとり」。
-2)「しんいつとめる」。
-3)「しんのひとなるひかりとなる」。








まず最初に、

≪2013年「しんいしんずい」;「うみのくるしみ」「しんのわ」「ひとりひとり」「ひかり」と成る「しんのつよさ」「しぜん」。≫
<0,【全体世界】>
◆「あらたなる『このよ』」「うみのくるしみ」「こんなんしれん」「しんせい日本」への「みち」「しぜん」。

(【ご留意】「日本」とは、国土や国民、国境や人種等には一切制限はなく「日本のこころ」がある「ひと」に関わることです。)

これはつまり、

「しんねん」2013年は、

「あらたなる『このよ(この世/子の世/未来)』が

「あらわれる(=「このよこころ」の「汚れ」や「曇り」等が「洗われ」「現われる」)」ため

「うみのくるしみ」のような「困難試練」が顕在化する「しぜん」。



その、

日本をはじめ、世界、人類に「めぐりかえりあらわれ」

顕在化する「困難試練」は、

過去の「めぐりかえりあらわれ」の度合いが強く、



過去の「こころせんたくしだい」が、

「めぐりかえりあらわれる」。




これまで、

「しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころせんたく」を成してきたことに対する、

「うみのくるしみ」は、

新たなる「しんのしあわせ」を「うみ」、

「しんいかなうのぞみねがいかなう」

「しんのしあわせ」が「うまれる」ための

「くるしみ」であり、

まるで母親が子供を出産するような、

「よろこび」のための

困難試練「うみのくるしみ」。





これまで、

「しんいかなわぬのぞみねがいかなわぬあしきこころせんたく」を成してきたことに対する、

「うみのくるしみ」は、

「あしきこころせんたく」が化膿し「うみ」、

「しんいかなわぬあしきこころせんたく」

「悪しき事情」等が「膿み」排泄され「すむ(澄む;浄化される)」ための

「くるしみ」であり、

まるで肉体が膿を排泄して健康回復するような、

「なおり」のための

困難試練「うみのくるしみ」。




これらは、

「すべて」とても「しぜん」なことであり、

2008年秋頃から本格的に世界中に「めぐりかえりあらわれ」始めた、

あの「このよおおせんたくおおつなみ」の一つである「3.11」を含む、

「このよおおせんたく」の「ひとつ」の「あらわれ」であり、

いずれ必ず「すむ」、

「このよおおせんたく」の「なか」から「うまれる」、

「しんせい日本」誕生への

「みち(道/未知/満)」成る

「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


<あの「3.11」前、2010年12月にとどき感じた/観じた「このよおおせんたくおおつなみ」の「しんい」一覧>
(【留意】以下の各項目をクリックして表示される頁内は、「こころせんたく」を成した「ひと」だけが読めるように「おつたえ」させていただいております。)
(「こころせんたく」のための「きづき」は、『【◆重要◆】「2012年 文化の日」「文化」の「しんか」のために。:「こころせんたく」により「しんい」を感じる/観じる方法の「きづき」。』を参照ねがいます。ありがとうございます。)


2010年12月5日(日); (おおつなみ。)
2010年12月6日(月);(しんいかなわぬこころおこないおおつなみとなりあらわれるしぜん。)
2010年12月7日(火);(おおつなみあらわれるまえにかいしんこころせんたく。)
2010年12月8日(水);(たのしむがよいおおつなみ。)
2010年12月9日(木);(しるしきづきかいしんするがよいしんい。)
2010年12月10日(金);(ゆるしあいしんのあいこころつながるしんい。)
2010年12月16日(木);(しんいしんずいしんのじぶんさらにきづくかいしん。)
2010年12月17日(金);(ふあんいらんたのしむがよいこれからはじまるしんい。)
2010年12月19日(日);(しんいかなうのぞみねがいかなうひびつとめしんか。)
2010年12月23日(木);(しんいしんずいしんのじぶんさらにきづくたのしむしんい。)

★★「しんい・めっせーじ」まとめ(7);2010年9月1日~2010年12月31

【「3.11 けいい」】






-1)「しんいはみなでしあわせ」。

これはつまり、

「めぐりかえりあらわれる」困難試練、

「うみのくるしみ」の意図、理由等、「しんい」は、

「しんいはみなでしあわせ」。



自分だけ、

自分の家族・血縁・友人・仲間だけ、

自分の「つとめ」企業・仕事・業界だけ、

自分の地域・県・地方だけ、

自分の国だけ、

自分に関わることだけが「しあわせ」になるのではなく、


「みなでしあわせ」。




いずれ必ず「すむ」、

「しんいはみなでしあわせ」の、

「このよおおせんたく」による

「うみのくるしみ」困難試練の

「なか」から「うまれる」、

「しんせい日本」誕生への

「みち(道/未知/満)」成る

「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。





-2)「しんのわ」「つながる」「ひろがる」。

これはつまり、

「みなでしあわせ」の

「しんせい日本」誕生のための

「うみのくるしみ」困難試練の「なか」には、

「わたし」達「しんの日本人」としての

根源の「こころ」である

「しんのわ」、

つまり、

「しんの(真の/新の/進の/深の/清の/親の/信の/心の/神の)」

「わ/和/輪/環/話/我/吾/倭(日本)」が、

「ひと」と「ひと」を

「つなげ」

「ひとりひとり」が、

「つながり」、

その「つなぎ」となる

「しんのわ」により

「つなげ」「つながり」繋がった

さらなる「しんのわ」が、

「このよこころ」に「ひろがる」。



<【参照】『「しんのわ」。』




いずれ必ず「すむ」、

「このよおおせんたく」の「なか」から「うまれる」、

「うみのくるしみ」困難試練の「なか」には、

「ひと」と「ひと」「ひとりひとり」を「つなげる」

「しんのわ」が「ひろがる」ことは、

「しんせい日本」誕生への

「みち(道/未知/満)」成る

「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。






-3)「しんのつよさ」「しんせい日本」への「みち」。

これはつまり、

「うみのくるしみ」困難試練の「なか」に拡がった

「しんのわ」の「こころ」が、

「しんのつよさ」と成る。



しんのつよさすべてをうけいれすべてをあいしすべてをいかすこのよこころしぜんうちゅうのつよさ。」


「しんのつよさ」とは、

「すべて」を受け入れ、

「すべて」を愛し、

「すべて」を「いかす」、

「このよこころ」である

「しぜん」宇宙の「つよさ」。



いずれ必ず「すむ」、

「このよおおせんたく」の「なか」から「うまれる」、

「うみのくるしみ」困難試練のその「なか」で

「つながり」「ひろがった」「しんのわ」の心は

「しんのつよさ」であり、

「しんせい日本」誕生への

「みち(道/未知/満)」成る

「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。



「みちのかみ」「しんのかみ」「やみわかみ」。


「このよ」「こころ」「すべて」「じゆう」「しぜん」。


「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。






<1,【社会意識】>
◆「うみのくるしみ」「めぐりかえりあらわれる」「こんなんしれんこのよこころみがくまなび」「しぜん」。


これはつまり、

「しんねん」2013年の「日本の社会意識」は、

皆の「こころせんたくしだい」の

「うみのくるしみ」が

日本社会に

「めぐりかえりあらわれる」「しぜん」。



その「めぐりかえりあらわれる」

「うみのくるしみ」困難試練は、

「このよこころみがく」「まなび」。



「うみのくるしみ」困難試練により、

「このよ(この世/子の世/未来)」が

磨かれる「しぜん」。



「日本社会」「日本の社会意識」は、

今年2013年に「めぐりかえりあらわれる」

「うみのくるしみ」困難試練により、

「みなでしあわせ」にさらに「しんか」するために

磨かれ、「まなぶ」「しぜん」。




これらは、

「すべて」とても「しぜん」なことであり、

2008年秋頃から本格的に世界中に「めぐりかえりあらわれ」始めた、

あの「このよおおせんたくおおつなみ」である「3.11」を含む、

「このよおおせんたく」の「ひとつ」の「あらわれ」であり、

いずれ必ず「すむ」、

「このよおおせんたく」の「なか」から「うまれる」、

「しんせい日本」誕生への

「みち(道/未知/満)」成る

「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。




-1)「うみのくるしみ」「やみでる」「しぜん」。

これはつまり、

「日本社会」「日本の社会意識」に「めぐりかえりあらわれる」

「うみのくるしみ」困難試練は、

「やみでる」ことである。



「やみでる」とは、

「やみ(闇/病/止)」から「出る」ことであり、

「やみ(闇/病/止)」が「出る」こと。



「うみのくるしみ」困難試練は、

「やみでる」。



つまり、

「うみのくるしみ」「やみでる」とは、

「うみのくるしみ」困難試練は、

これまでの「闇(闇の世)」から「出る」ためであり、

「やみのよ」から「出た」暁には、

「ひかり」の世と成る「しぜん」。


また、

「うみのくるしみ」「やみでる」とは、

「うみのくるしみ」困難試練は、

こらまでの世(闇の世)で「病んでいた悪しき事情」等が「出て」、

「やむ(止む)」つまり、浄化されることである。




いずれ必ず「すむ」、

「このよおおせんたく」の「なか」から「うまれる」

「うみのくるしみ」は

「やみでる」ための

「しんせい日本」誕生への

「みち(道/未知/満)」成る

「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。





-2)「めぐりかえりあらわれる」「こんなんしれん」「しぜん」。

これはつまり、

「日本社会」「日本の社会意識」に

「めぐりかえりあらわれる」

困難試練は、

「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。



「こんなんしれん」は、

とても「自然」なことであり、

それは「全(完全・完成)」に「至る」「みち(道・プロセス・過程)」であり、

それは「善」に「つながる(至る)」ことであり、

それは「禅」のごとき(禅に「至る」がごとき)であり、

そしてそれは、「自(おの)ずと」、「禅」のごとき「しんい」がある。




いずれ必ず「すむ」、

「このよおおせんたく」の「なか」から「うまれる」

自然と完全に至り善に繋がる禅のごとき自ずから「ぜん」である

「めぐりかえりあらわれる」「こんなんしれん」は

「しんせい日本」誕生への

「みち(道/未知/満)」成る

「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。





-3)「こんなんしれんこのよこころみがくまなび」「しんか」「しぜん」。

これはつまり、

「日本社会」「社会意識」に顕在化する困難試練は、

「ここよこころ」「日本社会」「日本の社会意識」「日本人」を磨き

さらに「しんか」させるための「まなび」である「しぜん」。




いずれ必ず「すむ」、

「このよおおせんたく」の「なか」から「うまれる」

困難試練は「まなび」であり、

さらに「しんか」した

「しんせい日本」誕生への

「みち(道/未知/満)」成る

「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。





<2,【集団意識】>
◆「しんのわ」「しんのひとなるこんなんしれんこころみがく」「しんのつよさ」「しぜん」。


これはつまり、

「しんねん」2013年の「日本の集団意識」は、

「しんえん(深遠/深淵/神苑/新縁/親縁/清縁/信縁/芯縁/真縁/深縁/心縁/神縁)」に集った

人々の「しんのわ」の「なかま」と「ともに」

困難試練を克服して「心を磨く」ことは、

「しんのひとなる」。



「しんのひとなる」とは、

「しん(新/真/深/親/清/心/進/伸/審/申/芯/信/神)」の、

「ひ(霊/一/日/陽/灯/火/彼/非/否/秘/ひ)」と

「なる(成る/為る/鳴る)」



同時に、

「しんの」「ひと{ひ(霊/一/日/陽/灯/火/彼/非/否/秘/ひ)・と(留/止/渡/登/戸/徒/都/十/頭)}」なり、

「しんの」「人」なる。



それはさらに複合し、

「しんえん」に集った「しんのわ」の

「なかま」一人一人が、

「しんのひとなる」こと。



「しんのわ」で繋がった「なかま」と「ともに」

困難試練を克服することにより

「しんのひとなり」、

そのことが、

「しんのつよさ」となる「しぜん」。




いずれ必ず「すむ」、

「このよおおせんたく」の「なか」から「うまれる」

困難試練による「心の磨き(困難試練の克服)」は、

各自「しんのわ」の「しんのひとなり」

それが「しんのつよさ」である

「しんせい日本」誕生への

「みち(道/未知/満)」成る

「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。





-1)「しんのわ」「なる」。

これはつまり、

「しんえん」に集った「なかま」の

「しんの(真の/新の/進の/深の/清の/親の/信の/心の/神の)」

「わ/和/輪/環/話/我/吾/倭(日本)」

「しんのわ」は、

西洋の「ハーモニー」をも超越した

「ディスハーモニー」をも含む、

「しぜん」の、

まるで日本の「雅楽」のような、

「調和しない存在」をも「受け入れ」「含み」、

「いかす」「しぜん」。


そして「しんのわ」は、

まさに日本の「雅楽」のように、

「足りない弱い存在」を「補い合い」「助け合い」、

「いかす」「しぜん」。



「しんのわ」には「しがらみ」は不要。



昨年、2012年を通じて、

日本の集団意識は、

何が「しがらみ」で、何が「絆」か学んだ。


御縁で繋がった方々の「人生」を悪化させる「しがらみ」。

御縁で繋がった方々の「人生」を「しんか」成長・成熟させる「絆」。


「しんのわ」には「しがらみ」は不要。




「しんのわ」に「なる」。

「しんのわ」が「なる」。



つまり、

「しんのわ」に「成り」、

「しんのわ」が「鳴る」。



「しんのわ」が「ひびきあい」「かなであう」、

「しんのわ」「なる」。




いずれ必ず「すむ」、

「このよおおせんたく」の「なか」から「うまれる」

「しんのわ」が響きあい

「しんのわ」を奏であう

「しんせい日本」誕生への

「みち(道/未知/満)」成る

「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。





-2)「しんのひとなるこんなんしれんこころみがく」「まなび」。

これはつまり、

「まなび」として、困難試練が「心を磨き」、

「まなび」として、困難試練により「心が磨かれる」。



そして、

その「心の磨き」により、

「かがやき」が生まれ、

「ひかり」が放たれ、


やがて、

「しんの(真の/新の/進の/深の/清の/親の/信の/心の/神の)」

「ひと」「なる」「しぜん」。




いずれ必ず「すむ」、

「このよおおせんたく」の「なか」から「うまれる」

困難試練が「まなび」として心を磨き、

「しんのひと」「なる」

「しんせい日本」誕生への

「みち(道/未知/満)」成る

「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。




-3)「しんのつよさ」「きづく」。

これはつまり、

「しんえん」に集った「なかま」は、

「しんのわ」により、

困難試練を克服し、

「ひとりひとり」が「しんのひと」「なる」ことにより、

「すべて」を受け入れ、

「すべて」を愛し、

「すべて」を「いかす」、

「このよこころ」

「しぜん」宇宙の「つよさ」である、

「しんのつよさ」を「きづく」。


そして、

「きづく」とは、

「気づく」であり、

同時に「築く」である。




いずれ必ず「すむ」、

「このよおおせんたく」の「なか」から「うまれる」

「しんのわ」の「なかま」による困難試練の克服を通じて、

「ひとりひとり」「しんのつよさ」を「きづく」

「しんせい日本」誕生への

「みち(道/未知/満)」成る

「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。







<3,【個人意識】>
◆「ひとりひとり」「しんいつとめる」「しんのひとなるひかりとなる」「しぜん」。


これはつまり、

「しんねん」2013年の「日本の個人意識」は、

「ひとりひとり」が、

「ひとり」「ひとり」として、

「しんい」を「つとめ」、

「しんい」を「つとめる」ことにより、

「しんのひとなる」

「ひかりとなる」「しぜん」。




-1)「ひとりひとり」。

これはつまり、

日本の各自「ひとりひとり」は、

「みなそれぞれじぶんじんせい」という、

「しんい」を「きづき」、

それぞれが持っている「しめい」を「きづき」、

各自一人一人、

「じぶんじんせい」は、

一人自分だけが、自分の「人生」を「いきる」ことができ、

一人自分だけが、自分の「人生」を「いかす」ことができるという、

「このよこころ」の「しんいしんずい」を「きづき」、

「ひとりひとり」が、他人様(ひとさま)の「人生」を尊重し、

「ひとりひとり」が、お互いの「人生」を尊重しあい、

皆それぞれ「じぶんじんせい」を、

「さいぜん」に「いきる」ことができ、

「さいぜん」に「いかす」ことができる、

「しんのしあわせ」を「きづく」ための

「しんいしんずい」「しぜん」。



また同時に、

「ひとりひとり」とは、

「一人人理」であり、

一人の心ある「ひと」としての「理(道理)」が「あらわれている」言葉。


さらに「ひとり」とは、

「ひ」と「り」であり、

それは、

「ひ(霊/一/日/陽/灯/火/彼/非/否/秘/ひ)」と「り(理/利/裏)」。


これは、他に言われる「半身半霊(もしくは「半霊半物質)」をもあらわす。


つまり、

一人の心ある「ひと」としての「ひとり」とは、

「ひ(=霊や心等、物質ではないもの)」と

「り(=「ひ」の裏である身体や物質、金銭等を含む「利」を含めた「理」)」でもあり、

したがって、

「ひとり」とは「『ひ』と『り』」であり、

「半身半霊(もしくは「半霊半物質」)」をも同時にあらわす。

<2014年1月18日追記;念のための【厳重留意】>
上記抜粋中、

各自一人一人、
「じぶんじんせい」は、
一人自分だけが、自分の「人生」を「いきる」ことができ、
一人自分だけが、自分の「人生」を「いかす」ことができるという、
「このよこころ」の「しんいしんずい」

には、もちろん「このよ」「しぜん」の「 paradox 」も含まれております。
「未成熟」な精神はその「 paradox 」を「きづく」「理解する」能力・脳力に欠け、「あしきごかい」等により、「批判・非難」「差別・偏見」「揶揄・嘲笑」等、見下し貶めの心等が生じる可能性もございます。
「あしきごかい」無きよう、厳重にご留意いただけましたら幸いに存じます。
ありがとうございます。
{追記ここまで}






-2)「しんいつとめる」。

これはつまり、

「ひとりひとり」が、

本人は特に意識しなくとも、

「しぜん」と、

「しんい」を「つとめる」ことであり、

「しんい」により「行動すること」と同時に、

「しんい」を「しぜん」と「実践すること」。





-3)「しんのひとなるひかりとなる」。

これはつまり、

「しんのひとなる」「ひかり」となる。



「しんのひとなる」とは、

「しん(新/真/深/親/清/心/進/伸/審/申/芯/信/神)」の、

「ひ(霊/一/日/陽/灯/火/彼/非/否/秘/ひ)」と

「なる(成る/為る/鳴る)」



同時に、

「しんの」「ひと{ひ(霊/一/日/陽/灯/火/彼/非/否/秘/ひ)・と(留/止/渡/登/戸/徒/都/十/頭)}」なり、

「しんの」「人」なる。



そしてその「しんのひとなる」が、

「ひかり」と「なる(成る/為る/鳴る)」。


「ひかり」とは、

「ひかり/光/霊仮/日借/秘刈」。


つまり「ひかり」とは、

「太陽光」や「灯火(ともしび)」等の放射放出され輝く「光」であり、

「仮の(副次的な)霊・心」であり、

それはまさに「日;太陽の心」を借りているような存在であり、

同時に、人生において、「このよ」の事象に織り込まれ、

包み隠されている「秘(「しんい」や「グノーシス」等)」を、刈るように

一つ一つ見つけ出し、発見し、「きづく」こと。





したがって、

「しんねん」2013年の個人意識である

「ひとりひとり」「しんいつとめる」「しんのひとなるひかりとなる」「しぜん」とは、


一人一人、各自が

「しんい」を「つとめ」実践・行動することによる日々の中で、

日常生活を通じて、

「ひとり(人理=心ある「ひと」としての「道理」「しんい」等)」を「きづき」、

そのことにより、

「しんのひとなる」

「ひかり」と「なる」「しぜん」。







いずれ必ず「すむ」、

「このよおおせんたく」の「なか」から「うまれる」、

「うみのくるしみ」困難試練を克服する

「しんのわ」の心により

「ひとりひとり」「しんいつとめる」「しんのひとなるひかりとなる」

「しんせい日本」誕生への

「みち(道/未知/満)」成る

「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。





≪2013年「しんいしんずい」;「うみのくるしみ」「しんのわ」「ひとりひとり」「ひかり」と成る「しんのつよさ」「しぜん」。≫
<0,【全体世界】>
◆「あらたなる『このよ』」「うみのくるしみ」「こんなんしれん」「しんせい日本」への「みち」「しぜん」。
(【ご留意】「日本」とは、国土や国民、国境や人種等には一切制限はなく「日本のこころ」がある「ひと」に関わることです。)
-1)「しんいはみなでしあわせ」。
-2)「しんのわ」「つながる」「ひろがる」。
-3)「しんのつよさ」「しんせい日本」への「みち」。

<1,【社会意識】>
◆「うみのくるしみ」「めぐりかえりあらわれる」「こんなんしれんこのよこころみがくまなび」「しぜん」。
-1)「うみのくるしみ」「やみでる」「しぜん」。
-2)「めぐりかえりあらわれる」「こんなんしれん」「しぜん」。
-3)「こんなんしれんこのよこころみがくまなび」「しんか」「しぜん」。

<2,【集団意識】>
◆「しんのわ」「しんのひとなるこんなんしれんこころみがく」「しんのつよさ」「しぜん」。
-1)「しんのわ」「なる」。
-2)「しんのひとなるこんなんしれんこころみがく」「まなび」。
-3)「しんのつよさ」「きづく」。

<3,【個人意識】>
◆「ひとりひとり」「しんいつとめる」「しんのひとなるひかりとなる」「しぜん」。
-1)「ひとりひとり」。
-2)「しんいつとめる」。
-3)「しんのひとなるひかりとなる」。






わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。