スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひと」の時代 の「到来;Advent」 。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


2012年12月24日(月)8:30、東京地方「快晴」。

天空には見事な「抜けるような澄んだ青空」が拡がり、

太陽は「金剛」のような透明感のある「白金色」の「ひかり」を、

「わたし」達に与えてくださっている。


「社畜」「国畜」「心無い人間度零」の時代から、「ひと」の時代へ。



「江」の「戸」を開いた「西」の「洋(うみ)」。

「明」るく「治」める、

はずだった。。。



「日」の「本(もと)」、「彼(ひ)」の「外(そと)」あこがれて、

「戦(いくさ)」に「駆られ」

「文明下位化(かいか)」。



「大」きな不「正」、「地」も「震(ふる)」え、

「大戦」、「価値(かち)」「蒔け(まけ)」

でも「暮らし」(デモクラシー)。。。



「昭(あきら)」か「和(わ)」せず

「不達(ふたつ)」の「投下」。


「好度(こうど)」な「成長」、

「経」て「済」んだ。



「泡」踊り、

嗚呼、

「亜わ/和/輪/環/話/我/吾/倭(日本)」踊り。。。



「失した」「畑地(はたち/二十)」、

耕せと、

「IT」「観光」「技術」立国

「賭け声(かけごえ)」高く

夢の跡。


「民」が「主」役は「うそ」なのか?

「じしん」ありげに交代したが

「苦に(くに)」も「後退」、

つたえども。。。


きかぬ「社畜」「国畜」「心無い人間度零」の時代から、


「ひと」の時代へ。


ありがとうございます。



。。。


「かこすべてまなび。」

「このよこころすべてまなび。」


ありがとうございます。


。。。。。。。




「社畜」、


「国畜」


。。。。。。


「社畜」「国畜」という言葉を目にした、耳にした。


。。。


「社畜」とは、何だろう。。????



「国畜」とは、何だろう。。。???


。。。。。



。。。。。。。




「社畜」、


「国畜」



<【参照】Google「社畜」検索結果へ

<【参照】Google「国畜」検索結果へ


<追記;【厳重留意】
「多様な解釈」がございますが、それらの「多様な解釈」をも尊重しながら、しかし、この頁内でいう「社畜」「国畜」とは、以下の意味です。「あしきごかい」無きよう。ありがとうございます。
◆「社畜」=「しんのじぶん」としての「やくめ」「つとめ」を「さいぜん」に成さず、道徳心や良心、「モラル意識」や「ルール・マナー」等、「ひと」としての「こころ」に欠け、「心を軽んじ利益効率技術最優先の会社」に「依存(甘え)」してしまっている、あの「3.11前の社会意識」のような「心無い人間度零」を、「社畜」といいます。
◆「国畜」=「しんの日本人」として「わ/和/輪/環/話/我/吾/倭(日本)の心」に欠け、「出る杭は打つ」等のような未成熟な「雷同意識」や「形骸化した常識」に縛られ、「他人様(ひとさま)への敬意」が無く「他人様との違い」を「まなび」として「理解する」ことができず、本人もきづく能力・脳力に乏しく「多様性」を排除し、「我欲/強欲意識に起因する貧弱な判断基準」に囚われた、「しんのじぶん」を「きづく」ことのない、「じぶんじんせい」の「やくめ」「つとめ」を「さいぜん」に成さない、「不都合等を国や行政、他人等」へ他責する、あの「3.11前の社会意識」のような「心無い人間度零」を、「国畜」といいます。
ご理解、ありがとうございます。

<2012年12月25日(火)21:00頃追記>
「社畜」も「国畜」も「心無い人間度零」も、皆それぞれが「素晴らしい」と感謝しています。
「社畜」には「社畜のしあわせ」がございます。
「国畜」には「国畜のしあわせ」がございます。
「心無い人間度零」には「心無い人間度零のしあわせ」がございます。
ただそれぞれの「しあわせ」は、心ある「ひと」の「しあわせ」「しんのしあわせ」と「ちがい」があるだけです。その「ちがい」も「すべてまなび」です。「あしきごかい」無きよう。ありがとうございます。
「社畜」も「国畜」も「心無い人間度零」も、皆「それぞれ」が「それぞれ」に素晴らしく、それぞれの「しあわせ」を感謝しています。
ありがとうございます。


。。。。。。

<2012年12月29日追記;『【◆重要◆】「2012年 文化の日」「文化」の「しんか」のために。:「こころせんたく」により「しんい」を感じる/観じる方法の「きづき」。』からの抜粋>
【★ご留意(追記)★】心ある「ひと」と、心無い人間(度零)の「ちがい」。
外見は、同じ「人類」であっても、心ある「ひと」と、心無い「人間(度零)」とは異なることも「しぜん」です。
心ある「ひと」と、心無い「人間(度零)」が異なっていることは、差別や偏見等ではなく、「ちがい」という、とても「しぜん」な「区別」です。
人類において、「女性」と「男性」とが明確に異なり、「ちがい」が存在し、そして「区別」されているように、心ある「ひと」と、心無い「人間(度零)」とは異なり、「ちがい」として「区別」されます。
「ちがい」の「区別」には、「上下優劣判断意識」はございません。
悪しき誤解無きよう。ありがとうございます。
心ある「ひと」と、心無い「人間(度零)」は、確定・固定された「区別」ではなく、可逆的です。
心無い「人間(度零)」も、「こころせんたくしだい」で、心ある「ひと」に成ることができます。
また、心無い「人間(度零)」という表現を残念ながらせざるを得ない理由は、心無い「人間(度零)」は「しんのじぶん」を「きづいて」おらず、我欲/強欲や形骸化した常識等に囚われ、社会意識や集団意識等に隷属する傾向が強いからです。
心ある「ひと」は、社会意識や集団意識等に隷属せず調和しながら、「しんのじぶん」を「きづいて」いる(「きづこう」としている)人類です。
同じ「人類」でありながら、心ある「ひと」と、心無い「人間(度零)」が「このよ」に存在する「しぜん」。
「わたし」は「すべて」に、感謝します。ありがとうございます。
<追記ここまで>


<2012年12月30日追記>
【◆◆厳重留意◆◆】
これらの観点には「善悪判断」や「差別偏見意識」等は意図されておりません。「ひとみないちれつみなたいら。」であり、「ひとりひとり」「しんのじぶん」が皆「それぞれ」に素晴らしく、「みなそれぞれじぶんじんせい」の「さいぜん」が何よりも尊く愛おしいからです。
仏教でいうところの「六道」や「十界」が、「このよこころ」「いま」現在に「しぜん」と存在しているような状況を言及したものです。
「こころせんたくしだい」、心ある「ひと」に「じゆう」に「しぜん」と成ることができます。
これらの観点はあくまでも、「こころせんたく」の「あらわれ」としての「ちがい」に言及し、例えば、同じ家族の中でも、「日々阿修羅界」に生きている方もいらっしゃれば、同じ家族の中でも「日々、天道」をいきる人もいらっしゃり、「同じ家族の一員」としてそれぞれの「人生」を生きていたとしても、それぞれの「こころせんたく」は異なり、各自の日々の「現実」における、それぞれの「こころせんたくしだい」の、「あらわれ」「めぐりかえりあらわれ」もまた、異なり、「しぜん」と「ちがい」がそれぞれの人生に顕在化しているように、同じ「人類」の中でも、「こころせんたくしだい」により、各自皆「異なった人生」であり、その明確な「ちがい」をこの場で言及しているにすぎません。
「このよこころすべてまなび。」「ちがい」は「まなび」の「きっかけ」だと理解し、感謝しています。ありがとうございます。
万が一、「差別偏見だ!」「誹謗中傷に値する!」等のような「悪しき感覚」や、「何を言っているのかわからない!」等のような「理解能力・脳力の不足等による心理的・精神的な抵抗感や拒否拒絶感」等が生じた際には、「このよこころすべてかがみ」。
「ご自身」の「あしきこころせんたく」「あしきごかい」等の「こころあらわれ」として、「理解」することができます。
何卒、「あしきごかい」なきよう。
その「こころ」をご理解いただけましたら幸いに存じます。
ありがとうございます。
「わたし」は「すべて」に感謝します。
ありがとうございます。

<追記ここまで>

。。。。。。




「社畜」「国畜」「心無い人間度零」の時代から、



「ひと」の時代へ。


ありがとうございます。


。。。。。



「ひと」とは、

「心ある人」のことです。




「心無い」のは、

「ひとでなし」。


「心無い人間度零」。



あの「3.11以前の日本社会」のように、

「泡踊り」や

「儲けるが勝ち」等という洗脳フレーズに

操られた、

「心無い人間度零」の社会は

とうとう、

「おわり」。。。



まだ、多少、「きづき」乏しい「心無い人間度零」も

残留する可能性もございますが、


「心ある人」「ひと」の「このよ」と成る「しぜん」。



「普通っぽい外見」でも、

「こころ」が無ければ、

「心無い人間度零」。



「悪っぽい異常っぽい外見」でも、

「こころ」があれば、

「心ある人」。。


「ひと」です。



「普通っぽい外見」で、

「こころ」があれば、

「心ある人」。。


「ひと」です。



「悪っぽい異常っぽい外見」で

「こころ」が無ければ、

「心無い人間度零」。



とても「しぜん」なことです。




「社畜」「国畜」「心無い人間度零」の時代は、

とうとう、

「おわり」。。。



もうすでに、

心ある「ひと」の時代が

はっきりと

「めぐりかえりあらわれる」

「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」です。



。。。。。


「世界が悪い!」

「国(政府・政策・行政等)が悪い!」

「社会が悪い!」

「経済が悪い!」

「会社が悪い!」

「地域が悪い!」

「環境が悪い!」

「家庭が悪い!」

「家族が悪い!」

「親戚・血族が悪い!」

「友達が悪い!」

「他人が悪い!」

自分が悪い!」

「過去が悪い!」

「現在が悪い!」

「未来が悪い。。。!!」

。。。。。



もう、

あの「3.11前の社会意識」のような、

未成熟な発言は耳にしなくなりました。

ありがとうございます。




「わたし」達、心ある「ひと」は、

もう、既に

しっかりと「きづいて」います。



「他人様(ひとさま)を愛すること」は、

「自分を愛すること」。


「自分を愛すること」は、

「他人様(ひとさま)を愛すること」。


「自分を愛する」ように、

「他人様(ひとさま)を愛する」。


「他人様(ひとさま)を愛する」ように、

「自分を愛する」。


。。。。

そう、

実は、「他人様(ひとさま)」は、「自分(の一部)」であり、

「自分」は、「他人様(ひとさま)(の一部)」なのです。



「このよこころすべてじぶん。

がよくでないしんのじぶん。」


「このよこころ」「すべて」「かがみ」。

「このよこころ」「すべて」「まなび」。

「このよこころ」「すべて」「かみ」。

「このよこころ」すべて」「がみ」。



「このよこころ」「すべて」「かがみ」。


「このよこころすべてじぶん。

がよくでないしんのじぶん。」



「しんのじぶん。」


。。。。



実は、

「他人様(ひとさま)」は、「自分(「しんのじぶん」の一部)」であり、


「自分」は、「他人様(ひとさま)(の一部)」なのです。


。。。。。



この「観点」、この「意識」は、

まだまだ、多くの人々にも「きづかれて」いない観点・意識ですが、


「わたし」


を、「きづく」につれ、


いずれ、

「ひとり」「ひとり」が、

「ひと」の「理(り)」として、

「ひとり」、「ひと理」、「人理(ひとり)」、「自分」、

「しんのじぶん」「わたし」を、

「きづく」「しぜん」。


。。。。。



一人「ひとり」、

「ひとり」「ひ」と「り」が、


心ある「ひと」として、


皆それぞれ「しんのじぶん」「わたし」を「きづき」、


皆それぞれ「やくめ」「つとめ」を「さいぜん」に成し、


皆それぞれ「じぶんじんせい」を

「みなでひとつ。みなでしあわせ。」に


「さいぜん」に

「いきる」ことができる、

「いかす」ことができる、


「このよこころ」


「ひと」の世 の実現。




「ひと」の時代の「到来」!


。。。。。




もうすぐです!!!!

その「とき」は、

もうすぐそこまで 「到来」 しています!!!
Advent


とてもとても

「たのしみ」です。


。。。。。




「社畜」「国畜」「心無い人間度零」の時代から、

一人一人、

「ひとり」「ひとり」

「ひと・り」「ひと・り」



「ひ」と「り」、   「ひ」 と 「り」。。。


「みなでひとつ。みなでしあわせ。」の、



「ひと」の時代へ!






「社畜」「国畜」「心無い人間度零」の時代から、


「ひと」の時代の 「到来; Advent 」。





ありがとうございます。




わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


すべてに、ありがとう。全感謝。

{【2013年2月2日の変更】『2013年2月2日(土)14:00過ぎ「隅田川河畔ランニングコーナー」での出来事;「殺したい心にも『愛』を感じた/観じた「このよ」への『愛』。。。全感謝。」』に記したように、「どれい」という表現は「あしきごかい」を浄化させるため、「度零」に変更いたしました。
ありがとうございます。}



{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。