スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全感謝「しぜん」の「めぐりあい」。。「小学生の皆様のお心」「御縁」「しんえん」の「知性」にも感謝。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。
2012年10月28日(日)。


<【ご留意】以下、文中に組み込まれている「リンク下線部」をクリックすると、各項目に関連した「Google検索結果」「Wikipedia情報」および「関連情報ホームページ」が表示されます。>


「このよ」には、「しぜん」と、「御縁」がある。


「わたし」は、「御縁」を

「しんえん(深遠/深淵/神苑/新縁/親縁/清縁/信縁/芯縁/真縁/深縁/心縁/神縁)」とも呼ぶ。


「わたし」と

「御縁」と

「しんえん(深遠/深淵/神苑/新縁/親縁/清縁/信縁/芯縁/真縁/深縁/心縁/神縁)」と、

「しぜん」。




「このよ」。


。。。。



毎週日曜日の10時頃から、「日本橋図書館」に向かう。

いつもの日曜日の、「お江戸散歩」。


途中にある、いつも「週末のめでぃてーしょん」でお世話になっている神社に、

全感謝のご挨拶」をさせて頂きながら

「『すべて』との、しん(新/真/深/親/清/心/進/伸/審/申/芯/信/神)・ダンス」を楽しく奉納させて頂き、

その後、「日本橋久松町」の、粋(いき)な「久松警察署」前辺りから、

心、江戸にタイムトリップ。。。



「わたし」はなぜかいつも、「久松警察署」に近づくと、

江戸時代、庶民の安全を守ってくださっていた

その「優しく勇敢な警察官の皆様の、力強い心意気」が

「安心」に繋がる「粋(いき)」に感じられる。

「警察官の皆様、安心と安全等、いつもありがとうございます。」

(【ご留意】Wikipedia「久松警察署」より
「日本橋久松警察署」は、明治8年(1875年)「警視庁第一方面第五署」として開設。)



【2012年12月13日追記】
「久松警察署」の前の道路を挟んで対面付近には、「日本橋消防署人形町出張所」があります。
消防救急隊員の皆様のご活躍の場は、その昔から「お江戸の華」とも「しょうか(消火/昇華)的」表現もあり。。。
「消防署の勇敢な消防救急隊員」の皆様にもその「勇士の心意気」の「いき」を感じて/観じており、もちろん、「救急」や「消防」等の観点からも「消防・救急隊員の皆様」にも感謝してます。
ありがとうございます。

<「日本橋消防署;人形町人形町出張所のページ」>
(追記ここまで)


粋な「久松警察署」前辺りから、

心、江戸にタイムトリップしてまっすぐ進み、

元吉原」の「艶やかな情緒風情の波動・雰囲気」を感じ/観じて

「日本橋富沢町」を通り、

「人形町」交差点に出る手前の横断歩道では、

いつも、(『玄冶店』裏手にある)「橘稲荷神社」に

「全感謝のご挨拶」をさせて頂きながら横断歩道を渡る。



その「橘稲荷」は、あの『玄冶店』で有名な、

江戸時代の名医;岡本玄冶に縁(ゆかり)深いお稲荷様。


この東京都中央区、日本橋界隈には、

「お稲荷様」がとても多い。

「江戸」を表す有名なフレーズとして、

伊勢屋、稲荷に、犬の(←「伏せ字」とさせていただきます(笑)。)』がある。



この東京都中央区、日本橋界隈は、

「お稲荷様」と共に、「いきている」土地だ。




「橘稲荷」に、

「全感謝のご挨拶」をしながら横断歩道を渡り、

「人形町交差点」を渡り、

そして、

「日本橋図書館」に行く。



「日本橋図書館」は、日本橋小学校や保育園等との

複合施設になっている。


そのビルの正面から、

コンクリートで固められた校庭運動場の向こうを

よく見ると、

そこにも「お稲荷様」がある。


『小網(こあみ)神社』。

【参照】「小網神社ホームページ」


「わたし」は、いつも

日本橋図書館に到着すると、休憩も兼ねて

「お江戸散歩」の楽しい心にも感謝しながら、

校庭運動場の向こうに小さく見える、

「お稲荷様」に、

「全感謝のご挨拶」と、楽しい「しん・ダンス」を奉納させて頂く。




今日、2012年10月28日は、

「わたし」の故郷、愛知県蒲郡(がまごおり)市、三谷(みや)町の、

三谷祭(みやまつり)」の日だ。


三谷にも「こころ」馳せながら、

楽しく「しん・ダンス」を奉納させていただいた。。。



それを見ていた、小学生達が大勢、

心温かい声援をくださり、

その「お心」と共に、(小学生の皆様と「ともに」)

楽しく「しん・ダンス」を奉納させて頂いた。

(「小学生の皆様、ご声援、ありがとうございます。」)



そして、日本橋図書館で、

借りていた書籍を返却し、

予約していた書籍を受け取り、

日本橋図書館から帰宅の途についた。



。。。。。。




「このよ」には、「しぜん」と、「御縁」がある。



「わたし」は、「御縁」を

「しんえん(深遠/深淵/神苑/新縁/親縁/清縁/信縁/芯縁/真縁/深縁/心縁/神縁)」とも呼ぶ。



「日本橋図書館」との「しんえん」。

「心温かなご声援を贈ってくださった、小学生の皆様」との「しんえん」。

「お江戸散歩」道中で、すれ違う人々に、

「心の中でご挨拶」をさせていただく「しんえん」。

「この人生」で、巡り会うことができた、

素晴らしい皆様との「しんえん」。

日本橋界隈、「江戸」に、多くご鎮座くださっている、

「お稲荷様」達との「しんえん」。

そして、

「知性」の成長・成熟を促してくださる、

多くの「書籍」との「しんえん」。

等々。。。


。。。。



「日本橋図書館」で書籍を借りる時には、

いつも、事前に「インターネット予約」をさせていただく。


「興味のある項目(事項)」に関して、検索をし、

その後、「インターネット予約」をする。



その「興味」と、

「わたし」と、

「しんえん」で「つながって」いる「しぜん」。


いつも、「興味」が湧く「きっかけ」は、

素晴らしい心の人々が集う会社の

社長様や心温かな同僚の皆様が、

さりげなく示唆してくださることが多い。


また、NHKやマスコミの番組や報道、

インターネット内の情報等の端々に、

やはり、さりげなく織り込まれている、

「興味のきっかけ」を感じ/観じ、

インターネットで検索をして、予約をし、

ほぼ毎週末、

「お江戸散歩」を楽しみながら、

「日本橋図書館」に行く。


日本橋図書館で借りた書籍(和書)のうち、

特に興味を強く感じた/観じたものに関しては、

それと同じ書籍を、「新品」であれ「中古」であれ、

購入する。

(「英語の洋書」は、ほぼ全て「インターネット内」で対応。)

。。。。。。



数年前に、「自殺寸前」の極度の「鬱病(大鬱病)」になった。

「自分」が「自分」を、殺そうとするのだ。。。

「自分の心」が、

「自分の肉体」を、

殺す、「自殺」。。


「自殺」は「殺人」!!!


「自殺」は「自分を殺す」、「殺人」!!!


「わたし」は「殺人」である「自殺」はしません。。。

ありがとうございます。


「鬱病」すら「排除」するのではなく、

その「鬱病」にも、感謝した。

「やみ」にも感謝した。


すると、「鬱病」の「しんい」を感じ/観じ、

集中力が驚異的に高まり、

幼少時代から学生時代にかけて

「読むことができなかった日本語の書籍」が、

すらすらと、

「速読」できるようになった。

(学生時代には「発達障がい」等の事情により
「日本語の書籍」を読むことがあまりできませんでしたが、
「英語の洋書」に関しては、
米国大学留学中に「多読」が必要であったため、
比較的速く読むことができました。)



「鬱病」の「しんい」にも、改めて感謝をして、

「速読能力・脳力」が飛躍的に向上してたおかげで、

「日本語の書籍」がすらすらと、

とても楽しく読めるようになった。

(ただし、「発達障がい」等の事情により、
「登場人物」が複数出てくる「小説系の書籍」は
「誰が誰なのかさっぱりわからなくなってしまう」ので、
「日本語の書籍」と言っても、
いつも「小説系以外の学術系」の日本語書籍を読みます。)




購入した書籍を

速読中に、

「きになった箇所」には、

「黄色のマーカー」で気軽に線を引く。


「わたし」が購入し、速読する書籍は(上記したように)

主に「学術系」の書籍。


読書後も、興味が再来した時等に、

何度も読み返す。


「気になった箇所」や「重要な箇所」に

「黄色のマーカー」で線が引かれているので、

「後で読み返す」時の要点(注目箇所)として

とてもよく目立ち、

「再読時」にとても重宝する。



さらに、「マーカーで線を引いた箇所」を、

写経のごとく、

キーボードで、PCに入力し、

『気になった箇所のまとめ(簡易読書レポート)』を作成する。


その「まとめ」により、

さらに書籍内容を

簡潔に何度も「深く味わう」ことができ、

感謝している。

ありがとうございます。



。。。。。



「このよ」には、「しぜん」と、「御縁」があり、

「わたし」は、「御縁」を

「しんえん(深遠/深淵/神苑/新縁/親縁/清縁/信縁/芯縁/真縁/深縁/心縁/神縁)」とも呼び、


日々「いきている」ことを通じて、

その「しんえん」が、

「わたし」に与え、導いてくださる

「興味のきっかけ」を「もと」に、

「わたし」は、

「しんえん」と「ともに」、

「このよこころ」、

日々、

「しんか」している「知性」

しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。




あの「小学生の皆様」の、

「心温かな声援」のおかげで、

「これ(この頁)」を、

こうして、記すことができました。


あの「小学生の皆様」の、

「心温かな声援」等の「心のエネルギー」が、

「これ(この頁)」と、

成りました。




「これ(この頁)」は、

心温かな皆様の

「心のエネルギー」の「あらわれ」です。




ありがとうございます。



わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。