スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「わたし」の夏休み;ジャック・アタリ『カニバリズムの秩序』と「ツタンカーメンが観音様に」、全感謝。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。
2012年8月14日。


「わたし」の夏休みは、

8月11日から19日。


「9連休」の夏期休暇をいただいた。
ありがとうございます。





11日(土)は、いつもの通りの「土曜日」。


近所の「神社でのめでぃてーしょん」をさせていただき、

夕方は「スポーツセンター」。

「すべて」と踊る、

「炭坑節」に、

心揺れる。。。


。。。。。




12日(日)は、始発で「成田山」へ、

全感謝のご挨拶。

早朝、6:00過ぎに成田に到着。


早朝の清らかな波動・雰囲気に包まれ、

成田山「新勝寺」の境内には、

真っ青な「夏の天空」に、

真っ白な「綿の雲」、緩やかに流れる。。


「成田山新勝寺」本堂に入り、

1時間近くかけて、

ゆったりと、じっくりと、

「全感謝のめでぃてーしょん」。


先週強く届き感じた/観じた;
(以下、一部「悪しき誤解」が生じる可能性もございますので、その箇所は「こころせんたく」成した人だけが読めるように「伏せ字」とさせていただだきました。ご了承願います。
ありがとうございます。)



。。「オリンピック」が終われば「夢物語」も終わり、
(さらに「夏休み」が終われば)この国にはとても強烈な「現実」が訪れる。。
。。。そして「9月」。。。。
。。。。
この大切な「日本」が、「成長・成熟」する方向に進みますように。。。。
こころから祈っています。。。
。。。。。
「9月~年の瀬」は、
「2013年以降、この国がどうなるか」が明確に「方向付け」される可能性が大きい。。
。。。「世界で役立つ国民」として残るか。。。
「世界の度零」として残るか。。。
。。それとも。。。。


の、

「しんい」をさらに感じ/観じ。。。


。。。。。





昨日、13日(月)は、朝5時から「お江戸散歩;築地本願寺詣で」。

早朝の涼しい風とお気に入りの音楽と共に、

静かな街を「お江戸散歩;築地本願寺詣で」。


築地本願寺では、「親鸞様」と語り合い、

親鸞様と「すべて」と、

心「ダンス」。



その「ダンス」のごとき、

「こころ」の躍動が、

直(じき)に、とても重要になる「しぜん」。。

。。。それは、特に「2013年以降」。。。

今から、少しずつ、その心の「準備」を。。。

いかなる「困難試練」があろうとも、

「すべて」に感謝して。。。

「困難試練」すら、「たのしむ」心で。。。
(【ご留意】「たのしむこんなんしれんとらわれずようきこころいまさいぜんつとめること。」)

「すべて」と共に、

わらい/和来/笑い、わらう。。

。。。。

心ある人々は、これからますます「わ」の心を、きづく「しぜん」。

「ダンス」のごとき、その躍動する「わ」の「こころ」。。。




午後は、自宅『お江戸庵』で、心豊かに

ジャック・アタリの『カニバリズムの秩序』を完読。

<【参照】Google検索「カニバリズムの秩序」結果


「このよ」の秩序の一つを、

「カニバリズム」という視点から記した一冊。


とても共感する。

「このよこころすべてしぜん」という存在が、

日々、その「分身」である、各個人の「肉体」や「精神」等を通じて、

「カニバリズム」を繰り返す。

さらに俯瞰的な観点では、

人類は、「経済活動」という社会行為等により、

この世の断片を、

多様な形態で、「consume(消費、消耗)」。


「カニバリズム」には、「生」と「死」が共存している。

やみわかみ」。


「やみ」と「かみ」。

「やみ」「わ」「かみ」。


「生」と「死」。

「このよこころすべてしぜん」。


「せい」と「し」。

「やみわかみ」。。。


「しぜん」。



「このよこころ」の、

「カニバリズム」という「しぜん」。


ジャック・アタリの『カニバリズムの秩序』が、

理解できることへの感謝。

「ひと」の、「理解能力・脳力」への、感謝。。

そして「すべて」への、感謝。。。

ありがとうございます。


。。。。





そして、今日、14日(火)は、これまでと違い、東京は「曇天⇒雨」。。。

上野の森美術館で開催されている『ツタンカーメン展(9:00開場)』を見に行くことにした。

。。。「ツタンカーメンに会いに、いざ、上野へ!!」と。。

8:00過ぎに上野到着。。

ツタンカーメンに会いに、上野の森美術館にまっしぐら!


。。。。そこで目にしたものは。。。

。。。「長蛇の列」!!!

。。。「まだ、8時過ぎで、開場まで1時間近くもあるのに。。。数百人の列。。」

(【ご留意】以下、敢えて一部に「ネガティブな観点」が含まれております。)

「3.11以前」、

夏休みの家族連れには、

「義務」「相互嫌悪」「疲労困憊の陰鬱」等が多く感じ/観じられた。。

「世間体」に対する「無意識の恐怖心」から、

親たちは、子供達を「連れ出す」。

半強制的に「夏休みの想い出」を、

子供達に押しつけた。。

子供達は、「うざったい」親との同行に無言で、

連れ犬のごとき、

引きずられていた。。。

口には出さないが、

顔にも表さないが、

その「3.11以前の夏休みの家族」は、

心の「疲労困憊」の波動・雰囲気と、

「精神の断絶」等に、縛られていた。。。



しかし、今日、「3.11以降のこのよ」で感じた/観じたのは、

「3.11以降の家族連れ」には、

しっかりと、「愛」「愛情」「家族の絆」「しあわせ」等が感じ/観じられた。

美しい。。。

親子。

おじいちゃん、おばあちゃんと、おまご様。

「3.11以降の夏休みの家族」には、

「しんのしあわせ」の波動・雰囲気が、

しっかりと、感じ/観じられた。。。


とても嬉しくて、

とてもありがたくて、

とても心温かくて。。。



ありがとうございます。




。。。。

そのとき、

上野の森美術館の向いにある、

美しい波動・雰囲気に包まれた『清水観音堂』が目に入った。。


上野、寛永寺の「清水観音堂」。

<【参照】Google「上野 清水観音堂」検索結果

<【参照】上野『寛永寺』ホームページ


ほんの2,3分、「ツタンカーメン」の長蛇の列に並んだものの、

観音様に招き寄せられるが如く、

すぅぅぅっと、長蛇の列から

身体が抜け出て、

足は、「観音様」の方に向かっていた。。。



『清水観音堂』で、観音様と、心「ともに」。。。

「全感謝のめでぃてーしょん」。。


銀色の天空から舞い降りるような、

無数の「雨つぶ」の中にも、

観音様を感じ/観じながら。。。


「このよこころすべてしぜん」。。。



。。。。今日は、「ツタンカーメンが観音様に成ったなぁ。。。」と、

「わらい/和来/笑い」の心も「あい」交え。。。


「ツタンカーメンが観音様に成る」、この、

とても「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」な夏休みを、

全身/全心で、楽しんでいる。。



。。。。。。


天気予報は、「明日は晴れる」と言っている。。。


また、早朝の美しい波動・雰囲気の中、

明日は、「神田明神」に、全感謝のご挨拶に行こう!

とても楽しみだ。。


。。。。。


みなでひとつ。みなでしあわせ。


「わたし」は、「すべて」に感謝します。

ありがとうございます。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


すべてに、ありがとう。全感謝。

(【2013年5月6日追記】スポーツセンターでのエクセサイズは、「2012年12月1日」をもって卒業させていただきました。ありがとうございます。)


{【2013年2月2日の変更】『2013年2月2日(土)14:00過ぎ「隅田川河畔ランニングコーナー」での出来事;「殺したい心にも『愛』を感じた/観じた「このよ」への『愛』。。。全感謝。」』に記したように、「どれい」という表現は「あしきごかい」を浄化させるため、「度零」に変更いたしました。
ありがとうございます。}


{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。