スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着実に蘇っている「日本社会」にも、感謝。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。
2012年6月30日。


2012年6月28日(木)、帰宅時、

(日々、通勤時に使用している、先端1/4を「薄緑色」に着色した「白杖」を持って)

都営新宿線「馬喰横山駅」のエスカレーターの

左端に立っていた。
(【ご留意】通勤時には、他人様(ひとさま)がぶつかって来ないように注意喚起の目的で、先端1/4を「薄緑色」に着色した「白杖」を使用しています。ありがとうございます。)


右後方から、

身長約170センチ、中肉の20代後半~30代中盤におぼしき

バッグを抱えた私服姿の男が

私の右横を通過していった。


その男の抱えていた「バッグの角」が、

私の右臀部から腰にかけて、

かすっていった。。。



。。。脳に「発達障がい」があり、

梅雨時期等の「天候不安定(大気不安定)」の時は、

「精神過敏」となり、

少しの刺激でも、精神が過剰反応をして、

強烈な刺激に感じ/観じられてしまう。


この「精神過敏」は、

この世、「しぜん」に織り込まれている

様々な「しんい」を感じる/観じるにはとてもありがたい状態だが、

日常の、「健常者の皆様には大したことはないこと」も、

精神が過剰に反応してしまい、

(上記した)「バッグの角が身体にかすっただけ」でも、

まるで「ナイフで斬りつけられたかのような」感覚に、

全身/全心が、苛まれてしまう。。。



いつも、エスカレーターで立つ時や、

逆に、エスカレーターを登ってゆく時には、

自分の上半身を、

他人様が通過する逆の方向に傾けて、

他人様(ひとさま)に接触しないように、

厳重に注意し、

一つの「心配り」として、実践している。



私の精神と肉体は、

脳の「発達障がい」のために、

ちょっとした「刺激」が「きっかけ」となり、

「精神過敏」が、

「精神不安定」に悪化してしまい、

一種の「発作」が生じてしまう。
(【ご留意】その「発作」や、その「発作を生じさせるきっかけ」にも心から感謝しています。ありがとうございます。)


以前は、

他人様(ひとさま)がぶつかってきた時等には、

「過呼吸発作」や「金縛り硬直発作」が生じた。


今では漢方薬治療の御陰で

「過呼吸発作」や「金縛り硬直発作」は生じなくなったが、

「精神不安定」に陥ってしまうため、

「状況説明独り言」が多発してしまう。



28日帰宅時も、その「ナイフで身体を切りつけられたような全身/全心の感覚」のために、

「精神不安定」となり、

「状況説明独り言」が多発してしまった。



さらに、その夜は、「政界や社会情勢の不安定な悪しき波動・雰囲気」等による、

社会意識に鬱積した「(本人も気づいていないような)深層ストレス」が顕在化したためか、

「不眠状態」に陥ってしまった。


男のバッグにより、

「ナイフで斬りつけられたような感覚」に全身/全心が苛まれたことを

「きっかけ」に、

昨日{29日(金)}は、「不眠」のまま、

溜池山王界隈にある会社に出社せざるを得なくなってしまった。


昨日東京は、「梅雨の中休み」の「爽やかな晴天」。

帰宅時も、湿度の低い「涼しい風」が、

時折優しく街を吹き抜ける、

「お散歩」には好条件。


「溜池山王」から「日本橋界隈」まで。。。


いつものように「電車で帰宅」する方が断然早い。。。

しかし、「精神過敏」にさらに「不眠」という悪条件が加わった昨夕の私の「精神状態」は、

「電車乗車 + 他人様との接触 = 即、発作」

という公式が脳裏に渦巻き、

電車に乗れる精神状態ではなかった。


「溜池山王」から「日本橋界隈」まで。。。


「徒歩帰宅」、決定!!!


「溜池山王」

↓ ↓ ↓

「永田町(官庁街)」

↓ ↓ ↓

「皇居」

↓ ↓ ↓

「大手町」

↓ ↓ ↓

「日本橋」

↓ ↓ ↓

「お江戸庵(自宅)」。



好きな音楽を耳に、

街の様子をみて、

その波動・雰囲気を感じ/観じ、

お江戸当時の様子を想像しながら、

ゆったりと歩き、

1時間半の「お江戸夕涼み散歩」は、

快適だった。


途中、「皇居」では、

広大な天空に包まれて、

美しい夕暮れを観賞し、


「大手町の人々」の表情には、

「着実に日本社会が蘇っている波動・雰囲気」がしっかりと

感じ/観じられた。




「日本の

『こころ』が、

着実に蘇っていること」を

しっかりと、

感じ/観じ。。。




「みなのこころせんたくしだいめぐりかえりあらわれる」「しぜん」。



「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みなでひとつ。みなでしあわせ。」

ありがとうございます。


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。