スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年5月5日(土)「こどもの日」の「ひかりたち」;天地影光「神田」。

【 snapshots! 】まとめ。
【◆snapshots! アルバム / ALBUM◆】


(下の各画像「ひかりたち」をクリックすると、大きな画像が表示されます。Please click the thumb-nails below. You can see enlarged photos.)

TenChiKageHikariKanda_050512_R017.jpg TenChiKageHikariKanda_050512_R018.jpg TenChiKageHikariKanda_050512_R019.jpg TenChiKageHikariKanda_050512_R020.jpg TenChiKageHikariKanda_050512_R035.jpg TenChiKageHikariKanda_050512_R042.jpg TenChiKageHikariKanda_050512_R043.jpg TenChiKageHikariKanda_050512_R046.jpg TenChiKageHikariKanda_050512_R048.jpg TenChiKageHikariKanda_050512_R049.jpg TenChiKageHikariKanda_050512_R051.jpg TenChiKageHikariKanda_050512_R057.jpg TenChiKageHikariKanda_050512_R058.jpg TenChiKageHikariKanda_050512_R061.jpg TenChiKageHikariKanda_050512_R062.jpg



【<スライドショー / SLIDESHOW>】
(こちらをクリックするとスライドショーとなり、他の画像もご覧いただけます
。)
(上記をクリックするとスライドショーがスタートします。
スライド速度は、マウスを動かすと表示される画面下方の「表示秒数」横の「+マーク」をクリックするとゆっくり表示されるようになります。適宜ご調整ください。)



【◆snapshots! アルバム / ALBUM◆】



「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


2012年「こどもの日」。

毎週末の「神社でのめでぃてーしょん」の後、

耳には懐かしい「こどもの頃の歌謡曲」と共に、

「神田明神(神田神社)」に「全感謝のご挨拶」に行った。

「こどもの頃の歌謡曲」と共に。。。

「こども」について心巡らし。。。



<以下、曲名をクリックするとYouTube検索結果が表示されます。>

上を向いて歩こう』 坂本九様
銀座の恋の物語』 石原裕次郎様&牧村旬子様
いつでも夢を』 橋幸夫様&吉永小百合様
高校三年生』 舟木一夫様
見上げてごらん夜の星を』 坂本九様
恋のバカンス』 ザ・ピーナッツの皆様
ウナ・セラ・ディ東京』 ザ・ピーナッツの皆様
柳ヶ瀬ブルース』 美川憲一様
星影のワルツ』 千昌夫様
想い出の渚』 ザ・ワイルド・ワンズの皆様
恋のフーガ』 ザ・ピーナッツの皆様
こまっちゃうナ』 山本リンダ様
世界は二人のために』 佐良直美様
小指の想い出』 伊東ゆかり様
虹色の湖』 中村晃子様
ブルー・シャトウ』 ジャッキー吉川とブルー・コメッツの皆様
君に会いたい』 ザ・ジャガーズの皆様
恋の季節』 ピンキーとキラーズの皆様
天使の誘惑』 黛ジュン様
小さなスナック』 パープル・シャドウズの皆様
グッド・ナイト・ベイビー』 ザ・キング・トーンズの皆様
ブルー・ライト・ヨコハマ』 いしだあゆみ様
知りすぎたのね』 ロス・インディオスの皆様
愛の奇跡』 ヒデとロザンナの皆様
夜明けのスキャット』 由紀さおり様
恋の度零』 奥村チヨ様
手紙』 由紀さおり様
京都の恋』 渚ゆう子様
四つのお願い』 ちあきなおみ様
笑って許して』 和田アキ子様
わたしの城下町』 小柳ルミ子様
また逢う日まで』 尾崎紀世彦様
花嫁』 はしだのりひことクライマックスの皆様
17才』 南沙織様
雨の御堂筋』 欧陽菲菲様
潮風のメロディ』 南沙織様
水色の恋』 天地真理様
瀬戸の花嫁』 小柳ルミ子様
ひとりじゃないの』 天地真理様
太陽がくれた季節』 青い三角定規の皆様
夜明けの停車場』 石橋正次様
終着駅』 奥村チヨ様
どうにもとまらない』 山本リンダ様
芽ばえ』 麻丘めぐみ様
ハチのムサシは死んだのさ』 平田隆夫とセルスターズの皆様
北国行きで』 朱理エイコ様
』 三善英史様
虹をわたって』 天地真理様
精霊流し』 グレープの皆様
あなた』 小坂明子様




2012年「こどもの日」。



「こどもの頃の歌謡曲」と共に。。。

「こども」について心巡らし。。。

。。。。

「幼少時代」に流行った「こどもの頃の歌謡曲」たち。。。

ありがとうございます。

。。。。。。



「幼少時代」の「わたし」に、

この時代になり、

神田明神を「全感謝の心」で崇敬する「わたし」は

成田山新勝寺も「全感謝の心」で参拝する

<【参照】Wikipedia「神田明神」>


過去は、神社と寺の間等で、

「わだかまり」があったことも「しぜん」。

「かこすべてまなび。」

「いま」では、平将門様等への「全感謝の信仰心」により、

「わたし」をきづいている心ある「ひと」であれば、

平将門様等にも、「全感謝のこころ」を「わたし」、

空海様等にも、「全感謝のこころ」を「わたし」、

神田明神等にも、「全感謝のこころ」を「わたし」、

成田山新勝寺等にも、「全感謝のこころ」を「わたし」、

「わたし」は、

「みなでひとつ。みなでしあわせ。」の全感謝の「こころ」をきづいている「しぜん」。

<【参照】「わたし」とは。>



「すべて」に感謝。

ありがとうございます。



「わたし」は、「このよこころ」「わたし」「つなぐ」「しぜん」。

「わたし」は、神田明神も成田山新勝寺も「すべて」「わたし」「つなぐ」「しぜん」。





2012年5月5日「こどもの日」。

「わたし」は、懐かしい「こどもの頃の歌謡曲」と共に、

「こころ」幼少時代に、巡り巡らせ。。。

「過去幼少時代」と「いま」との「わたし」に、

神田明神への「ひかり」や「かげ」等との

『エア・シング(=「口パクで{=歌に併せて声を出さずに}」歌う、心の歌)』を通じて。。。



「このよこころ」「全感謝」つなぎ「神田明神と成田山新勝寺」等の

「わたし」に、


「みなでひとつ。みなでしあわせ。」の

全感謝の「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」を、

伝えた。。。


。。。。


「こども」は成長し、

「しんか(進化・深化・心化・信化・清化・新化・芯化・真化・神化・しんか)」する「しぜん」。


宇宙」にとっての「地球」は「こども」のようなもの。

「地球」にとっての「ひと」は「こども」のようなもの。

「ひと」にとっての「こころ」は「こども」のようなもの。

「こころ」にとっての「意識」は「こども」のようなもの



「かこすべてまなび」。

「タブー」として過去に固執執着し、

自己意識を呪縛で縛る「こころせんたく」も「じゆう」「しぜん」。

「わたし」として「いま」「いきる」「いかす」、

自己意識を感謝で繋ぐ「こころせんたく」も「じゆう」「しぜん」。


「いま」の日本の「社会意識」は、「こどものような意識だった過去の状態」から成長し「しんか」し、

ますます多くの「ひとびと」が、

「しんのじぶん」をきづき、

「わたし」をきづき、

自己意識を「呪縛で縛る」より

「感謝で繋ぐ」という「こころせんたく」をする「しぜん」。



。。。。。



『「わたし」をきづくということ』

<【参照】「わたし」とは。>



【<スライドショー / SLIDESHOW>】
(こちらをクリックするとスライドショーとなります
。)
(上記をクリックするとスライドショーがスタートします。
スライド速度は、マウスを動かすと表示される画面下方の「表示秒数」横の「+マーク」をクリックするとゆっくり表示されるようになります。適宜ご調整ください。)





。。。。。。。




「みなでひとつ。みなでしあわせ。」

ありがとうございます。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。



すべてに、ありがとう。全感謝。

{【2013年2月2日の変更】『2013年2月2日(土)14:00過ぎ「隅田川河畔ランニングコーナー」での出来事;「殺したい心にも『愛』を感じた/観じた「このよ」への『愛』。。。全感謝。」』に記したように、「どれい」という表現は「あしきごかい」を浄化させるため、「度零」に変更いたしました。
ありがとうございます。}



{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}





スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。