スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年2月11日(土)「建国記念の日」;「くらやみ」「や」ぬき、「ひかり」「や」はなつ。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。



このよこころ。


ひかり。


やぁああぁぁぁぁぁぁぁあああああぁぁぁぁぁぁぁ。







わたし」の「しめい」につきささっていた、「や」をぬいた。

「このよこころ」に突き刺さっていた、「や」を抜いた。

【ご留意】「わたし」とは。




これまで、この世「このよこころ」は、「くらやみ」だったのだろう。

人間達は、「こころ」「しんの(真の/新の/進の/深の/清の/親の/信の/心の/神の)じぶん」を忘れ、

この世「このよこころ」の、「しんいしんずい」「しんのじぶん」を「きづかず」、知らず、解らず、

「ひかり」見えず、

人間達のこの世「このよこころ」は、「くらやみ」だったのだろう。



「ひと」は皆、「こころ」を持っている。

「ひと」は皆、「こころ」を「きづいて」いる。

「ひと」は皆、「こころ」の「ひかり」で「しんのじぶん」を「きづく」。



人間達の、この世「このよこころ」は、「くらやみ」だったのだろう。

人間達は、「こころ」「しんのじぶん」を忘れ、

この世「このよこころ」の、「しんいしんずい」「しんのじぶん」を「きづかず」、知らず、解らず、

「ひかり」見えず、

人間達の、この世「このよこころ」は、

「くらやみ」だったのだろう。





今日、2012年2月11日「建国記念の日」、

「くらやみ」に突き刺さっていた「やみ(病/闇/止)」の「や」を、

「全感謝のこころ」で、抜いた。

ありがとうございます。


「全感謝のこころ」で、

「くらやみ」の「や」を、抜いた。

「わたし」の「しめい」。

ありがとうございます。




そして、

「ひかり」の「や」を、

「全感謝のこころ」で、はなつ。

「わたし」の「いのち」。

ありがとうございます。



「くらやみ」の「や」をぬき、

「きづき」「ひかり」の「や」をはなつ、

「わたし」の「しめい」。

「わたし」の「いのち」。

ありがとうございます。


。。。。。



今朝、いつもの週末のように「神社でのめでぃてーしょん」に行った。

いつものポジションに立ち、「全感謝のめでぃてーしょん」が始まった。

しばらくして、「わたし」の「しんえん(深遠/深淵/神苑/真縁/深縁/心縁/神縁)意識」から声帯・口を通じて、

「ことば」が、

「こえ」として、発せられた。




このよこころ。

ひかり。

やぁああぁぁぁぁぁぁぁあああああぁぁぁぁぁぁぁ。




その後、いつものように「全感謝のめでぃてーしょん」は続いた。。。。


さらに「いろいろ」と、

「わたし」の「しんえん(深遠/深淵/神苑/真縁/深縁/心縁/神縁)意識」から「こころ」に届き、感じた/観じた。

「ひかり」とは、「光」、「霊仮」、「日借」、「秘刈」、「ひかり」。
「ひかり/光/霊仮/日借/秘刈」。



これまで、人間達は「こころ」「しんのじぶん」を忘れ、

我欲/強欲に囚われた「みなのこころせんたくしだい」の「めぐりかえりあらわれ」として、

様々な「困難試練」を、

自らの人生に顕在化させてきた。



これまで、人間達は「こころ」「しんのじぶん」を忘れ、

「常識」という名の「社会意識の呪縛」に囚われ、

「物質」という名の「悪;しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」に心奪われ、

「こころ」無く、

「しんのじぶん」きづくことなく、

自分の人生「じぶんじんせい」を、「さいぜん」に

「いきる」「いかす」ことすらできない、

「ひかり」見えない、

「くらやみ」だった。



しかし、

これからは、ますます多くの人間達が、

「しんのじぶん」「こころ」「ひかり」をきづき始める。


これから、ますます多くの人間達が、

「しんのじぶん」「こころ」「ひかり」が見えるようになる。



インターネットやマスメディア、書籍等を通じて、

ソーシャル・コミュニケーション・ネットワーク等を通じて、

「おつとめ」や日常生活等を通じて、

家族や友人、知人、同僚、人々を通じて、



そして、

自分の人生「じぶんじんせい」を通じて、



ますます多くの人間達が、

「しんのじぶん」「こころ」「ひかり」をきづき始める。

「しんのじぶん」「こころ」「ひかり」が見えるようになる。




ますます多くの人間達が

「こころ」をきづき、

心ある「ひと」と成る。



「このよこころ」。

この世は、

心ある「ひと」の世と成り、

心ある「ひと」は『この世天国』を「しぜん」ときづく。



これまでは、「過去の知識」により、

「死」して「肉体」という「物質;悪=しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」から脱却しなければ

「天国」に到達しないという

「知識呪縛」に囚われることも「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。


「過去の知識」に囚われることも「じゆう」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。



「かこすべてまなび」。


「過去の知識」の、「あの時代」では、

確かに「人間の意識」は、「この世地獄」と言うにふさわしい状態だったのだろう。



心無い、「こころ」の知識を知らない「人間達」が、

我欲/強欲に囚われてしまっていた、「過去の知識」のその時代では、

「この世地獄」と言うにふさわしい状態だったのだろう。




しかし、「いま」「これから」は、

「過去の知識」にも感謝して、

「死」せずとも、

「この世」で、「あの天国」を実現させることができるようになる。


「あの天国」の「かがみ」映しのごとく、

「この世」で、「あの天国」を、

顕在化させることができるようになる。


「この世天国」。


少なくとも、

「この世」で、「あの天国」に「にた」、

「この世天国」を、

心ある「ひと」により、「きづく」ことができる。

その「とき」が、到来したのだ。

(以下、「こころせんたく」を成された「ひと」が読めるように、一部「伏せ字」となっております。
何卒、ご了承願います。ありがとうございます。)


半身半霊の、 (さらに「しんか」した「ひと」は「半神半霊」。)

心ある、「こころ」をきづいた「ひと/霊留/日戸/秘渡/人」達「わたし」達が、

「物質」「悪」に心奪われず、

しかし「拒否・拒絶・否定・排除の心」ではなく、

「物質」への「愛の心」「しんあい/真愛/神愛」により、

「物質」も大切にして、

「悪」をも「拒否・拒絶・否定・排除」するのではなく、

「あくしぜん」。

「ぜんにいたるまなび」。「ぜんにかえるまなび」。

「悪」は、「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」であると、きづき、意識し、

「悪」からも「まなび」、

「悪」にも感謝し、

「悪」をも「しんあい/真愛/神愛」により、「いかす」。




半身半霊の (さらに「しんか」した「ひと」は「半神半霊」。)

心ある、「こころ」「しんのじぶん」をきづいた「ひと」達「わたし」達は、

「悪」をも排除せず、

「しんあい/真愛/神愛」により、

「悪」を「ぜん」に昇華する「しぜん」、「この世天国」の実現。




私達「人類」が生きることのできる、

この、たった「ひとつ」の「この世」、地球に、


「この世天国」をきづくのも、


「この世地獄」をきづくのも、



「みなのこころせんたくしだい」。





全感謝。

「こころせんたく」を成し、

「こころ」をきづき、

「しんのじぶん」をきづき、

「じぶんじんせい」に、「ひかり」見る。



「このよこころすべてじぶん」。

「がよくでないしんのじぶん」。



「このよこころすべてかがみ」。

「かみ/彼見/神見」であり「がみ/我見」である「かがみ」。


他人様(ひとさま)も、自分を映す「かみ/彼見」「かがみ」。

いかなる他人様であっても、見下すことなく、罵ることなく、貶めることなく。

「けいい」の心で、思い遣り、

「しんのおもいやりあい」で、心の「きづな」、つなぎ、つなぐ。



「このよこころすべてまなび」。

「かこすべてまなび」。

「過去」に固執・執着するでなく、

「過去の知識」に囚われず止まらず、

「過去の知識」に感謝して、

「いま」を、「まなび」「さいぜん」に「いき」「いかす」。


「こころ」をきづき、

「しんのじぶん」をきづき、

心の「ひかり」「かがやき」、愛、放つ。



これから、

心ある、「こころ」きづいた「ひと」達「わたし」達が、

「この世天国」を、「ともに」きづいてゆく。


心の「きづな」、「しんえん(深遠/深淵/神苑/真縁/深縁/心縁/神縁)」により、


「この世天国」を、

この世、この地球に、

「ともに」きづいてゆく。


。。。。。




「わたし」は、今日、


「わたし」の「しめい」につきささっていた、「やみ」の「や」をぬいた。

「このよこころ」に突き刺さっていた、「やみ」の「や」を抜いた。



「このよこころ」「くらやみ」に

突き刺さっていた「やみ」の「や」を、

「全感謝のこころ」で、抜いた。


「やみ」の「や」にも感謝している。

ありがとうございます。




「くらやみ」の「や」を、抜いた 「わたし」の「しめい」。



「ひかり」の「や」を、

「全感謝のこころ」で、はなつ。


「きづき」「ひかり」の 「や」をはなつ、

「わたし」の「しめい」。



「きづき」「ひかり」の「や」をはなつ、

「すべて」「じゆう」「しぜん」。


「きづき」「ひかり」の「や」を、どのように見るかは、

「みなそれぞれじぶんじんせい」。



「みなのこころせんたくしだい」が、

皆それぞれ「じぶんじんせい」に

「めぐりかえりあらわれる」「しぜん」。




「みなでひとつ。みなでしあわせ。」




「わたし」は「すべて」に、感謝いたします。

ありがとうございます。



{【2012年2月12日追記】「半身半霊」とは。}
人間はこれからますます、心ある「ひと」として、「半身半霊」と成る。
「半身半霊」とは、「ひと」の意識のバランスにおいて、「身(=物)」と「霊(=心)」との調和が保たれていること。
これまで人間の意識は「物質(身)」に偏ってしまっていた。
目に見えるもの、数値で表せるもの、意識呪縛である形骸化した常識的に良いとされるもの、等に意識が囚われ、
目に見えないもの、数値では表せないもの、意識呪縛である形骸化した常識的に良いとされないもの、等の「しんい」「しんか」を理解する能力・脳力が欠けていたため、「しぜん」と調和を崩し、「しぜん」の「こころ」「ひかり」が見えない「くらやみ」のような世の中で、「みなのこころせんたくしだい」、「大災害」「財政・金融・経済破綻」「社会機能不全」等を生じる結果となった。

これからはますます多くの人間が、「こころせんたくしだい」、「こころ」をきづき、「しんのじぶん」をきづき、「しぜん」と「しんい」「しんか」の「ひかり」が見える、心ある「ひと」と成り、その意識や社会の状態は「半身半霊」と言うが如く、心ある「ひと」が集う、「身(=物)」と「霊(=心)」との大調和の世と成る。

次のステージである「半神半霊」に関しては、ここでの表記は未だ、慎ませていただけましたら幸いに存じます。
お伝えすべき「とき」が訪れた際には、お伝えさせて頂きます。

ありがとうございます。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。




みなのこころのなかじゃ。
すべてこのよこころのなか。

なにがあってもかんしゃするがよい。

かんしゃしてしんかするしんい。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころのせんたく。
しんいはみなでしあわせ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

このよすべてしぜん。

このよすべてじゆう。

しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。
しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。

このよすべてじゆうしぜん。
このよすべてじゆうしぜん。

しぜん。
しぜん。
しぜん。

じゆう。
じゆう。
じゆう。

しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。

みなそれぞれじぶんのじんせい。
ひとたにんのじんせいいきられん。

みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。

あたえしこころみなじぶんじんせいめぐるかえるあらわれるしぜん。
あたえしこころみなじぶんじんせいめぐるかえるあらわれるしぜん。
あたえしこころみなじぶんじんせいめぐるかえるあらわれるしぜん。

かんしゃよろこびあいあたえればあたえるほどふえる。

よろこびかんしゃあいあたえればあたえるほどふえる。

みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

すべてわさいぜん。

わ。
わ。
わ。

さいぜんすべてにわひびきあいかなであい。

このよこころわひびきあいかなであい。

さいぜんこのよこころすべてひびきあいかなであい。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。

ようきこころものごとしんいかなうただしきよきにうけとめるこころ。

このよすべてじぶん。
がよくでないしんのじぶん。
みなでひとつ。
みなでしあわせ。

みなちがういのち。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

ひとみないちれつみなたいら。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせ。

このよこころすべてじぶん。
がよくでないしんのじぶん。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

このよこころじんせいむだない。
このよこころすべてまなび。

このよこころすべてまなび。
このよこころすべてじぶん。
このよこころすべてしぜん。

みなのこころあらわれる。

このよこころかがみ。

たのしむがよい。
たのしむがよい。
たのしむがよい。

たのしむこんなんしれんとらわれずようきこころいまさいぜんつとめること。

このよおおせんたく。

このよこころさらにしんのじぶんあらわれる。
このよこころさらにしんのじぶんあらわれる。
このよこころさらにしんのじぶんあらわれる。

しんのじぶんきづくがよい。
しんのじぶんきづくがよい。
しんのじぶんきづくがよい。

みなでひとつみなでしあわせ。
このよこころすべてつながっておる。

このよこころしんのおもいやりあいですべてつながっておる。

しんのおもいやりあいこのよこころすべてつなぎつなぐつながる。
しんのおもいやりあいこのよこころすべてつなぎつなぐつながる。
しんのおもいやりあいこのよこころすべてつなぎつなぐつながる。


このよこころいろいろ。
いろいろかがやきこのよなす。
こころいろいろひかりみる。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

しんのつよさすべてをうけいれすべてをあいしすべてをいかすこのよこころしぜんうちゅうのつよさ。

すべてにかんしゃしまなびなせ。

ぜんあくいだきあいとなる。
ぜんあくいだきあいとなる。
ぜんあくいだきあいとなる。

あくしぜん。
ぜんにかえるまなび。

あくしぜん。
ぜんにいたるまなび。

ぜんあくいだきあいとなる。
ぜんあくいだきあいとなる。
ぜんあくいだきあいとなる。

こんなんしれんこのよこころみがくまなび。
こんなんしれんこのよこころみがくまなび。
こんなんしれんこのよこころみがくまなび。

しんいつとめるしんのひとなる。

しんのひとなるこころかがやきこんなんしれんこころみがく。
しんのひとなるこころかがやきこんなんしれんこころみがく。


なにがあってもかんしゃするがよい。
かんしゃすればこころせんたく。
かんしゃすればこころせんたくこころすむ。

かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。

ぜんかんしゃ。
しんいみきわめまなびなす。
しんかのみちびき。
しあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

かんしゃこころこのよいきることじゃいかすことじゃ。


かんしゃはいきること。。。。

かんしゃいかすこと。


ぜんかんしゃこのよこころすべていきることいかすこと。

ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。

ぜんかんしゃ。
ぜんかんしゃ。
ぜんかんしゃ。

しんか。
しんか。
しんか。

ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。

ぜんかんしゃこのよこころすべていきるいかすしんいしんずい。

しんいはみなでしあわせじゃ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることじゃいかすことじゃ。
しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころせんたく。
かんしゃすればしんいみえる。
しんいみえればまなびなす。
まなびなせばみちびきつかむ。
みちびきこれあらたなるしんかへのみちじゃ。
かんしゃするがよい。
かんしゃするがよい。
かんしゃするがよい。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃはいきることじゃいかすことじゃ。

ぜんあくいだきあいとなる。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

しんいはみなでしあわせじゃ。






すべてに、ありがとう。全感謝。

{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

感謝は人々が思っている以上に大切で、パワーがありますよね。

コメント、ありがとうございます。

J様、
コメント、ありがとうございます。
そうですよね。

「感謝」はとても大切で、感謝することは「しんにいきる」ことだと感じて/観じています。

「感謝する本人」は肉体的に生きるだけではなく「しんにいきる」ことができ、
感謝により「感謝される対象」を「いかす」ことができる。

だから、辛いことや嫌なこと、「困難試練」等にも、どんなことがあろうとも、まず「感謝」しています。

「わたし」達は、愛の力によりこの世に存在して、「感謝のちから」により「いきている」。。。

とてもありがたいこの世「しぜん」の摂理、原理、真理、天理等だと感謝しています。

ありがとうございます。
まがたまぱじゃま。
プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。