スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年2月2日(木)12:45頃の「JR総武線浅草橋駅での大声発作」、再び。。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


昨日から「2012年の2月」に入り、月が変わり、社会意識の波動・雰囲気に顕著な変化が感じられていた。

それと同時に、社会意識の変化等に過敏な「わたし」には精神不安定気味が生じてしまっていた。。

(本日は比較的精神は安定していた。。あの「秋葉原駅での駆け込み乗車」に遭遇するまでは。。。)

(【ご留意】以下の文中内で「こころせんたく」を成さない人間による悪しき誤解や疑念等が生じてしまう懸念もございますので、一部「こころせんたく」を成した「ひと」だけが読めるようにさせていただきました。ご了承下さい。ありがとうございます。)


。。。。。


昨日、「2012年2月1日」。。。

社会意識にも本格的に「2012年の波動・雰囲気」が現れ始めた。


偶然、否、「偶然という名の必然」として、朝の通勤時に「メジロ」と出会った。。

「春の訪れ」を告げる「メジロ」が、この「寒波の中」。。。

「わたし」は寒さに凍える「メジロ」と出会い、右手の中で温めて。。。

そして「メジロ」は羽ばたき、元気に飛んでいった。。

。。。「メジロ」がいなくなった右手には、「人類を救う可能性を秘めた、フン」を残して。。

。。。。。



そして今日、2012年2月2日、毎月の「漢方診断」のため田端にある病院に向かい、その帰宅道中、また、「駆け込み乗車」に遭遇してしまった。。。

。。。。

JR秋葉原駅で「総武線」に乗り換えた。

「秋葉原駅」の次が下車駅の「浅草橋駅」。

いつものように先端1/4が薄緑色に着色してある「白杖」を持ち、「次で降ります。次で降ります。次で降ります。。。」と、小さな声で幾度か呟きながら、「最後」に乗車した。

発車音が鳴り、ドアが閉まり始めたその時、

エスカレーターを登り終え、猛スピードでこちらに走ってくる「50代後半位の男」の姿が目に入った。

。。。「駆け込み乗車」。。。

。。。。。


ドアがすでに閉まり始めているにもかかわらず、その男はこちらに向けて突進してきた。。。

「わたし」の目の前で。。男の体がドアに挟まった。。。

ドアが、挟まった男の体に反応して、少し開いた。。

男は無理矢理身体を押し込め、駆け込み乗車を完了させた。。。

。。。。

「あぁあぁ、また発作が始まってしまうかぁぁぁぁ。。」と、一瞬「恐怖」を感じた/観じた。。

。。。。。

。。。しかし、なぜか今日はとても「れいせい」を保つことができた。

以前のような強烈な「独り言発作が連発してしまう」ような事態は免れた。。

身体がドアに挟まり、とても危険な「駆け込み乗車」を完了させた男が、「わたし」の背後に立っていることを感じた/観じた。

その瞬間、「わたし」はその男の方を向き、「れいせい」に、丁寧に、そして慇懃に、比較的優しい声で


『わたし』は、駆け込み乗車により発作が生じてしまいます。
『わたし』は、駆け込み乗車により発作が生じてしまいます。
『わたし』は、駆け込み乗車により発作が生じてしまいます。


と、言葉が発せられた。。

息を切らせている男は、「わたし」に「すまん!」というお詫びを表す「手のジェスチャー」を示し、

さらに、自分の時計を指さして「急いでいた。時間がなかった。」と伝えてきた。。

「わたし」は、とても「れいせい」に、その男の「顔」そして「目」を、見つめた。。

男の目は、「申し訳なさそうな、しかし自分も困っている。」という目をしていた。。

「わたし」は、責める心ではなく、「無の心」で、さらにその男を見つめ続けた。。

そして突然、


あなたの時間と、『わたし』の「いのち」は同じです。
あなたの時間と、『わたし』の「いのち」は同じです。
あなたの時間と、『わたし』の「いのち」は同じです。


と、「ことば」が発せられた。。。

「わたし」は心の中で、なぜそのような「ことば」が発せられたのか、「自分意識」により分析をしていた。。

しかし「自分意識による分析結果」が出る前に、下車駅の「浅草橋駅」に電車は到着してしまい、ドアが開いた。。

「わたし」は、「自分意識」から、笑顔で優しく、


今回は発作は生じませんでした。
ありがとうございます。


と、その男に一礼をして、下車した。

。。。その途端、



時間は命です!
時間は命です!
時間は命です!

必ず死にます!!
必ず死にます!!
必ず死にます!!

ありがとうございます。
ありがとうございます。
ありがとうございます。


と、「大声発作」が生じてしまった。。
(周りの皆様には、また、驚かせてしまい、申し訳ございませんでした。)

。。。しかし、なぜか今回は、「大声」は「声」「言葉」として生じてしまったものの、前回のような「嗚咽感」や「悲しみ」「怒り」「涙」「鼻水」「心臓への負担」等の「精神的動揺」「肉体的影響」はほとんど感じなかった。

ある意味、「自分意識」はとても「れいせい」な状態を保っていた。。

。。ただ、「ことば」が「声」として、「わたし」の「口」から「大声発作」として発せられてしまった。。
(申し訳ございませんでした。)

改札を出て浅草橋駅の階段を下り、自宅方向へ。。

浅草橋からまたしばらく、お気に入りの「屋形船」をながめた。。。

。。。。



天空の太陽に、心の中で「全感謝のご挨拶」をして。。。

そして、今日はとても「れいせい」に、帰宅することができた。

。。。。。



帰宅後、また「れいせい」に、一連の今日の「できごと」を自省した。。

そこで見えてきたものは。。。。

。。。「自分」。。

。。。あの「駆け込み乗車」をした男。。。

あの男も。。。「自分」だった。。。

さらに言葉を添えて、さらに詳細に適切に表現するとしたら、

あの男は、「過去の自分」だった。。。

。。。「過去の自分」。。。

時間に追われ、時間に責め立てられ、時間に振り回され。。。

「無理すること」すら「がんばっている証」と錯覚して無頓着に、時間に縛られていた。。。

「あの駆け込み乗車」の時の、「あの男」は、まさに「過去の自分」だ。

今日、「駆け込み乗車」を通じて、「過去の自分」と再び出会った。。

だから、あのとき「あなたの時間と、『わたし』の「いのち」は同じです。」と、言葉が発せられたのだと思った。。

そして、「ひと」は皆、「愛おしい」と感じた/観じた。。

。。。。。



人は皆、必ず死ぬ。。。

「生きている間」の、「いのち」という「時間」。。。

この「生きている間の命という時間」が続く限り、

この「人生」で、多くの「まなび」を達成する。感謝する。。


【参照】Google「グノーシス主義」検索結果



あの、「駆け込み乗車をした男」にも感謝する。

ありがとうございます。



そして、

「すべて」に、感謝する。。。

ありがとうございます。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。



すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。