スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年11月27日(日)の「ひかりたち」;大正天皇様に全感謝のご挨拶、多摩陵(たまのみささぎ)へ。

【 snapshots! 】まとめ。
【◆snapshots! アルバム / ALBUM◆】


(下の各画像「ひかりたち」をクリックすると、大きな画像が表示されます。Please click the thumb-nails below. You can see enlarged photos.)

TaishoTennouTamanoMisasagi_112711_R012.jpg TaishoTennouTamanoMisasagi_112711_R016.jpg TaishoTennouTamanoMisasagi_112711_R027.jpg TaishoTennouTamanoMisasagi_112711_R028.jpg TaishoTennouTamanoMisasagi_112711_R030.jpg TaishoTennouTamanoMisasagi_112711_R045.jpg TaishoTennouTamanoMisasagi_112711_R056.jpg



【<アルバムスライドショー / SLIDESHOW>】
(こちらをクリックするとスライドショーとなり、他の画像もご覧いただけます
。)
(上記をクリックするとスライドショーがスタートします。
スライド速度は、マウスを動かすと表示される画面下方の「表示秒数」横の「+マーク」をクリックするとゆっくり表示されるようになります。適宜ご調整ください。)



【◆snapshots! アルバム / ALBUM◆】


先日(2011年11月23日(水)「勤労感謝の日」)、心、「大正」に飛んだ。。。

永田町の憲政記念館で開催されていた『大正デモクラシー期の政治;特別展』に行った

会場内で、「昭和天皇様ご成婚」のコーナー直前、「わたし」の肉体は入場時に頂いた冊子を筒状に丸め、右横に展示されていた「関東大震災」にまつわる展示物を覗いていた。。

「わたし」を見て、どのように感じ/観じ思うかは、「みなそれぞれじぶんじんせい」「こころせんたく」はとても「じゆう」で「しぜん」だ。

しかし、その中に「差別、偏見、見下し、罵り、軽視、蔑視」等の心があったとしたら、その「こころせんたくしだい」、いずれしかるべきときにしかるべき「悪しき事情」等の「まなび」として、「めぐりかえりあらわれる」「しぜん」。

「大正天皇様」のことが、「わたし」の「こころ」に蘇った。。。
ありがとうございます。

。。。。。


今でこそ、一部の「しんか」乏しい心を持った人間達は、「常識は善。非常識は悪。」のような形骸化した固定概念の「意識の呪縛」に、本人も気づかず囚われてしまっている。。。

そして、常識や大多数と異なった言動をする「ひと」に対して、「常識はずれ」という理由により「悪」として、「差別、偏見、見下し、罵り、軽視、蔑視」等の思念を仕向けることがある。。

社会意識の「しんか」がさらに乏しかった「大正時代」。。。

その「大正時代」の社会意識に巣くってしまった「差別、偏見、見下し、罵り、軽視、蔑視」等の「みなのこころせんたく」は、1923年(大正12年)9月1日の「正午」少し前、「大正関東大震災」として、「みなのこころせんたくしだい」、「めぐりかえりあらわれた」「しぜん」。

心「しんか」乏しい人間達が存在することも決して悪ではありません。
心「しんか」乏しい人間達が存在することも、とても「しぜん」です。

「わたし」は心「しんか」乏しい人間達にも感謝しています。
ありがとうございます。


本日の「大正天皇様との心の対話」等を通じて、ある意味、2011年「しわす」がとても楽しみです。
ありがとうございます。


。。。。。



「大正天皇様」のことに想いを巡らせ、今日、八王子にある『大正天皇 多摩陵(たまのみささぎ)』へ「全感謝のご挨拶」に行った。

<【参考情報】『大正天皇 多摩陵』のサイトへ>



「大正天皇様」と、「心の対話」を実践した。
ありがとうございます。


。。。。


10:30頃、帰宅するために、京王線「高尾駅」の改札を入ろうとした時、「人身事故のため不通」であることが場内放送で報じられた。

。。。


11:00頃、JR中央線快速で秋葉原まで行き、そこで総武線に乗り換え、浅草橋まで行くルートで帰宅することにした。

。。。。

JR中央線快速は、三鷹を過ぎ、吉祥寺駅辺りから車内は「満員電車状態」となった。。

。。。他人様(ひとさま)がぶつかったりすると発作が起きてしまうので、他人様とぶつからないようにドア横の狭いスペースに身体をできるだけ平坦にして立ち、発作が起きないように注意した。。

。。。「満員電車状態」の車内は少し「苛立ち」の波動・雰囲気が感じ/観じられはじめた。

。。吉祥寺駅で下車する人間が右肩にぶつかって行った。。

。。。「精神不安定」の発作気味が生じてしまった。。。
(以下、記憶(意識)を無くしてしまうと失神してしまうので、とにかく記憶(意識)は無くさないように留めております。その内容を以下に記します。)

「ぶつからないでくださいね。ぶつかると発作が生じてしまいます。
ぶつからないでくださいね。ぶつかると発作が生じてしまいます。
ぶつからないでくださいね。ぶつかると発作が生じてしまいます。
ぶつからないでくださいね。ぶつかると発作が生じてしまいます。
ぶつからないでくださいね。ぶつかると発作が生じてしまいます。。。。」

と、幾度も(比較的大きな声の)「独り言発作」が生じ始めてしまった。。

周りから、「うるさい。」という声も耳に届いた気がした。。。
(そのことにも心の中で感謝した。
ありがとうございます。)


「私の脳には障がいがあります。発達障がいです。
他人様(ひとさま)がぶつかると、発作が生じてしまいます。
先程、ぶつかられて、今、精神不安定気味となり、独り言が生じております。
私の脳には障がいがあります。発達障がいです。

今朝は大正天皇様にご挨拶に行って参りました。
今、日本橋界隈に帰宅の道中です。

私の脳には障がいがあります。発達障がいです。
他人様(ひとさま)がぶつかると、発作が生じてしまいます。
先程、ぶつかられて、今、精神不安定気味となり、独り言が生じております。
私の脳には障がいがあります。発達障がいです。

私に対して何を思おうと自由です。
どうぞ、どうぞ。
どうぞ、どうぞ。
どうぞ、どうぞ。

私は、如何なる思念に対しても、感謝致します。
ありがとうございます。

私は、すべてに、感謝いたします。
ありがとうございます。

私に対して何を思おうと自由です。
どうぞ、どうぞ。
どうぞ、どうぞ。
どうぞ、どうぞ。

私は、如何なる思念に対しても、感謝致します。
ありがとうございます。

私は、すべてに、感謝いたします。
ありがとうございます。」

。。。


「わたし」を見て、どのように感じ/観じ思うかは、「みなそれぞれじぶんじんせい」「こころせんたく」はとても「じゆう」で「しぜん」。

その「こころせんたくしだい」、いずれしかるべきときにしかるべき事象・事情として、「めぐりかえりあらわれる」「しぜん」。

本日の「大正天皇様との心の対話」等を通じて、ある意味、2011年「しわす」がとても楽しみです。
ありがとうございます。


。。。。。

新宿駅で多くの人間が下車し、電車内は多少のスペースが生まれ、ぶつかられる危険は少なくなった。

精神的に落ち着くことができた。。

精神不安定による「独り言発作」も治った。
(何よりもありがたいことは、本格的な「発作(過呼吸発作等)」が生じなかったことがありがたい。
ありがとうございます。)


。。。。

御茶ノ水駅で無事、総武線に乗り換え、そして安全に「浅草橋駅」で下車することができた。。
ありがとうございます。

。。。。

精神不安定の最中等、ずっと「大正天皇様が当時受けたであろう社会意識の思念」のこと等を心で味わい、「わたし」は「すべて」に感謝させていただいた。。

ありがとうございます。



【<アルバムスライドショー / SLIDESHOW>】
(こちらをクリックするとスライドショーとなります
。)
(上記をクリックするとスライドショーがスタートします。
スライド速度は、マウスを動かすと表示される画面下方の「表示秒数」横の「+マーク」をクリックするとゆっくり表示されるようになります。適宜ご調整ください。)




。。。。

「浅草橋駅」を出て、お気に入りの「浅草橋」から水面に浮かぶ屋形船を眺め。。

太陽を見上げて、そして、笑顔が蘇り。。。

さらに、「すべて」に感謝をしながら、帰宅した。。


。。。。

「大正天皇様」。。。

如何なる人生であろうとも、皆、素晴らしい。。。皆、愛おしい。。。

今日、共に「満員電車」の中にいた方々も、皆、素晴らしい。。皆、愛おしい。。。

「満員電車の中」等で「わたし」を見て、どのように感じ/観じ思うかは、「みなそれぞれじぶんじんせい」「こころせんたく」はとても「じゆう」で「しぜん」だ。

しかし、その中に「差別、偏見、見下し、罵り、軽視、蔑視」等の心があったとしたら、その「こころせんたくしだい」、いずれしかるべきときにしかるべき「悪しき事情」等の「まなび」として、「めぐりかえりあらわれる」「しぜん」。

本日の「大正天皇様との心の対話」等を通じて、ある意味、2011年「しわす」がとても楽しみです。
ありがとうございます。


「わたし」は如何なる思念・想念に対しても、感謝いたします。
ありがとうございます。

「わたし」は「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


この世、「すべて」が、愛おしい。。。


「みなでひとつ。みなでしあわせ。」

ありがとうございます。




すべてに、ありがとう。全感謝。

{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。