スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年10月16日(土)の「おつたえ」;(「■■る、■■ぶ。」)

いつもありがとうございます。毎週末の神社でのめでぃてーしょんを通じて「おつたえ」いただいた「しんい・めっせーじ」等を誠実に記させて頂いております。
【参照】「「おつたえ」はじめに。」のページへ
【参照】「わたし」のスピリチュアリティー(霊性)の「しんか」のページへ
【<毎週末のめでぃてーしょん>】
                                    <◆◆「おつたえ」まとめ
                                    <★★「しんい・めっせーじ」まとめ


(「おつたえ;くげん」の姿勢ではなく「おつたえ;みこと」と同じ姿勢で、「こえ」というよりも「いき(いぶき)」のように発せられました。)

ほろぶもよい。

のこるもよい。






先日(2010年10月10日)に「かごめ歌;後ろの正面だぁれ?。。。それは「わたし」「すべて」「しぜん」です。」と「こたえ」があらわれた後、「とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。とよ(いよ)。。。。。」と、心の中で「とよ(いよ)。」が巡っていた。。。 「じんぐう(神功皇后)」豊受大神

「とよ(いよ)。」。。。 「じんぐう(神功皇后)」豊受大神

ダライ・ラマ様が「いま」この世にご存命なさっているように、「ひと」には未だ科学では解明されない「いのち」の神秘が存在する。。ダークマター。。。

今朝の「おつたえ」は「あしきごかいするものおる。」一部「かくせ」と届いているので、いつものようにその部分は、「おつたえ」「しんい・めっせーじ」を受け取る心をもって、「せんたく」すると、「しんい・めっせーじ」があらわれる。

「おつたえ」「しんい・めっせーじ」は受け取る「こころ(意志)」のある「ひと」だけに伝わることが「さいぜん」「しぜん」。



私たちは、「人間」の形(肉体)と「思考する臓器」である「脳」が備わっているので、人間の大多数は「脳」という臓器により思考する。
そして、「いま」も、まさに、「眼」、そして眼からの情報を伝達する「神経」、そして「脳」等、様々な部位により、「いま」まさに、このブログの《この文字》を読んでいる。

しかし「人間」の形(肉体)を携えた「思考」をする生物が地球上に、他の動物と共に「いきもの」として生命活動を営んでいたとしてもその「人間」の中にどれだけの「ひと」が存在しているかとても興味深い。

「ひと」とは「霊(ひ)(=動物霊等の低級霊ではなく「しんあい/真愛/神愛」の「ひかり(=「しんじん(真人/神人)」としての「こころの輝き」等)」)」を「止める/留める」「ひと(霊止/霊留)(日止/日留)」であると、多くの「ひとびと」が様々なメディアを通じて私たちに伝えてくださっている。
【≫厳重注意≪】
「霊」とは「我欲/強欲や偏狭意識に囚われているもしくは我欲/強欲や偏狭意識に起因・共鳴する野獣意識」ではなく、「ひ」とは暗黒の宇宙に「てん」のごとく「ひかり(=「しんあい/真愛/神愛」の「こころ」の輝きや叡知等の輝き)」をともす「ひ(日/太陽)」であるような「宇宙意識」等「しんいしんずい」の「ひかり」のことです。「ひと」とは、「こころ」に「ひ」を宿し、「こころ」に「しんいしんずい」「しんのじぶん」の「ひかり」がともっている状態。それは「かんながら」とも呼ばれることがあります。誤解を避け「しんい」をより明確におつたえさせて頂くため、「ひ(霊)」と記されていたところを2010年10月17日「ひ(霊/日)」と訂正させて頂きました。また本頁及び本ブログは「霊とのチャネリングや霊交渉等を示唆したり推奨するもの」ではありません。「しんいしんずい」「しんのじぶん」によるものであることを明記させて頂きます。ご理解頂けましたら幸いに存じます。ありがとうございます。


「ひと」。。。

日常生活を通じて、通勤電車の中等、何万人といるこの生物「人間」の中に、今現在、果たして「ひと」はどれだけいるのだろう。。??

戦争や戦後の高度経済成長、「バブル」等を経て、この「ひのもとのくに(日本)」には、今、どれだけ「ひ(霊/)」が宿っている「ひと」がいるのだろう?

。。。「ひ(霊/)」も宿る(ともす)ことができない、心すさんだ生物「人間」を、この国は戦後、高度経済成長や「バブル」等を通じて「生殖」し、まるで「もの」を製造するがごとく、この世に「いきもの」「人間」を生産してきた。。。

しかし今、その「人間」の中に、どれだけ「ひと(=心に「ひ(霊/)」が宿っている「こころ」ある人)」が日本に存在するのか。。。

。。。。。

人間には「心」がある。。。

人間は「心」があるため、上記のような「未科学的な内容(=未だ科学的に証明立証されていない内容)」を記した場合、その著者をその「心」により見下し、嘲笑することもできる。

しかし「ひ(霊/)」が宿っている「ひと」はそのような「他人様(ひとさま)」を嘲笑するようなことはしない。

なぜなら「ひ(霊/)」が宿っている「ひと」であれば、上記の内容はたとえ「未科学的な内容」であっても、共感する(もしくは共感できないとしても、見下したり嘲笑等はしない。他人様(ひとさま)への「けいい」がある)からだ。

「ひと」は、いかなる他人様(ひとさま)をも見下したり嘲笑したりはしない。
「ひとみないちれつみなたいら。」「このよこころかがみ。」

「ひと」はいかなる他人様(ひとさま)に対しても「けいい」を感じ、たとえ他の人間が見れば「愚鈍」のように感じられる他人様に対しても、「けいい」の心で何らかの「きづき」や「まなび」を成す。

それはタロットで言うところの「フール」にも繋がる意識。
(この意識は「西洋意識」にも通じる観点が含まれており、ここで説明することによりこの頁の「しんいしんずい」内容を複雑化してしまいますので詳細説明は敢えて割愛させて頂きます。ご了承下さい。ありがとうございます。)

今、これをお読み下さっている皆様はもちろん犬や猫、蛇やカエルではなく、「人間」であるが、「ひ(霊/)」を「こころ」に宿している「ひと」であってほしい。。。と、「希望」に溢れている。。ありがとうございます。



。。。今朝の「おつたえ」は;


ほろぶもよい。

のこるもよい。





いつもであれば9:00頃、「神社でのめでぃてーしょん」は終了するのだが、今朝は9:00過ぎてから、いつもと異なる「ながれ(行為)」が生じた。。

その「ながれ」は;

(9:00頃、天空を仰ぎ見て、めでぃてーしょんの最終プロセスになったとき)
1,「すぅぅぅぅぅ。すぅぅぅぅぅ。すぅぅぅぅぅぅ。」という音声よりも「いき(いぶき)」が口から幾度も発せられた。
2,上半身がなだらかに下方を向き、地面(大地・地球)に対して「いき(いぶき)」が幾度も繰り返し向けられた。(5~10分程度)
2,「いき(いぶき)」が続きながら、姿勢が次第に中腰になっていった。
3,姿勢はさらに低くなり、地面(大地・地球)に膝が付いた。
4,「いき(いぶき)」は相変わらず地面(大地・地球)に向けて「すぅぅぅぅぅ。すぅぅぅぅぅ。すぅぅぅぅ。」と続いている。
5,足先と膝と4点でなだらかに前屈した上半身を支えてしばらくその姿勢と「いき(いぶき)」が続いた。(5~10分程度)
6,膝が地面(大地・地球)から離れ、ゆっくりと立ち上がった。
7,いつもの「神社でのめでぃてーしょん」の姿勢で直立になり、めでぃてーしょんは終了した。


その最中、様々な「フラッシュシーン」が届いた。
(。。。「あしきごかいするものおる。」と届いておりますので、いつものようにその部分は、「しんい・めっせーじ」を受け取る心をもって、「せんたく」なされますと、「しんい・めっせーじ」があらわれます。)

1,「地震や自然災害」等で、これからさらに多くの人間や「ひと」が死ぬ「しぜん」。
(「このよおおせんたく」の最終段階。)
【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは

2,その後、この世、地球は人間の世になるのか「ひと(=こころにひ(霊/)が宿っている人)」の世になるのか明確になる。
(つまり、「ひと」が多く死んで(=この世を卒業して)人間がこの地球に多く残るのか、逆に人間が多く死んで「ひと」が地球に多く残るのか「このよおおせんたく」。)

3,人間の世になれば、それはまるで「こころ」に「ひ(霊/)」が無い「ひとでなし」の「にこごり」のような世界と時代がしばらく続き、「この世我欲/強欲地獄」のようになり、地球と人間はいずれ自滅する。
(従って、上記「1」で滅んだ(死んだ)としても、「この世我欲/強欲地獄」を体験する必要はなく、この世を卒業することになり「さいぜん」。)

4,「ひと」の世になれば、「こころ」に宿った「ひ(霊/)」のちからにより、この世、地球を「みなでひとつ」「みなでしあわせ」の世の実現を皆でつとめ、いずれ「みなでひとつ」「みなでしあわせ」の世がさらにあらわれ、この世、地球上に顕在化し、「地球の延命」が成功する。


「このよおおせんたく」の最終段階により、「人間の世」になるのか「ひとの世」になるのか「このよおおせんたく」が成され、いずれにせよ見た目には今までと全く変わらない「人間の形をした肉体をまとった生物」がこの世、地球上に存在し続けることになる。
(従って、「このよおおせんたく」が「すみ」、2015年頃~2020年頃のこの世、地球を一見しただけでは今までと何も変化は見られない。)
しかし、その「こころ」を見た場合には「ひ(霊/)」の無い「心」だけの「人間」がうようよとした「人間の世」になるのか、「こころ」に「ひ(霊/)」を宿した(=「しんあい/真愛/神愛」の「ひかり」を「こころ」にともした)「ひとの世」に成るのか、「こころの観点」では「天と地」の「ちがい」が、この世、地球上にあらわれる。

。。。とても「しぜん」なことだと感謝した。。



今朝のめでぃてーしょんで、上記したような「ち」に「いき(いぶき)」が向けられたことにより、いよいよ「ち」の「ちから(エネルギー)」もあらわれる時となったのだと、強く悟った




ほろぶもよい。

のこるもよい。





私たち、このよこころ、「しんのじぶん」は、何を「せんたく」するのだろう。。。

とても楽しみな「とき」が近づいている。。。。「たのしむ」。。楽しもう。。。。
(注;「たのしむ=こんなんしれんとらわれずようきこころいまさいぜんつとめること。」)
ありがとうございます。



みなのこころのなかじゃ。
すべてこのよこころのなか。

なにがあってもかんしゃするがよい。

かんしゃしてしんかするしんい。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころのせんたく。
しんいはみなでしあわせ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

このよすべてしぜん。

このよすべてじゆう。

しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。
しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。

このよすべてじゆうしぜん。
このよすべてじゆうしぜん。

しぜん。
しぜん。
しぜん。

じゆう。
じゆう。
じゆう。

しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。

みなそれぞれじぶんのじんせい。
ひとたにんのじんせいいきられん。

みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。

みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

すべてわさいぜん。

このよこころわひびきあいかなであい。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。

ようきこころものごとしんいかなうただしきよきにうけとめるこころ。

このよすべてじぶん。
がよくでないしんのじぶん。
みなでひとつ。
みなでしあわせ。

みなちがういのち。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

ひとみないちれつみなたいら。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせ。

このよこころすべてじぶん。
がよくでないしんのじぶん。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

このよこころじんせいむだない。
このよこころすべてまなび。

このよこころすべてまなび。
このよこころすべてじぶん。
このよこころすべてしぜん。

みなのこころあらわれる。

たのしむがよい。
たのしむがよい。
たのしむがよい。

たのしむこんなんしれんとらわれずようきこころいまさいぜんつとめること。

このよおおせんたく。

このよこころさらにしんのじぶんあらわれる。
このよこころさらにしんのじぶんあらわれる。
このよこころさらにしんのじぶんあらわれる。

しんのじぶんきづくがよい。
しんのじぶんきづくがよい。
しんのじぶんきづくがよい。

みなでひとつみなでしあわせ。
このよこころすべてつながっておる。

このよこころしんのおもいやりあいですべてつながっておる。

しんのおもいやりあいこのよこころすべてつなぎつなぐつながる。
しんのおもいやりあいこのよこころすべてつなぎつなぐつながる。
しんのおもいやりあいこのよこころすべてつなぎつなぐつながる。


このよこころいろいろ。
いろいろかがやきこのよなす。
こころいろいろひかりみる。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

しんのつよさすべてをうけいれすべてをあいしすべてをいかすこのよこころしぜんうちゅうのつよさ。

すべてにかんしゃしまなびなせ。

ぜんあくいだきあいとなる。
ぜんあくいだきあいとなる。
ぜんあくいだきあいとなる。

あくしぜん。
ぜんにかえるまなび。

ぜんあくいだきあいとなる。
ぜんあくいだきあいとなる。
ぜんあくいだきあいとなる。

なにがあってもかんしゃするがよい。
かんしゃすればこころせんたく。
かんしゃすればこころせんたくこころすむ。

かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。

ぜんかんしゃ。
しんいみきわめまなびなす。
しんかのみちびき。
しあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

かんしゃこころこのよいきることじゃいかすことじゃ。


かんしゃはいきること。。。。

かんしゃいかすこと。


ぜんかんしゃこのよこころいきることいかすこと。

ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。

しんいはみなでしあわせじゃ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることじゃいかすことじゃ。
しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころせんたく。
かんしゃすればしんいみえる。
しんいみえればまなびなす。
まなびなせばみちびきつかむ。
みちびきこれあらたなるしんかへのみちじゃ。
かんしゃするがよい。
かんしゃするがよい。
かんしゃするがよい。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃはいきることじゃいかすことじゃ。

ぜんあくいだきあいとなる。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

しんいはみなでしあわせじゃ。






すべてに、ありがとう。全感謝。

◆★◆ランキングに参加させていただいております。下もしくは左の《参加ランキング》の「ランキングバナー」等をそれぞれクリックしていただけましたら幸いに存じます。                             ありがとうございます。◆★◆

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング【くつろぐ】

{注;以下、「スポンサー(Ads by Google)」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。