スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年8月21日(土)の「おつたえ」;(Get Ready for Rebirth./さいせいはじまる。)

いつもありがとうございます。毎週末の神社でのめでぃてーしょんを通じて「おつたえ」いただいた「しんい・めっせーじ」等を誠実に記させて頂いております。
【参照】「「おつたえ」はじめに。」のページへ
【参照】「わたし」のスピリチュアリティー(霊性)の「しんか」のページへ
【<毎週末のめでぃてーしょん>】
                                    <◆◆「おつたえ」まとめ
                                    <★★「しんい・めっせーじ」まとめ



It's time to get ready to(for) rebirth of Japan.

にほん(の)さいせいのときがはじまる。





今朝はまた今までにない、初めての状況。。。



上半身を「サレンダー」して、「深淵の意識、宇宙意識、総体意識、何らかのエンティティー等様々な呼称がある存在」に没入し同時にそれが上半身に入り込んだ感覚につつまれているときは、いつものように上半身が左右に大きくゆったりと揺れるのではなく、息も絶え絶えにほとんど揺れなかった。

その最中に届いた「フラッシュシーン」は「死」のイメージ。

「日本の死」。。。

「死」は悪ではない。

「新たなる誕生」への「はじまり」。

「死」はとても「しぜん」なこと。

「日本の死」。。。それは日本の物質や肉体が滅び荒廃するのではなく、「日本の魂、日本の心、日本の霊性、日本の神性」等がしばらくの間、「死」の状態であるということ。

近々なんらかの「おおせんたく」が成されるのだろう、いままでのような「おつたえ;くげん/みこと」としては今朝は何も「こえ」としてはいただくことができなかった。


【重要】
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


その理由は、そのなんらかの「おおせんたく」のために影響を与えないようにまさに私たち、このよこころ、社会意識にその「おおせんたく」を委ねてくださっているのだとすぐに気づいた。

「しぜん」と「死する」ことに対して善悪判断せず、「死」を穢れ忌み嫌う等のように蔑視もせず、「ぜんあくいだきあいとなる」の「しんあい/真愛/神愛」の心で、この「日本の死」を「しぜん」と受け入れ認め、そして感謝し、愛する。。


「日本の死」は悪ではない。

「日本の死」は「しぜん」。

「日本の死」は、「新しい日本」が誕生するための「さいせい/再生/祭政/済世」の「はじまり」。




いつものような躍動的な「サレンダー」の状態とは全く異なり、まるで「死んでいる」ような「サレンダー」の状態から、いつものように「深淵の意識、宇宙意識、総体意識、何らかのエンティティー等様々な呼称がある存在」が上半身から抜け出すと同時に、その没入していた状態から抜け出したような感覚と共に上半身は起きあがり直立した。

直立してしばらくすると、つぶやくように、そして次第にそのつぶやき声が大きくなり;


It's time to get ready to(for) rebirth of Japan...
It's time to get ready to(for) rebirth of Japan...
It's time to get ready to(for) rebirth of Japan...
It's time to get ready to(for) rebirth of Japan...


と、幾度も「こえ」が発せられ、最後にとても大きな声で、


It's time to get ready to(for) rebirth of Japan.


と発せられたことに続き、日本語で;


にほん(の)さいせいのときがはじまる。

と発せられたと記憶している。




これからいよいよ日本の「さいせい/再生/祭政/済世」が始まる。。。

(英語の直訳は「再び生まれる準備をする」という意味。)


社会システム的にも経済的にも機能しなくなったこの国、日本が、いよいよ「さいせい/再生/祭政/済世」する時が始まったのだと悟った。

今、この国、日本は、物質的、肉体的には「生きている」ように見えるが、その「実態」はこの「世界の脈動」の中では決して「いきている」とは言い難い無惨な状態だ。

今の日本の現状は、まさに「日本の死」状態。

不要なペルソナを「自殺願望」により浄化し、「いきながらにしてしする」そして「しんか」するがごとく、この国、日本も、国民は生命活動をしているものの、「国としての実情;概念的観点、霊性、神性」等は「死んでいる」状態であり、いよいよこれから始まる日本の「さいせい/再生/祭政/済世」により、まさに、「いきながらにしてしする」そして「しんか」する。
(注;「自殺願望」は「しぜん」です。しかし「殺人」である「自殺」は成りません。)



この地球上で「おやくめ」を果たす国、「地球で役立つ国」;「しんせい」日本が誕生する「ひ」がやがて訪れると悟った。

しんせい/新生/新世/新成/新政/新制/真性/心性/神性/真生/真正/真成/真誠/神正/神成/神聖


「地球で役立つ国」「しんせい」日本と成るためには、私たち、このよこころ、社会意識が「排除意識」や「差別偏見意識」等を浄化させ、一人一人が「みなでしあわせ」の「世界意識」「地球意識」「宇宙意識」に「しんか」する必要がある。

その「意識」の「しんか」が、「あせんしょん」等であるという理解も可能。
(【参照】「ascension(アセンション)」=上昇、即位)


私たち、このよこころ、社会意識は、気づかぬふりをすることが空しいほど、着実に、そして明白に、「みなでしあわせ」の「世界意識」「地球意識」「宇宙意識」に「あせんしょん」し、「しんか」している。


「みなでしあわせ」の「このよおおせんたく」、「あせんしょん」「しんか」の真っ只中、いよいよ日本「さいせい」がはじまる。

いかなる事があろうとも、まず感謝をして、「しんいしんずい」をつとめ、「みなでしあわせ」の「しんのじぶん」をさらにきづき、「しんせい」日本がいずれ誕生する。



みなのこころのなかじゃ。
すべてこのよこころのなか。

なにがあってもかんしゃするがよい。

かんしゃしてしんかするしんい。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころのせんたく。
しんいはみなでしあわせ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

このよすべてしぜん。

このよすべてじゆう。

しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。
しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。

このよすべてじゆうしぜん。
このよすべてじゆうしぜん。

しぜん。
しぜん。
しぜん。

じゆう。
じゆう。
じゆう。

しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。

みなそれぞれじぶんのじんせい。
ひとたにんのじんせいいきられん。

みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。

みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

すべてわさいぜん。

このよこころわひびきあいかなであい。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。

ようきごころものごとしんいかなうただしきよきにうけとめるこころ。

このよすべてじぶん。
がよくでないしんのじぶん。
みなでひとつ。
みなでしあわせ。

みなちがういのち。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

ひとみないちれつみなたいら。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせ。

このよこころすべてじぶん。
がよくでないしんのじぶん。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

このよこころじんせいむだはない。
このよこころすべてまなび。

このよこころすべてまなび。
このよこころすべてじぶん。
このよこころすべてしぜん。


みなでひとつみなでしあわせ。
このよこころすべてつながっておる。

このよこころしんのおもいやりあいですべてつながっておる。

しんのおもいやりあいこのよこころすべてつなぎつなぐつながる。
しんのおもいやりあいこのよこころすべてつなぎつなぐつながる。
しんのおもいやりあいこのよこころすべてつなぎつなぐつながる。


このよこころいろいろ。
いろいろかがやきこのよなす。
こころいろいろひかりみる。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

しんのつよさすべてをうけいれすべてをあいしすべてをいかすこのよこころしぜんうちゅうのつよさ。

すべてにかんしゃしまなびなせ。

ぜんあくいだきあいとなる。
ぜんあくいだきあいとなる。
ぜんあくいだきあいとなる。

あくしぜん。
ぜんにかえるまなび。

ぜんあくいだきあいとなる。
ぜんあくいだきあいとなる。
ぜんあくいだきあいとなる。

なにがあってもかんしゃするがよい。
かんしゃすればこころせんたく。
かんしゃすればこころせんたくこころすむ。

かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。

ぜんかんしゃ。
しんいみきわめまなびなす。
しんかのみちびき。
しあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

かんしゃこころこのよいきることじゃいかすことじゃ。


かんしゃはいきること。。。。

かんしゃいかすこと。


ぜんかんしゃこのよこころいきることいかすこと。

ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。

しんいはみなでしあわせじゃ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることじゃいかすことじゃ。
しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころせんたく。
かんしゃすればしんいみえる。
しんいみえればまなびなす。
まなびなせばみちびきつかむ。
みちびきこれあらたなるしんかへのみちじゃ。
かんしゃするがよい。
かんしゃするがよい。
かんしゃするがよい。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃはいきることじゃいかすことじゃ。

ぜんあくいだきあいとなる。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

しんいはみなでしあわせじゃ。






すべてに、ありがとう。全感謝。

◆★◆ランキングに参加させていただいております。下もしくは左の《参加ランキング》の「ランキングバナー」等をそれぞれクリックしていただけましたら幸いに存じます。                             ありがとうございます。◆★◆

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング【くつろぐ】

{注;以下、「スポンサー(Ads by Google)」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。