スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年7月24日(土)の「おつたえ」;しんのおもいやりあいかこすべてまなびいまさいぜんいきるしんか。

いつもありがとうございます。毎週末の神社でのめでぃてーしょんを通じて「おつたえ」いただいた「しんい・めっせーじ」等を誠実に記させて頂いております。
【参照】「「おつたえ」はじめに。」のページへ
【参照】「わたし」のスピリチュアリティー(霊性)の「しんか」のページへ
【<毎週末のめでぃてーしょん>】
                                    <◆◆「おつたえ」まとめ
                                    <★★「しんい・めっせーじ」まとめ



しんのおもいやりあい。

かこすべてまなび。

いまさいぜんいきる。






みなでしあわせ。






今朝も「おつたえ;みこと」。

今朝の「おつたえ;みこと」は先週に続き再びしんのおもいやりあい。」といただきました。

2週連続して「おつたえ;みこと」としていただくということはそれだけこれから私たち、このよこころ、社会意識の中で重要な観点になることだと感じ/観じています。


しんのおもいやりあい。」

「しんのおもいやり」とは、この世自然大宇宙の「愛」に通じる。

見返りを求めたり相手を拘束するような「偽愛」ではなく、「このよこころじゆうしぜん」の「しんあい」「真愛」「神愛」。

「しんのおもいやり」とは、この世自然大宇宙「このよこころじゆうしぜん」の「しんあい/真愛/神愛」。


日々の日常家庭生活だけではなく、学業、企業就労において、また、政治経済、法・審判等においても「しんのおもいやりあい」の心は今後さらにその重要度を増してゆきます。

家族や友達等に対して「しんのおもいやりあい」をもった日常家庭生活であるか。

自分の将来に自分を社会でいかすため、そして社会で自分が役立つための学習や自分自身等に対して「しんのおもいやりあい」をもった「学業」「まなび」であるか。

顧客や就労者、経営者、投資関係者、ビジネスパートナー、地域・地球環境等に対して「しんのおもいやりあい」をもった「あきないビジネス」「製品・サービス」であるか。

国民や国勢、国際政治、世界趨勢等に対して「しんのおもいやりあい」をもった「政治」であるか。

人を守り、人を裁く法等に対して「しんのおもいやりあい」をもった「審判」であるか。


「ひと」「いのち」が従属的な社会システムから、「ひと」「いのち」が主体となる社会システムに転換する「このよおおせんたく」において、この「しんのおもいやりあい」という心はこれからさらにその根幹を成す重要な観点となるのです。


【重要】
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


私たち「ひと」「いのち」が今まで私たち自身もきづかずに従属していた社会システムが大転換を成し、私たち「ひと」「いのち」がいよいよ主体となる社会システムが着実に始まっています。

今までの「ひと」「いのち」が社会システムの度零のように従属していた時代は「過去」となります。

「ひと」「いのち」が社会システムの度零のように従属していた時代は悪ではありません。

その時代はその時代の「いま」に通じる大切な「しんい」があったのです。

これからは、「しんのおもいやりあい」の心により、「ひと」「いのち」が社会システムの主体となる時と成ったのだと悟らさせていただきました。




かこすべてまなび。」とおつたえ下さいました。

【参照】「かこすべてまなび。」
2010年2月6日(土)の「おつたえ」;かこすべてまなびぜんかんしゃこころせんたくかならずすむこのよおおせんたく
2009年12月22日(火)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;あらたなひはじまるかこすべてまなびいまさいぜんにいきるいかすしあわせ
2009年6月7日(日)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;かこすべてまなびゆるす


ブログ左の「ナビゲーション」内の下方にある「検索フォーム」で「かこすべてまなび」を検索すると「かこすべてまなび」を含んでいるこれまで届いた多くの「しんい」が表示されます。

今までも幾度も幾度も繰り返し届いている「かこすべてまなび。」という「しんい・めっせーじ」。

昨夜もやはり「過去」に関する「しんい・めっせーじ」でした。

【参照】
2010年7月23日(金)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;あしきかこかいしんすべてまなびいまさいぜんにいきるいかすしんか


私たちの「ひのもとひながた」日本社会では、これから「7月下旬~8月」にかけてこの季節は自然と「過去を振り返る」季節となります。

「いま(現在)」に「過去を振り返ること」は決して悪ではありません。

「いま(現在)」には、「かこ」が含まれ織り込まれており、「過去を振り返ること」はとても「しぜん」なことなのです。

「過去に固執執着すること」は「いまさいぜんにいきるいかす」こといは成らず、好ましいことではありませんが、「過去を振り返ること」は悪ではなくとても「しぜん」なことです。


過去に素晴らしい嬉しい「出来事」「過去の成功事例」があれば、その「過去を振り返る」ことによりその「よろこび」を「いま」再認識出来、なぜそのような「成功」に至ったのか、冷静に客観的に振り返ることができます。

「過去の成功」に酔い囚われるのではなく、「いま」、冷静に客観的に分析判断でき、その「過去の成功」は「じしん」となり「これから(将来・未来)」の人生にさらに役立てることができます。


過去につらい悲しい「出来事」「過去の惨事」があれば、その「過去を振り返る」ことによりその「悲しみ」を「いま」再認識でき、なぜそのような「惨事」に至ったのか、冷静に客観的に振り返ることができます。

「過去の惨事」に関して他責したり否定したりするのではなく、「いま」、冷静に客観的に分析判断でき、その「過去の惨事」は「許し事実を事実として受け入れるしんあい(しんあい/真愛/神愛)」となり「これから(将来・未来)」の人生をさらに「奥深い心」でいきることができます。


何度も何度も繰り返しおつたえ下さっているように「かこすべてまなび」です。

「過去の成功」や「過去の惨事」に固執執着するのではなく、過去全てにまず感謝をして、「かこすべてまなび」として、「いま」を「さいぜん」にいきいかすことができる時代と成ったのだと強く感じ/観じました。




いまさいぜんいきる。」とおつたえくださいました。

この「しんい・めっせーじ」も今まで多数届いております。

【参照】「いまさいぜん」
2009年11月21日(土)の「おつたえ」;いまさいぜんにいきるよろこびいかすよろこびしんのじぶんあらわれるしんか
2010年3月20日(土)の「おつたえ」;いまさいぜんにいきるいかすしんのゆたかさ
2010年4月17日(土)の「おつたえ」;おおあらしふあんふまんいらぬいまさいぜんにいきるいかすしんか
2009年9月8日(火)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;なんどでもつたえるまずかんしゃしていまさいぜんにいきるいかすしんい
2009年10月2日(金)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;あしきごかいするでないいまさいぜんにいきるいかすはあまえではないしんかする
2009年10月6日(火)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;このよおおせんたくふあんめぐりたらいまさいぜんにいきいかししんいきづいてまなびつとめるしんか
2009年11月19日(木)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;いまさいぜんにいきるいかすしんい
2009年11月24日(火)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;ふあんめぐりかえりあらわれたらいまさいぜんいきいかしまなぶしんいしんずいしんか
2009年12月4日(金)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;ぜんあくはんだんいらんいまさいぜんにいきるいかす
2009年12月22日(火)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;あらたなひはじまるかこすべてまなびいまさいぜんにいきるいかすしあわせ
2010年4月30日(金)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;ゆるすがよいいまさいぜんにいきるいかすしんか
2010年5月19日(水)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;いまさいぜんにいきるいかすみなでしあわせしんか
2010年5月23日(日)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;このよこころかこいまみらいすべてつながるいまさいぜんにいきるいかすしんか



「さいぜん」に関して、「すべてわさいぜん。」と届いております。

「さいぜん」とは、「すべてわ」。

「すべて」「わ」が「さいぜん」です。

つまり「全て」に「和」が「さいぜん」ということです。

「全てに和(調和・ハーモニー、バランス等)があること」が「さいぜん」です。

また同時に、このよこころ、自然大宇宙「すべて」は(わ)、いつも「さいぜん」なのです。



今朝いただいた「おつたえ;みこと」の「いまさいぜんいきる。」

「いま」を「さいぜん」に「いきる」。

「いま」、「さいぜん」であることが、今後はさらに「いきる(活きる)」ことになります。


「さいぜん」とは「最高(一番)」や「最速」等、順番をあらわすことではありません。

また同時に、「さいぜん」を順番のように「数値的」にあらわすことはできないのです。

「さいぜん」とは、数値的に単純に表すことができない、このよこころ自然宇宙の「無限」の観点なのです。

いまさいぜんいきる。」


(注;「いまさいぜん」とは「今に甘んじる」ことではありません。「いまさいぜん」には、「過去の最善」も「しぜん」と含有されており、同時に「将来・未来」への「しんか」「きづきのきっかけ」も「しぜん」と織り込まれているのです。
従って、「いまさいぜん」であれば無理なく、今に甘んじず、「しぜん」と「しんか」成長してゆくのです。)



これからは、「一番」や「最高」等のような数値的な尺度ではなく、このよこころ自然宇宙の「無限」の観点である「いまさいぜん」という意識が、私たち、このよこころ、社会意識にさらに拡がる時となったのだと強く感じ/観じました。




しんのおもいやりあい。

かこすべてまなび。

いまさいぜんいきる。





この夏これから、私たち、このよこころ、社会意識には、ますます「しんのおもいやりあい」の心が拡がり、「かこすべてまなび」として、「いまさいぜんいきる」意識があらわれ、顕在化して「みなでひとつ。みなでしあわせ。」にさらに「しんか」する時となったのだと悟らさせていただきました。




みなのこころのなかじゃ。
すべてこのよこころのなか。

なにがあってもかんしゃするがよい。

かんしゃしてしんかするしんい。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころのせんたく。
しんいはみなでしあわせ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

このよすべてしぜん。

このよすべてじゆう。

しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。
しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。

このよすべてじゆうしぜん。
このよすべてじゆうしぜん。

しぜん。
しぜん。
しぜん。

じゆう。
じゆう。
じゆう。

しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。

みなそれぞれじぶんのじんせい。
ひとたにんのじんせいいきられん。

みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。

みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

すべてわさいぜん。

このよこころわひびきあいかなであい。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。

ようきごころものごとしんいかなうただしきよきにうけとめるこころ。

このよすべてじぶん。
がよくでないしんのじぶん。
みなでひとつ。
みなでしあわせ。

みなちがういのち。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

ひとみないちれつみなたいら。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせ。

このよこころすべてじぶん。
がよくでないしんのじぶん。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

このよこころじんせいむだはない。
このよこころすべてまなび。

このよこころすべてまなび。
このよこころすべてじぶん。
このよこころすべてしぜん。

みなでしあわせみなでひとつ。
みなこころこのよつながっておる。

このよこころいろいろ。
いろいろかがやきこのよなす。
こころいろいろひかりみる。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

しんのつよさすべてをうけいれすべてをあいしすべてをいかすこのよこころしぜんうちゅうのつよさ。

すべてにかんしゃしまなびなせ。

ぜんあくいだきあいとなる。
ぜんあくいだきあいとなる。
ぜんあくいだきあいとなる。

なにがあってもかんしゃするがよい。
かんしゃすればこころせんたく。
かんしゃすればこころせんたくこころすむ。

かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。

ぜんかんしゃ。
しんいみきわめまなびなす。
しんかのみちびき。
しあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

かんしゃこころこのよいきることじゃいかすことじゃ。


かんしゃはいきること。。。。

かんしゃいかすこと。


ぜんかんしゃこのよこころいきることいかすこと。

ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。

しんいはみなでしあわせじゃ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることじゃいかすことじゃ。
しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころせんたく。
かんしゃすればしんいみえる。
しんいみえればまなびなす。
まなびなせばみちびきつかむ。
みちびきこれあらたなるしんかへのみちじゃ。
かんしゃするがよい。
かんしゃするがよい。
かんしゃするがよい。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃはいきることじゃいかすことじゃ。

ぜんあくいだきあいとなる。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

しんいはみなでしあわせじゃ。






すべてに、ありがとう。全感謝。

{【2013年2月2日の変更】『2013年2月2日(土)14:00過ぎ「隅田川河畔ランニングコーナー」での出来事;「殺したい心にも『愛』を感じた/観じた「このよ」への『愛』。。。全感謝。」』に記したように、「どれい」という表現は「あしきごかい」を浄化させるため、「度零」に変更いたしました。
ありがとうございます。}



◆★◆ランキングに参加させていただいております。下もしくは左の《参加ランキング》の「ランキングバナー」等をそれぞれクリックしていただけましたら幸いに存じます。                             ありがとうございます。◆★◆

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング【くつろぐ】

{注;以下、「スポンサー(Ads by Google)」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。