スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年6月26日(土)の「おつたえ」;こんなんしれんようきよろこびみのるみなでひとつみなでしあわせしんか。

いつもありがとうございます。毎週末の神社でのめでぃてーしょんを通じて「おつたえ」いただいた「しんい・めっせーじ」等を誠実に記させて頂いております。
【参照】「「おつたえ」はじめに。」のページへ
【参照】「わたし」のスピリチュアリティー(霊性)の「しんか」のページへ
【<毎週末のめでぃてーしょん>】
                                    <◆◆「おつたえ」まとめ
                                    <★★「しんい・めっせーじ」まとめ




こんなんしれんよろこびのたね。

ようきごころみをむすぶ。

ようきよろこびみのるみなでひとつみなでしあわせ。






今朝も先週とよく似た状態だったと記憶しております。

いつものように「サレンダー」した後、しばらくして前屈みになった浮遊状態から突然上半身が起きあがり直立状態になり(手は胸の前辺りで「しあわせてあわせ」)、「こえ」「ことば」が発せられたと記憶しております。

「こえ」「ことば」が発せられた後は、また上半身は前屈みの状態になり、いつものように「上半身浮遊状態」になり、その後のパターンは今までどおりだったと思います。


。。。以前までの「こえ」「ことば」「おつたえ」のパターンは「くげん」でしたが、どうもこのところ「くげん」が「三つの言葉」「みこと」に「しんか」しているのだと感じ/観じられます。

これからももしこのパターンが続くとしたら、文字表現では「おつたえ;くげん」ではなく「おつたえ;みこと」に「しんか」させていただこうと思います。
ありがとうございます。






まず、「こんなんしれんよろこびのたね。」とおつたえ下さいました。

「困難試練」「よろこび」の「たね」。

困難試練はつらく、私たちはつい敬遠し、忌み嫌い、避けてしまいがちですが、今朝、改めてはっきりと「こんなんしれんよろこびのたね。」とおつたえ下さいました。

2008年秋から、世界中に巡り還りあらわれている「このよおおせんたく」。

【重要】
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは



私たちは今、「このよおおせんたく」の直中にあり、日々「みなそれぞれじぶんじんせい」を生きながら、(ご本人は気づいていなくとも)世界中で自然と「みなそれぞれこころせんたく」をしている真っ最中です。

「このよおおせんたく」は必ず「すむ」とおつたえ下さっております。

【参照】
◆「2010年2月6日(土)の「おつたえ」;かこすべてまなびぜんかんしゃこころせんたくかならずすむこのよおおせんたく。」



2008年秋、世界中に巡り還りあらわれた「このよおおせんたく」があまりにも突然であったため、私たちはその「しんい」を信じるも信じないも、あっという間にこのよこころ、私たちの社会意識は「このよおおせんたく」の大転換を開始致しました。

2009年になり、人々はその「しんい」に気づかぬふりをする自分が空しくなるほど、ますます多くの人々が「しんい」をきづくことになり、そして今日、この「しんい」は、自然と私たち、このよこころ、社会意識に「しんとう」いたしました。

とても「しぜん」なことだと感じ/観じて、感謝しています。
ありがとうございます。


これまでは「このよおおせんたく」の中、私たち一人一人がどのような人生を生きてゆけばいいのかその「方向性」が不明確で「迷い」や「不安」等を生じてしまっていたことも「しぜん」なことです。

日々、「みなそれぞれじぶんじんせい」において、様々な「困難試練」が巡り還りあらわれています。
(これからもますます「困難試練」が自然とこのよこころ「みなそれぞれじぶんじんせい」に巡り還りあらわれます。
とても「しぜん」なことです。
「困難試練」には「ふかい(深い/不快)まなび」である「やみ(闇/病み)」も多く含まれます。
とても「しぜん」なことなのです。)


それらの「困難試練」に関して「他責」したり「愚痴」を言ったり、「不平不満」を言うのではなく、「みなそれぞれじぶんじんせい」に巡り還りあらわれる困難試練は一体どのような「しんい」があるのか。。。今朝、明確におつたえ下さいました。。。

こんなんしれんよろこびのたね。」

「このよおおせんたく」の中、日々「みなそれぞれじぶんじんせい」に巡り還りあらわれる「こんなんしれん」は、忌み嫌い、避けるものではなく、「こんなんしれん」は「よろこび」の「たね」なのです。

「じぶんじんせい」に巡り還りあらわれた「こんなんしれん」にまず感謝をして、その「こんなんしれん」の「しんい」をきづき、「まなび」「つとめる」ことにより、それは将来、いずれ「よろこび」と成る、「よろこびのたね」だということです。

これから、もし、「じぶんじんせい」に何か「こんなんしれん」が巡り還りあらわれたとしたら、他責したり愚痴を言ったり、不平不満を言うのではなく、その「こんなんしれん」は「よろこびのたね」として、まず感謝をさせて頂きます。
ありがとうございます。

「じぶんじんせい」に巡り還りあらわれた「こんなんしれん」は、いずれ「よろこび」と成り、「じぶんじんせい」がさらに「しんか」する。

とても「しぜん」なことだと感謝してます。
ありがとうございます。



ようきごころみをむすぶ。」とおつたえ下さいました。

「ようきごころ」とは「ものごとしんいかなうただしきよきにうけとめるこころ」。


【参照】「ようき」
◆「2010年6月1日(火)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;ようきごころさらにしあわせみのりめぐるかえるあらわれるしんか。」
◆「2010年6月2日(水)7:09にとどきました。;ようきごころあしきごかいするでないしんい。」
◆「2010年6月10日(木)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;ためしこんなんしれんようきにつとめるしんか。」
◆「2010年6月21日(月)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;ようきごころでつとめるがよいしんか。」



「ようきごころ」とは、軽薄で浮ついた脳天気で無責任な我欲の心ではなく、「ものごとしんいかなうただしきよきにうけとめるこころ」です。

これからはますますその「ようきごころ」により「みをむすぶ」時と成ってゆくのだと悟らさせて頂きました。

日々のつとめや学業、日常生活等で、何かの成果を創出しようとする場合には「ようきごころ」でつとめることが「みをむすぶ(成果等を創出する)」ということです。

これまでは、「利益最優先」「技術・効率最優先」のような我欲の心でも何らかの「結果」が生じた社会でしたが、もうそのような時代は終わりました。

「かこすべてまなび」であり「かこすべてにかんしゃ」しています。
ありがとうございます。

これからは「ものごとしんいかなうただしきよきにうけとめるこころ」である「ようきごころ」でつとめることにより、「みをむすぶ(成果等を創出する)」時代と成るのです。



ようきよろこびみのるみなでひとつみなでしあわせ。」とおつたえ下さいました。

これからはたとえ困難試練が「じぶんじんせい」に巡り還りあらわれようとも「よろこびのたね」として困難試練にもまず感謝して、「ものごとしんいかなうただしきよきにうけとめるこころ」である「ようきごころ」で日々つとめることにより、「みをむすび」そして、「このよこころ」私たちの社会意識や「みなそれぞれじぶんじんせい」に、何らかの「成果」として「みのる」のだと悟らさせていただきました。

その「みのり」は、政治であれば「しんのしあわせ」「しんのゆたかさ」が満ちあふれる素晴らしい国家の実現であり、企業であれば「お客様によろこんでいただくことによる利益や儲け」であり、その「企業の利益や儲け」は投資家の人々や、地域社会にも還元され、お客様の「よろこび」が「利潤」となりステークホルダーを巡り潤す。。

その「みのり」は、家族・家事であれば、家族全員が健康で心健やかで、幸せな家族生活を送ることができ、学業であれば、「じぶんじんせい」に役立つ知識や意識、心を養育・成長させ、「みなそれぞれじぶんじんせい」であれば、「じぶんじんせい」を「しんのしあわせ」「しんのゆたかさ」として結実させる。

それらの「みのり」により、「みなそれぞれじぶんじんせい」や、私たち「このよこころ」、社会意識、そして世界中に、「みなでひとつみなでしあわせ」が巡り還りあらわれ、このよこころ、「すべて」に、近い将来、「しんのゆたかさしんのしあわせ」が顕在化し実現するのです。



もうすぐ、いずれ必ず、「このよおおせんたく」は「すむ」。

「このよすみこころすみ」「このよおおせんたく」は必ず「すむ」。

「このよおおせんたく」が「すんだ」「みなでひとつみなでしあわせ」の、そして「しんのゆたかさしんのしあわせ」の、このよこころ「しんのじぶん」が、私たち「みなそれぞれじぶんじんせい」の「しんか」を、楽しみに待っていてくださるのです。




みなのこころのなかじゃ。
すべてこのよこころのなか。

なにがあってもかんしゃするがよい。

かんしゃしてしんかするしんい。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころのせんたく。
しんいはみなでしあわせ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

このよすべてしぜん。

このよすべてじゆう。

しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。
しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。

このよすべてじゆうしぜん。
このよすべてじゆうしぜん。

しぜん。
しぜん。
しぜん。

じゆう。
じゆう。
じゆう。

しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。

みなそれぞれじぶんのじんせい。
ひとたにんのじんせいいきられん。

みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。

みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

すべてわさいぜん。

このよこころわひびきあいかなであい。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。


このよすべてじぶん。
がよくでないしんのじぶん。
みなでひとつ。
みなでしあわせ。

みなちがういのち。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

ひとみないちれつみなたいら。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせ。

このよこころすべてじぶん。
がよくでないしんのじぶん。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

このよこころじんせいむだはない。
このよこころすべてまなび。

このよこころすべてまなび。
このよこころすべてじぶん。
このよこころすべてしぜん。

みなでしあわせみなでひとつ。
みなこころこのよつながっておる。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

しんのつよさすべてをうけいれすべてをあいしすべてをいかすこのよこころしぜんうちゅうのつよさ。

すべてにかんしゃしまなびなせ。

ぜんあくいだきあいとなる。
ぜんあくいだきあいとなる。
ぜんあくいだきあいとなる。

なにがあってもかんしゃするがよい。
かんしゃすればこころせんたく。
かんしゃすればこころせんたくこころすむ。

かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。

ぜんかんしゃ。
しんいみきわめまなびなす。
しんかのみちびき。
しあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

かんしゃこころこのよいきることじゃいかすことじゃ。


かんしゃはいきること。。。。

かんしゃいかすこと。


ぜんかんしゃこのよこころいきることいかすこと。

ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。

しんいはみなでしあわせじゃ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることじゃいかすことじゃ。
しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころせんたく。
かんしゃすればしんいみえる。
しんいみえればまなびなす。
まなびなせばみちびきつかむ。
みちびきこれあらたなるしんかへのみちじゃ。
かんしゃするがよい。
かんしゃするがよい。
かんしゃするがよい。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃはいきることじゃいかすことじゃ。

ぜんあくいだきあいとなる。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

しんいはみなでしあわせじゃ。






すべてに、ありがとう。全感謝。

◆★◆ランキングに参加させていただいております。下もしくは左の《参加ランキング》の「ランキングバナー」等をそれぞれクリックしていただけましたら幸いに存じます。                             ありがとうございます。◆★◆

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング【くつろぐ】

{注;以下、「スポンサー(Ads by Google)」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。