スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年6月12日(土)の「おつたえ」;ゆうわゆうごうよろこびみのるすべてかえるみなでしあわせ。

いつもありがとうございます。毎週末の神社でのめでぃてーしょんを通じて「おつたえ」いただいた「しんい・めっせーじ」等を誠実に記させて頂いております。
【参照】「「おつたえ」はじめに。」のページへ
【参照】「わたし」のスピリチュアリティー(霊性)の「しんか」のページへ
【<毎週末のめでぃてーしょん>】
                                    <◆◆「おつたえ」まとめ
                                    <★★「しんい・めっせーじ」まとめ


たたかいでないゆうわゆうごうじゃ。
たたかいでないゆうわゆうごうじゃ。
たたかいでないゆうわゆうごうじゃ。

よろこびみのる。

すべてかえる。

みなでしあわせ。





今朝は神社の定位置で上半身サレンダーの後しばらくして上半身が起きあがり、比較的穏やかな波長の「こえ」が発せられたと記憶しております。「くげん」ではないと感じて/観じております。

声が発せられた後は、また元の中腰的な「上半身浮遊状態」に戻ったと記憶しております。


以前は毎回「くげん」として「おつたえ」下さいましたが、最近、「くげん」が変化していると感じ/観じられます。



まず;

たたかいでないゆうわゆうごうじゃ。
たたかいでないゆうわゆうごうじゃ。
たたかいでないゆうわゆうごうじゃ。


とおつたえ下さいました。

「戦いでない」「融和」「融合」。。。

これまで「戦い」のように、何かが「分離分裂」し、相互に「破壊」をもたらす「戦い」というものが、今後はさらに「融和」「融合」に変わってゆくのだと強く感じ/観じました。

この場で具体例を挙げることは敢えて慎ませて頂きます。
(これをお読み下さる皆様ご自身の「こころせんたく」を最大限尊重させて頂くためにも、具体例をこの場で挙げてしまう事による「意識の偏向」を避けるためです。
ご了承下さい。
ありがとうございます。)


今までは「戦いあって」いたような「何か」が、これからは「相互理解と助けあい(愛)」により「融和」「融合」の道を歩み始める。

今までは「憎しみあって」いたような「何か」が、これからは「相互理解と支えあい(愛)」により「融和」「融合」の道を歩み始める。

今までは「否定しあって」いたような「何か」が、これからは「相互理解と活かしあい(愛)」により「融和」「融合」の道を歩み始める。


これからは、ますます融和・融合により「みなでひとつ」のこのよこころがさらにあらわれるときと成ったのだと悟らさせて頂きました。




そして;

よろこびみのる。

すべてかえる。

みなでしあわせ。


とおつたえ下さいました。

よろこびみのる。」。。。

昨夜のめでぃてーしょん(「2010年6月11日(金)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;かんしゃよろこびみのる。」)でも、「よろこびみのる。」と届いております。


日々の「みなそれぞれじぶんじんせい」でも、家事でも、学問でも、「おつとめ」先でも、政治でも、経済でも、「よろこびみのる。」

このよこころ、私たちの社会で、「よろこび」が実るのです。

我欲に囚われた「利益最優先」の欲だけ実のらせた時代は終焉しました。

過去は「欲」だけでも実った時代。。。
(「よく」は悪ではありません。「よく」も「しぜん」です。)

かこすべてまなび。」

よくよくよくしあんしてつかえ。」

過去全てに感謝をして、「まなび」として「今」にいかします。

これからは「欲」だけが実るのではなく「よろこび」が実る時となったのだと強く感じ/観じました。

私たちの「よろこび」、家族の「よろこび」、他人様(ひとさま)の「よろこび」、お客様の「よろこび」、国民の「よろこび」、人類の「よろこび」。。。

これからは、「よろこび」が「利益」や「しあわせ」と成り、「みのる」時と成ったのだと悟らさせて頂きました。




すべてかえる。」

「すべて」は、「かえる」。

「すべて」が、「かえる」。

「かえる(帰る/返る/還る/替える/変える/換える)」

因果応報。自業自得。

諸行無常。千変万化。

(14:11【追記】「因果応報」「自業自得」という言葉は「困難試練」の中で多くの「まなび」を体験している「わたし」人々にとってはとても厳しい言葉だと感じています。これらの言葉は「わたし」自身への言葉でもあります。
今「わたし」が「困難試練」の多くの「まなび」の中にいる時には、厳しいこれらの言葉や巡り還りあらわれた「困難試練」等に対して批判非難、他責、不平不満等を発するのではなく、それらの言葉や「じぶんじんせい」に対しても「感謝」をさせていただきます。
そして「因果応報」「自業自得」の「しんい」をきづき、さらに「まなび」、そして「わたし」は困難試練の中にありながらも「感謝とよろこび」のこころをこめて陽気につとめさせていただきます。
この「因果応報」「自業自得」の「しんい」により、いずれ必ず「わたし」は「困難試練」から多くの「まなび」を成し、さらに「しんか」させていただきます。
ありがとうございます。)


すべてかえる。」

。。。これをお読みくださっている皆様、ひとりひとりの「こころせんたく」により、多くの「きづき」「まなび」を得ることができます。

これからますます「すべてかえる」そのあらわれがさらに急速に明白に成るのだと感じ/観じさせていただきました。

「よろこび」を他人様(ひとさま)に施せば、その「かえり」が「みのり(幸運や幸せ等)」としてはっきりと「じぶんじんせい」にあらわれることでしょう。

「よろこび」をお客様に施せば、その「かえり」が「みのり(利益やビジネスチャンス等)」としてはっきりと「じぶんじんせい」にあらわれることでしょう。

「よろこび」をご家族に施せば、その「かえり」が「みのり(家族の健康や家族の幸せ等)」としてはっきりと「じぶんじんせい」にあらわれることでしょう。

その逆も、「しぜん」です。
ありがとうございます。


そして「みなでしあわせ。」とおつたえ下さいました。


この「みなでしあわせ。」に関しては、敢えてこの場での補足は控えさせて頂きます。
(今(10:00)まさにうえの「そして「みなでしあわせ。」とおつたえ下さいました。」と記した時、「しるさんでもよい。」と届きました。
ご了承ください。
ありがとうございます。)




みなでしあわせ。」。。。。


今、これをお読み下さっている皆様の「こころせんたく」の「じゆうしぜん」を最大限尊重させて頂きます。




たたかいでないゆうわゆうごうじゃ。
たたかいでないゆうわゆうごうじゃ。
たたかいでないゆうわゆうごうじゃ。

よろこびみのる。

すべてかえる。

みなでしあわせ。






みなのこころのなかじゃ。
すべてこのよこころのなか。

なにがあってもかんしゃするがよい。

かんしゃしてしんかするしんい。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころのせんたく。
しんいはみなでしあわせ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

このよすべてしぜん。

このよすべてじゆう。

しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。
しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。

このよすべてじゆうしぜん。
このよすべてじゆうしぜん。

しぜん。
しぜん。
しぜん。

じゆう。
じゆう。
じゆう。

しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。

みなそれぞれじぶんのじんせい。
ひとたにんのじんせいいきられん。

みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。

みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

すべてわさいぜん。

このよこころわひびきあいかなであい。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。


このよすべてじぶん。
がよくでないしんのじぶん。
みなでひとつ。
みなでしあわせ。

みなちがういのち。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

ひとみないちれつみなたいら。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせ。

このよこころすべてじぶん。
がよくでないしんのじぶん。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

このよこころじんせいむだはない。
このよこころすべてまなび。

このよこころすべてまなび。
このよこころすべてじぶん。
このよこころすべてしぜん。

みなでしあわせみなでひとつ。
みなこころこのよつながっておる。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

しんのつよさすべてをうけいれすべてをあいしすべてをいかすこのよこころしぜんうちゅうのつよさ。

すべてにかんしゃしまなびなせ。

ぜんあくいだきあいとなる。
ぜんあくいだきあいとなる。
ぜんあくいだきあいとなる。

なにがあってもかんしゃするがよい。
かんしゃすればこころせんたく。
かんしゃすればこころせんたくこころすむ。

かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。

ぜんかんしゃ。
しんいみきわめまなびなす。
しんかのみちびき。
しあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

かんしゃこころこのよいきることじゃいかすことじゃ。


かんしゃはいきること。。。。

かんしゃいかすこと。


ぜんかんしゃこのよこころいきることいかすこと。

ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。

しんいはみなでしあわせじゃ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることじゃいかすことじゃ。
しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころせんたく。
かんしゃすればしんいみえる。
しんいみえればまなびなす。
まなびなせばみちびきつかむ。
みちびきこれあらたなるしんかへのみちじゃ。
かんしゃするがよい。
かんしゃするがよい。
かんしゃするがよい。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃはいきることじゃいかすことじゃ。

ぜんあくいだきあいとなる。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

しんいはみなでしあわせじゃ。






すべてに、ありがとう。全感謝。

◆★◆ランキングに参加させていただいております。下もしくは左の《参加ランキング》の「ランキングバナー」等をそれぞれクリックしていただけましたら幸いに存じます。                             ありがとうございます。◆★◆

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング【くつろぐ】

{注;以下、「スポンサー(Ads by Google)」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。