スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年5月30日(日)の「ひかりたち」; 穴八幡宮神社;「ただいま。無事、生きて帰ってまいりました。」

【 snapshots! 】まとめ。
【◆snapshots! アルバム / ALBUM◆】


(下の各画像「ひかりたち」をクリックすると、大きな画像が表示されます。Please click the thumb-nails below. You can see enlarged photos.)

AnaHachiman_053010_R011.jpg AnaHachiman_053010_R012.jpg AnaHachiman_053010_R013.jpg AnaHachiman_053010_R022.jpg AnaHachiman_053010_R028.jpg AnaHachiman_053010_R069.jpg



【<アルバムスライドショー / SLIDESHOW>】
(こちらをクリックするとスライドショーとなり、他の画像もご覧いただけます
。)
(上記をクリックするとスライドショーがスタートします。
スライド速度は、マウスを動かすと表示される画面下方の「表示秒数」横の「+マーク」をクリックするとゆっくり表示されるようになります。適宜ご調整ください。)



【◆snapshots! アルバム / ALBUM◆】


「一期一会」。。。


人生には「ご縁」という不思議な「しぜん」の「つながり・絆」があります。

人生の「ご縁」というものは、一旦途切れたように思われても、「このよこころすべてつながり」。。。

「20年」という長い年月を経ても、その「ご縁」という「固い心の絆」は、繋がっているものです。。。

。。。。


。。。今から約20年前。。あの日本の「バブル時代(1990年頃)」、私は大学を卒業し社会人になり、とある「御二人の大切な方々」と「ご縁」あり、「わたし」のこの今の人生(今生)で巡り会うことができました。
(「過去生」でも巡り会っていたのかもしれません。)


本日は、その20年前に巡り会った「御二人の大切な方々」との「ご縁」の「つながり・絆」の証として、「穴八幡宮神社」参拝に行って参りました。

【参照】Wikipedia「穴八幡宮神社


。。。。


20年前のその記憶(「ありがたく美しい想い出」)は、先日(4月)、とある一冊の英語書籍が米国から届くまで、心の中で固く封印。。。

。。。。

その英語の書籍が先日米国から届き、しばらくデスクの上に「積ん読」状態でしたが、4月中旬~下旬、その書籍を読み始めていると「どこかで見覚えのある書籍」であることが心に蘇ってまいりました。
(具体的な内容はここでは割愛させていただきます。ご了承下さい。ありがとうございます。)

その米国から届いた英語の書籍を「きっかけ」に、あの「20年前の人生におけるありがたい一連の美しい想い出」の封印が解け、心の中に次々に蘇ったのです。。。


<「一期一会」>
1,出版準備写真撮影。
2,撮影後のパーティー
3,人生の巡り会い;「ご縁」
4,「御二人の大切な方々」との穴八幡宮神社参拝。
5,「御二人の大切な方々」とその夜「日本酒」を飲み明かし。
6,翌朝、その「御二人の大切な方々」にかつがれ、穴八幡宮神社を再び参拝。
7,優しく温かな微笑みで「わたし」をじっと見守る。「絶対死んではダメだよ。必ず生きて帰ってくるのだよ。」
8,「一期一会」の記憶(「ありがたく美しい想い出」)が、心の中で封印された。
9,約20年後、先日(2010年4月)、「米国から届いた一冊の英語書籍」により封印が解かれ「20年前の一連の記憶(「ありがたく美しい想い出」)」が蘇った。
10,2010年5月30日、穴八幡宮神社参拝。「無事、生きて帰ってまいりました。ただいま。ただいま。ただいま。。ありがとうございます。」


。。。。

。。。ご縁ある「御二人の大切な方々」と飲み明かし、翌朝、穴八幡宮神社に参拝し終わった後、ぐでぐでに酔っぱらってしまった「わたし」を両側で担ぎ支えながら、「優しく温かな微笑みで「わたし」をじっと強く見守ってくださっているお顔」と、何度も何度も繰り返し「絶対死んではダメだよ。必ず生きて帰ってくるのだよ。。。絶対死んではダメだよ。。必ず生きて帰ってくるのだよ。。」とお声をかけてくださる「御二人の大切な方々」の様子が、今でも私の心の中で美しく輝いております。。。
ありがとうございます。


【<アルバムスライドショー / SLIDESHOW>】
(こちらをクリックするとスライドショーとなります
。)
(上記をクリックするとスライドショーがスタートします。
スライド速度は、マウスを動かすと表示される画面下方の「表示秒数」横の「+マーク」をクリックするとゆっくり表示されるようになります。適宜ご調整ください。)




。。。。


。。。「20年前のありがたく美しい想い出」。。。「一期一会」。。人生の、「ご縁」。。


。。。。。


今日、2010年5月30日、約20年の「時」を経て、途中、死ぬか生きるかの「激鬱」をも人生にいただきながら、「すべてに感謝」して、「今」、こうして、穴八幡宮神社に、「わたし」は生きて、帰ってまいりました。。。

。。。


「ただいま。ただいま。ただいま。。。ありがとうございます。」

。。。。。。


この人生で巡り会えたご縁ある「御二人の大切な方々」へ。。。

「ただいま。ただいま。。ただいま。。。ありがとうございます。」

。。。。。



「一期一会」。。。「過去と、今と、未来を繋ぐ、心の絆;人生のご縁」。。。

ありがとうございます。





すべてに、ありがとう。全感謝。

◆★◆ランキングに参加させていただいております。下もしくは左の《参加ランキング》の「ランキングバナー」等をそれぞれクリックしていただけましたら幸いに存じます。                             ありがとうございます。◆★◆

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング【くつろぐ】

{注;以下、「スポンサー(Ads by Google)」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。