スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年4月10日(土)の「おつたえ」;かんしゃあいしぜんしんいかなうのぞみねがいかなうしんのゆたかさあらわれる。

いつもありがとうございます。毎週末の神社でのめでぃてーしょんを通じて「おつたえ」いただいた「しんい・めっせーじ」等を誠実に記させて頂いております。
【参照】「「おつたえ」はじめに。」のページへ
【参照】「わたし」のスピリチュアリティー(霊性)の「しんか」のページへ
【<毎週末のめでぃてーしょん>】
                                    <◆◆「おつたえ」まとめ
                                    <★★「しんい・めっせーじ」まとめ



このよこころしんのゆたかささらにあらわれる。
このよこころしんのゆたかささらにあらわれる。
このよこころしんのゆたかささらにあらわれる。

かんしゃあいしぜんせかいひろがる。
かんしゃあいしぜんせかいひろがる。
かんしゃあいしぜんせかいひろがる。

しんいかなうのぞみねがいかなう。
しんいかなうのぞみねがいかなう。
しんいかなうのぞみねがいかなう。





一昨日特別なご縁で「お伊勢様;お礼・御陰参り」をさせていただいた

そこで様々な「しんい」が届いた。
(以下「2010年4月8日(木)の「ひかりたち」; お伊勢様;お礼・御陰参り」からの抜粋)
(個人的なことがほとんどでしたが、以下は個人的なことではないので「要点」を断片的におつたえ記させていただきます。)

◆「ひのもとひながたこれからさらによみがえる。たのしみにしていよ。」
◆「ひと」が本人も気づかず、「技術・効率や物質やお金」の度零となるのではなく「かこすべてまなび」として私たち・社会意識はさらに「しんか」し、皆それぞれの「いのち(じんせい)」が最善に尊重される「みなでしあわせ」の「しんのゆたかさ」がさらに顕在化し、あらわれる。
◆「まごころ」の誠実な陽気と元気が大切な観点。
◆「しんのじぶん」をますます多くの人々が「しぜん」ときづく。
◆「それぞれのじんせい」が皆、素晴らしい。
◆「せかいにしぜんとひろがる。」


今朝の「おつたえ;くげん」はその「しんい」とも関連があると感じられる。





このよこころしんのゆたかささらにあらわれる。」とおつたえ下さった。

2008年秋から本格的に始まりこのよこころに巡り還り「あらわれて」いる「このよおおせんたく」は(まだまだ多くの「困難試練」等は「しぜん」と巡り還りあらわれるものの)、ある一つの「ステージ(段階)」が一段落したようだ。

【重要】
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん

【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「このよおおせんたく」は必ず「すむ」とお伝えくださっている。

このよすみこころすみこのよおおせんたくかならずすむ。」。。

【参照】「かならずすむ」
2009年12月12日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくかならずすむたえしのぶこころちからたくわえぜんかんしゃようきあいいきる
2010年2月6日(土)の「おつたえ」;かこすべてまなびぜんかんしゃこころせんたくかならずすむこのよおおせんたく



「このよすみこころすみこのよおおせんたくかならずすむ」プロセス(過程)として、これからさらに「しんのゆたかさ」がこのよこころにあらわれる時と成るのだと感じた/観じた。

【参照】「しんのゆたかさ」
2009年5月16日(土)の「おつたえ」;しんいかなうのぞみねがいかなうしんのゆたかさ
2009年6月27日(土)の「おつたえ」;しんのゆたかさしんかする
2010年3月20日(土)の「おつたえ」;いまさいぜんにいきるいかすしんのゆたかさ

2008年10月2日(木)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて;しんのゆたかさ
2009年6月1日(月)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;しんのゆたかさあらわれる
2009年6月18日(木)14:28にとどきました。;こころまずしさとしんのゆたかさ
2009年8月31日(月)11:26にとどきました。;しんかするしんのゆたかさ
2009年9月17日(木)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;しんいかなうのぞみねがいかなうしんのゆたかさしんか
2009年10月18日(日)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;このよこころすべてあらわれるしんのゆたかさこのよこころしぜんうちゅうのゆたかさ
2010年3月22日(月)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;いまからさらにしんのしあわせしんのゆたかさめぐるかえるあらわれるしんか
2010年4月9日(金)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;みなそれぞれじぶんじんせいしんのゆたかさきづくこころせんたくしだいじゆう



私たち、このよこころ、社会意識は、過去の「多量の物質で窮屈な精神状態」や「本人すら気づかずにお金の度零となりその数字による倒錯した精神状態」には陥らず、これからさらに、「このよこころしぜんうちゅう」の「しんのゆたかさ」をきづき、「あらわれる」時と成ったのだと悟らさせていただいた。




かんしゃあいしぜんせかいひろがる。」とおつたえ下さった。

「感謝」「愛」「しぜん(自然/至全/至善)」「世界」「広がる」。

「ひのもとひながた」ではあるものの、その心は決して日本だけに固執執着し、「日本だけが素晴らしい」とか「日本は一番であり、日本は世界で最も優れている」とか「日本のやり方が効果的であり正しい」等という、過去の「(世界や多様性を理解していないがために)偏向した社会意識」の未成熟な状況に本人もきづかず、理解できないことに対して「見下しや差別・偏見」をするのではなく、私たちは理解能力・脳力が「しんか」し「相互理解」により、その「しんずい」をきづき、「世界(このよこころの摂理・真理・天理等)」や「多様性」を理解できるようになった。

私たち、社会意識は、この数年の間に「理解能力・脳力」がとても高まった。

自分と異なる思想や観点を「見下したり差別偏見する」のではなく、「ちがい」を「理解」する能力・脳力が格段に高まり「しんか」した。

これからさらに、私たち、このよこころ、社会意識、「ひのもとひながた」の「感謝」「愛」「しぜん(自然/至全/至善)」の心が「世界」にひろがり、そしてその心が私たち自分自身の「世界」をさらに拡げる時と成ったのだと強く感じた/観じた。

つまり私たちは、「自分と異なる思想や人生」等に対して見下しや差別偏見をするのではなく、「理解」する能力・脳力が高まり「しんか」し、「しんか」した私たちの「感謝」「愛」「しぜん(自然/至全/至善)」等の心がさらに「世界」に拡がり、それは同時に自分の「世界(=意識や思想や観点等)」をさらに拡げることができる時と成ったということ。

これから私たちの「感謝の心」「愛の心」「しぜん(自然/至全/至善)の心」が、さらに「世界」に拡がるのだと悟らさせていただいた。





しんいかなうのぞみねがいかなう。」とおつたえ下さった。

今までも私たちに幾度も繰り返しおつたえ下さっている。
(昨年の今頃から幾度も届き始めている。)

【参照】「しんいかなうのぞみねがいかなう」
2009年6月20日(土)の「おつたえ」;しんいかなうのぞみねがいかなうこころせんたくのしんか

2009年4月9日(木)11:16にとどきました。;しんいかなうのぞみねがいかなう
2009年4月9日(木)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;しんいかなうのぞみねがいかなうこのよおおせんたくこころすむ
2009年4月9日(木)22:00にとどきました。;しんいかなうのぞみねがいかなうこころこめてつとめよ
2009年4月13日(月)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;しんいかなうのぞみねがいかなうはかみこのよこころのよろこび
2009年5月21日(木)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;あせるでないしんいかなうのぞみねがいかなう
2009年5月22日(金)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;しんいかなうのぞみねがいかなうこころこめつとめよ
2009年8月27日(木)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;ねがうもねがわぬもしんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころせんたく
2009年9月13日(日)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;しんのじぶんしんいかなうのぞみねがいかなうじんせい
2009年9月17日(木)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;しんいかなうのぞみねがいかなうしんのゆたかさしんか
2009年9月18日(金)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;しんいかなうのぞみねがいかなうしんのじぶんあらわれるしんか
2009年10月21日(水)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;しんいかなうのぞみねがいかなうまごころこめつとめこのよこころあらわれる
2009年12月28日(月)8:10にとどきました。;しんいかなうのぞみねがいかなうこころせんたくしだいしあわせ
2010年4月4日(日)の「夜のめでぃてーしょん」を通じて。;このよおおせんたくかならずすむしんいかなうのぞみねがいかなうみなでしあわせ



「しんいかなうのぞみねがい」は「かなう」。

我欲・強欲等から生じる「しんいかなわぬ」望みや願いは「かなわぬ」。。。

。。。我欲・強欲等による願望が、一瞬実現したように見えても、それは「短命」か、「その後」に「じぶんじんせい」に巡り還りあらわれる「まなび(悪しき事情等)」の「まえぶれ」であることが多い。

しかし「しんいかなう」望みや願いは、「かなう」。

「しんいかなう」望みや願いはどのようなものか理解するために、それぞれの「しんい(深意)」を紐解くことにする。

「しんいはみなでしあわせ」。。。

「しんい」にかなうためには「みなでしあわせ」であることが必要。

「しあわせ」とは。。。「しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと」。。

「さいぜん」とは。。「すべてわさいぜん」。。。「すべて」に「わ」があることが「さいぜん」。

「わ」とは。。「このよこころすべてひびきあいかなであい」。。。「わ」とは、「このよこころ」が「すべて」と「ひびきあいかなであい」の状態。

つまり、「しんいかなうのぞみねがい」とは、みなで、「みなそれぞれじぶんじんせい」が「すべて」と「ひびきあいかなであい」の状態で「いきるいかす」ことができる、望みや願い。

従って、「しんいかなうのぞみねがいかなう。」とは、みなで、「みなそれぞれじぶんじんせい」が「すべて」と「ひびきあいかなであい」の状態で「いきることいかすこと」ができる、望みや願いは、「かなう」ということ。


「しんいかなうのぞみねがい」は「かなう」。



これからさらに、「しんか」した私たち、このよこころ、社会意識は、「感謝の心」「愛の心」「しぜん(自然/至全/至善)のこころ」が「世界」に拡がり、同時に、「感謝の心」「愛の心」「しぜん(自然/至全/至善)のこころ」により自分自身の「世界(=思想や意識や観点等)」が拡がり、「しんいかなうのぞみねがい」がますます「かない」、「このよこころしんのゆたかさ」が、私たちの「みなそれぞれじぶんじんせい」に巡り還り、「あらわれる」時となったのだと強く感じた/観じた。




みなのこころのなかじゃ。
すべてこのよこころのなか。

なにがあってもかんしゃするがよい。

かんしゃしてしんかするしんい。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころのせんたく。
しんいはみなでしあわせ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

このよすべてしぜん。

このよすべてじゆう。

しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。
しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。

このよすべてじゆうしぜん。
このよすべてじゆうしぜん。

しぜん。
しぜん。
しぜん。

じゆう。
じゆう。
じゆう。

しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。

みなそれぞれじぶんのじんせい。
ひとたにんのじんせいいきられん。

みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。

みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

すべてわさいぜん。

このよこころわひびきあいかなであい。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。


このよすべてじぶん。
みなでひとつ。
みなでしあわせ。

みなちがういのち。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

ひとみないちれつみなたいら。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせ。

このよこころすべてじぶん。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

このよこころじんせいむだはない。
このよこころすべてまなび。

このよこころすべてまなび。
このよこころすべてじぶん。
このよこころすべてしぜん。

みなでしあわせみなでひとつ。
みなこころこのよつながっておる。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

しんのつよさすべてをうけいれすべてをあいしすべてをいかすこのよこころしぜんうちゅうのつよさ。

すべてにかんしゃしまなびなせ。

ぜんあくいだきあいとなる。

なにがあってもかんしゃするがよい。
かんしゃすればこころせんたく。
かんしゃすればこころせんたくこころすむ。

かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。

ぜんかんしゃ。
しんいみきわめまなびなす。
しんかのみちびき。
しあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

かんしゃこころこのよいきることじゃいかすことじゃ。


かんしゃはいきること。。。。

かんしゃいかすこと。


ぜんかんしゃこのよこころいきることいかすこと。

ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。

しんいはみなでしあわせじゃ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることじゃいかすことじゃ。
しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころせんたく。
かんしゃすればしんいみえる。
しんいみえればまなびなす。
まなびなせばみちびきつかむ。
みちびきこれあらたなるしんかへのみちじゃ。
かんしゃするがよい。
かんしゃするがよい。
かんしゃするがよい。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃはいきることじゃいかすことじゃ。

ぜんあくいだきあいとなる。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

しんいはみなでしあわせじゃ。





すべてに、ありがとう。全感謝。

{【2013年2月2日の変更】『2013年2月2日(土)14:00過ぎ「隅田川河畔ランニングコーナー」での出来事;「殺したい心にも『愛』を感じた/観じた「このよ」への『愛』。。。全感謝。」』に記したように、「どれい」という表現は「あしきごかい」を浄化させるため、「度零」に変更いたしました。
ありがとうございます。}



◆★◆ランキングに参加させていただいております。下もしくは左の《参加ランキング》の「ランキングバナー」等をそれぞれクリックしていただけましたら幸いに存じます。                             ありがとうございます。◆★◆

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング【くつろぐ】

{注;以下、「スポンサー(Ads by Google)」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。