「困難試練も『このよ』の愛」。。。人類のさらなる「しんか」成熟のために。全感謝。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。
2014年10月1日(水)。




「困難試練も『このよ』の愛」。




「このよこころ」「すべて」「まなび」。



「苦難、困難試練」も「このよの愛」を体得する、「ふかい」「まなび」。





「このよこころ」「すべて」「 しぜん 」。




人類「このよ」のさらなる「しんか」成熟の「 しぜん (自然/至全/至善/至禅/自禅)」。







「苦難、困難試練」も「このよの愛」を


「しぜん」と体得する、


「ふかい」「まなび」。





。。。人類のさらなる「しんか」成熟のために。  全感謝。




ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。



「ひとりひとり」


「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「 2020 」。。。。




「ひとりひとり」


「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「 しぜん 」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
FC2 Management

わっはっはっはは。。。はは。ちち。。。CheeChee..."Cheek to Cheek"。。。流石! レディガガ様&トニー様!。。。Sa-su-gaga; Bravo! Lady Gaga & Tony !!!

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。
2014年9月27日(土)。




以下、Amazonへのレビュー

流石!

Sa-su-gaga !!! 

。。。この「しんえん」なる「ジェネレーションギャップ」も、

「あじ」。

聴いていて、素直に、「ここちいい」。


この「ここちよさ」が、

「いま」の時代に「あたらしい」。


また、新たな「 Astonishing !!! 」


「あじわう」能力・脳力。

「あじわえる」心にも、感謝!


流石! Sa-su-gaga !!!

ありがとうございます。全感謝。

(Dear Tony, I was very happy to see you at "CUT" in Beverly Hills.
Thank you!)
{レビューここまで。}


レディガガ様と、トニー・ベネット様のデュエットアルバム!

『Cheek to Cheek(チーク・トゥ・チーク)』(2014年9月24日リリース)

【◆ 曲目リスト ◆】
1. エニシング・ゴーズ
2. チーク・トゥ・チーク
3. ドント・ウェイト・トゥー・ロング
4. 捧ぐるは愛のみ
5. ネイチャー・ボーイ
6. グッディ・グッディ
7. エヴリ・タイム・ウィ・セイ・グッドバイ
8. ファイアーフライ
9. アイ・ウォント・ダンス
10. ゼイ・オール・ラーフト
11. ラッシュ・ライフ
12. ソフィスティケイテッド・レディ
13. レッツ・フェイス・ザ・ミュージック・アンド・ダンス
14. バット・ビューティフル
15. スウィングしなけりゃ意味がない
16. オン・ア・クリア・デイ (ボーナス・トラック)
17. ビウィッチド (ボーナス・トラック)
18. レディーズ・イン・ラヴ・ウィズ・ユー (ボーナス・トラック)
19. ザ・レディ・イズ・ア・トランプ (ボーナス・トラック)




。。。タイトル(曲目)からも、「しんい」を感じる/観じる。。。


ありがとうございます。






今朝の「神社でのめでぃてーしょん」でも

「こえ」が生じました。。。
(最後の方はかなり「自分意識」を感じ/観じました。)





ははははは。。。

あっはははははは。。。

わっはっはっはっは。。。

あははははは。。。

わっはっは。
わっはっは。
わっはっは。

はははは。。

あはははは。。。

ははは。

わっはっははは。

はは。

はは。

はは。

はははは。

はははは。

はは。

はははは。

はは。


はは。



はは。

はは。

はは。


。。。。。。


。。。




ちち!



。。。



。。




ちち。


。。。。。




。。。。


。。




Cheek to Cheek


Cheek to Cheek



Chee... Chee...



Chee... Chee...



ちぃぃ。。ちぃぃ。。


ち ち


ちーく・とぅ・ちーく


Cheek to Cheek


。。。


ありがとうございます。

ありがとうございます。

ありがとうございます。


。。。。









{Universal Music Lady Gaga HomePage より;
【2014.09.26】「レディー・ガガとトニー・ベネット『チーク・トゥ・チーク』
世界26か国で1位獲得
!!」}

とのこと!!



流石! 

Sa-su-gaga!!!  レディガガ様&トニー様。。。



「ジェネレーションの超越」

美しい!





トニー様の、永遠なるダンディーヴォイス!

「人生(とき)」の結晶、歌声の輝き。。。





「ジェネレーションの超越」


美しい!





流石! 

Sa-su-gaga!!!  レディガガ様&トニー様。。。






「このよ」は、


楽曲にも、


音楽にも、


そして「歌声」にも、



「すべて」が


「しんい」に


「みち」ている


「 しぜん 」。






「あじわう」能力・脳力。


「あじわえる」心にも、感謝!



ありがとうございます。



{12:20頃追記}
。。。1998年9月の「サンフランシスコ旅行」。。。
トニー・ベネット様の『霧のサンフランシスコ(I Left My Heart in San Francisco)』が
「Fisherman's Wharf(フィッシャーマンズワーフ)」で繰り返し流れていました。
とても楽しかった「サンフランシスコ」の想い出が、今でも、心の中で輝いています。
ありがとうございます。

{【参考情報】トニー・ベネット様が歌っている曲の邦題は『霧のサンフランシスコ』で、その他の歌手が歌っている場合には、同じ曲でも『想い出のサンフランシスコ』という邦題が付けられているようです。}

<【参照】『1998年サンフランシスコ&ハワイの旅スライドショー』>

<【参照】YouTube『Tony Bennett - I left my heart in San Francisco(霧のサンフランシスコ)』
{追記ここまで}


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。



「ひとりひとり」


「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「 2020 」。。。。




「ひとりひとり」


「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「 しぜん 」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}

【主要項目(ホームページ)】

「みち」のかみ。  やみわかみ」。
(台与・神功皇后・豊受大神、「すべて」「じゆう」。「しぜん」。全感謝。)

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。

初めてこのブログをご覧いただく方にも主要項目がすぐにわかるように、以下のようにまとめてみました。
それぞれの主要項目をクリックしてご覧ください。(それ以外の項目は左の「カテゴリ」参照。)
最新記事等は、この記事の下にございます。
(【留意】この記事の下に最新記事が表示されていない場合は、{≪こちら≫をクリックする}か、このページ左上のブログタイトル『すべてに、ありがとう。全感謝。』をクリックすると、この記事の下に最新記事が表示されるようになります。)
                                      【つぶやき(twitter)】
                                      【つぶログ(twilog)】

はじめに。/ Introduction
(このブログを記すに至った「けいい」等が記されております。
Explained how/why I started writing this blog.)



「おつたえ」まとめ
毎週末の神社でのめでぃてーしょん」で届く「おつたえ;くげん」項目が記されております。)


「しんい・めっせーじ」まとめ
(毎晩の「めでぃてーしょん」等で届く「しんい・めっせーじ」項目が記されております。)
「しんいしんずい」は簡易簡潔。「ひと」であれば子供にもわかります。



「かんじたこと」まとめ
(「かんじたこと(感じたこと/観じたこと)」の項目がまとめられております。)




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん

【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは




「snapshots!」まとめ
(「画像;ひかりたち」の項目がまとめられております。)

「わたし」のスピリチュアリティー(霊性)の「しんか」
(「わたし」のスピリチュアリティー(霊性)の「しんか」の「けいい」項目がまとめられております。)

「きづき」のために
(「きづき」のヒント等が記されております。)

『ネガティブ感謝術』
新たなる「ひ」。2009年12月25日「新たなる日の出」とともに完成、この世に誕生。
(『ネガティブ感謝術』は、twitterにて少しずつつぶやかさせてただいたものです。
参照】「つぶログ」へ。)

(『ネガティブ感謝術』の秘力は、この世の善意を倍増させ、この世の悪意は悪意を発した本人により自ら浄化される。ありがとうございます。)


●夢の中の「しんい」
(夢の中できづいた「しんい」をおつたえ記させていただきます。{不定期})


【ご留意事項】
※当ブログ内では、様々な宗教や精神世界等ともご縁があり、宗教団体等の名称などが記されることもございますが、私は「すべての宗教、精神世界、思想等に対して、敬意と感謝のこころ」をもっており、特定の宗教思想団体に所属するものではございません。「すべて」を受け入れ愛しいかすものです。ご理解いただけましたら幸いに存じます。
ありがとうございます。

(上記留意事項は、「すべてに、ありがとう。全感謝。「おつたえ」はじめに。」のページ内にも明記させていただいております。)


【◆希望◆】
このブログに記されている内容や傾向は、現在の医学的な見地における「病理」的観点が見受けられる場合もあり、形骸化した固定観念に囚われた軽率で浅はかな判断による無意識の「ラベリング」により、短絡的に「病」としてレッテル化する誤解に起因した差別・偏見・見下し・貶め等の「こころせんたく」をする方もいらっしゃることは否定できません。
({ご留意}そのような「差別・偏見・見下し・貶め」等の「こころせんたく」をなさった場合、「みなそれぞれじぶんじんせいじぶんこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる」ことにより、「じぶんじんせい」ご自身の人生において「しんい」をきづきます。ありがとうございます。)
軽率な誤解を生じないためにも、もしよろしければ以下に示した「スピリチュアル・エマージェンシー(霊性の表出・発現・顕在)」および「トランスパーソナル」等に関した内容をご理解いただき、「ただしきこころせんたく」ご判断頂けましたら幸いに存じます。
ありがとうございます。


スピリチュアル・エマージェンシー(精神性の表出顕在);こころの成長のために。

◆【参照】Google「スピリチュアルエマージェンシー」検索結果
◆【参照】Google「トランスパーソナル」検索結果

【参考書籍】
スピリチュアル・エマージェンシー;心の病と魂の成長について
編著者;スタニスラフ・グロフ、クリスティーナ・グロフ
訳者;高岡よし子、大口康子
発行;春秋社





{エジプト・太陽神由来とする「タロット・フール(異星王子)」}
【ご留意希望】
「発達障がい」は、脳機能等のある側面に関して健常者(大多数の人々)に比べ「極度に異なって発達している」一方、その「極度に異なって発達した脳機能」等のアンバランスな影響で「健常者が通常できることが困難である(=できないというわけではないが健常者に比べ極端な苦労を要する)」という傾向を持つ「障がい」とされていることです。
「わたし」はこの人生で社会的に「発達障がい」とされる範疇にくくられることになろうとも「発達障がい」に対しても感謝しており皆様と共に、とても幸せです。
ありがとうございます。

(「ちょっとした会話」がとても苦手です。「相互理解」を目的とした「対話」は大好きです。)
{2011年8月2日追記}この社会で「発達障がい」とラベリングされようとも、「発達障がい」にも感謝をし、「わたし」はこの世の「精神の多様性」の「あらわれ」「しぜん」。
ありがとうございます。


参照】「国立障がい者リハビリテーションセンター・発達障がい情報センター




{エジプト・太陽神由来とする「タロット・フール(異星王子)」}
2010年12月28日追記
【「わたしのわらい」】
「わたし」は「わらい」ます。
(週末の散歩中や通勤道中等でも日々の喜びと感謝の心で笑顔になっていたり、「わらい」顔になっていることもあります。
わたし」にとっては「通勤」は「さんどう(参道)」でもあるからです。「ひび(日々/日氷)」素晴しい人々と「おつとめ」をさせていただき詣でることがとてもありがたく幸せなのです。)
「わたし」の「わらい/和来/笑い」は「微笑ましいわらい」や「愛のあるわらい」であり、「和みが来た(=和みを感じた/観じた)」ときに生じる「わらい/和来/笑い」です。決して他人様(ひとさま)を見下したり嘲笑するような意図からの笑いではありません。
(「発達障がい」によりその「わらい/和来/笑い」顔は健常者(大多数の人々)とは異なる印象の「わらい」顔かもしれません。また、辛い時等も鬱病等に陥らないよう「わらい」の昇華力を「いかす」ために不自然な笑いであっても敢えて「わらう」ことがあります。)
「このよこころ」は「かがみ」です。
他人様(ひとさま)も自分の「かがみ」です。
そして「わたし」も「わたし」を見る人の「こころ」が「あらわれ」て見える「かがみ」でもあります。
(辛い時等も鬱病等に陥らないよう「わらい」の昇華力を「いかす」ために不自然な笑いであっても敢えて「わらう」ことがありますので、)「わたし」の「わらい/和来/笑い」を見て万が一「他人様を見下したり嘲笑したり愉快笑いをしている」ように見えた場合には、(とても残念で悲しいですが)「わたし」を見たご自身の「こころあらわれ」であると感じて/観じています。
ありがとうございます。


【2012年7月28日追記】
2012年7月23日の帰宅時から「サングラス着用」にて通勤させて頂くことになりました。
これまで他人様(ひとさま)がぶつかって来ないように、「先端1/4を薄緑色に着色した白杖を使用」して通勤させて頂いておりましたが、それに加えて「サングラス着用」にて通勤させて頂くことになりました。
これは、「白杖だけでは他人様への注意喚起力が弱いので、サングラスを着用することにより、さらに周囲に注意喚起を促す」というアドバイスをいただき、そのアドバイスに従い着用してみたところ、効果覿面でした。
さらに、これまで「わたし」の「発達障がい」に起因する「精神過敏」により、通勤道中の周りの方々の「目」や光景が過剰に感じ/観じられてしまい、精神安定を妨げていましたが、「サングラス着用」により、それらの「環境刺激」が適度に弱められ「精神安定に役立つ」ことを実感したからです。
ありがとうございます。


【2011年6月2日追記;「タロット・フールのしんい」説明】
「このままでは崖から墜落する。。。「しんか」するか、否か」は私達の「こころせんたくしだい」。。。「しんか」すれば、前方の崖すら全く問題ない。空中浮遊も「こころしだい」。。。(既成概念に囚われた)「しんか」しない人間がそのまま進めば「崖から落下」するが、「しんか」した「ひと」「わたし」達は「こころしだい」であり、崖から落下することすら「せんたく」できる「しぜん」。。「タロット・フール」を「愚者」と観るか「聖者」と観るかは「フール」を見た人間の「こころせんたくしだい」であり、また同時に「みえるすがた」は、実は見た人間の「こころあらわれ」である。。
ありがとうございます。

何卒、悪しき誤解なきよう。ありがとうございます。
上記の観点は「精神」「こころ」における観点であり、物理学的な観点ではないことは、「しんか」し「きづいているひと」は容易にきづくことでしょう。
悪しき誤解なきよう。ありがとうございます。




【ひらがなで記す理由。】 「しんいしんずい」は簡易簡潔。「ひと」であれば子供にもわかる。
(「すべてに、ありがとう。全感謝。「おつたえ」はじめに。」からの抜粋)
私は、「おつたえ」や「しんい・めっせーじ」等をひらがなで記させていただいております。
私のこころに届く「しんい・めっせーじ」等は、言語として届くことが多いのですが、時に「波動・雰囲気」としての形態で届くこともあります。
言語の形態で届いたとしてもそれは「音」や「音声」に近いものであり、その「音に近い存在」に対して、漢字を使って表現・表記してしまうと、お伝えくださった「いみ;しんい・めっせーじ」が固定化されて伝達されてしまうため、真実の「しんい・めっせーじ」とはかい離してしまいます。

例えばお伝えいただいた「このよおおせんたく」を漢字を使って記してしまうと、「この世大選択」なのか「この世多選択」なのか、「この世王選択」なのか。。。はたまた「この世大洗濯」なのか。。。様々な漢字に当てはめることができ、「一つの漢字」で表現することは不可能です。このように、頻繁にお伝えいただく「せんたく」という「音声・波動・雰囲気」に漢字を使用することによって視覚的にも意味が固定化されてしまい、偏った「いみ」が伝わってしまい、それはお伝えくださった「しんい・めっせーじ」への誠実・真実からかい離してしまうことになります。

このような理由から、このブログ内では「おつたえ」や「しんい・めっせーじ」に関しては、漢字表記することにより「意味の固定化」が生じてしまうのは「しんい・めっせーじ」をお伝えするには誠実ではなく適切ではないと強く感じられますので、より誠実にとどく「しんい・めっせーじ」の真実に最も近い形態である「ひらがな」で記させていただいております。


「しんいしんずい」は簡易簡潔。「ひと」であれば子供にもわかる。


<【参照】「「わたし」 とは。。。」



【ご留意】
このブログに記される文章表現は、他のブログとは印象が異なるものかと存じます。
人によっては、このようなブログを通じてそのブログの「読者の人生に影響を与え、(ブログを記す当の本人も気づかず)その読者の人生を左右したい(コントロールしたい)」という深層心理により、「アドバイスを呈する」ような表現をする方もいらっしゃいます。
読者の方のマインド(心)をコントロールすることにより、読者の「依存心(こころしばり)」を生じさせ、その無意識の「依存心」がマインド・コントロールの秘められた目的だからです。(ブログに対する「依存心」を生じさせることにより、読者の心(マインド)をコントロールし、縛るのです。)
そのように、読者の心理に影響を与える「アドバイス的な表現により、読者の心や読者の人生をコントロール(マインド・コントロール)する文章表記法」を用いて、ブログ等を記す人もいらっしゃることは、否定できません。
それはその人のそのような「こころせんたく」ですので、「わたし」は、そのような「こころせんたく」も尊重させていただきます。
しかし、このブログでは、このブログ内でおつたえ記された「おつたえ;くげん」や「しんい・めっせーじ」等をお読みくださる行為の中からご自身で何らかの「きづき」もしくは「きづきのきっかけ」を感じて/観じていただき、ご自身による「こころせんたく」が最善であり、またその点を最大限尊重させていただくためにも、敢えて、読者の方のマインドをコントロールする「私個人からアドバイスを呈する」ような表現は控え、慎まさせていただいております。
従って、このブログに記される文章表現は、他のブログとは印象が異なるものかと存じます。

このブログを読んでくださる皆様の「ご自身のこころせんたく」が、何よりも最善だと感じ/観じているからです。


ありがとうございます。


{補足}
上記は「アドバイスが悪」という意味ではございません。
「アドバイス」等による「こころしばり」が必要な人もいらっしゃいます。
上記は善悪を示唆するものではございません。
無意識の「依存」という「こころしばり」に留意することにより、気づかずに「依存心」等の「こころしばり」がある場合には改められ、その「こころ」が「あらわれる」ために記させていただきました。
ありがとうございます。



{Dawn of "New EPOCH".}2014年「しんいしんずい」;「うまれかえる」。

「うまれかえる」。


「かこ」「いま」かえる「いま」「このよ」かえる「しんか」「しぜん」。

「かこ」「いま」かえる「いま」「このよ」かえる「しんか」「しぜん」。

「かこ」「いま」かえる「いま」「このよ」かえる「しんか」「しぜん」。



「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。







(輪廻転生;台与・神功皇后・豊受大神、「すべて」「じゆう」。「しぜん」。全感謝。)
2010年12月4日(土)の「おつたえ」;  (このとき)】
常に「すべて」と融和融合。
今朝もかつてのような明確な「上半身浮遊状態のサレンダー」は感じませんでした。
一瞬「中腰姿勢」になり、すぐに自然と「直立」し様々なヴィジョン(断片的な映像)や「ことば・波動・雰囲気」等が感じ/観じられました。
そして、「ひとこと」力強く、以下の「しんい;ことば」が「こころ」に届き感じ/観じました。
「こえ」としては発せられませんでしたので、「しんい」を「きづく」心により、「せんたく」なされますとあらわれるようにさせていただきました。ありがとうございます。



いわんいえん。




しばらくして、はじめは「いき」のように小さく、次第に「つぶやき」のように「こえ」と「いき」との中間程度の音声で発せられたかと記憶しております。そして次第にまたもとの「いき」のように小さくなりました。
(その状況を誠実に表現するため、「文字の大小と濃淡」で表しました。)


いわんいえん。いわんいえん。いわんいえん。
いわんいえん。いわんいえん。いわんいえん。

いわんいえん。いわんいえん。いわんいえん。
いわんいえん。いわんいえん。いわんいえん。
いわんいえん。いわんいえん。いわんいえん。

いわんいえん。いわんいえん。いわんいえん。
いわんいえん。いわんいえん。いわんいえん。
いわんいえん。いわんいえん。いわんいえん。

いわんいえん。いわんいえん。いわんいえん。
いわんいえん。いわんいえん。いわんいえん。

いわんいえん。いわんいえん。いわんいえん。
いわんいえん。いわんいえん。いわんいえん。

いわんいえん。いわんいえん。いわんいえん。
いわんいえん。いわんいえん。いわんいえん。

いわんいえん。いわんいえん。いわんいえん。
いわんいえん。いわんいえん。いわんいえん。
いわんいえん。いわんいえん。いわんいえん。
いわんいえん。いわんいえん。いわんいえん。
。。。





「天」があり「地」があり。。そして「わたし」達、「ひと」が「いきて」いる。。。


2010年12月2日の11;53に幾度もはっきり届き感じた/観じたように、いよいよ「わたし」に「このとき」が訪れました。

「そのとき」まで。。

今後は、「夜のめでぃてーしょん」の「しんい・めっせーじ」も、「しんい」を「きづく」心により、「せんたく」なされますとあらわれるようにさせていただこうと思います。
ありがとうございます。



今朝、改めて強く感じた/観じたことは、これまで既に「すべてのしんい」はこのブログに限らず、インターネット内、メディア内、そして「このよこころすべて」にすでに「あらわれて」いるということです。

みなそれぞれじぶんじんせい」です。
他人様(ひとさま)の人生を生きることはできません。
また、他人様に「じぶんじんせい」を代わっていきてもらうこともできません。

みなそれぞれじぶんじんせい」です。


そして、「みなそれぞれじぶんじんせいこころせんたくじゆう」です。

「こころせんたく」はとても「じゆう」であり「しぜん」なのです。


自分の人生を「幸せな人生」にするか、「不幸せな人生」にするかは、「こころせんたく」次第、とても「じゆう」で「しぜん」なことです。

このブログでもしっかりと届き感じ/観じられますが、これほどまでに「しんい」はここそこ、いたるところに「あらわれて」いるのです。

インターネット内の適切なブログやホームページを確認すれば、そこにはしっかりと「しんい」が「あらわれて」いるのです。

日々の生活の中でも、「様々な事象や事情」を通じて、しっかりと「しんい」が「あらわれて」います。

その「しんい」を受け取ろうとするか(=「きづき」理解しようとするか)否かの「こころせんたく」は、その「じぶんじんせい」を生きる、ご本人様の「こころせんたく」次第なのです。

「しんい」を「きづこうともしない」「こころせんたく」も、ご本人様の「こころせんたく」次第、自由です。

それ相応の「じぶんじんせい」をそのご本人様が「死ぬまで」生きるだけの、とても「しぜん」なことなのです。

「しんい」を「きづこうとする」「こころせんたく」も、ご本人様の「こころせんたく」次第、自由です。

それ相応の「じぶんじんせい」をそのご本人様が「死ぬまで」生きるだけの、とても「しぜん」なことなのです。

このよこころすべてまなび」です。

「幸せな人生をいきる」ことも「まなび」です。

「不幸せな人生をいきる」ことも「まなび」です。

「幸せ」「不幸せ」。。どちらかが「善」でどちらかが「悪」というものではありません。

どちらも「善」がありどちらも「悪」があります。

どちらも「善だけ」ではなくどちらも「悪だけ」ではないのです。

どちらも「善」になり、とちらも「悪」になるのです。

「わからない」「きにしない」という「こころせんたく」も「じゆう」で「しぜん」です。

ぜんあくいだきあいとなる。」



みなそれぞれじぶんじんせい」。。。「こころせんたく」は「じゆう」で「しぜん」なのです。

このよこころすべてまなび」。。。

ぜんあくいだきあいとなる。」


「じぶんじんせい」をそのご本人様が「死ぬまで」生きる、とても「しぜん」なことなのです。


いかなる「じぶんじんせい」をいきようとも、「すべて」が「いきる(創価する)」可能性をもっています。

「創価能力・脳力」全感謝。
「昇華能力・脳力」全感謝。



「いきるじぶんじんせい」を「いかす」か否かは、「じぶんこころせんたく」次第で、とても「じゆう」です。

「創価能力・脳力」全感謝。
「昇華能力・脳力」全感謝。




あたえたこころはすべていずれめぐりかえりあらわれる」。。

他人様(ひとさま)の人生に対して、「あたえたこころはすべていずれめぐりかえりあらわれる」。

他人様(の人生)に対して、「愛」の心を与えれば、「あたえたこころはすべていずれめぐりかえりあらわれる」。。

他人様に対して、「喜び」の心を与えれば、「あたえたこころはすべていずれめぐりかえりあらわれる」。。

他人様に対して、「感謝」の心を与えれば、「あたえたこころはすべていずれめぐりかえりあらわれる」。。

他人様に対して、「見下し」の心を与えれば、「あたえたこころはすべていずれめぐりかえりあらわれる」。。

他人様に対して、「貶め」の心を与えれば、「あたえたこころはすべていずれめぐりかえりあらわれる」。。

とても「しぜん」なことです。


このよこころすべてじぶん。がよくでないしんのじぶん。」。。

他人様は「自分の鏡」とも言われます。

他人様から「自分」が見えてくるのです。

他人様の中に「素晴しさ」が見えれば、それは「自分の中にある素晴らしさ」でもあります。。
このよこころすべてじぶん。がよくでないしんのじぶん。」。。

他人様の中に「美しさ」が見えれば、それは「自分の中にある美しさ」でもあります。。
このよこころすべてじぶん。がよくでないしんのじぶん。」。。

他人様の中に「愛」が見えれば、それは「自分の中にある愛」でもあります。。
このよこころすべてじぶん。がよくでないしんのじぶん。」。。

他人様の中に「愚かさ」が見えれば、それは「自分の中にある愚かさ」でもあります。。
このよこころすべてじぶん。がよくでないしんのじぶん。」。。

他人様の中に「醜さ」が見えれば、それは「自分の中にある醜さ」でもあります。。
このよこころすべてじぶん。がよくでないしんのじぶん。」。。


他人様は、「しんのじぶん」を見せてくださる「かがみ」です。
「かみ(彼見)」であり「がみ(我見)」であり。。
(同時に「かみ(神見)」であり「がみ(我見)」であり。。)

「このよこころ」は「かがみ」なのです。。
このよこころすべてじぶん。がよくでないしんのじぶん。」。。


ありがとうございます。


すべてに、ありがとう。全感謝。
{抜粋ここまで。}




2010年12月25日(土)の「おつたえ」; (むすひふす。)】
{抜粋ここから}
(輪廻転生;台与・神功皇后・豊受大神、「すべて」「じゆう」。「しぜん」。全感謝。)
ありがとうございます。

2010年11月6日(土)の「おつたえ」;(「しんえん」)」からの抜粋。
{抜粋ここから}
<「わたし」「しんえん」の「けいい」>
1,生まれてすぐに「お経」に「こえ」を合わせ、
2,幼少時代から「物質ではない存在」を意識し始め、
3,児童学童期には先祖(戦死したおじいちゃん)とのコミュニケーションが始まり、
4,学生期には「先祖を越えた自然宇宙の存在」からの「諭しやアドバイス、愛のメッセージ等」を感じ/観じ、
5,1990年、社会人になり「神(=大自然大宇宙および「しんえん(深遠/深淵/神縁)意識の中」の様々な呼称で呼ばれているエンティティー・存在)」と融合する」と意識し、
6,39歳の誕生日、「「すべて」に感謝していきてゆく。(全感謝。)」と決心し、
7,「2005年9月9日正午」、「かくしん」=「すべて」との融合。
8,2006年、毎週末の「神社でのめでぃてーしょん」が「しぜん」と始まり、
9,2007年頃、「パニック発作(過呼吸気味)」等により「しんい・めっせーじ」が届くようになり、
10,2008年3月2日、「神田明神」にご挨拶に行き、「わたし」をきづき、
11,2008年8月上旬、「水天宮」に全感謝のご挨拶をさせていただいている時・その帰り道、突然もよおしたがごとく「お伊勢参りをさせていただきたい!!!!」と、強烈に感じ、
12,2008年8月16日、「よがかわる!」と、「お伊勢様まいり」をさせていただき、
13,2008年8月23日から、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の「おやくめ」を始めさせていただいた。

【参照】「「わたし」のスピリチュアリティー(霊性)の「しんか」」


その後、ほぼ毎日このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の「おやくめ」を実践させて頂いている。(2010年11月6日/2010年12月25日現在)


今まで多くの「しんいしんずい」を感じ/観じ、届き、「おつたえ」記させていただいた。

【参照】
1,「おつたえ」まとめ
2,「しんい・めっせーじ」まとめ


14,2008年秋、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』を「おつたえ」記し始めてしばらくして、「世界同時不況」等、「このよおおせんたく」が本格的に始まり、「このよこころあらわれた。」
【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは

15,2009年3月21日、赤坂「日枝神社」にて、「あらたなるおつとめ」に関する「しんい・めっせーじ」が届いた。
【参照】「2009年3月21日(土)の「ひかりたち」; 赤坂・溜池山王、日枝神社

16,2009年12月25日、『ネガティブ感謝術』が、新たなる「ひ」。2009年12月25日「新たなる日の出」とともに完成、この世に誕生した。
【参照】『ネガティブ感謝術

17,「全感謝。」の心で、「しんのじぶん」をさらにきづいた。

18,2010年3月下旬、上記「15」のとおり、「溜池山王」界隈であらたなる「おつとめ」が確定した。

19,2010年4月8日、5月からのあらたなる「おつとめ」が確定した全感謝のご挨拶を「お伊勢様」にさせていただいた。
【参照】「2010年4月8日(木)の「ひかりたち」; お伊勢様;お礼・御陰参り

20,2010年4月中旬、「米国から届いた一冊の英語書籍」を「きっかけ」に、1991年から「しぜん」と心に封印されていた「美しい記憶・想い出」が蘇った。

21,2010年4月25日、「小石川植物園」に行った。
(。。。園内の「美しい白い花房の小柄な藤」を見ていたら、なぜか「美輪明宏様」の声が聞こえてきた。。。「卑弥呼(日巫女)」「中将姫」。。。)人生のパズルが解け始めた。
【参照】「2010年4月25日(日)の「ひかりたち」; 小石川植物園
(2013年正月2日追記;「美輪明宏様、2012年(平成24年)大晦日、『第63回NHK紅白歌合戦』初出場、ありがとうございます。」)
(2014年正月3日追記;「美輪明宏様、2013年(平成25年)大晦日、『第64回NHK紅白歌合戦』連続2回出場、ありがとうございます!「メッセージ・しんい」にも重ね重ね感謝しています。ありがとうございます。」)


22,2010年4月28日、あらたなる「おつとめ」と御縁(御神縁)ある「少彦名神社(少彦名命/神農様)と當麻寺(中将姫様)」に全感謝のご挨拶に行った。
【参照】「2010年4月28日(水)の「ひかりたち」; 「少彦名神社;少彦名命様/神農様」と「當麻寺;中将姫様」にあいに。」

23,2010年5月3日、上記「15」のとおり、「溜池山王、日枝神社」界隈であらたなる「おつとめ」が始まる全感謝のご挨拶をしに再び「日枝神社」を詣でた。(上記「21」に関連して「白山神社」にも全感謝のご挨拶をさせていただいた。)
【参照】「2010年5月3日(月)「憲法記念日」の「ひかりたち」; 人生の「ご縁」「つながり」続く。白山神社、日枝神社。」

24,2010年5月4日、朝、朝食の最中、突然「氷川神社にご挨拶に行きましょう!」と強く届き、あらたなる「おつとめ」が始まる「溜池山王界隈」にあるもう一つの大きな神社「氷川神社」に全感謝のご挨拶に行った。
【参照】「2010年5月4日(火)「みどりの日」の「ひかりたち」; 「深淵の宇宙」の波動・雰囲気を感じて/観じて。。氷川神社。」

25,2010年5月、あらたなる「おつとめ」が始まった。

26,2010年5月30日、あらたなる「おつとめ」にも「ふかい」御縁(御神縁)のある「穴八幡神社」に「(「1991年」から)生きて帰ってきた」旨、全感謝のご挨拶をさせていただいた。
【参照】「2010年5月30日(日)の「ひかりたち」; 穴八幡宮神社;「ただいま。無事、生きて帰ってまいりました。」」

27,2010年7月18日、記憶の彼方に封印されどこかに旅立っていたのだろうか。。。「1991年のあの日の自分」を探しに「市ヶ谷」へ。。。
【参照】「2010年7月18日(日)の「ひかりたち」; 「大切な御方」と「1991年のあの日の自分」を探しに、市ヶ谷へ。」

28,2010年9月19日、日枝神社と氷川神社の波動・雰囲気に包まれ、あらたなる「おつとめ」の毎日の「さんどう(参道/産道)」。
(日々「おつとめ」は、その「ひ」を産み出す(創造する)こと。。通勤は「おつとめ」による「ひ(日;一日)」が生まれるための「さんどう(産道)」であり「日枝神社と氷川神社」への「ひび(日氷/日々)」の「さんどう(参道)」でもある。)
【参照】「2010年9月19日(日)の「ひかりたち」; ご神縁「日々、日枝神社と赤坂氷川神社の波動・雰囲気の中へ通う。」」

29,2010年10月10日、「しんのじぶん」「わたし」をさらにきづく。
(。。。「あしきごかいするものおる。」と届いておりますので、いつものようにその部分は、「しんい」を「きづく」心をもって、「せんたく」なされますと、「しんい」があらわれます。)
(「しんのじぶん」「わたし」「とよ(いよ)」「神功皇后」「豊受大神」「すべて」「しぜん」)
【参照】
1,「『かごめ』;うしろのしょうめんだぁれ?。。それは「わたし」「すべて」「しぜん」です。」
2,2010年10月16日(土)の「おつたえ」;(「■■る、■■ぶ。」)

30,2010年11月3日、「外宮様」つなぎ「日比谷神社;豊受大神様」に全感謝のご挨拶。
【参照】「2010年11月3日(水)「文化の日」の「ひかりたち」; 日比谷神社(新橋~汐留)」

。。。

ありがとうございます。
{抜粋ここまで}


【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「このよおおせんたくおおつなみ」では、真に、それらの「まなび」が「いきる/いかす」時と成ったのです。

そして、「わたし」達には、これからも今までどおり、とても「しぜん」と「しんい」が「すべて」から「あらわれて」います。

このブログをはじめ、インターネット内、書籍等、これほどまでにいたるところに「しんい」がとてもわかりやすく「あらわれて」います。

それらを「きづく」か否かは、「みなそれぞれじぶんじんせい」であり、「じぶんじんせい」を唯一生きることができる、「ご本人様」の「こころせんたくしだい」で、とても「じゆう」で、とても「しぜん」なことです。

このよこころすべてまなび。」です。

「このよおおせんたくおおつなみ」。。「ふあんふまん」はいりません。

「このよおおせんたくおおつなみ」の中、「しんいきづくこころせんたく」をするか否かは、「ご本人様次第」、「じゆう」です。

みなそれぞれじぶんじんせいこころせんたくしだいじぶんじんせいめぐるかえるあらわれる。」とても「しぜん」なことなのです。






なにがめぐりかえりあらわれようともまずかんしゃこころせんたくこころすむ。

ぜんかんしゃこのよこころすべていきることいかすこと。

ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。






創価能力・脳力;全感謝。

昇華能力・脳力;全感謝。




これからいよいよ本格化する「このよおおせんたくおおつなみ」を、「たのしむ」心で、「みなでひとつ。みなでしあわせ。」に、いきてゆきます、いかしていただきます。

{2013年11月8日追記【厳重留意】
「たのしむ」とは、「たのしむこんなんしれんとらわれずようきこころいまさいぜんつとめること。」です。
悪しき誤解無きよう。ありがとうございます。

{追記ここまで}


ありがとうございます。


すべてに、ありがとう。全感謝。
{抜粋ここまで。}


【『2012年9月22日(土)「秋分の日」;「みきわめ」。』より抜粋】
「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。

<2012年の「けいい」>
1,「2012年正月元旦(日);2012年;「みなのこころせんたくしだい」がさらに「めぐりかえりあらわれる」「しんか」する「しぜん」。」

2,「2012年2月11日(土)「建国記念の日」;「くらやみ」「や」ぬき、「ひかり」「や」はなつ。」

3,「2012年5月12日(土);Save the HEART!  (「こころ」を救う!)」

4,「2012年7月7日(土)「七夕」;「わたし」の「しんえん(深遠/深淵/神苑/真縁/深縁/心縁/神縁)」。」

5,「2012年7月21日(土);「三河三谷」と「やみわかみ」。」

6,「2012年8月26日(日);救世主は、「わたし」です。」

7,「2012年9月8日(土);「しんのわ」。」

8,「【本日】2012年9月22日(土)「秋分の日」;「みきわめ」。」


ありがとうございます。
<抜粋ここまで。>





2011年元旦; 「このよおおせんたくおおつなみ」「たのしむ」こと。】




2012年;「みなのこころせんたくしだい」がさらに「めぐりかえりあらわれる」「しんか」する「しぜん」。】



2013年「しんいしんずい」;「うみのくるしみ」「しんのわ」「ひとりひとり」「ひかり」と成る「しんのつよさ」「しぜん」。】



{Dawn of "New EPOCH".}2014年「しんいしんずい」;「うまれかえる」。

「うまれかえる」。


「かこ」「いま」かえる「いま」「このよ」かえる「しんか」「しぜん」。

「かこ」「いま」かえる「いま」「このよ」かえる「しんか」「しぜん」。

「かこ」「いま」かえる「いま」「このよ」かえる「しんか」「しぜん」。



「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。






2011年1月22日(土)かんじたこと。『宣言。「日本;ひのもとひながた、しんのしあわせ」と成る。』】

今、もし「日本は一番◎◎の国に成る。」という目標を掲げなければならないとしたら、

「日本は一番幸せな国に成る。」とする。

「ひと」には一番も二番も上下優劣強弱貴賤等は無い。
ひとみないちれつみなたいら。」

しかし世界、諸外国に日本をアピールするために何か目標メッセージを発しなければならないとしたら、

日本は一番幸せな国。」とする。


「一番幸せな国、日本。」
(【ご留意】「日本」とは、国土や国民、国境や人種等には一切制限はなく「日本のこころ」がある「ひと」に関わることです。)

その「幸せ」とは「しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。」

この「日本」の全ての「ひと」が、「しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。」ができる。

この「日本」では、全ての「ひと」が、「しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと」が「こころせんたくしだい」できるのだ。



「日本」の全ての「ひと」が、他人様(ひとさま)に対して、「けいいのこころ(敬意/経緯)」でお互いを尊重し合う。

「日本」の全ての「ひと」が、他人様に対して、「しんのおもいやりあい」「しんあい(真愛/神愛)」で繋がり合う。

「日本」の全ての「ひと」が、「みなそれぞれじぶんじんせい」を「さいぜん」にいき、いかし、「じぶんじんせい」を創価させる。

「日本」の全ての「ひと」が、「このよこころすべてまなび。」をきづいている。

如何なる「人生」であろうとも、「すべてまなび。」


過去の形骸化したこれまでの社会の「いたらなさ」等により、教育や愛情や理解等を得られず、「善悪二極判断意識」により「悪」「犯罪」等という「あやまち」に陥ってしまった者たちは、これからは「過去の社会の犠牲者」として、日本社会が過去の「いたらなさ」を償うべく、「しんあい/真愛/神愛」により、これから一層「過去の社会の犠牲者」達に対して「教育や愛情や理解等」が与えられ、「しんあい(真愛/神愛)の支援」が施される。

(【厳重留意】
「未理解や誤解」により「ひと」を悪に追いやってしまうことがある。
「理解」により「ひと」が救われる。)


「日本」の「過去の社会の犠牲者」達は、これからさらに「理解」や「しんあい(真愛/神愛)」等の支援により、「しぜん(自然/至全/至善)」と「すくわれる」。


「あくしぜん。」

これまで「悪」とされてきたことは「しぜん(自然/至全/至善)」と理解される。

これまで「悪」とされてきたことは、「善」に至る「まなび」であると、皆、きづく。

人生で、積極的に「悪」を選択する必要はない。

「悪」には「悪しき事情」等、多くの「ふかいまなび」が伴う。

敢えて「ふかいまなび」を多く「じぶんじんせい」で学びたいのであれば、「悪」を選択すればよい。

「しぜん」と「悪しき事情」等として、それ相応の「ふかいまなび」が「じぶんじんせい」に巡り還り「あらわれる」「しぜん」。

(【ご注意】
「怠惰」は「じぶんじんせい」を「さいぜん」に「いきいかさない」悪「しぜん」。
「無理」することも「さいぜん」ではない。「無理」には「理」が無い。)



「ぜんあくいだきあいとなる。」

これまで「悪」とされてきたことは、これからは責められたり排除されたりするのではなく、「相互理解」される。


日本の全ての「ひと」は、「対立」ではなく「対話」により、「相互理解」される。

日本の全ての「ひと」は、「こころせんたく」は「じゆう」で「しぜん」だ。

日本の全ての「ひと」は、「みなそれぞれじぶんじんせい」、「こころせんたくしだい」の人生が「めぐりかえりあらわれる」「しぜん」。

「悪しぜん」の「こころせんたく」も「じゆう」で「しぜん」だ。

日本では、「こころせんたくしだい」の人生が「めぐりかえりあらわれる」「しぜん」。

「悪」の「こころせんたく」をすれば、それ相応の「悪しき事情」等、「ふかいまなび」が「じぶんじんせい」に巡り還り「あらわれる」「しぜん」。

「善しぜん」の「こころせんたく」も「じゆう」で「しぜん」だ。

日本では、「こころせんたくしだい」の人生が「めぐりかえりあらわれる」「しぜん」。

「善」の「こころせんたく」をすれば、それ相応の「善き事象」等、「ゆかいまなび」が「じぶんじんせい」に巡り還り「あらわれる」「しぜん」。



日本の全ての「ひと」は、「ぜんあくいだきあいとなる」をきづき、そして「このよこころすべてまなび」をきづく。



そして、日本の全ての「ひと」に、「しんのしあわせ」が「あらわれ」、「みなそれぞれじぶんじんせい」を「さいぜんにいきいかし」、


私達が今、こうして生きている星、地球上で「日本は一番幸せな国」となり、


日本;ひのもとひながた、しんのしあわせ」と成る
そして「すべて」を「しんのしあわせ」にする。
(【再ご留意】「日本」とは、国土や国民、国境や人種等には一切制限はなく「日本のこころ」がある「ひと」に関わることです。)



ありがとうございます。




「しんいはみなでしあわせ。」

ありがとうございます。



みなのこころのなかじゃ。
すべてこのよこころのなか。

なにがあってもかんしゃするがよい。

かんしゃしてしんかするしんい。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころのせんたく。
しんいはみなでしあわせ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

かんしゃすればするほどただしきこころせんたくできる。

このよすべてしぜん。

このよすべてじゆう。

しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。
しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。

このよすべてじゆうしぜん。
このよすべてじゆうしぜん。

しぜん。
しぜん。
しぜん。

じゆう。
じゆう。
じゆう。

しんのじゆうしんいかなうこのよこころ。

みなそれぞれじぶんのじんせい。
ひとたにんのじんせいいきられん。

みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。
みなそれぞれじぶんのじんせいこころせんたくしだいのじんせいめぐるかえるあらわれる。

あたえしこころみなじぶんじんせいめぐるかえるあらわれるしぜん。
あたえしこころみなじぶんじんせいめぐるかえるあらわれるしぜん。
あたえしこころみなじぶんじんせいめぐるかえるあらわれるしぜん。

かんしゃよろこびあいあたえればあたえるほどふえる。

よろこびかんしゃあいあたえればあたえるほどふえる。

みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

すべてわさいぜん。

わ。
わ。
わ。

さいぜんすべてにわひびきあいかなであい。

このよこころわひびきあいかなであい。

さいぜんこのよこころすべてひびきあいかなであい。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいすべてこのよこころわひびきあいかなであいいきることいかすこと。

ようきこころものごとしんいかなうただしきよきにうけとめるこころ。

このよすべてじぶん。
がよくでないしんのじぶん。
みなでひとつ。
みなでしあわせ。

みなちがういのち。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

ひとみないちれつみなたいら。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせ。

このよこころすべてじぶん。
がよくでないしんのじぶん。
みなでおなじいのち。
みなでひとつみなでしあわせ。

このよこころじんせいむだない。
このよこころすべてまなび。

このよこころすべてまなび。
このよこころすべてじぶん。
このよこころすべてしぜん。

みなのこころあらわれる。

このよこころかがみ。

たのしむがよい。
たのしむがよい。
たのしむがよい。

たのしむこんなんしれんとらわれずようきこころいまさいぜんつとめること。

このよおおせんたく。

このよこころさらにしんのじぶんあらわれる。
このよこころさらにしんのじぶんあらわれる。
このよこころさらにしんのじぶんあらわれる。

しんのじぶんきづくがよい。
しんのじぶんきづくがよい。
しんのじぶんきづくがよい。

みなでひとつみなでしあわせ。
このよこころすべてつながっておる。

このよこころしんのおもいやりあいですべてつながっておる。

しんのおもいやりあいこのよこころすべてつなぎつなぐつながる。
しんのおもいやりあいこのよこころすべてつなぎつなぐつながる。
しんのおもいやりあいこのよこころすべてつなぎつなぐつながる。


このよこころいろいろ。
いろいろかがやきこのよなす。
こころいろいろひかりみる。

しんいかなうのぞみねがいかなうゆたかなこころこのよみなでしあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

しんのつよさすべてをうけいれすべてをあいしすべてをいかすこのよこころしぜんうちゅうのつよさ。

すべてにかんしゃしまなびなせ。

ぜんあくいだきあいとなる。
ぜんあくいだきあいとなる。
ぜんあくいだきあいとなる。

あくしぜん。
ぜんにかえるまなび。

あくしぜん。
ぜんにいたるまなび。

ぜんあくいだきあいとなる。
ぜんあくいだきあいとなる。
ぜんあくいだきあいとなる。

こんなんしれんこのよこころみがくまなび。
こんなんしれんこのよこころみがくまなび。
こんなんしれんこのよこころみがくまなび。

しんいつとめるしんのひとなる。

しんのひとなるこころかがやきこんなんしれんこころみがく。
しんのひとなるこころかがやきこんなんしれんこころみがく。


なにがあってもかんしゃするがよい。
かんしゃすればこころせんたく。
かんしゃすればこころせんたくこころすむ。

かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。
かんしゃこころせんたくこころあらわれこころすむ。

ぜんかんしゃ。
しんいみきわめまなびなす。
しんかのみちびき。
しあわせよろこびめぐるかえるあらわれる。

かんしゃこころこのよいきることじゃいかすことじゃ。


かんしゃはいきること。。。。

かんしゃいかすこと。


ぜんかんしゃこのよこころすべていきることいかすこと。

ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。
ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。

ぜんかんしゃ。
ぜんかんしゃ。
ぜんかんしゃ。

しんか。
しんか。
しんか。

ぜんかんしゃしんいつとめしんかする。

ぜんかんしゃこのよこころすべていきるいかすしんいしんずい。

しんいはみなでしあわせじゃ。
しあわせみなそれぞれじぶんのじんせいさいぜんにいきることじゃいかすことじゃ。
しんいかなうのぞみねがいかなうただしきこころせんたく。
かんしゃすればしんいみえる。
しんいみえればまなびなす。
まなびなせばみちびきつかむ。
みちびきこれあらたなるしんかへのみちじゃ。
かんしゃするがよい。
かんしゃするがよい。
かんしゃするがよい。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃしてしんかするしんいじゃ。
かんしゃはいきることじゃいかすことじゃ。

ぜんあくいだきあいとなる。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。
しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。

しんいはみなでしあわせじゃ。






すべてに、ありがとう。全感謝。





念のための明示再掲】2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」「3.11」の「つぎ」が生じる前に。。。




2011年3月14日;きぼう。。。】
「わたし」への如何なる思念想念すべてに感謝いたします。ありがとうございます。

このよおおせんたくおおつなみ」の「ひとつ」である「東日本大震災;日本時間2011年3月11日午後2時46分発生、東北・三陸沖震源、M9.0」等に関して、心よりお見舞い申し上げます。
(2011年4月1日震災名称変更)

(以下、「しんい」をご理解いただける「ひと」の「せんたく」によりお伝えさせていただくこととなりました。ご了承下さい。ありがとうございます。)

「3月6日」に、「よろしいでしょうか?」を記させていただきました。
そして「3月8日」にあまりにも衝撃的な「しんい」が伝わり感じ/観じましたので、(「よろしいでしょうか?」内の「3/8日の追記」にも記したとおり)その日はブログアップを躊躇しており、ブログアップはせず「下書き状態」にて保留しておりました。申し訳ございません。

(「よろしいでしょうか?」内の「3/8の追記」にも記したとおり)翌日3/9、お昼頃「宮城県北部にて震度5弱の地震」が発生し、心改め、「3/8日の追記」を記したこの頁をすぐにブログアップさせていただくことにしました。

そして「3/11;東日本大震災」発生。。。

以下の内容もとても衝撃的でどのようにお伝えさせていただいたらよろしいのかとても心苦しいのですが、真摯に誠実にこの場をもってお伝えさせていただきます。何卒「しんい」をご理解いただけましたら幸いに存じます。
ありがとうございます。

1,「3/11の東日本大震災」は「かわきり」です。。。
2,これから2011年の秋頃まで(もしくは遅くとも冬)にさらに「このよおおせんたくおおつなみ(=「こころせんたくしだい」の様々な困難試練や様々な好機)」が訪れます。
3,その「このよおおせんたくおおつなみ」により、「ひと」「わたし」達は、さらに「しんい」を「こころせんたくしだい」きづくことになります。
4,3/11の「かわきり」により、「ひと」の誕生にたとえるのであれば、それは母胎の「破水」のような状態です。
5,「しんせい日本」がこの世に誕生するための「かわきり」です。
6,これから「しんせい日本」は「さんどう」を通過し始めます。
7,「しんせい日本」がこの世に無事に誕生するか否かは、「ひと」「わたし」達の「こころせんたくしだい」です。
8,「ひと」「わたし」達の「こころせんたくしだい」により、「  」の可能性もございます。
9,3/9にブログアップした「よろしいでしょうか?」の「3/8の追記」に記されている「2011年の秋頃まで(もしくは遅くとも冬)には」とは、「さんどう」を通過している期間です。
10,その期間は、昨日ブログアップさせていただいた「。。。(れいせい。れいせい。れいせい。)」がとても重要です。
11,「れいせい」により「こころせんたくしだい」、いずれ「しんせい日本」がこの世に誕生するのです。
(【ご留意】「しんせい日本」とは、国籍、肌の色等、一切の制限はございません。「ひと」の「こころ」が「しんせい日本」に「しんえん(真縁/深縁/心縁/神縁)」あるか否かの「ちがい」だけです。)
12,「れいせい」の心により「しんせい」に成ります。(「れいせい」から「しんせい」。)
13,2011年秋頃まで(もしくは遅くとも冬)の「さんどう」を通過して、無事、「しんせい日本」がこの世に誕生した後、「2012年頃(2012年の一年間程度)」、さらなる「つぎ」がございます。(その「つぎ」の「しんい」はこの場でのお伝えは慎ませていただきます。ご了承下さい。ありがとうございます。)
14、しんいはみなでしあわせ。


【重要点】
◆「いま」は「れいせい」に「つとめる」。
◆「れいせい」の心により「しんせい日本」が誕生する全感謝の「こころせんたく」を成す。
◆みなでひとつ。みなでしあわせ。ありがとうございます。





【2011年3月21日追記】
2010年12月にとどき感じた/観じた「このよおおせんたくおおつなみ」の「しんい」一覧

2010年12月5日(日); (おおつなみ。)

2010年12月6日(月);(しんいかなわぬこころおこないおおつなみとなりあらわれるしぜん。)

2010年12月7日(火);(おおつなみあらわれるまえにかいしんこころせんたく。)

2010年12月8日(水);(たのしむがよいおおつなみ。)

2010年12月9日(木);(しるしきづきかいしんするがよいしんい。)

2010年12月10日(金);(ゆるしあいしんのあいこころつながるしんい。)

2010年12月16日(木);(しんいしんずいしんのじぶんさらにきづくかいしん。)

2010年12月17日(金);(ふあんいらんたのしむがよいこれからはじまるしんい。)

2010年12月19日(日);(しんいかなうのぞみねがいかなうひびつとめしんか。)

2010年12月23日(木);(しんいしんずいしんのじぶんさらにきづくたのしむしんい。)




★★「しんい・めっせーじ」まとめ(7);2010年9月1日~2010年12月31




【「3.11 けいい」】



「このよ(この世/子の世/未来)」のために

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ「すべてに、ありがとう。全感謝。」の管理者まがたまぱじゃま。は一切関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}

「かみ」にも「やみ」にも、「イエス」にも「のう」にも、「天使」にも「悪魔」にも「そう」にも「鬼」にも「148」にも「893」にも、そして「サバタイ・ツヴィ」にも「メフメット・エッフェンディ」にも、「すべて」に感謝いたします。ありがとうございます。全感謝。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。
2014年9月20日(土)。




人は、

人生で、

「しんえん」ある

人々と、

「めぐりあう」「しぜん」。




人は、

人生で、

「しんえん」ある

「 本 」と、

「めぐりあう」「しぜん」。




人が「 本 」を選ぶように、

「 本 」も、人を選ぶ。




最近、

この人生で巡り会うことができた

「 本 」たち。


Sabbatai Zevi the Cabalistic Messiah
The Lost Messiah
Sabbatai Sevi; The Mystical Messiah, 1626-1676
Sabbatai Zevi the Cabalistic Messiah
サバタイ・ツヴィ伝;神秘のメシア


。。。




そして今朝も、

毎週末の「神社でのめでぃてーしょん」で、

「こえ」が。。。





PARADOX


PARADOX


PARADOX



。。。。



paradox


paradox


paradox



。。。




かがみ。


かがみ。


かがみ。




わっはっはっはっは。。。






。。。。。


。。。





人が「 本 」を選ぶように、

「 本 」も、人を選ぶ。



paradox




「 しぜん 」。






人は

人生で、

「しんえん」ある

「 本 」と、

「めぐりあう」「しぜん」。





「書籍に記されていること」は、

「書籍に『記されている』こと」として

「理解」いたします。




「書籍に記されていること」は、

あくまでも「書籍に『記されている』という事実」だけであり、

その「しんじつ(真実/まこと/神実/しんじつ)」は、

「別の次元」で「ある」ことを

「理解」しています。





さらに今朝は、

以下のメールを

このブログを通じて

「このよ」と

シェア(共有)させていただくことと

なりました。



これらの「メールコミュニケーション」の「なか」にも、

とても重要な「しんい」が織り込まれていると

強く感じ/観じられています。




ありがとうございます。




{【御留意】以下のメールは「逆時系列」です。}
-----Original Message-----
From:まがたまぱじゃま。
Sent: Friday, September 12, 2014 10:27 AM
To: 日本橋図書館御中
Cc: 「あい」の皆様
Subject: <返信不要>「鬼」や「(893)」等、「社会的にネガティブ」とされてしまっている「存在」への「ふかい」『理解』。
Importance: High

{お忙しいところご返信いただかなくとも大丈夫です。}

(「このメールをプリントアウトしたもの」を、今週末、まがたまぱじゃま。が書籍を拝借する際にご支援くださる「日本橋図書館の受付係の方」に手渡しさせていただく予定です。)



日本橋図書館
ご担当者様、
(CC;「あい」の皆様)
大変お世話になっております。

以前、下の一連のメールをお送りさせていただいた、東京都中央区「お江戸界隈」在住のまがたまぱじゃま。と申します。

いつも「日本橋図書館」をとても便利に利用させていただき、ありがとうございます。

(以下、誤解や未理解等を防ぐため丁寧に記させていただき、「長文」となってしまい、申し訳ございません。)





<◆【1】このメールの主旨◆>

1)今週末(土曜日13日もしくは日曜日14日)、下記の書籍等を拝借させていただく予定です。

2)特定の主題に関する書籍を多数お借りするために、「誤解」や「未理解」等による「噂話」や「陰口」等の「悪しき思念」等が生じないように、こうして、このメールを記し、目的理由等を明示させていただきます。

何卒よろしくお願い申し上げます。
ありがとうございます。



【記】{9月13/14日に拝借予定の特定主題に関連する書籍リスト}
1)ヤクザと日本-近代の無頼-(ちくま新書 702)
2)アウトローの近代史-博徒・ヤクザ・暴力団-
3)ジャパニーズ・マフィア-ヤクザと法と国家-
4)イスラム社会のヤクザ-歴史を生きる任侠と無頼-
5)潜入ルポヤクザの修羅場(文春新書 793)
6)シノギ-山口組系組長の錬金術-
7)同和と暴力団-公金をしゃぶり尽くした日本の闇人脈
8)裏社会噂の真相
(注;上記「1」と「2」は7日にピックアップ済み)


【補足明示】このメールの下の「Sent: Saturday, July 05, 2014 10:46 AM」メールにも明記させていただきました観点と同様に、まがたまぱじゃま。は、これらの書籍の主題に扱われている「社会的存在」と直接的に関わりのある者ではございません。
その点を、念のため明示させていただきます。ありがとうございます。



{追加補足;7月に拝借し返却した特定主題に関連する書籍リスト}
1)鬼の復権(歴史文化ライブラリー 172)
2)鬼の日本史-福は内、鬼は外?-上
3)鬼の日本史-福は内、鬼は外?-下
4)鬼の人類学
5)鬼の話上
6)鬼の話下
7)鬼の宇宙誌(平凡社ライブラリー 260)
8)鬼と悪魔の神話学
9)日本の鬼-日本文化探求の視角-




<【2】◆拝借理由目的◆>

◆これまで、誤解や未理解等により、社会的に(一方的に)「悪」等と『されてしまっている』可能性のある存在に対する、「ふかい『理解』」を「たすける」ためです。

決して、まがたまぱじゃま。自身が、これらの書籍に記されている内容精神や『思想』等を鵜呑みにして、それらの書籍内容精神や『思想』等に同調感化等されるためではありません。

ご理解いただけましたら幸いに存じます。
ありがとうございます。




以下は、本件に関する「詳細ご説明」です。

<【3】◆詳細説明◆>

(【御留意1】以下「893」と記す理由は、敢えてその「呼称」を適切な文字として明示するのではなく、文字言語外的な不明確なエンティティー(存在)であることをも暗示する、「ヴェールに包まれた存在」的で、暗喩的かつ潜在的な、その「ありかた」を「クリエイティブ{そうぞう(想像/創造)}」的に表現するためです。
その「しんい」をご理解いただけましたら幸いに存じます。ありがとうございます。)

(【御留意2】「成熟」は決して「老い(老化・老朽)」等ではございません。
「成熟」とは、「深い理解能力・脳力」があり、「知識」に限らぬ「知性」に満たされた「意識」とともに、「素直で純粋な(澄んだ)真実の心」による「れいせい」な躍動する「いきる」「いかす」「こころ」「しぜん」。)


1,そもそもの「きっかけ」は、日本のリーダーであられる安倍総理大臣様が(文字等として)明言なさった「悪魔(日本語訳)」に纏わる「おことば」です。

<【参照】msn産経ニュース『「私の第3の矢は悪魔を倒す」 安倍首相が英紙に寄稿』>


2,そのことを「きっかけ」に、「日本のリーダーも(文字等として)明言なさっている『悪魔』等とは、どのようなものなのだろう。さらに詳しく知りたい。」という探求心が生まれました。

3,下の「Sent: Saturday, July 05, 2014 10:46 AM」メールでも記したように、次の「一連の悪魔に纏わる書籍」等を拝読させていただきました。

1)魔術の歴史
2)ルシファー-中世の悪魔-
3)メフィストフェレス-近代世界の悪魔-
4)悪魔の系譜
5)サタン-初期キリスト教の伝統-


4,それらがどのようなものであるのかは、敢えてこの場での明示明言は慎ませていただきます。
ありがとうございます。

5,西洋社会で「悪魔」と『されてしまっている』ような存在は、日本社会では「鬼」が思い当たり、7月に、次の「一連の鬼に纏わる書籍」を拝借返却させていただきました。

1)鬼の復権(歴史文化ライブラリー 172)
2)鬼の日本史-福は内、鬼は外?-上
3)鬼の日本史-福は内、鬼は外?-下
4)鬼の人類学
5)鬼の話上
6)鬼の話下
7)鬼の宇宙誌(平凡社ライブラリー 260)
8)鬼と悪魔の神話学
9)日本の鬼-日本文化探求の視角-


6,まがたまぱじゃま。は、如何なる書籍に関しても、書籍に記されていること全てが全て「しんじつ(真実/まこと/神実/しんじつ)」だとは思いません。
(つまり、書籍内容を「鵜呑み」するようなことはいたしません。)

7,「書籍に記されていること」は、あくまでも「書籍に『記されている』という事実」だけであり、その「しんじつ(真実/まこと/神実/しんじつ)」は、「別の次元」で「ある」ことを「理解」しています。

8,また、『理解』とは、決して「同調」や「付和雷同」「感化影響されること」等ではありません。

9,これらの書籍を借りたからと言って、(下のメールにも明記したように)まがたまぱじゃま。自身がそれらの書籍内容を「理解」するとはいえ、それらに付和雷同的に「同調」したり「感化影響される」等、まがたまぱじゃま。自身が「悪魔や鬼や893等になる」わけでもありません。
悪しき誤解無きよう。ありがとうございます。

10,まがたまぱじゃま。は、たとえ「悪魔(悪魔崇拝者)」や「鬼」「893」等に対しても、「差別偏見」「否定排除」等はいたしません。

11,「このよ」における「存在」として、「しぜん」と『理解』いたします。
何卒、悪しき誤解無きよう。ありがとうございます。

12,「書籍に記されていること」は、敢えて何らかの「理由」や「意図」等により「事実{しんじつ(真実/まこと/神実/しんじつ)}と異なる表現」が為されている「可能性」も否定排除いたしません。

13,従って、あくまでも「書籍に記されていること」は、「書籍に『記されている』こと」として「理解」いたします。
(【再記】「書籍に記されていること」は、あくまでも「書籍に『記されている』という事実」だけであり、その「しんじつ(真実/まこと/神実/しんじつ)」は、「別の次元」で「ある」ことを「理解」しています。)

14,(「再々記的になりますが)その「事実」が「しんじつ(真実/まこと/神実/しんじつ)」か否かは、また別の次元で「ある」のだと「理解」しています。

15,従って、これらの書籍を、まがたまぱじゃま。が読んだからといって、「まがたまぱじゃま。がそれらの書籍の内容を鵜呑みにしている」等という誤解未理解等、「悪しき思念」等が生じませぬよう、ご理解いただけましたら幸いに存じます。
ありがとうございます。

16,上の「拝借理由目的」にも明記しましたが、これらの書籍をお借りする目的は、これまで、誤解や未理解等により、社会的に(一方的に)「悪」等と『されてしまっている』可能性のある存在に対する、「ふかい『理解』」を「たすける」ためです。

17,決して、まがたまぱじゃま。自身が、これらの書籍に記されている内容精神や『思想』等を鵜呑みにして、それらの書籍内容精神や『思想』等に同調感化等されるためではありません。

何卒よろしくお願い申し上げます。
ありがとうございます。


18,安倍総理大臣様が(文字等として)明言なさった「悪魔」ということに関しても、上に明示した「一連の悪魔に纏わる書籍」をお借りし、「悪魔」に対する「ふかい理解」をさせていただいたお陰で、「悪魔」に対する「不知」「無知」等であるが故に心理的に生じる「恐怖」や「嫌悪感」「差別偏見意識」等は払拭浄化されました。
ありがとうございます。


<【◆◆重要観点◆◆】>
19,大多数や「主流」「大勢」等とは異なる「マイノリティー(少数・稀少/希少)的存在」に対して、「悪魔」や「悪」等という、軽率な「善悪二極判断思考」に起因する、「一方的で安易短絡的な、偏向偏重した、貧弱な価値観に起因する『一方的な判断』」等を「してしまうこと『 自体 』」が、まさに「このよの『悪』の根源」であり、「高度経済成長期」のような、世界的に(もしくは日本社会)全体が、「右肩上がりの趨勢」である時代においては、その「大勢主流にある成長発展潮流」を阻害する、『反・成長発展主流(=阻害衰退破壊滅亡流)』」は好ましくはないですが、これまでの行き過ぎた、「ひと(や地球)の心やいのち」等をも軽んじ「利益偏向偏重主義」的で、「ひと」や「こころ」「いのち」等よりも、数値や「お金(経済)や効率最優先」の「拝金精神集団=3.11以前の日本社会」等のような悪しき潮流の、社会的価値観が大転換・大変化「しんか」成熟をし始めている「3.11以降の日本社会」「このよ」潮流である昨今においては、その「3.11以前の残流的な潮流」に対する、大多数等と異なった「あらたなマイノリティー(少数・稀少/希少)の潮流」等は決して「悪」や「悪魔」等ではなく、逆に、その「異なった潮流の『なか』」にこそ、今後の「このよ」のために有益な、重要な「まなび」が包含・内在している可能性は否めません。

20,そのような観点からも、「3.11以降」の昨今では、未だ、マイノリティー(少数・稀少/希少)的ではあれ、「主流や大勢、大多数」等と「異なる存在」に対して、短絡的に、軽率軽薄に、「悪(悪魔)」等と、一方的な判断をすることは、好ましいことではないと、強く感じ/観じています。

21,「悪魔」や「鬼」や「893」等と、軽率に一方的に『判断』されてしまっている「存在」の「歴史的背景」や「様々な事情」等の『理解』をすること無く、これまで(特に「3.11以前」)の一律的で貧弱な価値観により、それらの「存在」を短絡的に「悪」等と一方的に判断して否定排除してしまう「そのこと(=軽率に判断し否定排除すること)『 自体 』」の「悪」にきづかず、軽率に一方的に『判断』されてしまっている「存在」の中に包含・内在されている「このよ(この世/子の世/未来)」にとっての、とても重要な「ふかいまなび」を蔑ろにしてしまうことも好ましいことではないと、強く感じ/観じています。

22,これまで、人類の精神(霊性・スピリチュアリティー等)が未成熟であったがために「悪」等として軽率に社会的にも一方的に虐げられてきた存在;「やみ」。。。。「かみ」に対して(「かみ」と「ともに」)「かみの『陰』に隠れていた(隠されていた)『やみ』」までもが、「2020このよこころ大平和」に向けて、その「やみ」までもが、人類と「このよ(この世/子の世/未来)」のさらなる「しんか」成熟のために「めぐりかえりあらわれ」、「ふかいまなび」として「このよ」に「やくだつ」時と成っているのだと強く感じ/観じています。

23,その観点からも、「悪魔」や「鬼」「893」等の、これまでの社会(特に「3.11以前の未成熟な社会」)で、「ふかい『理解』」無く、誤解や未理解等の「未成熟な社会意識」等により、軽率に短絡的に一方的に「悪」等として排除排斥等されて蔑まれてきた存在に対する「ふかい『理解』」が、これからますます必要となり、(上記したように)それらの「存在」の中に包含内在している「このよ(この世/子の世/未来)」の重要な「しんい(真意、深意、神意、新意、親意、清意、心意、進意、審意、申意、芯意、信意、信倚、瞋恚、讖緯、神異、神威、しんい)」が、「このよ」の「ふかいまなび」として「いきる」ことになり、それらの存在を「ふかいまなび」として『いかす』ことにより、「2020」(日本社会のさらなる「しんか」成熟)に向けて、そららの存在はとても重要な「やくだち(創価)」と成ると強く感じ/観じています。

24,以上のように、「2020」に向けて、これまでの(特に「3.11以前」の)未成熟な社会意識により軽率に一方的に「悪」等とされてきた存在の「しんい」が、「このよ(この世/子の世/未来)」のために、とても重要な役割を果たし、「ふかいまなび」等として「やくだち」、これまで「悪」等とされて排除排斥等されてきた存在も含め、善も悪も、『すべて』が「いきる」そして、「すべて」を『いかす』、「しんか(進化・深化・心化・信化・清化・新化・真化・神化・しんか)」成熟した日本社会に「しんか」大転換大変化する時なのだと、強く感じ/観じています。

25,そして、「2020」に向けた日本社会の「しんか」成熟こそが、その後の世界「このよ」地球全体に「やくだち」、まさに「(早ければ2022)2023~2025年頃」日本社会にさらに明確に顕在化する、全世界「このよ」に「しんに『やくだつ(創価する)』日本」の「『つぎ』なる新たな成長・発展」に「つながる」「しぜん」。


ありがとうございます。





これからは、まさに、「やみ」と「かみ」が『わ』した時代。。「やみわかみ」。



◆『やみわかみ』の時代となっている「しぜん」。


「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん」です。。。。




「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。




日本のリーダーであられる安倍総理大臣様の、あの「悪魔の言及」「ひとこと」が「きっかけ」で、「悪魔」⇒「鬼」⇒「893」等へと、「探求心」が「つながり」ました。

安倍総理大臣様にも心から感謝しています。


ありがとうございます。





自分自身も「発達障がい」の「精神過敏」等の事情により、大多数の健常者の皆様とは異なる、如何ともしがたい「マイノリティー(少数・稀少/希少)」的な諸言動等が生じます。

「発達障がい」に起因する「精神過敏」等に対する「誤解や未理解」等により、「相互理解」を試みるのではなく、表層的で短絡的で、軽率軽薄な「一方的な『判断』」によって、「揶揄嘲笑」や「差別偏見」、さらには「排斥排除意識」等を仕向けられました。
(もちろんそれらに対しても「すべて」に心から感謝しています。ありがとうございます。)

さりげない排除等を受け、自殺に追いやられる危険を幾度も乗り越えてまいりました。


「社会的な誤解や未理解」等に起因して生じる「自殺願望(希死念慮)」を卒業できた今では、まがたまぱじゃま。の「苦難、困難試練の人生」を通じて、次のことを悟ることができました。


◆「困難試練もこのよの愛」。

◆「このよこころ」「すべて」「まなび」。

◆「苦難、困難試練も、このよの愛の大切な『ふかいまなび』」。




今では、「苦難、困難試練」等も「このよの愛の『ふかいまなび』」として、「すべて」に感謝しています。


ありがとうございます。





「2020」に向けて、日本国内に「しぜん」と世界中から多くの人々が流入してまいります。

「みなのこころせんたくしだい」、「大平和2020」と成るも、「とんでもない2020」と成るも、

とても「しぜん」です。



◆「ひとりひとり」の「こころせんたくしだい」が、「めぐりかえりあらわれる」「しぜん」。



「大平和2020」と成るも、


「とんでもない2020」と成るも、


「ひとりひとり」の「こころせんたくしだい」。。。。




「わたし」は「すべて」に感謝します。


ありがとうございます。
まがたまぱじゃま。
全感謝。


-----Original Message-----
From:まがたまぱじゃま。
Sent: Saturday, July 05, 2014 10:46 AM
To: 日本橋図書館御中
Cc: 「あい」の皆様
Subject: <返信不要>「悪魔」に関する書籍。

{お忙しいところご返信いただかなくとも大丈夫です。}

日本橋図書館
ご担当者様、
(CC;「あい」の皆様)
大変お世話になっております。

以前、下の一連のメールをお送りさせていただいた、「東京都中央区『お江戸界隈』在住のまがたまぱじゃま。」と申します。

毎週末、とてもありがたく日本橋図書館を利用させていただいております。
ありがとうございます。

本日、以下の書籍を借りさせていただきます。

1)魔術の歴史
2)ルシファー-中世の悪魔-
3)メフィストフェレス-近代世界の悪魔-
4)悪魔の系譜
5)サタン-初期キリスト教の伝統-

これらは「悪魔」に関連した書籍です。


◆先日(6月30日)の『「私の第3の矢は悪魔を倒す」 安倍首相が英紙に寄稿』という記事等にも関連して(日本のリーダーであられる安倍首相様も明言した)「『悪魔』とは何なのか」ということをさらに深く知る必要性・重要性を強く感じ/観じたためです。


<【参照】msn産経ニュース『「私の第3の矢は悪魔を倒す」 安倍首相が英紙に寄稿』>



悪魔に関する書籍を多数借りるために、「未理解」や「誤解」による「噂話」や「陰口」等の「悪しき思念」が生じないように、以下を明言させていただきます。


◆まがたまぱじゃま。は、「悪魔に関する書籍」をお借りいたしますが、決して「悪魔信仰」の者ではございません。
(もちろん「悪魔信仰者」の方々に対する「差別偏見」等の「悪しきこころ」も、持ち合わせてはおりません。
◆「わたし」まがたまぱじゃま。は、「すべて」に対して「しぜん」と敬意と感謝の「こころ」です。)


「悪しき誤解」等無きよう、何卒、よろしくお願い申し上げます。


いつも、「書籍ピックアップ」のご支援等、心から感謝しています。

ありがとうございます。
まがたまぱじゃま。
東京都中央区「お江戸界隈」在住。


<以下、以前お送りさせていただいたメール>
-----Original Message-----
From: まがたまぱじゃま。
Sent: Saturday, January 25, 2014 1:39 PM
To: 日本橋図書館御中
Cc: 「あい」の皆様
Subject: <{簡易ご報告}【感謝】> 「日本橋図書館貸し出し新システム」に関わる「発達障がい者」へのご理解とご支援。

{お忙しいところご返信いただかなくとも大丈夫です。「おこころ」ありがとうございます。}

<{簡易ご報告}【感謝】>


日本橋図書館
ご担当者様、
{以下メール削除}<一連のメール;ここまで>

「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。



「ひとりひとり」


「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「 2020 」。。。。




「ひとりひとり」


「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「 しぜん 」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}

「中森明菜様」皆様。。。ありがとうございます。 「わらうでござる。」【長文ごめんなさい。。】

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。
2014年9月13日(土)。



「中東情勢」が世界を巻き込み

「このよ」を大転換大変化激変しようとしている昨今。



東欧「ウク露」も水面下で

次なる戦略が進行する昨今。




UK、ゆくゆく国家分裂の昨今。



「西班牙」もUKに続き

国家分裂しそうな昨今。




「日中韓朝」歴史認識のズレが

大問題としてさらに顕現しそうな昨今。




「北朝南米」ドラッグの「死がらみ」が

日本社会に拡散している昨今。




偏西風の激変による地球大気の激変による欧米気象激変による穀物生産量の激変による穀物輸入高激変による食糧事情激変による日常食費激変による「日本の食の激変」の昨今。



石油価格も乱高下。株価も乱高下。為替先物乱高下。金の価格も乱高下。手数料収入は絶好調だが乱高下に巻き込まれた人々は絶不調の昨今。



「エボラ」も「デング」も「結核」も「チフス」も「百日咳」も感染拡がる昨今。



「大洪水」と「噴火」と「地震」と「火災」と「爆発」と「衝突」と「墜落」と「竜巻」と「雹霰(ひょうあられ)」と「天災」と「人災」との昨今。


。。。。




今朝の「神社でのめでぃてーしょん」でも、

やはり「こえ」が生じました。。。




。。。。

。。。



。。。。。




わらうでござる。


わらうでござる。


わっはっはっはっは。。。。


。。。。




わらうでござる。


わらうでござる。


わらうでござる。



わっはっはっはっは。。。。



わっはっはっはっは。。。




。。。。




わらうでござる。


わらうでござる。


わらうでござる。



わっはっはっはっは。。。。



わっはっはっはっは。。。




わらうでござる。



わっはっはっはっは。。。。


。。。





【2014年9月15日(月)厳重留意;追記】
ここに記されている「わらい」とは、心温かい「愛のある笑い微笑み」。まるで親が子供の、もしくはお爺さまやお婆さまが孫の愛らしい仕草や言動等を「微笑ましく」感じる/観じる「わらい」です。それはまさに「和来」であり、「和み」が「来る」「わらい/笑い/和来」のことです。
たとえ「苦難、困難試練」の「なか」にあろうとも、悲観や絶望等に打ち拉がれるのではなく、「苦難、困難試練」の中にあろうとも、「すべて」に感謝して「和み来る」「わらい/笑い/和来」を忘れず、「わらい/笑い/和来」「ユーモア」等の心も大切にする「しんに豊かな人生」。「わらい/笑い/和来」とは、その「こころ」のことです。
決して「誹謗中傷」や「見下し貶め」「差別偏見」等の意図を含んだ「嘲笑」のことではありません。「悪しき誤解」無きよう。ありがとうございます。






。。。



「中東情勢」が世界を巻き込み

「このよ」を大転換大変化激変しようとしている昨今。




「エボラ」も「デング」も「結核」も「チフス」も「百日咳」も感染拡がる昨今。



「大洪水」と「噴火」と「地震」と「火災」と「爆発」と「衝突」と「墜落」と「竜巻」と「雹霰(ひょうあられ)」と「天災」と「人災」との昨今。




「昨今」。。。



。。。



それでも、「しあわせ」に「いきる」。


これでも、「しあわせ」に「いきる」。


だれでも、「しあわせ」に「いきる」。



。。。。




「わらい/笑い/和来」と「ともに」。。。




皆様と「ともに」。。。。




「すべて」と「ともに」。。。




。。。。



「困難試練」も「このよ」の愛。


「このよこころ」「すべて」「まなび」。


「苦難、困難試練」も「このよの愛」の「ふかい」「まなび」。


。。。。



「ふかい」「まなび」に満たされた

「このよの愛」に充ち満ちた

「昨今」。。。


。。。



それでも、「しあわせ」に「いきる」。


これでも、「しあわせ」に「いきる」。


だれでも、「しあわせ」に「いきる」。


。。。。





「わらい/笑い/和来」と「ともに」。。。




皆様と「ともに」。。。。




「すべて」と「ともに」。。。




。。。。





「このよの愛」に満たされた

「ふかい」「まなび」に充ち満ちた「昨今」に、

以下のメール内容を、

このブログを通じて、

「このよ」とシェア(共有)させていただくことと

なりました。


。。。。




ありがとうございます。





{以下、メールは「時系列」に配置変更済みです。}
【メール1】-----<メール1> Message-----
From: さくら。
Sent: Monday, August 25, 2014 1:34 PM
To: 「あい」の皆様。
Subject: RE: <申し訳ございません。> 体調90%程度回復。
Importance: Low

{お忙しいところご返信いただかなくとも大丈夫です。}


。。デカプリン様。。。女神様。。。
(CC1;うめ様)
(CC2;「あい」の皆様)

(。。。「デカプリン様」は、今回初めて。。。
ごめんなさい。。。ごめんなさい。。。ごめんなさい。。。
「S様」は、「さくら。」にとっては、ガッツと陽気、パワー溢れる「デカプリン様」なのです。。。

。。。(女神様も以前ちょっとおっしゃっていたように)映画俳優の「デカプリオ様」に似ているような。。。
しかし、「日焼け」をすると、「プリン」が「ババロア(?)」になっちゃうとか。。???)


。。。ごめんなさい。。。

ふざけているんじゃないんです。。。。


さくら。は、実は、今、「泣いて(号泣して)」います。。。。


さっき、ランチタイムで、「やみ(病)」の中、床から起き上がり、いつものように「音楽」を聴きながらご飯を食べていました。。

。。。最近は、「女神様」にとても(デビュー当時の声が)似ている『中森明菜様』。。。

先日(8月6日)に、中森明菜様は、「新しいCD」をリリースしました。。。

リリース前から予約して、早速入手して、最近「中森明菜様」を聴いています。。。

さくら。にとっては、「あのD時代の懐かしく美しい『中森明菜様の歌合戦(カラオケ大会)』」の美しい想い出があるから。。。


山口百恵様も大好き。。。

中森明菜様も大好き。。。

。。。


中森明菜様とも「しんえん」があるんです。。。。


そして、今、「号泣」していた理由(わけ)は、この「やみ(病)」と、この「つらさ」苦悩・苦痛。。。

でも、それも「このよの愛」だと悟り、「やみ」の「苦悩・苦痛」も「愛の『まなび』」だと悟り。。。。

でも、皆様が、こうしていてくださることで、さくら。は「このよ」に「いきて」いられると感じ/観じ。。。。

そして、中森明菜様の歌を聴きながら、「中森明菜様の人生」を感じ/観じて。。。。

とても「順風満帆だったデビュー当時」から、『とあるできごと』をきっかけに、その後「壮絶な苦悩の日々」が続き。。。

そして、「精神的にも、極限に近い苦悩の人生」を歩み。。。。

しかし、こうして「新しいCDをリリース」して、『いきる』。。。。

。。。。


新曲ではないけど、『帰省~Never Forget~』の歌詞の内容が、とても心に響き。。。。


<【参照】YouTube 中森明菜 『帰省~Never Forget~』>


。。。さくら。、号泣!!!!。。。


。。。明菜様は、PVの中で、まさに「壮絶な人生の『なか』でも『いきる』」「苦悩」の、しかし「もうこれ以上何も無い」という「無」のような表情で。。。

まさに、「これだけの精一杯の『無』」。。。。

その状態と、今の「やみ(病)」のさくら。の状態とオーバーラップして。。。。


そしたら、「号泣」。。。。。


。。。。。


中森明菜様に関しては、2010年頃、近所の床屋さんで、つい「明菜様の声は、つらい」と言ってしまい。。

その後、明菜様の復活が中断してしまい。。

明菜様に申し訳ないことを言ってしまったと。。。。

。。。。。


今では、中森明菜様の「人生」のその「苦悩・苦痛」等が、まさに「じぶんごと」のように感じ/観じられ。。。

。。。

「苦悩・苦痛」の「なか」。。。それでも「いきて」ゆく。。。。ずっとずっと。。。。


新曲『Sweet Rain』のように、「優しい雨」に包まれて。。。


。。。。



「困難試練もこのよの愛」。。。

「このよ」「こころ」「すべて」「まなび」。。。。

困難試練も、「すべて」愛の「まなび」。。。。

。。。


。。。。。


ごめんなさい。。。。


またおかしなメールをお送りしてしまって。。。

ごめんなさい。。。。。


。。。。


中森明菜様を聴きながら。。。

また床に着きます。。。。


おかしなメール、ごめんなさい。。。。。


ありがとうございます。
さくら。。。。
「やみ」にも感謝。。。







【メール2】-----<メール2> Message-----
From: まがたまぱまじゃ。
Sent: Monday, August 25, 2014 8:00 PM
To: 「あい」の皆様。
Subject: RE: <◆返信希望◆>{削除}
Importance: Low

「あい」の皆様、
ご返信ありがとうございます。

今現在(19:35)も、昨夜よりも「体調の回復」が実感されるものの、やはり「眉間の頭重感」と「意識散漫(←意識朦朧までは悪化していないのですが、健康時のような「はっきりとした意識」とは異なる、ぼぉぉぉっとした感覚)」と「全身/全心の倦怠感(鬱傾向含む)」が続いています。。

。。。しかし、本日日中に、「中森明菜様の件」で、まさに「号泣できた」ことで、こころに鬱積していた「つらさ(?)」が、涙と一緒にかなり「流れ出た」とも感じ/観じられ、「心が多少軽くなった」感覚を自覚しています。。

(。。。中森明菜様のお陰で、「号泣することができ」、中森明菜様にも心から感謝しています。
また、「号泣すること」は、精神の健康維持には、とても「しぜん」な反応であり、その「悲しみやつらい感情」を無理に我慢せず、敢えて一時、「号泣すること」は、とても効果的であることを、また改めて実感しました。
いつまでも「めそめそすること」は、「鬱に陥ってしまう危険がある」ので、「いつまでも悲しみや辛さを引きずってめそめそすること」は、まがたまぱじゃま。はいたしません。
一時、思い切り「発作的にも、『しぜん』な心で、思い切り『号泣』」して、そしてその「一時(5分~10分以内程度)」が過ぎれば、あとは心がとても軽くなります。)


{削除}


。。。。

本日は、「中森明菜様のお陰で『号泣』すること」ができ、心が多少軽くなり、「デカプリン様」も初登場して、多少「ユーモアのメール」を記すことができるようになりました。

その観点からも「体調は着実に『回復に向かっている』」ことが実感できています。

さらに、昨夜は「おばあちゃんと、とても楽しく盆踊り」も踊ることができ、さらに「叔母がつとめていた会場近くの喫茶店でクリームソーダやかき氷」もおいしくいただきました(笑)。)

。。。今夜は、「幼少時代(5歳頃)の、近所の仲良し」が「こころ」に出てきているので、その「近所の仲良しの家」に遊びに行ってまいります!!

。。。この「記憶」は、おそらく「晩夏のこの空気感」が、当時の「あの頃の空気感」と似ていることから、その当時の「想い出」がまさに「映像・映画を観ているようにはっきりと鮮明に」蘇ってきているのだと自己分析しています。。

。。。。

近所の「イチジクの木」に、たくさんのセミやセミの抜け殻を見つけて楽しんだこと。。。

その仲良しの家で、「怪獣ごっこ」をして遊んだこと。。。

その子のお姉様がとても優しくて、そのお姉さんが保母さんになり、「保育園ごっこ」をしたこと。。。

等など。。。

(まがたまぱじゃま。の「発達障がい」は、幼少時代に「ごっこ遊び」は、盛んに行ったのですが、その「役柄」が、いつも「特異(特種)」でした。。。
。。その「役柄」は、いつも「ワンパターン」なのです。。。
逆に、その「ワンパターンの役柄以外」は、全く演じることができなかった記憶があります。。。)

。。。。

。。。今夜は、「幼少時代(5歳頃)」の「記憶の中」に、タイムトリップ!!!

行ってまいります(笑)!!!



ありがとうございます。
まがたまぱじゃま。。







【メール3】-----<メール3> Message-----
From: まがたまぱじゃま。
Sent: Wednesday, August 27, 2014 5:44 PM
To: 「あい」の皆様。
Subject: <返信不要>「中森明菜様」。。。ありがとうございます。 【長文ごめんなさい。。】

{お忙しいところご返信いただかなくとも大丈夫です。}


◆以下、あまりにも「長文」ですので、お読みくださらなくとも大丈夫です。。。
ごめんなさい。。。

どうしても、どうしても、どうしても、「おはなし(お話/お離/お放)」して「こころ」から出してあげる必要を感じ/観じて。。。。


ごめんなさい。。。

ごめんなさい。。。

ごめんなさい。。。。



「おはなし(お話/お離/お放)」させていただき、ありがとうございます。。。。

ありがとうございます。。。


ありがとうございます。。。。


。。。。。




「あい」の皆様。。。



。。。以下、またまた「おかしな(?)」メール、ごめんなさい。。。。


しかし、どうしても、どうしても、「おはなし(お話/お離/お放)」させていただきたく。。。

こうして「おはなし(お話/お離/お放)」して、「こころ」から出してあげなければ。。。。

「こころ」の「なか」に鬱積させておくと。。。。

。。。。

また、豪雨や爆発、噴火、衝突、墜落。。。「3.11の『つぎ』」等、「なにか」が別の「悪しき事情」等として、「このよ」に顕現してしまいそうで。。。

ごめんなさい。。。

また、「長文」になってしまい、ごめんなさい。。。。

「おはなし(お話/お離/お放)」させていただけ、ありがとうございます。。。。

ありがとうございます。。。

ありがとうございます。。。


。。。。。。



「やみ(病み)」の「なか」にありながら、月曜日(25日)には、上の【メール1】「Sent: Monday, August 25, 2014 1:34 PM」の「デカプリン様登場」の「ユーモア的メール」のように、精神的な余裕もありました。。

しかし、本日は、「突然の涼しさ」等、「低気圧や前線;大気不安定」により、(夏風邪はほぼ{95%}回復を自覚しているものの)「鬱」が生じてしまいました。。。


その「鬱」をよぉぉぉく、よぉぉぉく、よぉぉぉく見つめてみると。。。

「このメールをこうして記すこと(こうして「おはなし(お話/お離/お放)」させていただくこと)」を求めているように強く感じ/観じられ。。。

つまり、このメールを、こうして記していることは、その「鬱のパワー」のような感覚です。。。

その観点からも、「鬱」にも「やみ」にも感謝です。。。。

ありがとうございます。。。


。。。


突然ですが。。


上の「【メール2】(Sent: Monday, August 25, 2014 8:00 PM)」内に記した『幼少時代(5歳頃)の、近所の仲良し」がまがたまぱじゃま。の「こころ」に出てきた』件に関して、「なぜ、あの仲良しが『こころ』に出てきたのだろう。。??」と、さらに「深く」その「想い出」をたどってゆくことにしました。。



すると。。。


。。。。



南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経。。。。



。。。。。


。。。。。



仲良し君のニックネームは「まーくん」。。

いつもまがたまぱじゃま。は、その子のことを「まーくん」と呼んで、まるで「兄弟」か「双子」のような、仲良し感覚でした。

(まーくんの誕生日は、まがたまぱじゃま。の誕生日の「6日前」。。。

町の「同じ産婆さん」で、「このよ」に「いのち」として誕生しました。。。


幼少時代には、母は、「あなた(まがたまぱじゃま。)が生まれるとき、少し前にまーくんが(同じ産婆さんのすぐ近くの部屋で)生まれて、お母さんは、まーくんの産声を聴きながら、あぁ、もうすぐまがたまぱじゃま。も生まれてくるのかなぁ。。と楽しみにしていたのよ。。あなたとまーくんは兄弟(双子)のように仲がいいね。」と、よく話して下さったことを覚えています。。


。。。



南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経。。。。


。。。。。。


「南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経」。。。


。。。


まーくんのご家族はとても熱心な「創価学会」のご家庭でした。。。


まーくんの家に遊びに行くと、いつもお母様か、お姉様か、誰かが仏壇に向かって「南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経。。。」と、お経を唱えていました。。


まーくんの家で、二人で仲良く怪獣人形等で遊んでいる時も、ご家族の誰かが「南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経。。。」


。。。


まーくんの家では、いつも、


「南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経」。。。


。。。



頻繁に、まーくんの家に、多くの人々が集い(家中一杯に人々が入りきらないほど)、「勤行」と言われる(?)祭事を熱心になさっていました。。。


。。。。



とある日、「池田先生がいらっしゃる!!!」と、まーくんはとても嬉しそうに話していたことも覚えています。

「池田先生がいらっしゃった日」には、まーくんと、池田先生が黒塗りの車から下車なさる所を一緒に見に行った記憶もうっすらとあります。。。


。。。。


南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経。。。。

。。。。



先日の、(上の【メール2】の)月曜日(25日)の「まーくんとの想い出」の後、ずっと、この「南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経。。」が、まがたまぱじゃま。の「こころ」の中にずっと響き続けています。。。


「南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経」。。。



。。。昨夜も。。。



そして「いま」も。。。


。。。。



まさに「いま」、これを「こうして記している」最中も。。。。



南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経。。。。


。。。



そしてその「南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経。。」に関しては。。。


。。。大学時代に仲良くさせていただいた方(親友)も「創価学会」でとても活躍なさっていた御方でした。。

そして、現在の「太田昭宏国土交通大臣様」も、まがたまぱじゃま。の高校時代の大先輩(愛知県立{削除}学校卒業)の「ご縁」もあり、その大学時代のその親友を通じて太田明宏様をご紹介くださり、D入社前には、「お手紙のやりとり」をさせていただいた「しんえん」ある御方様です。。


<【参照】ブログ『6,【大学時代(20~23歳)】-2) 創価学会の親友と太田代表 (深い信仰心との出会い)』>



。。。

この前の月曜日(25日)に、「まーくん」がまがたまぱじゃま。の「こころ」に出てきたのは、どうも、「南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経」や「太田昭宏国土交通大臣様」等に「ふかい」理由があることを「みちびいて」くださっているのだと感じ/観じられます。。。



南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経。。。。



。。。


そして突然、「中森明菜様」。。。。


。。。。

。。。なぜ、「南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経。。。」と「中森明菜様」が「つながる」のかは、「なんとなく」わかってきたのですが。。。


その「しんい」を、この場で「おはなし(お話/お離/お放)」できるか否か。。。

。。。


この後、この下に「中森明菜様」に関して「おはなし(お話/お離/お放)」した後に、その「結果」が明確になると思います。。


ごめんなさい。。。


。。。。。


。。。


。。。。。。。。。。



幼少時代には「山口百恵様」が大好きでした。。

<【参照】『4,【中学時代(13~15歳)】-3) 山口百恵さんの「みつめトレーニング」 (「ミラートレーニング」との出会い)』>





そして「中森明菜様」は。。。

1982年に『スローモーション』でデビューなさり、その当時まがたまぱじゃま。は「青春真っ只中!!」の「高校時代」!!

中森明菜様は1965(昭和40)年7月生まれ。。

まがたまぱじゃま。は{削除}生まれ。。。

「ほぼ同じ『昭和時代』」に「このよ」に「いのち」として誕生しました。。。

。。。


まがたまぱじゃま。は「発達障がい」の「特異な強いこだわり」のため、「何かに『ぞっこん』」になると、「のめりこんでしまう」傾向がとても強烈です。。

幼少時代から中学時代には、「山口百恵様」や「ピンクレディーの皆様」、「カブトムシやアゲハチョウ」「亀やイモリ」「手乗りインコ」や「恐竜」「ゴジラ」「ABBAの皆様」そして「英語」に「ぞっこん」!!!



。。。



幼少時代から中学時代には、


何かに「ぞっこん!!!」状態なのです。。。


。。。


しかし、「中森明菜様」に対しては、デビュー時期が「高校時代(進学校)」ということもあり、

時間的にも、精神的にも「ぞっこん」というわけではありませんでした。。

(高校時代には「進学(受験)」という人生のプレッシャーもあったためか、

特に「ぞっこん」になれるものは、ありませんでした。。

当時は、「副鼻腔炎」も悪化してしまい、日々、終日、始終、眉間や副鼻腔の「鈍痛」が

苦になり辛く、「ぞっこん」的に集中できる健康状態でもありませんでした。。

その「痛み」のために、勉強にも集中できず、成績も悪化してゆきました。




{【★厳重留意★】青春期(中・高校時代)の「副鼻腔炎(慢性/急性)」と「発達障がい(精神過敏)」が重なると、「その後の人生を大きく左右してしまう」程の『厄介』となる。
「青春期の副鼻腔炎」に厳重注意。}


(今振り返ると、高校時代の社会科の先生が頻繁に授業中に「ぼくは高校時代に副鼻腔炎(蓄膿症)だったので、まるでいつも鉛の鉄仮面をつけているほど鈍痛で頭が痛く、蓄膿症さえなければ東大に入学できたが、蓄膿症のために別の大学に進学することになった。。」と、ことあるごとに、何度も何度もつぶやいていたことが思い出されます。。
当時は「蓄膿症」という言葉の「ひびき」にとても精神的な抵抗感(恥ずかしい感じ?)があり、当時「自分も慢性副鼻腔炎であること」を言い出すことができませんでした。
その先生の「おこころ」が、とてもよくわかります。。共感。。。
大学時代に「副鼻腔炎の排膿手術」を受け、今では「急性副鼻腔炎」にかかりやすい骨格体質ですが、「慢性的」には悪化していません。
しかし、今回の「一連の夏風邪的な体調崩し」は、その「きっかけ」が「副鼻腔炎的」な、「副鼻腔に極度の頭重感」を感じる/観じるものでした。
まがたまぱじゃま。は、上記のような事情もあり「副鼻腔炎」には厳重注意しなければなりません。
「副鼻腔」は、「脳」と密接な関係があるようで、「副鼻腔」に、何らかの菌やウィルスが入り込むと、「脳」に多大に影響し、そのことが「ひきがね」となり、(過去は)「自殺願望(希死念慮)」も生じさせるほど、「精神的な悪化」が生じやすい「厄介な病み」だとと自己分析しています。。。

【再記;◆厳重注意◆】「副鼻腔炎」には厳重注意です。。。)





。。。


。。。。。


(「中森明菜様」の話に戻って。。。)


「中森明菜様」に対しては、デビュー時期が「高校時代(進学校)」ということもあり、

「進学(受験)」という人生のプレッシャーもあったためか、

何かに「ぞっこん」になることはありませんでした。。



特に「ぞっこん状態」でもなかったのに、

なぜ、「中森明菜様」がまがたまぱじゃま。の「こころ」に宿っているのか。。。


。。。


高校時代「青春真っ只中!!」。。。

「バレーボール部の夏の合宿」で、夜、皆で銭湯に行った時に、

銭湯にあったテレビで。。。

(その数年後、上智大学での体育サッカーの時間、

隣のコートにその方がいらっしゃったという「ご縁」があるとは思いもよらなかった)

早見優様」が『夏色のナンシー』を元気に歌っていらっしゃり

バレー部の野郎みんなで、湯船の中、『夏色のナンシー』を楽しく歌った記憶が鮮明に残っています。。。


<【参照】YouTube 早見優様 『夏色のナンシー』>

<【参照】YouTube 早見優様 『Coke CM(1983年)』>




。。。野郎(男)達が銭湯の湯船の中「芋洗い状態」で、

みんなで楽しく『夏色のナンシー』を歌っている。。

。。。。


今思い出しても、なんとも「ほほえましい」青春真っ只中!!の美しい(?)「想い出」です(笑)。。


。。。



。。。青春真っ只中!の、高校時代。。。「早見優様の想い出」は鮮明に残っているのですが。。。


。。。当時の「中森明菜様に纏わる鮮明な想い出」は。。。。


。。。残念ながら。。。無いのです。。。


。。。。


無い。。。???。。


。。。ほんと。。???


。。。???。。。

。。。

ほんとに、「中森明菜様の思い出」は、無い。。??。。。


。。。。

。。。


心の中をよぉぉく、よぉぉぉく探してみると。。。

。。



「ただ一つだけ」。。。。



。。。中学3年生の時なのか、高校入学後なのか。。。

ある日、妹たちが楽しそうにテレビを観ていたその前を、まがたまぱじゃま。は横切りました。。。


(。。。妹たちが楽しそうにテレビを観ているのに、テレビの真ん前を「遮るように」

横切らなければならなかったので、「妹たちに申し訳ないなぁ」と感じながらも、

狭い部屋なので仕方なくテレビの前を横切りました。。)


テレビの前を「申し訳ないなぁ。。」と感じながら横切る際に、

ふとTV画面が目に入りました。。



そこには、「中森明菜様が真っ白なドレスで初々しく、そして

はにかみながらも精一杯『スローモーション』を歌っているシーン」が、

「一瞬だけ」まがたまぱじゃま。の「こころ」に映りました。。。


<【参照】YouTube 中森明菜様 『スローモーション』>




。。。わずかその「一瞬」です。。。



。。。中森明菜様の「想い出」は、高校時代、ほとんど「無い」に等しい。。。



しかしその「わずか一瞬」。。。

その「少し恥ずかしそうに『はにかんだ』わずか一瞬の印象」が、

なぜか今でも「ふかく」まがたまぱじゃま。の「こころ」の「なか」で

「その妹たちが観ているTVの前を横切った瞬間に

一瞬見えた中森明菜様の印象シーンの想い出」として

光り輝いているのです。。。


。。。


「わずか一瞬の想い出」。。。


。。。


しかし、中森明菜様の「歌(歌声)」は、その後の人生を通じて、

とても「しぜん」とまがたまぱじゃま。の「こころ」に届いていました。。。



中森明菜様の「歌(歌声)」は、高校、大学時代を通じて、

「特に大ファンとして感じ/観じているのではない」にもかかわらず、

「こころ」にとてもしっかりと届いていたのです。。



(高校、大学時代には、比較的「英語」に夢中だったため、

「日本の歌謡曲」よりも、当時は「マドンナ様」等の

「洋楽」の方が好きでした。


その当時、洋楽が好きだったにもかかわらず、

なぜかまがたまぱじゃま。の「こころ」に、しっかりと

「中森明菜様の歌」が「とどいて」いたのです。。。)



特に『北ウイング』は、

まがたまぱじゃま。が「米国高校ホームステイ留学」に

成田空港から旅立つときに、丁度ヒットしており、

「生まれて初めて飛行機に乗る感動」と共に

「あぁ、あの中森明菜様の、まさに『北ウイング』だぁ!!!」と、

「二重の感動」を下さったことを覚えています。。



(その中森明菜様の『北ウイング』は、

その後社会人となり、「D勤務時代」に、

人生のとても大切で「美しい想い出」の一つともなりました。。

ありがとうございます。)



大学時代には、『DESIRE-情熱』が大ヒットしていました。

突然の「和装おかっぱ明菜様」!!。。。

それは衝撃的でしたが、やはり当時上智大学英語学科に通っていた

まがたまぱじゃま。の心は「マドンナ様」等、洋楽と英語に興味が向いていました。。


。。。にもかかわらず、まがたまぱじゃま。の「こころ」には、中森明菜様の

以下の「歌声」が、しっかりと「とどいて」いたのです。。。


「スローモーション」(1982年)
「少女A」(1982年)
「セカンド・ラブ」(1982年)
「1⁄2の神話」(1983年)
「トワイライト -夕暮れ便り-」(1983年)
「禁区」(1983年)
「北ウイング」(1984年)
「DESIRE -情熱-」(1986年)
「ジプシー・クイーン」(1986年)
「Fin」(1986年)
「TANGO NOIR」(1987年)
「BLONDE」(1987年)
「難破船」(1987年)


(1984年~85年は、「米国高校ホームステイ留学中」

1988年~89年は「米国大学交換留学中」だったため、

以下の「歌声」は後にまがたまぱじゃま。の心に「とどき」ました。。)

「サザン・ウインド」(1984年)
「十戒 (1984)」(1984年)
「飾りじゃないのよ涙は」(1984年)
「ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕」(1985年)
「SAND BEIGE -砂漠へ-」(1985年)
「SOLITUDE」(1985年)
「AL-MAUJ (アルマージ)」(1988年)
「TATTOO」(1988年)


1990年3月に大学を卒業し、社会人となり、

その後は、「発達障がい」等による、日々の「疲労困憊」のため、

「うた」どころではない毎日でした。。


「中森明菜様の歌」に関しても、「TATTOO(1988年)」以降は、

「ほとんど知らない」状態となっていました。。。。




。。。。




1990年4月、Dに入社。。。

当時、日本は「バブル経済」の真っ只中。。。


日本のサラリーマンには「24時間、たたかえますか!」という

有名CMフレーズが拡がり、

仕事も遊びも「いけいけ!!」状態。。




D社内のあちこちで、

「◎◎部長が(心臓発作等で)倒れたぞ。。

おれも早く楽になりたいよ。。」等と、つぶやかれていた時代でした。


まがたまぱじゃま。も、「終電以降の、タクシー帰宅」の毎日。。。


そんな「エキサイティング」なD勤務時代のある日(ある夜)、

『(お得意様{T社}をご招待しての)中森明菜様の歌を歌うカラオケ大合戦』が

開催されました。

まがたまぱじゃま。が所属していた部署の、一人ひとりに、

「中森明菜様の歌」が割り振られ、まがたまぱじゃま。は

『北ウイング』を歌うことになりました。


『北ウイング』は、前記したように、とても「想い出深い」大好きな歌。

とある理由により、「歌詞の一部」を変更するように、事前に依頼され、

当日(当夜)は、その箇所を変更して、エキサイティングに

「中森明菜様の歌合戦」を楽しみました。


。。。。


今でも、時々、その「美しい想い出」を思い出します。。。

まがたまぱじゃま。は「発達障がい」のために(おかげで?)、

「当時の記憶」が、まるで映画でも観ているかのように、

はっきりと鮮明に「こころ」の「なか」に美しく輝いているので、

時々、その「美しい想い出」の「なか」に、遊びに行きます(笑)。。



D勤務時代の『中森明菜様の歌合戦』の想い出は、

まがたまぱじゃま。にとって、とてもとても「美しい想い出」として、

「こころ」の「なか」で、「いま」でも、輝き続けています。。。


。。。。。



1992年6月18日にDを退社し、

その後は、「発達障がい」不自覚等のため、

「波瀾万丈の人生」。。。

多くの「苦難、困難試練」を、

人生に、いただきました。。。。



◆「困難試練もこのよの愛」。

◆「このよ」「こころ」「すべて」「まなび」。。。

◆「苦難、困難試練」も、「このよ」の愛の「まなび」です。




とても多くの「まなび」をさせていただくことができました。

ありがとうございます。

。。。


2009年に、自分の「発達障がい」を自覚することができ、

「障がい者」としてでもいいので、自殺をせず、

人生の「最期」まで、「いきる」と決心して、

皆様のご理解やご支援等のお陰で、「いま」こうして、

自殺せず、このメールを記すことができています。。。

ありがとうございます。


。。。


自分の「発達障がい」を自覚した後の、

「2010年頃」の、とある日、

近所の床屋さんで、いつものように散髪をしていただいている時、

店内に流れていた「BGM」のことを、

床屋さんが話題にしました。。。


「このカバー曲、誰が歌っているかわかる?」。。。


。。。


当時、近所の床屋さんでは、「徳永英明様のカバーアルバム」や

「坂本冬美様」、「高橋真梨子様」「稲垣潤一様」等が歌う

「カバーアルバム」をBGMとして流して下さり、

「誰が歌っているか当てる」遊びをしていました。


。。。。


その日は、丁度「中森明菜様のカバーアルバム;歌姫(シリーズ)」だったのです。。


。。。。


すぐに「中森明菜様」だとわかりました。。

。。。。



「他人様(ひとさま)の曲(他の歌手の持ち歌)」であっても、

中森明菜様が歌うと、その曲は

まるで「中森明菜様ご自身の曲」になったような、

「他人様(ひとさま)の曲」に、中森明菜様が、

まるで「乗り移る(憑依する)」がごとく、

「中森明菜様の歌」になってしまうことを感じ/観じました。。。


。。。。

その「中森明菜様のカバーアルバム(歌姫シリーズ)」を聴いていて、

まがたまぱじゃま。は、つい、

「中森明菜様の声は、つらい。。。」と言ってしまったのです。。

。。。。


その当時、まがたまぱじゃま。は「発達障がい」を自覚していたとはいえ、

逆に「自分の発達障がい」と「障がい者として、社会でいきる」という

「あらたな挑戦」の日々でした。。

当時、通勤道中で、他人様(ひとさま)がぶつかってきたり、

接触すると、「硬直金縛り発作」や「過呼吸発作」が頻発していました。。


「障がい者としてでもいいので、自殺せず、いきよう」と覚悟したのですが、

その「通勤道中」に、日々、『発作の恐怖』が待ち受けていたのです。。。


「発達障がい」を自覚して「いきよう」と覚悟しても、

「通勤道中の発作恐怖地獄」の毎日。。。


当時も、とても辛い日々でした。。。

。。。。


1992年D退社以降、「発達障がい」不自覚により、

日々、「困難試練」の毎日。。。


中森明菜様も、その当時、「とあるできごと」や、

「レコード会社所属変更(転々と渡り歩く状態)」、「所属事務所問題」等、

多くの「困難試練」が多発。。。。


体調も悪化して、「2010年以降は芸能活動休止」。。。


。。。。


床屋さんで、「中森明菜様のカバーアルバム」のことを尋ねられ、

当時の中森明菜様のその「困難試練の状態」も感じ/観じてか、

つい、「中森明菜様の声は、つらい。。。」と

「ことば」がまがたまぱじゃま。の口から出てしまったのだと感じ/観じています。。


その当時は、まがたまぱじゃま。自身も、

「1992年以降の発達障がい不自覚による日々の苦難」や、

2009年にようやく自分の「発達障がい」が自覚できたこと、

そして、「発達障がいを自覚した後の、日々の発作恐怖の通勤地獄」のこと等で、

中森明菜様の「1990年代以降のことの詳細」は「ほとんど知らない」

というか、「知る、心の余裕もない」状態でした。。。




◆社会人になった後は、まさに『死にものぐるいの毎日』。。。



。。。。。。


。。。



しかし、つい最近(2014年5月)、

それまでの「人生の美しい想い出」を

『【完成】「いきる」『美しい想い出』全感謝。』としてまとめあげることができ、

まがたまぱじゃま。の人生の「美しい想い出」の「なか」に、

しっかりと「中森明菜様との『ふかい』ご縁(しんえん)」を感じ/観じ。。。。


。。。。


その『【完成】「いきる」『美しい想い出』全感謝。』をまとめあげるまでに、

2013年頃から、少しずつ、少しずつ、まがたまぱじゃま。の人生における

「中森明菜様とのご縁(しんえん)」の「美しい想い出」も

封印が解かれたかのごとく蘇り、思い出され。。。


<【参照】『2013年7月7日(日)「七夕」の「ひかりたち」;薬研堀不動院。「2013年七夕に還る」「このよ」の「おやくそく」。』>

<【参照】『2013年7月15日(月)「海の日」の「ひかりたち」;「海」を感じる/観じる庭園へ。。。「浜離宮恩賜庭園」。』>



。。。。


2013年頃から、封印が解かれたかのごとく、少しずつ蘇った

「中森明菜様とのご縁(しんえん)」の「美しい想い出」を

思い出すと「ともに」、「中森明菜様の人生の困難試練」が

「わかる」ようになり。。。



(もちろん中森明菜様は、「芸能界」という

想像も絶する業界での「困難試練」なので、

その「程度」は全く異なると自覚していますが、

しかし「人生の困難試練」という観点からは、

とても「わかる」。。というか、

「ともに」「苦難の人生」を歩んだ「いのち」として

少しでもその「苦難」を「わかってあげたい」

という感覚です。。。)


。。。。


「同時代にこのよに誕生した」中森明菜様の「人生の困難試練」。。。

。。。

決して「他人事」だとは感じ/観じず、

(程度の違いこそあれ)その「人生の困難試練」が、

まるで「じぶんごと」に感じ/観じられてしまい、

上の【メール1】「Sent: Monday, August 25, 2014 1:34 PM」で記したように、

中森明菜様の「人生」のその「苦悩・苦痛」等が、

まさに「じぶんごと」のように感じ/観じられ。。。


『帰省~Never Forget~』の歌詞の内容が、とても心に響き。。。。



<【参照】YouTube 中森明菜 『帰省~Never Forget~』>



。。。


「号泣!!!」


。。。


「苦難」「困難試練」の「なか」。。。


それでも「いきて」ゆく。。。。ずっとずっと。。。。


。。。。


。。。。


「8月6日」の「新しい『ベストアルバム』発売」前から、

予約をして、「8月6日」に即、入手して。。。


<【参照】『中森明菜;オールタイム・ベスト-オリジナル-』>



。。。。

1990年以降、社会人となり「発達障がい不自覚」のため、

「苦悩・苦難の日々」のため、まったく知ることもできなかった

「中森明菜様の1990年以降の歌」も、

その「新しい『ベストアルバム』」のおかげで巡り会うことができ、

「デビュー当時の『アイドル』としての歌声」から、さらに「しんか」

成熟した「1990年以降の中森明菜様の『アーティスト』としての歌」と

巡り会うことができ、その「アーティスト中森明菜様」の、歌の

「幅広さと奥深さ」に改めて感動し、改めて「大好き(大ファン)」になり。。。。


。。。。。



。。。。その「芸術的な、アーティストとしての中森明菜様の歌」は、

「順風満帆な人生だけ」では決して「歌いきることができない」

「人間・ひと」としての「せつない」そして「いきる」「こころ」。。

。。。まさに「いきる」、「いきている」、

「いきているからこそ味わう苦悩をも受け止める『このよの愛』」が

その「しんえん(深遠/深淵/神苑/神縁)」に、伝わってきます。。。。

。。。。


「順風満帆だけの人生では味わうこと、『まなぶ』こと」ができない、

「いきているからこそ味わう苦悩」の「まなび」。。。

「困難試練」という、『このよの愛』。。。

。。。。


その観点からも、あらためて「素晴らしいベストアルバム」に巡り会えたと、

感謝しています。。。

ありがとうございます。


。。。。


でも、なぜ、まがたまぱじゃま。は、今こうして、このメールで「中森明菜様」のことを

こうして記しているのか。。。???

。。。?。。??。。。


。。。その理由は、なぜか、なぜか、とても不思議ですが、

「{削除}の2代目社長;J様」の波動・雰囲気が、

とても強く感じ/観じられているのです。。。。


まがたまぱじゃま。がTのオフィスに居るときも、ときどき、

「初代J様」の波動・雰囲気や、「2代目J様」の波動・雰囲気を

感じる/観じることがあります。。。。


。。。。

そして、今回も。。。

。。。


「J様」。。。。


。。。


今回、このメールの冒頭で、「南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経。。」と。。。


。。。

まがたまぱじゃま。は「浄土真宗の家庭」に生まれ育ちました。。。

双子のような仲良しの「まーくん」は「創価学会(日蓮宗)」の家庭。。。

。。。。

。。。「2代目J様」は、まがたまぱじゃま。と同じく「浄土真宗」にご縁があったことを、

以前、T社内で、(社史的な)書籍を通じて知りました。。


。。。。


その昔、日蓮宗と浄土真宗は「争い」があったようです。。。


同じ「仏教」という「同根の宗教」であっても「争う」。。闘う。。。

。。。その「過去」は、まるで昨今の「とある宗教で生じているありさま」を

感じ/観じさせます。。。。


「仏教という『同根の宗教』」であれば、なおさら「仲良く」することは「しぜん」。

そして、その「仲良く」という重要な「ことば」は、

T創業者「初代J様」が、

死を目前にして、「最期に『このよ』に残してくださった大切な『ことば』」。。。



「仲良くやれよ」。。。


。。。。


この「仲良くやる」という言葉は、とても「簡単」で「子供にも理解できる」、

とても「容易」な、「やさしい」言葉です。。。。





「仲良くやる」。。。。




「仲良くやる」。。。。




「仲良くやる」。。。。






しかし、「仲良くやる」ことは、「簡単な言葉」であり「容易でやさしい言葉』であるが故、

とてもとても「奥深い」

「人類」にとって、とても大切な言葉だと感じ/観じています。


。。。日本でも過去に「同じ仏教」なのに、「日蓮宗」と「浄土真宗」が「争い」闘ったり。。。

。。。現在の「地球上」「このよ」でも、

とても残念ながら、「同様の状態」が未だに生じてしまっています。。。

。。。「仲良く」。。。。

。。。先日、「築地本願寺(浄土真宗)」に行き、堂内での説法などが、

まさに「キリスト教」そっくりの波動・雰囲気を感じ/観じ、

「あぁ、日本では、仏教もキリスト教も、神道も、まさに『こころ』として、

融和融合が進んでいるのだなぁ。。。。

ますます日本社会、「このよ」は、「しんか」成熟しているなぁ。。」と

感動して、涙が止まらなくなりました。。。



。。。。。

。。。



いろいろな「宗教」や「思想」等が「このよ」に存在しています。。。

そこには「いろいろな『ちがい』」があります。。。

その「ちがい」は、まさにお互いを「まなぶ」ための「きっかけ」。。。



「異なる宗教」であっても、「同じ宗教の中の異なる宗派」であっても、

宗教等に関連していなくとも、

◆「このよ」の「ちがい」は、「すべて」「まなび」の「きっかけ」。。。

それぞれ「ひとりひとり」が異なる存在であり、その「ちがい」が

「まなび」の「きっかけ」。。。




「ひとりひとり」が、まさに「仲良くする」ことがますます重要になる時代だと

強く感じ/観じられています。。。

「仲良くする」ことは、決して「付和雷同」ではありません。。。

「意見や思想、思考が『ちがう』」としても「相互理解」により「仲良く」できます。

たとえ「相互理解」しなくとも、できなくとも、「仲良く」することができます。。。



。。。。



「まーくん」の想い出が、「中森明菜様」を「みちびき」、

「中森明菜様」が「J様」を「みちびき」、

「J様」が「仲良くする」ことを「みちびき」、




。。。。






。。。。と、ここまで記したら、突然部屋の「電話」が鳴り。。。(15:45頃)

。。まがたまぱじゃま。は電話に出ることができないので「常時留守電状態」となっているため、

以下の「伝言(旨)」が留守電に残された。。


1,まがたまぱじゃま。様にご連絡差し上げております。
2,「S・セキュリティーセンターの『しのづか(ひのづか、ひろづか;名前を不明確に名のる20代後半~30代位の女性の声)』です。
3,「ご利用カード」で確認したいことがございます。
4,至急お電話をいただきたく(旨)。
5,電話番号は「03-{削除}({削除};電話番号もなんとなく不明確に述べる)」です。
6,営業時間は「朝9:20から夕方5:45まで」。土日祝日も営業しております。
7,ご確認させていただきたいことがございますので至急お電話をお待ちしております。
(以上。)


。。。一瞬、「クレジットカードでも落としたのか?」と焦ったが、「れいせい」になり、

念のため「S・セキュリティーセンター」という検索ワードで検索したところ。。。

正式な「Sのホームページ(下記URL)」に(旨);


『S・セキュリティセンターを名乗る不審な電話にご注意ください』
会員様に対して不審な電話がかかってくるという事象が発生しております。
ご注意下さい。

会員様の個人情報を不正に入手する目的で、当社と酷似した会社名(例:S・セキュリティセンター)を名乗った上で、「会員様のカードが海外で高額利用され、悪用された懸念がある。不正利用であれば、利用を取り消すので、クレジットカード情報(カード番号、有効期限、セキュリティコードなど)を教えて欲しい」と不安を煽り、個人情報を聞き出そうとするもの。

クレジットカードの不正利用防止を目的として、クレジットカードのご利用がご本人さまであることを確認させていただく際に会員様から「カード番号、暗証番号、セキュリティコード、ID・パスワード等」のクレジットカード情報を一方的にお聞きすることはございません。
<注意内容(旨)ここまで>

と記されていた。。。




そして、上記の「電話番号」を確認したところ;

『お問い合わせ先 (Sカード/Oカード)』(旨)

紛失・盗難、各種問い合わせ、諸変更についてお問い合わせください。
お問い合わせセンター
9:30 ~ 17:00 ( 1月1日休 )
※紛失・盗難時のお問い合わせは24時間承ります。
◆お電話番号(東京/大阪)
総合案内 03-{削除}/ 06-{削除}

◆紛失・盗難・ネット安全・安心サービス
年中無休・24時間受付サービス 03-{削除} / 06-{削除}
<問い合わせ先(旨)ここまで>


と、記されており、「03-{削除}」という番号は見あたらなかった。。




。。。そこで、さらにインターネットで「03-{削除}」を検索したところ、

『03{削除}の口コミ掲示板』

がみつかり、「03-{削除}」は、問題無い番号だとも判断でき。。。

(。。。しかし、そのインターネット内の情報すら「しんじつ(真実/まこと/神実/しんじつ)」なのかわからず。。。


。。。。


結局、「電話コミュニケーションが不具合」で、「発作覚悟」で、勇気をふるって、「利用中のカードの裏」に記されている「問い合わせ先番号;03-{削除}」に電話したところ。。。。

「安藤様」という30代~40代の男性の方が電話に出られ、「まがたまぱじゃま。の電話コミュニケーションは事情により困難だが、精一杯、勇気をふるって電話をしている」旨を伝えたところ、とても優しく電話応対をしてくださり、「03-{削除}は(公表していないが)Sの正式なセキュリティー確認の部署の電話番号である」ことを証言してくださった。

(安藤様、ありがとうございます。。。電話では「言葉が出なかったり、言葉が詰まってしまいましたが、なんとか電話コミュニケーションができました。。。ありがとうございます。。。)




その後、「(カードに)緊急事態」等が生じている懸念と共に、その番号「03-{削除}」に電話した。

。。。同様に「電話コミュニケーションは事情により困難だが、精一杯勇気をふるって電話をしている」旨を説明すると「よねかわ様」と名のる「30代」位と思われるとてもまろやかな波動・雰囲気の方が対応してくださり。。。。




◆何者かによる、クレジットカードの不正利用が発覚!!!




。。。まがたまぱじゃま。のクレジットカードが、何らかの理由により、第三者にカード番号が漏れたらしく、「本日、別人の何者かにより、{削除}ローブや他のインターネットショッピングサイト等で、何万円(何十万円)もの買い物を試みた形跡記録と、その試みに幾度も失敗している記録」があり、不審に思い、まがたまぱじゃま。に電話をしたとのこと。


。。。。恐怖。。。。


。。。結局、「カードの使用停止(カード変更)」となった。。。


。。。。「電話コミュニケーションが困難なまがたまぱじゃま。」に、とても優しく丁寧に対応して下さった「よねかわ様」に感謝を伝え、電話を切った。。

。。。「でんわ」をきっかけに「発作が生じて、場合によっては自殺までしてしまう可能性」もあったが、「自殺願望は卒業できた今」では、「緊急時」には、相手様が優しく丁寧に対応いただければ、なんとか「電話コミュニケーション」ができることも、自覚できた。。。


。。。電話を切る際に、「よねかわ様」と、共に、「不正利用」等をすることが無くなるような「浄化されたこのよ」になることを共に祈念切望している旨、心を交わして、電話を切った。。。



。。。。



「まーくん」の想い出が、「中森明菜様」を「みちびき」、

「中森明菜様」が「J様」を「みちびき」、

「J様」が「仲良くする」ことを「みちびき」。。。。



。。。。そして、「第三者によるクレジットカードの不正利用事件」も生じ。。。。



「不正利用される前に、防止」できた。。。

ありがとうございます。。。


。。。。


。。。。。ただいま(17:28)現在、「疲労困憊」したが、「緊急時には電話をかける勇気がある」ことが自覚でき。。。。

。。。。。。


。。。。「不正のない」「皆が仲良くいきられる」「みなでひとつ。みなでしあわせ。」の「このよ(この世/子の世/未来)」を祈念切望し。。。


。。。。


まーくんにも、中森明菜様にも、J様(初代様、2代目様)にも、そして「Sの安藤様、よねかわ様」そして、「あい」の皆様にも。。。


「すべて」に、感謝して。。。。。




◆「不正のない」「皆が仲良くいきられる」「みなでひとつ。みなでしあわせ。」の「このよ(この世/子の世/未来)」を祈念切望して。。。。




ありがとうございます。。。。


ありがとうございます。。。。


ありがとうございます。。。。
まがたまぱじゃま。
全感謝。



【追伸】
「あい」の皆様。。。

「おはなし(お話/お離/お放)」させていただき、ありがとうございます。。。。

ありがとうございます。。。
{メール内容;ここまで。}


。。。。。




「中東情勢」が世界を巻き込み

「このよ」を激変しようとしている昨今。



東欧「ウク露」も水面下で

次なる戦略が進行する昨今。




UK、ゆくゆく国家分裂の昨今。



「西班牙」もUKに続き

国家分裂しそうな昨今。




「日中韓朝」歴史認識のズレが

大問題としてさらに顕現しそうな昨今。




「北朝南米」ドラッグの「死がらみ」が

日本社会に拡散している昨今。




偏西風の激変による地球大気の激変による欧米気象激変による穀物生産量の激変による穀物輸入高激変による食糧事情激変による日常食費激変による「日本の食の激変」の昨今。



石油価格も乱高下。株価も乱高下。為替先物乱高下。金の価格も乱高下。手数料収入は最高潮だが乱高下に巻き込まれた人々は最不調の昨今。



「エボラ」も「デング」も「結核」も「チフス」も「百日咳」も拡がる昨今。



「大洪水」と「噴火」と「地震」と「火災」と「爆発」と「衝突」と「墜落」と「竜巻」と「雹霰(ひょうあられ)」と「天災」と「人災」との昨今。


。。。。




「昨今」。。。



。。。



それでも、「しあわせ」に「いきる」。


これでも、「しあわせ」に「いきる」。


だれでも、「しあわせ」に「いきる」。



。。。。




「わらい/笑い/和来」と「ともに」。。。




皆様と「ともに」。。。。




「すべて」と「ともに」。。。




。。。。



「困難試練」も「このよ」の愛。


「このよこころ」「すべて」「まなび」。


「苦難、困難試練」も「このよの愛」の「ふかい」「まなび」。


。。。。



「ふかい」「まなび」に満たされた

「このよの愛」に充ち満ちた

「昨今」。。。


。。。



それでも、「しあわせ」に「いきる」。


これでも、「しあわせ」に「いきる」。


だれでも、「しあわせ」に「いきる」。


。。。。





「わらい/笑い/和来」と「ともに」。。。




皆様と「ともに」。。。。




「すべて」と「ともに」。。。




。。。。




「ひとりひとり」「こころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「しぜん」。



「わたし」は「すべて」に感謝します。



ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。



「ひとりひとり」


「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「 2020 」。。。。




「ひとりひとり」


「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「 しぜん 」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}

おう。王。 おぅl。ALL。。。「このよ ALL(おぅ) せんたく」「UNIVERSE」の「しぜん」。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。
2014年9月6日(土)。
「神社でのめでぃてーしょん」にて。



今朝も、強烈に「こえ」が生じました。

ありがとうございます。






。。。


おぉぉぉぉ。

おぉぉぉぉ。

おぉぉぉぉ。




AAAAAAAALL.

AAAAAAAALL.

AAAAAAAALL.





おう is the UNIVERSE.


おぅ(ALL) is the UNIVERSE.


ALL is the UNIVERSE.





UNIVERSE.


UNIVERSE.


UNIVERSE.






AAAAAAAALL.


おぉぉぉぉ。


AAAAAAAALLおぉぉぉぉ。.



。。。






「わたし」は「みち」なのかもしれません。


「わたし」は「みち」なのかもしれません。


「わたし」は「みち」なのかもしれません。



。。。




おう。


おぅ。


All.





ALL(おぅ) is 「みち」。

「みち」 is Un-Known.




おう。

おぅ。

ALL.






ALL(おぅ) is 「みち」。

「みち」 is Un-Known.




おう。

おぅ。

ALL.





ALL(おぅ) is 「みち」。


「みち」 is UN-KNOWN.



。。。





ALL 「すべて」です。



ALL 「すべて」です。



ALL 「すべて」です。




。。。。






「このよ  ALL  せんたく」。





はっはっはっはっはっはっはっは。。。。。





。。。。。。








「みち(道/未知/満)」。



「このよこころ」。



「すべて」。



the "  ALL  ".



the " UNIVERSE ".




「 しぜん (自然/至全/至善/至禅/自禅)」。





ありがとうございます。



「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。



「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「 2020 」。。。。




「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「 しぜん 」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}

「わたし」はたたかうことはいたしません。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。
2014年8月30日(土)。


今朝の、

毎週末の「神社でのめでぃてーしょん」では、

8月23日(土)の『神社でのめでぃてーしょん』」で

「こえ」として生じた内容を、

このブログを通じて

「このよ(この世/子の世/未来)」と

共有させていただくこととなりました。




<2014年8月23日(土)。「神社でのめでぃてーしょん」で生じた「こえ」>


。。。

どうぞ、どうぞ。
どうぞ、どうぞ。
どうぞ、どうぞ。
どうぞ、どうぞ。
どうぞ、どうぞ。
どうぞ、どうぞ。
どうぞ、どうぞ。
どうぞ、どうぞ。
どうぞ、どうぞ。

。。。。


ありがとうございます。
ありがとうございます。
ありがとうございます。


。。。。


「わたし」はたたかうことはいたしません。
「わたし」はたたかうことはいたしません。
「わたし」はたたかうことはいたしません。



感謝いたします。



ありがとうございます。

ありがとうございます。

ありがとうございます。






。。。。




今朝は、

めでぃてーしょん終盤の

「しんえん(深遠/深淵/神苑/新縁/親縁/清縁/信縁/芯縁/真縁/深縁/心縁/神縁)意識」から

かなり「自分意識(自己意識)」に還って自覚している時に、

大きな「咳」のような、

大きな「吐息」のような、

大きな「へんじ」のような、

大きな「なにか」のような、

現象が複数回生じました。



。。。


「こんこん様(おせき様)」

「といき様」

「おへんじ様」

「なにか様」


。。。




たとえ「咳」であっても、

たとえ「吐息」であっても、

たとえ「へんじ」であっても、

たとえ「なにか」であっても、

「このよ」に生じた現象は、

「咳払い」でコミュニケーションするように、

「咳」が意味を持つ生理現象であるように、

「へんじ」に返事するように、

そして

「なにか」が「ある」ように、

「このよ」に生じた現象には、

必ず何らかの「しんい」が

ございます。

「しんい(真意、深意、神意、新意、親意、清意、心意、進意、審意、申意、芯意、信意、信倚、瞋恚、讖緯、神異、神威、しんい)」


その「しんい」を

「きづく」か、

「きづかない」かの

「ちがい」も

生じます。




「このよ」に生じる

現象の

とても

「 しぜん 」なことです。


。。。。




「しんい」を

「きづく」か、

「きづかない」かの

「ちがい」

「めぐりかえりあらわれ」の

「しぜん」。





「わたし」は、

「しんい」に

「きづく」も、

「きづかぬ」も、

たたかうことなく

「すべて」に

感謝いたします。




ありがとうございます。





「このよこころ」

「すべて」

「めぐりかえりあらわれる」


「 しぜん 」。





ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。



「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「 2020 」。。。。




「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「 しぜん 」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}

科学を尊重し感謝する『未科学』的な「こころ」。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。
2014年8月23日(土)。

今朝も毎週末の「神社でのめでぃてーしょん」で「こえ」が生じましたが、その内容は、『「こえ」の記録』に記録させていただきました。必要に応じ別途後日このブログを通じて「このよ」と共有させていただくことになるかもしれません
ありがとうございます。



【御留意】科学を尊重し感謝する『未科学』的な「こころ」。
(以下の内容は「Wednesday, August 20, 2014 12:43 PM」に『「あい」の皆様』等にお送りさせていただいたメール内容を素に、念のためにこの場に明示し「このよ」と共有させていただくことになりました。ありがとうございます。)


「わたし」まがたまぱじゃま。は、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』等で、「未科学」的な観点も否定・排除せず、(あの「3.11」等)「めぐりかえりあらわれ」等の顕現を事前に「おつたえ」させていただくことも、「わたし」まがたまぱじゃま。の人生のとても大切な「おやくめ」だと「かくしん」しています。


このブログの内容は、ともすると「科学的ではない」とか、「科学を否定している」等と「悪しき誤解」をされてしまう場合もございますが、「わたし」まがたまぱじゃま。は決して、人類にとても重要で意義深い「科学」を否定する心や意図等はございません。




◆「科学」に対しても敬意と感謝の心です。

ありがとうございます。




しかし、「わたし」まがたまぱじゃま。の場合には、科学のみならず、『未科学』の観点もとても大切に、とても「しぜん」と重要だと感じ/観じています。





『未科学』は「非科学」とは明確に異なります。




「非科学」は、「科学ではないこと」であり、場合によっては「非科学」は「科学を否定している」状況も含まれます。




しかし『未科学』は、決して「非科学」ではありません。




「このよ」は「科学だけ」では成立しておらず、「未だ科学では解明・証明できない『ダークマター』等も科学的に存在していることが、科学的な観点からも認識」されております。



そのような「ダークマター」は、決して「非科学」ではなく、それも人類の叡智により、いずれ少しずつさらに「科学的に認識され解明される可能性を秘めた『未科学』の存在」です。



その観点からも、『未科学』は決して「非科学」ではありません。




◆『未科学』の「こころ」は、未だ科学的に解明されていない「ダークマター」等の観点をも含んだ、そして「科学を大切に尊重し認め、感謝する観点、心」を含んだ、「このよ」の「すべて」の観点からの、「科学的に認識されていない物事、事象等をも否定せず、排除せず、尊重し感謝する」観点の「こころ」です。



◆その「ダークマター(未科学)」をも含んだ『すべて』が、まさに「このよ」の『しぜん』です。



◆「わたし」まがたまぱじゃま。は、その『すべて』『しぜん』を、とてもとても大切に感じ/観じて感謝しています。


ありがとうございます。



。。。





科学の心のみならず、このような『未科学』の「こころ」をも大切にし踏まえ、「わたし」まがたまぱじゃま。は、物事、事象等を、「波動・雰囲気」として捉えます。



まがたまぱじゃま。の「脳の特異性」による「精神過敏」等のため、人々の精神等は、「頭脳から発せられる『脳波』等」も、「波動・雰囲気」として感じ/観じることがあります。


さらに、マスメディアやインターネット等を通じて伝えられる情報や出来事等の事象や、通勤道中及び日常生活、「めでぃてーしょん」等を通じて、社会動向、世界趨勢なども、「波動・雰囲気のパターン」として感じ/観じられます。



それらの多様で複雑な「波動・雰囲気」を、「脳の特異性」による「精神過敏」のために(おかげで)、その「波動・雰囲気」の型や傾向(「波動・雰囲気パターン」)を漠然と「読み解く」ことができます。



「3.11前」の鬱積した社会波動・雰囲気は、あの「3.11」の顕現前、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』にて、事前に「このよ」と共有し、「おつたえ」させていただきました。

(この下の『【念のための明示再掲】2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」「3.11」の「つぎ」が生じる前に。。。』をクリックして表示されるページにあの「3.11までの経緯」等が明記されています。)



念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


。。。。



このように、まがたまぱじゃま。は、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』内等で、『未科学』的な表現をいたしますが、それは決して「科学を否定したり、科学を尊重しない観点」等の「非科学」の観点ではなく、「科学を尊重し感謝する心」を大切にして、しかし「科学的には未だ認識されていない、もしくは未だ科学的には解明されていないダークマター等をも大切に、尊重し感謝する心」である『未科学』の観点で「おつたえ」させていただいております。



。。。



「わたし」まがたまぱじゃま。の表現が「未科学」的であるとはいえ、決して「科学を否定したり、科学を蔑ろにするような」「非科学」的な心ではないことを、ご理解いただけましたら幸いに存じます。


ありがとうございます。



。。。。



。。。昨今は「高度経済成長時代」のような「成長発展趨勢」の世ではなく、「混迷、混沌、カオス的な世界趨勢」にある時代です。




◆そのような時代では、「ことが生じてしまってから」では、「遅い(too late;手遅れ)」。



つまり、「ことが生じてしまってから」では、それまでに想像を絶するとても「ふかい」厄介な「めぐりかえりあらわれ」が、人類に顕現する可能性が強烈に高まっています。


これまでさほど変化していないし、ゆっくりだからといって、これからも「時間がある」と考えることは「あやまり」です。

。。。「こと」が始まってしまってからでは、あの「3.11の時の『おおつなみ』」のように、突然、これまでとは想像も絶するスピードで「めぐりかえりあらわれ」が顕現します。。。



「ことが生じてしまってから」では、それまでに想像を絶するとても「ふかい」厄介な「めぐりかえりあらわれ」が、人類に顕現する可能性が強烈に高まっているのです。



その最たるものは、(近い将来では)「世界大戦」です。。。



戦争には、

勝者は誰もいない。。。



戦争には、

人類の敗戦」があるのみ



。。。「世界大戦」が勃発してしまってからでは、「遅い(too late;手遅れ)」のです。。。



これまでさほど変化していないし、ゆっくりだからといって、これからも「時間がある」と考えることは「あやまり」です。


【再記します。】
。。。「こと」が始まってしまってからでは、

あの「3.11の時の『おおつなみ』」のように、

突然、これまでとは想像も絶するスピードで

「めぐりかえりあらわれ」が顕現します。。。




【再再記します。】

。。。「こと」が始まってしまってからでは、

あの「3.11の時の『おおつなみ』」のように、

突然、これまでとは想像も絶するスピードで

「めぐりかえりあらわれ」が顕現します。。。





これまでさほど変化していないし、

ゆっくりだからといって、

これからも「時間がある」と考えることは


「あやまり」です。


。。。


「近隣某国の崩壊」も、絵空事ではありません。。



。。。「戦争」は決して、「軍備」や「軍事」だけで闘うものではありません。。




とても「さりげなく」「さりげなく」とても多様な方法で、それぞれの国家に入り込んでいます。。。

(昨今の「危険ドラッグ」も場合によっては、その一つの「あらわれ」でもある可能性です。)




まさに「2020」年頃、まがたまぱじゃま。が何度も何度も何度も、ブログで「おつたえ」させていただいているように、「こころせんたくしだい」、「大平和」になるも「とんでもない2020」になるも、人類の「こころせんたく」次第です。



その「せんたく」とは、単なる「選択」ではありません。。。



「こころせんたく」とは、「このよこころ」を、「れいせい」「しんせい」にきれいに浄化させ、「すむ」「すませる」ような「このよこころ」を「洗濯」するようなことでもあります。




「ひとりひとり」がそのことに「きづき」、「成熟した」「しんか」した「こころ」にたて替わり、「ひとりひとり」が、「みなでひとつ。みなでしあわせ。」等、「人類の『さいぜん』」の状態に「このよ」を「すませ」たて替え「しんか」させることがとても重要だと感じ/観じています。




「みなのこころせんたくしだい」。。。。




◆「ひとりひとり」の「こころ」がとてもとても重要なのです。。。。



。。。。





「わたし」まがたまぱじゃま。が「できる」精一杯を、「ことがしょうじてしまう」前に、誠実にこうして、「おつたえ」させていただきます。。。



◆「ことがしょうじてしまってから」では遅いのです。。。




◆人類に想像も絶する複雑で「ふかい」厄介が、

「めぐりかえりあらわれる」「 しぜん 」。。。。




。。。。



「ひとりひとり」が、どうかどうか、どうか「かくしん」していただけますことを、祈念切望しています。。。。


「かくしん(確信/革新/核心/確神)」。。。


。。。。



ありがとうございます。



「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。



「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「 2020 」。。。。




「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「 しぜん 」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}

2014年8月16日(土)26:00の「ひかりたち」;「闇」の中、日本橋へ。『Godzilla(3D)』鑑賞。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


【 snapshots! 】まとめ。
◆snapshots! アルバム / ALBUM◆


(下の各画像「ひかりたち」をクリックすると、大きな画像が表示されます。Please click the thumb-nails below. You can see enlarged photos.)

GodzillaYamiNihombashi_081614_001.jpg GodzillaYamiNihombashi_081614_005.jpg GodzillaYamiNihombashi_081614_006.jpg GodzillaYamiNihombashi_081614_010.jpg GodzillaYamiNihombashi_081614_011.jpg GodzillaYamiNihombashi_081614_014.jpg GodzillaYamiNihombashi_081614_018.jpg GodzillaYamiNihombashi_081614_023.jpg GodzillaYamiNihombashi_081614_025.jpg GodzillaYamiNihombashi_081614_027.jpg GodzillaYamiNihombashi_081614_032.jpg



【<スライドショー / SLIDESHOW>】
(こちらをクリックするとスライドショーとなり、他の画像もご覧いただけます
。)
(上記をクリックするとスライドショーがスタートします。
スライド速度は、マウスを動かすと表示される画面下方の「表示秒数」横の「+マーク」をクリックするとゆっくり表示されるようになります。適宜ご調整ください。)



◆snapshots! アルバム / ALBUM◆




この夏、

幼少時代から好きだった

「ゴジラ」の

米国版『Godzilla (GODZILLA ゴジラ)』を

どうしてもどうしても

「劇場」で

観たかった。


<【参照】(米国ハリウッド版)『Godzilla (GODZILLA ゴジラ)』公式サイト





それも、

「混雑していない環境」で。。。




。。。最新作の映画を、

混雑していない環境で

観たい。。。



。。。



徒歩15分。


日本橋に、

今春、

映画館が新設された。



そこで

『Godzilla』を

オールナイト上映していることを

知った。



さらに、

チケットも

インターネットで

好きな座席を

「予約購入」可能!



。。。



2014年8月16日(土)、


20:00就寝!


25:00過ぎ起床!





「闇」の中、

徒歩15分、

日本橋『Godzilla』めざして、

「お江戸散歩」!!!



。。。。



大好きな街、

日本橋



。。。



映画館の中は、

「私のお部屋」状態(笑)!

(私の「離れのビジュアル・ルーム」(笑)!!)


(。。。これから「2020」に向けては、

こんなに贅沢な状態は

味わえなくなりつつあるのだろう。。


それまで、

この「空間的な豊かさ」を、

全感謝の心で、

満喫させていただこう。。。

ありがとうございます。)




。。。。



凄い!!!!


すごい!!!!


『Godzilla』、大迫力!!!




凄いぃぃいぃぃ!!!!



。。。。



日本の「特撮」も素晴らしい!

しかし、

米国の「CG(コンピュータ・グラフィック)技術」が

超「リアル」!!!


。。。


日本の「特撮」という

Japanese Original (日本特有の素晴らしさ)内の

「現実」の「あじわい」は、

日本伝統芸能の

「歌舞伎」や「文楽」等に通じると

感じ/観じている。




「特撮」だと「わかってしまっても」、

そこは「おやくそく」。。。


歌舞伎や文楽等の

黒子さん(黒衣)たちは、

「見えない」ことになっている

「おやくそく」。


「特撮」だと

「わかってしまっても」、

「リアル」だと

「そうぞう」する

「こころ」の

その「あじわい」の

「しんのゆたかさ」。



その「おやくそく」をも、

ひとつの「あじわい」として

鑑賞することの

「奥深いあじわい」がある

日本伝統芸能。



(近年は「CG」も効果的に多用されているとはいえ)

日本の「特撮ゴジラ」は、

ミニチュアと着ぐるみ等の

「Tokusatsu(特撮)」であるがゆえの、

「特撮」という「現実」の

日本の伝統古典芸能にも

「つうじる」

「奥深い味わい」がある。


。。。



一方、

米国『Godzilla』は、

洗練された高度な

コンピュータ・グラフィック(CG)による、

「仮想現実」という

「疑似」の

超「リアル」な映像が、

「スクリーンに映し出されている」という

「現実」を味わう。


(1995年頃、

とある企業にて、

『AS/400』や『RS/6000』等と呼ばれる

コンピュータに携わっていた私は、

「その当時」から「いま」までの

コンピュータの発展「しんか」にも

感謝した。。。

ありがとうございます。)



「CG」の

超「リアル」な映像に加え

さらに「3D(立体映像)」の

大迫力!



平面の

スクリーン内で、

見事に「立体世界」が

味わえた。



(10年ほど前の「3D」は、

5分間も観ていると、

残念ながら

頭痛が生じた(苦笑)。。。


しかし、

今回は全く「快適」!



平面スクリーン内で、

見事に

「立体世界」を

最後まで

味わうことができた。


「3D」技術の進歩「しんか」にも、

感謝した。

ありがとうございます。)




。。。



米国『Godzilla』を鑑賞していて、

まず「きづいた」ことは、

その「効果音(BGM)」に、

「歌舞伎の要素(効果音技法)」が

さりげなく組み込まれていること。




ゴジラ登場シーンや、

緊迫した場面の

BGM効果音内に、

歌舞伎の効果音技法である、

「ツケ(ツケ打ち音)」的

技法要素を感じ/観じた。


<【参照】『歌舞伎の技法;ツケ』(歌舞伎への誘い)>




この観点からも、

米国『Godzilla』の映画論評等で

多く指摘されている

「日本(日本文化)に対する

リスペクト(敬意)が

随所に盛り込まれている。(旨)」という

事にも共感できた。




「Godzilla」のデザインも、

前作(1998年制作)の「米国ゴジラ」のような

「巨大トカゲ」的な爬虫類臭漂う

スレンダー(細身)な「Godzilla」ではなく、

日本の、

あの、

オリジナル「ゴジラ」を

リスペクトしたデザイン。

<【参照】Google画像検索結果「1998  godzilla」>

<【参照】Google画像検索結果「2014  godzilla」>


1998年米国ハリウッド制作の

単なる「恐怖」的な波動・雰囲気の「Godzilla」ではなく、

その姿、「たたずまい」に、

「恐怖」のみならず

「しぜん」と

「こころ」をも感じ/観じさせる

「しんえん(深遠/深淵/神苑/神縁)」の

「奥深い」キャラクターデザイン要素が

しっかりと

加味されている。



今回の2014年米国「Godzilla」は、

単なる「恐怖」ではなく、

「おそれ」。。。



日本の、

あの、

「ゴジラ」に備わっている、

「ゴジラ」としての重要な

キャラクター「ペルソナ要素」である

「おそれ」の要素が、

しっかりと

感じ/観じられた。





「おそれ」は、

単なる「恐怖」ではない。



「おそれ」には、

「畏怖」「畏敬」の心も感じ/観じれば、

「崇高さ」も感じ/観じる。

そして

さらにその「しんえん(深遠/深淵/神苑/神縁)」には、

「かたじけなさ」と

「もうしわけなさ」等を伴う

「神聖な」

「ありがたさ(感謝)」が

「ある」。



そして、

その日本の「ゴジラ」が醸し出す、

「おそれ」は、

まさに、

「しぜん」への「おそれ」に

「つうじる」。。。





「 しぜん (自然/至全/至善/至禅/自禅)」。






米国の制作に携わる方々が、

日本の

「しぜん」「おそれ」等の「こころ」を、

「ご理解」くださり、

そうして、

今回の2014年米国「Godzilla」が

誕生したのだと

「理解」させていただいた。



2014年米国「Godzilla」制作に携わる方々の

あの日本「ゴジラ」に含有されている、

日本の「こころ」の一つである、

「しぜん」「おそれ」等、

「日本のこころ」への

奥深い「ご理解」に対しても、

映画を鑑賞しながら

改めて、

感謝した。。。



ありがとうございます。





。。。


。。。。。。


それにしても、

あの「ムトーさん」(笑)は

「恐怖」の波動・雰囲気。。。

(【御留意】「ムトーさん(笑)」に関しては、実際に映画を観ての「おたのしみ」とさせていただきたく。この場での詳細説明は控えさせていただきます。ご了承下さい。ありがとうございます。)


しかし

あの「ムトーさん」にしてみれば、

単に外見やサイズが

人類と「異なる」がために、

軽率、軽薄に、

未成熟な心で

「悪」等にされたのでは

「ムトーさん」がかわいそう(笑)。。。



「ムトーさん」には、

「ムトーさん」の如何ともしがたい

「いろいろ」な

「事情」がある。。。



地球上に、

単に、「人類や大多数(マジョリティー)と

『異なる』サイズと外見」等で

「マイノリティー(少数・稀少/希少)」として

誕生してしまったがために、

「悪」等とすることは。。。



「ムトーさん」も、

「悪」等ではなく、

「このよ」地球に存在する

「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。





「ぜんあくいだきあいとなる。」

「しぜん」。



。。。



「このよこころ」

「すべて」

「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。



。。。




「このよこころ」

「かがみ」。。。


「かみ(彼観/彼見/神観/神見)」

「がみ(我観/我見/画観/画見)」

「かがみ」。




「ムトーさん」が

スクリーン内で行ったことは、

まるで人類が、

人間の居住地帯に発生した

多数の「蟻塚」等を

移動等の度に、

不意もしくは故意に壊してしまうのと

「おなじ」よう。。。


<【参照】Google画像検索結果「蟻塚」>




人類が、

移動等の邪魔になる「蟻塚」を、

いたしかたなく故意に、

もしくは、

不意に壊してしまい、

中から

蟻さん達(笑)が、

パニックを起こしながら

うじゃうじゃと

出てくるシーンのよう。。。




蟻さん達にしてみれば、

人類はまさに

「ムトーさん」や「Godzilla」。。。




また、

「ムトーさん」が食事をするシーンでは、

まるで

人類が

小魚等、

漁をするようなもの。。。。



魚さん達(笑)にしてみれば、

人類はまさに

「ムトーさん」や「Godzilla」。。。



。。。。



「このよこころ」

「すべて」

(「かみ(彼観/彼見/神観/神見)」

「がみ(我観/我見/画観/画見)」)

「かがみ」

「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。




「ぜんあくいだきあいとなる。」

「すべて」


「 しぜん 」。。。



。。。。




それにしても、

あの「ムトーさん」が、

雨の中、

登場するシーン等には、

中学時代に映画館で観た、

懐かしい

『エイリアン』を

思い出させてくださった。


<【参照】Google画像検索結果「ギーガー エイリアン」>




それほど、

インパクトのある

映像技法。。。




。。。。


映画全体としては、

続編(次作)への

さらなる可能性を(敢えて?)残した

ストーリープロットの、

その意図的に組み込んだとも感じ/観じられる

「ヴォイド( void ;虚・空・無)」の

「なか」に、

「あらたなる」楽しみを

実感した。。。



米国で制作される

「次作 Godzilla」が、

また、

「たのしみ」だ!


。。。



そして、

その前に、

制作が確定している(?)

(既に制作が開始されている?)

日本版オリジナル新作「 ゴジラ 」も、

とてもとても、

とても

「たのしみ」だ!!!



。。。。



。。。



「映画自体の素晴らしさ」はもちろん、

映画館(劇場)等の

「快適さ」にも

感謝した。

ありがとうございます。




なによりも、

空間的に贅沢な

「私のお部屋」状態は、

幸運!



シートサイズや空調等、

快適!



音響システムも、

「3D」映像システムも

大迫力!




そして、

運営スタッフの皆様の、

所作に「あらわれる」

プロ意識が

「美しい」と感じ/観じた。




「私のお部屋」状態でも、

28:00過ぎでも、

「つとめ」として

しっかりと

その「おやくめ」を

全身/全心で

皆様が「つとめて」いらっしゃった。



その「こころ」が

とても

美しかった。。。




劇場を出るときに、

出入り口に

立っていたスタッフの方に、

「遅くまでご苦労様です。

とても楽しかったです。

ありがとうございます。」

と、お礼を言い、

映画館を出た。。。




。。。。


【<スライドショー / SLIDESHOW>】
(こちらをクリックするとスライドショーとなります
。)
(上記をクリックするとスライドショーがスタートします。
スライド速度は、マウスを動かすと表示される画面下方の「表示秒数」横の「+マーク」をクリックするとゆっくり表示されるようになります。適宜ご調整ください。)




空には、

「あらたな」

一日の

「よあけ」が

拡がっていた。。。



その

「よあけ」の「なか」に、

「このよ」の

『 ごじら 』の波動・雰囲気を

「しぜん」と

感じ/観じて。。。


。。。。




ありがとうございます。




「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。



「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「 2020 」。。。。




「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「 しぜん 」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}

「みち。」。。。「ひとりひとり」が「かくしん」をして「このよ」をたて替える。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。
2014年8月16日(土)。



【御留意】
今回も、未成熟な心の人間が読むと「悪しき誤解」を生じる懸念が強いとのことで、「こころせんたく」した心ある「ひと」(「しんか」した成熟した精神・心をお持ちの御方様)が読むことができるように、一部「伏せ字」とさせていただくことになりました。ご了承願います。
ありがとうございます。





みちじゃ。

みちじゃ。

みちじゃ。



みち。



みちじゃ。



みち。




みちじゃ。

みちじゃ。




みち




。。。。



信じろ、信じろ、信じろ

と言って

しばり、くくる
ことも

いいかもしれません。


しかし、


「わたし」は

信じろ、信じろ、信じろ

と言って、

しばり、くくることは

いたしません。


信じろ、信じろ、信じろ

と言って、

しばりくくることは、

さいぜん」ではないからです。


「ひとりひとり」が

「かくしん」をして、

「ひとりひとり」が、

「このよ」に集い、

「ひとりひとり」が

「このよ」を

(「みなでひとつ。みなでしあわせ。」に)

立て替えるのです。


「ひとりひとり」が

「かくしん」をして。



(途中複数回。)


ありがとうございます。
ありがとうございます。
ありがとうございます。









また、今週末の「神社でのめでぃてーしょん」で

「こえ」が生じました。




みちのかみ。やみわかみ。」


重要参照】『「三河三谷」と「やみわかみ」。』






「みち(道/未知/満)」であるため、

これまでの、

既存の「判断基準」や「常識」等や

これまでの

知識や情報等では、

計り知れない「みち」。


。。。



「みちのかみ。やみわかみ。」


。。。



「みち」


それこそが


「しぜん」。





。。。。






「みち(道/未知/満)」の「かみ」、



「やみ」と「かみ」が



「わ」した



「やみわかみ」



「このよこころ」



「すべて」



「 しぜん 」。





「わたし」は

「すべて」に

感謝します。




全感謝。



ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。



「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「 2020 」。。。。




「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「 しぜん 」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}

2014年8月15日(金)の「ひかりたち」; 平和。川崎大師。全感謝。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


【 snapshots! 】まとめ。
◆snapshots! アルバム / ALBUM◆


(下の各画像「ひかりたち」をクリックすると、大きな画像が表示されます。Please click the thumb-nails below. You can see enlarged photos.)

PeaceKawasakiDaishi_081514_023.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_030.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_027.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_031.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_037.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_039.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_045.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_049.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_050.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_051.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_053.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_056.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_057.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_058.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_061.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_067.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_077.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_080.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_081.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_082.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_083.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_085.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_086.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_087.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_100.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_104.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_117.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_124.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_125.jpg PeaceKawasakiDaishi_081514_126.jpg




【<スライドショー / SLIDESHOW>】
(こちらをクリックするとスライドショーとなり、他の画像もご覧いただけます
。)
(上記をクリックするとスライドショーがスタートします。
スライド速度は、マウスを動かすと表示される画面下方の「表示秒数」横の「+マーク」をクリックするとゆっくり表示されるようになります。適宜ご調整ください。)



◆snapshots! アルバム / ALBUM◆





戦いが終わった

「終戦記念日」。






戦争には、

勝者は誰もいない。。。




戦争には、

「人類の敗戦」があるのみ





。。。



幼少時代に、

弘法様の足下で

遊んだ「しんえん」を

感じ/観じ




近所の

薬研堀不動院との

「しんえん」も重なり、



早朝から

川崎大師(平間寺;へいけんじ)に、

「全感謝のご挨拶」に行った。


<【参照】Wikipedia「平間寺」>





。。。。


日本の歌謡界に

多大なるご貢献をなされた

古賀政男先生

「心(しん)ダンス」。





中興塔を

仰ぎ見て、



中書院の

「わの美」を

味わい。。。




【<スライドショー / SLIDESHOW>】
(こちらをクリックするとスライドショーとなります
。)
(上記をクリックするとスライドショーがスタートします。
スライド速度は、マウスを動かすと表示される画面下方の「表示秒数」横の「+マーク」をクリックするとゆっくり表示されるようになります。適宜ご調整ください。)





「このよこころ」の

大平和を

感じ/観じ。。。




戦争には、

勝者は誰もいない。。。



戦争には、

「人類の敗戦」があるのみ




「このよこころ」の

大平和。




「すべて」に

「しぜん」と

感謝した。





ありがとうございます。



「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。



「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「 2020 」。。。。




「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「 しぜん 」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}

「しんか」した心ある「ひと」の成熟した「こころ」。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。
2014年8月14日(木)。




「ひと」の人生は

「いろいろ」。





人それぞれに、

「いろいろ」な

「できごと」があり、

「ひとりひとり」の

人生を

「すべて」と

「ともに」

「いきる」。





「ひとりひとり」が

自分の「いのち」を

自分の人生として

「いかし」、

そして

「すべて」と

「ともに」

「しぜん」と

「いきる」。





「いかされる」か否かは

「すべて」

「しぜんしだい」。





「このよこころ」

「すべて」

「かがみ」

「しぜん」。





かみ(彼見/神見)

がみ(我見)

「かがみ」、

「しぜん」。




他人様(ひとさま)は

自分が見せられている

「かがみ」。




他人様(ひとさま)に

見える事象は、

自分の事象。




「このよ」

他人様(ひとさま)に

見える姿を、

自分が

どのように

「理解」するかが

成熟した

「しんか」した

心ある「ひと」であるか、

それとも、

未成熟な

「しんか」していない

心無い人間どれい(度零)であるか、

見極める

要(かなめ)。





「このよ」

他人様(ひとさま)に

見える姿を

表層的に

短絡的に

善悪二極判断等をして

他人様(ひとさま)を

批判非難、揶揄嘲笑等をする

未成熟な

心無い人間どれい(度零)。





「このよ」

他人様(ひとさま)に

見える姿を

「しんそう」的に

「しんあい」的に

「しんそう(深層/真相/神僧)」理解等をして

他人様(ひとさま)を

了承受容、包含慈愛等をする

成熟した

心ある「ひと」。






「わたし」の

肉体は偽者。





「わたし」に

見える姿は、

見る方々の

「こころあらわれ」。





誤解、未理解等により、

批判非難、揶揄嘲笑等をするも、

理解、大正解等により、

了承受容、包含慈愛等をするも、

それぞれの

「こころせんたくしだい」

「しんか」成熟した

心ある「ひと」と

「しんか」しない未成熟な

心無い人間どれい(度零)との

「ちがい」

「しぜん」。





「ひと」にも

人間どれい(度零)にも、

「わたし」は

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。





【★御留意★】
「成熟」と「老い(老化・老朽)」とは明らかに異なります。
「成熟」とは、「深い理解能力・脳力」があり、「知識」に限らぬ「知性」に満たされた「意識」とともに、「素直で純粋な(澄んだ)真実の心」による「れいせい」な躍動する「いきる」「いかす」「こころ」「しぜん」。





【★御留意★】
<「ひと」と「人間どれい(度零)」との「ちがい」>
外見は、同じ「人類」であっても、心ある「ひと」と、心無い「人間(どれい(度零))」とは異なることも「しぜん」です。
心ある「ひと」と、心無い「人間(どれい(度零))」が異なっていることは、差別や偏見等ではなく、「ちがい」という、とても「しぜん」な「区別」です。
人類において、「女性」と「男性」とが肉体的に明確に異なり、「ちがい」が存在し、そして「区別」されているように、心ある「ひと」と、心無い「人間(どれい(度零))」とは精神的に「こころ」の観点から明確に異なり、「ちがい」として「区別」されます。
「ちがい」の「区別」には、「上下優劣判断意識」はございません。
「しんか」した「ひと」も、まだ「しんか」していない「人間どれい(度零)」も、女性も男性も、皆、同じ「人類」であり、「ひとりひとり」が大切な「いのち」です。
悪しき誤解無きよう。ありがとうございます。
心ある「ひと」と、心無い「人間(どれい(度零))」は、確定・固定された「区別」ではなく、可逆的です。
心無い「人間(どれい(度零))」も、「こころせんたくしだい」で、心ある「ひと」に成ることができます。
また、心無い「人間(どれい(度零))」という表現を残念ながらせざるを得ない理由は、心無い「人間(どれい(度零))」は「しんのじぶん」を「きづいて」おらず、我欲/強欲や形骸化した常識、世間体等に囚われ、社会意識や集団意識等に隷属する傾向が強いからです。
心ある「ひと」は、社会意識や集団意識等に隷属せず調和しながら、「しんのじぶん」を「きづいて」いる(「きづこう」としている)人類です。
同じ「人類」でありながら、心ある「ひと」と、心無い「人間(どれい(度零))」が「このよ」に存在する「しぜん」。
「わたし」は「すべて」に、感謝します。

ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。



「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「 2020 」。。。。




「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「 しぜん 」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}

2014年8月13日(水)の「ひかりたち」;夏、成田山。全感謝。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


【 snapshots! 】まとめ。
◆snapshots! アルバム / ALBUM◆


(下の各画像「ひかりたち」をクリックすると、大きな画像が表示されます。Please click the thumb-nails below. You can see enlarged photos.)

SummerNarita2014_081314_006.jpg SummerNarita2014_081314_011.jpg SummerNarita2014_081314_017.jpg SummerNarita2014_081314_019.jpg SummerNarita2014_081314_024.jpg SummerNarita2014_081314_030.jpg SummerNarita2014_081314_034.jpg SummerNarita2014_081314_042.jpg SummerNarita2014_081314_043.jpg SummerNarita2014_081314_046.jpg SummerNarita2014_081314_052.jpg SummerNarita2014_081314_058.jpg SummerNarita2014_081314_062.jpg SummerNarita2014_081314_063.jpg SummerNarita2014_081314_065.jpg SummerNarita2014_081314_066.jpg




【<スライドショー / SLIDESHOW>】
(こちらをクリックするとスライドショーとなり、他の画像もご覧いただけます
。)
(上記をクリックするとスライドショーがスタートします。
スライド速度は、マウスを動かすと表示される画面下方の「表示秒数」横の「+マーク」をクリックするとゆっくり表示されるようになります。適宜ご調整ください。)



◆snapshots! アルバム / ALBUM◆




2014年夏休み

2日目。



早朝から、

成田山へ。



「はいじ」が顕現しなかった

お礼詣でも兼ね。




役小角様達と、

「すべて」と「ともに」

「しん(心)ダンス」。




幼少時代、

弘法様の

足下で

よく遊んだ


「ゆかり」も感じ/観じ。

。。。




【<スライドショー / SLIDESHOW>】
(こちらをクリックするとスライドショーとなります
。)
(上記をクリックするとスライドショーがスタートします。
スライド速度は、マウスを動かすと表示される画面下方の「表示秒数」横の「+マーク」をクリックするとゆっくり表示されるようになります。適宜ご調整ください。)





。。。



なぜ

こんなに

成田山が好きなのか。。。




その理由は

自分でも

「わからない」。。。





ただただ、

「すべて」に

「しぜん」と

全感謝。




ありがとうございます。



「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。



「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「 2020 」。。。。




「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「 しぜん 」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}

2014年8月12日(火)の「ひかりたち」;夏休み「早朝お江戸行脚」浄土真宗原点と親鸞様と「ともに」。全感謝。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


【 snapshots! 】まとめ。
◆snapshots! アルバム / ALBUM◆


(下の各画像「ひかりたち」をクリックすると、大きな画像が表示されます。Please click the thumb-nails below. You can see enlarged photos.)

SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_003.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_010.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_009.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_012.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_023.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_026.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_028.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_048.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_051.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_052.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_054.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_056.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_057.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_065.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_064.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_067.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_068.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_070.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_071.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_081.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_085.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_086.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_087.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_095.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_096.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_100.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_106.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_107.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_111.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_113.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_121.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_122.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_125.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_129.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_134.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_135.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_140.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_145.jpg SummerSochoOedoAngyaTsukijiHonganji_081214_146.jpg




【<スライドショー / SLIDESHOW>】
(こちらをクリックするとスライドショーとなり、他の画像もご覧いただけます
。)
(上記をクリックするとスライドショーがスタートします。
スライド速度は、マウスを動かすと表示される画面下方の「表示秒数」横の「+マーク」をクリックするとゆっくり表示されるようになります。適宜ご調整ください。)



◆snapshots! アルバム / ALBUM◆





全感謝の心で

日々、

「おつとめ」をさせていただいている、

あの「きたろう」様

「ゆかり」ある企業は、

今日から夏休み。





かの「きたろう」様

『絶対自己矛盾的自己同一』的状態で、

「すべて」と「しぜん」と融和融合しながら、

全感謝の心で、

親鸞様に会いに、

築地本願寺へ

夏休み「早朝お江戸行脚」。





いつものように、

親鸞様と

「すべて」と

「ともに」

「しん(心)ダンス」。





浄土真宗の家庭に生まれ育った

「わたし」は、

その原点と「ともに」

今日、

はいじ」が顕現しないように

築地本願寺へ

「早朝お江戸行脚」。





毎週末お世話になっている

神社と

笠間と

三谷と

「わたし」と、

親鸞様と、

「しぜん」と

「ゆかり」を感じ/観じ

築地本願寺へ

「早朝お江戸行脚」。




【<スライドショー / SLIDESHOW>】
(こちらをクリックするとスライドショーとなります
。)
(上記をクリックするとスライドショーがスタートします。
スライド速度は、マウスを動かすと表示される画面下方の「表示秒数」横の「+マーク」をクリックするとゆっくり表示されるようになります。適宜ご調整ください。)





「きたろう」様の

『絶対自己矛盾的自己同一』を感じ/観じ、

「わたし」と

「すべて」と

「しぜん」と

融和融合しながら、

築地本願寺へ

「早朝お江戸行脚」

全感謝。




ありがとうございます。

「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。



「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「 2020 」。。。。




「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「 しぜん 」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}

「おおせんたく。」「『はいじ』があらわれませぬように。」ありがとうございます。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。
2014年8月9日(土)。



今朝も毎週末の「神社でのめでぃてーしょん」で、

「こえ」が生じました。。。


【御留意】
今回も、未成熟な心の人間が読むと「悪しき誤解」を生じる懸念が強いとのことで、「こころせんたく」した心ある「ひと」(「しんか」した成熟した精神・心をお持ちの御方様)が読むことができるように、一部「伏せ字」とさせていただくことになりました。ご了承願います。
ありがとうございます。






おおせんたくじゃ。

おおせんたくじゃ。


おおせんたく じゃぁぁぁ!




。。。。



「わたし」は

かねてより

「おつたえ」させていただいております。




「わたし」は

かねてより

「おつたえ」させていただいております。




「わたし」は

かねてより

「おつたえ」させていただいております。




。。。。




どうか「はいじ」があらわれませぬように。


どうか「はいじ」があらわれませぬように。


どうか「はいじ」があらわれませぬように。









ありがとうございます。

ありがとうございます。

ありがとうございます。





。。。。



8月12日


8月12日


8月12日




「はいじ」。


「はいじ」。


「はいじ」!





。。。。



ありがとうございます。






【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは







「はいじ(812)」。。。



あの「 ごいさ 」の時のように、



どうか「 はいじ 」があらわれませぬよう。。。



【参照】
「ごいさ(5月13日)」の「しるし」。。「2020」への『最初』の「しるし」。。全感謝。




8月12日」。。。



「はいじ」があらわれるも、あらわれぬも、


「みなのこころせんたくしだい」



「 しぜん 」。。。




何卒、ぶなんに。ぶなんに。ぶなんに。。。



ありがとうございます。




「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。



「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「 2020 」。。。。




「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「 しぜん 」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}

「勘違い」や「ボタンの掛け違い」等ではすまされません。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。
2014年8月2日(土)






勘違い。ボタンの掛け違い。
勘違い。ボタンの掛け違い。
勘違い。ボタンの掛け違い。


。。。。



。。。。


しんじつ(真実/まこと/神実/しんじつ)
しんじつ(真実/まこと/神実/しんじつ)


しんじつ!

。。。


しんじつ あらわれる!


。。。。


。。。


呪いやリベンジ/逆襲等ではありません。
呪いやリベンジ/逆襲等ではありません。




しんじつ(真実/まこと/神実/しんじつ)
「めぐりかえりあらわれる」のです。


しんじつ(真実/まこと/神実/しんじつ)
「めぐりかえりあらわれる」のです。




「しぜん」なことです。

「しぜん」なことです。



。。。。


ありがとうございます。

ありがとうございます。

ありがとうございます。










今朝も

毎週末の「神社でのめでぃてーしょん」で、

「こえ」が生じました。。。



。。。





何かを期待して

何かをなす。



その「意図」や

「期待」と異なった

「結果」と なってしまった際に、




意図や期待と異なった「結果」に対して、


心理的に

「納得」をしたいがために

「勘違いだった」とか、

「ボタンの掛け違い」等と言い、



その「あやまった意図や期待」等による

「めぐりかえりあらわれ」が

さも、軽減されたか、

もしくは、消滅したかのように、

自分を納得させようとします。



。。。




「勘違い」や「ボタンの掛け違い」等と言って

納得しても、

ほんとうは、その奥底(しんえん)に、


「 しんじつ 」があります。

【御留意】
「しんじつ(真実/まこと/神実/しんじつ)」
「真実(真理・原理・天理・摂理、等など)」


。。。。



しんじつ(真実/まこと/神実/しんじつ)。




。。。






「勘違いをしたこと」や、

「ボタンの掛け違い」等を

したことに対する

その「こころ」の

「めぐりかえりあらわれ」は、

いずれ、

「しかるべきとき」に、

様々な事象や事情となり

ご本人の人生に、

「めぐりかえりあらわれる」

「しぜん」。




「しかるべきとき」に

ご本人の人生に、

ご本人のそれまでの「業(ごう)しだい」に

倍増されて顕現する

「めぐりかえりあらわれ」は、

決して

「呪い」等ではありません。




いずれ、

「しかるべきとき」に、

「勘違い」や

「ボタンの掛け違い」等をした

ご本人の人生や

その家族の人生、

その家族が存在している地域、

その家族の通う学校や勤め先企業や団体、

その関係者の人生や

業界や国家等にまでも、

それぞれのそれまでの「業(ごう)しだい」に

倍増されて顕現する

「めぐりかえりあらわれ」は、

「ご本人自身が『このよ』に発した」

その「こころ」自体が

「きっかけ」となり、

ご本人やそのご家族等、

それぞれの人生に

様々な事象や事情等の

「めぐりかえりあらわれ」として、

「かえる」、

とても

「しぜん」なことです。




「勘違い」や

「ボタンの掛け違い」等をした、


「こころ」の

「しぜん」の顕現です。




決して、

「呪い」や「リベンジ(逆襲)」等ではありません。





「悪しき勘違い」等をすれば、

「悪しき事情」が

それぞれの人生に

「めぐりかえりあらわれる」

「しぜん」。




「善き勘違い」等をすれば、

「善き事象」が

それぞれの人生に

「めぐりかえりあらわれる」

「しぜん」。





その「しんじつ」が

それぞれの「徳(とく)しだい」や「業(ごう)しだい」に

倍増され、

それぞれの人生に、

「善き事象」や

「悪しき事情」として、

「めぐりかえりあらわれる」

とても

「しぜん」なことです。






「勘違いをしたこと」や、

「ボタンの掛け違い」等を

したことに対する

「めぐりかえりあらわれ」が、

いずれ、

「しかるべきとき」に、

ご本人のそれまでの「業(ごう)しだい」に

倍増されて

ご本人の人生や

その家族の人生、

その家族が存在している地域、

その家族の通う学校や勤め先企業や団体、

その関係者の人生や

業界や国家等、

それぞれの人生に、

「めぐりかえりあらわれる」


「 しぜん 」。





決して、

「リベンジ(逆襲)」や「呪い」等ではありません。





「勘違いをしたこと」や、

「ボタンの掛け違い」等を

したことに対する

「めぐりかえりあらわれ」が、

いずれ、

「しかるべきとき」に、

ご本人のそれまでの「業(ごう)しだい」に

倍増されて

それぞれの人生に、

「めぐりかえりあらわれる」


「しぜん」。






「勘違い」も、


「ボタンの掛け違い」等も、




「わたし」は


「すべて」に感謝します。




ありがとうございます。



「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。


「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「2020」。。。。




「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「しぜん」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}

2014年7月26日(土)毎週末の「神社でのめでぃてーしょん」にて。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


先週もそうでしたが、毎週末の「神社でのめでぃてーしょん」にて、また「こえ」が生じはじめたようです。。。

。。。しかし、その「生じる『こえ』」は、以前のような、「おつたえ」等とは、少々異なっていると感じ/観じられます。

「わたし」は、これまでどおり、「しんえん(深遠/深淵/神苑/新縁/親縁/清縁/信縁/芯縁/真縁/深縁/心縁/神縁)意識」の「なか」にあるのですが、その「生じる『こえ』」は、どうも自己分析をすると、「しんえん(深遠/深淵/神苑/新縁/親縁/清縁/信縁/芯縁/真縁/深縁/心縁/神縁)意識」と「自分意識」の「融和融合意識」のような状態で生じてくるようです。。。

先週生じた「こえ」は、メモに残してありますが、この場で、このブログを通じて「このよ」との共有は、控えさせていただきます。

今週も「生じた『こえ』」を、メモに残しておいたのですが、「このよ」と共有することを先程(10:30頃)、強烈に感じ/観じ、こうして、このブログを通じて、「このよ」と共有させていただくことになりました。

ただし、未成熟な心の人間が読むと「悪しき誤解」を生じる懸念が強いとのことで、「こころせんたく」した「ひと」(「しんか」した成熟した精神・心をお持ちの御方様)が読むことができるように、一部「伏せ字」とさせていただくことになりました。

何卒、ご了承願います。


ありがとうございます。


{以下、今朝の「神社でのめでぃてーしょん」で「生じた『こえ』」(一部伏せ字)}

「わたし」は、
「わたし」は、
「わたし」は、

伝統や正統を
伝統や正統を
伝統や正統を

否定したり蔑ろにする心はありません。
否定したり蔑ろにする心はありません。
否定したり蔑ろにする心はありません。


伝統や正統だけでは
伝統や正統だけでは
伝統や正統だけでは

「このよ」は成り立たないのです。
「このよ」は成り立たないのです。
「このよ」は成り立たないのです。

「わたし」のような「はずれもの」
「わたし」のような「はずれもの」
「わたし」のような「はずれもの」を

否定したり排除したり
否定したり排除したり
否定したり排除したり


。。。。


いわん、いえん。
いわん、いえん。
いわん、いえん。

。。。

すべてじゃ。
すべてじゃ。
すべてじゃ。

。。。

善も悪もいだき「あい」。
善も悪もいだき「あい」。
善も悪もいだき「あい」。


。。。

すべてじゃ!!!

。。。


「わたし」は「しぜん」です。
「わたし」は「しぜん」です。
「わたし」は「しぜん」です。


{「こえ」(一部伏せ字)ここまで。}


。。。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。


「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「2020」。。。。




「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「しぜん」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}

2014年7月20日(日)の「ひかりたち」;京都「お山」伏見稲荷大社「本宮祭」の日に。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。



【 snapshots! 】まとめ。
◆snapshots! アルバム / ALBUM◆

<御留意>
2014年7月21日7:00現在、Webアルバム『Picasa』の管理システム不具合により、『KyotoFushimiInariTaisha_072014』の「アルバムカバー」が「ドラえもん」になってしまっていますが(苦笑)、これは「アルバムの最初の写真が『ドラえもん』」で、「最初の写真がアルバムカバーとして表示されている」ためであり、決して「伏見稲荷大社詣で」の一連のイメージを「ドラえもん」で表現する意図はございません。「管理システムの不具合」が解消され次第、「適切なアルバムカバー」に変更いたします。
ご理解いただけましたら幸いに存じます。
ありがとうございます。


【参照】7月21日7:00現在の『KyotoFushimiInariTaisha_072014』のアルバムカバーが「ドラえもん」状態

アルバムカバーがドラえもん




(下の各画像「ひかりたち」をクリックすると、大きな画像が表示されます。Please click the thumb-nails below. You can see enlarged photos.)
KyotoFushimiInariTaisha_072014_018.jpg KyotoFushimiInariTaisha_072014_023.jpg KyotoFushimiInariTaisha_072014_028.jpg KyotoFushimiInariTaisha_072014_035.jpg KyotoFushimiInariTaisha_072014_038.jpg KyotoFushimiInariTaisha_072014_037.jpg KyotoFushimiInariTaisha_072014_051.jpg KyotoFushimiInariTaisha_072014_054.jpg KyotoFushimiInariTaisha_072014_060.jpg KyotoFushimiInariTaisha_072014_070.jpg KyotoFushimiInariTaisha_072014_071.jpg KyotoFushimiInariTaisha_072014_080.jpg KyotoFushimiInariTaisha_072014_081.jpg KyotoFushimiInariTaisha_072014_085.jpg KyotoFushimiInariTaisha_072014_089.jpg KyotoFushimiInariTaisha_072014_113.jpg KyotoFushimiInariTaisha_072014_104.jpg KyotoFushimiInariTaisha_072014_117.jpg KyotoFushimiInariTaisha_072014_125.jpg KyotoFushimiInariTaisha_072014_126.jpg KyotoFushimiInariTaisha_072014_127.jpg




<スライドショー / SLIDESHOW>】
(こちらをクリックするとスライドショーとなり、他の画像もご覧いただけます。)
(上記をクリックするとスライドショーがスタートします

スライド速度は、マウスを動かすと表示される画面下方の「表示秒数」横の「+マーク」をクリックするとゆっくり表示されるようになります。適宜ご調整ください。)


◆snapshots! アルバム / ALBUM◆






かねがね、

いつの「ひ」か

伏見稲荷大社に、

「全感謝のご挨拶」を

させていただきたかった。



しかし、

それがいつ、

実現するのか、

わからなかった。。。




今年、2014年の春頃から、

「伏見稲荷大社」に

「全感謝のご挨拶」を

させていただきたくなっていた。


【参照】伏見稲荷大社ホームページ

【参照】Wikipedia「伏見稲荷大社」





6月上旬、

なぜか、

生まれて初めての

「伏見稲荷大社詣で」は

「7月20日」だと

強く感じた/観じた。





6月下旬、

1ヶ月先の「新幹線」の

予約切符を購入した。





7月19日夜、

伏見稲荷大社のホームページを

見ていたところ、

「7月20日は、『本宮祭』」だと知った。


。。。




6月上旬に

「生まれて初めての

伏見稲荷詣では

7月20日」だと

強く感じた/観じた

「しんい」が

わかった。



。。。。




7月20日、

「お山」では、

突然の豪雨に

見舞われたが、

偶然にも

丁度

「御茶屋」の

すぐそばで

休憩中だったため、

雨宿りができ、

ずぶ濡れにならずに

すんだ。




ありがとうございます。



。。。。




「伏見稲荷大社」を

去るとき、

あの

「伊勢神宮外宮」を

去るときのような、

強烈な寂しさは

感じ/観じなかった。



それは、



「稲荷神社」が

あちこちにあり、

いつも

すぐ身近に

「ともに」

「いきて」いることを

実感しているから。



。。。



<スライドショー / SLIDESHOW>】
(こちらをクリックするとスライドショーとなります。)
(上記をクリックするとスライドショーがスタートします

スライド速度は、マウスを動かすと表示される画面下方の「表示秒数」横の「+マーク」をクリックするとゆっくり表示されるようになります。適宜ご調整ください。)




京都から、

東京に戻り、

近所にある

複数の

「稲荷神社」に、

「全感謝のご挨拶」を

させていただいた後、

自宅「お江戸庵」に

帰宅した。





ありがとうございます。



。。。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。


「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「2020」。。。。




「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「しぜん」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}

「ひとり」でも、孤独ではありません。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。
2014年7月12日(土)。




「わたし」は「ひとり」です。





しかし「ひとり」でも

決して

孤独で


寂しいこと


悲しいことは


ありません。






「いま」、

これをお読みの

「あなた」様や

人類誕生以来

これまでの人生で、

出会い、

巡り会った

「ひと」達と

「ともに」

いるからです。





「ことば」は

交わせないかもしれません。。。




でも、



「こころ」は


かよいます。





「わたし」を

知っている、

「あい」の皆様。






好かれていようとも、


嫌われていようとも、


怒りの「なか」にいようとも、


喜びの「なか」にいようとも、


そして、


「わらい/笑い/和来」の「なか」にいようとも、



「このよこころ」全てが


「あい(愛/合/相/会/間/逢/遇/ i / I /あい)」。。。



「このよこころすべてまなび」


「わたし」は

孤独ではありません。


これまでの人生で、

出会い、

巡り会った

「ひと」達と

「ともに」

いるからです。





「わたし」を

知っている、

「あい」の皆様。





「わたし」は「ひとり{一人/人り/ひ(霊/一/日/陽/灯/火/彼/非/否/秘/ひ)とり(理/裏/利/離/り/ひとり)}」です。





「ひとり」でも

決して

孤独で


寂しいこと


悲しいことは


ありません。







「わたし」を

知っている

「あい」の皆様と

「ともに」

いるからです。






「いつも」


「あい」の皆様と、


「すべて」と


「ともに」



「すべて」に


「 しぜん 」と


感謝して


いるからです。






ありがとうございます。





。。。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。


「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「2020」。。。。




「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「しぜん」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}

「正しい」ことが「このよ」を「正しく導く」と信じる「あやまり」と、「あやまり」が「あやまり」を導き「このよ」は「あやまり」により正しくなる可能性。

「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。
2014年7月5日(土)。




「正しい」とされている

常識等を

「正しい」と

信じてしまう

未成熟な心

ある。




「正しいあやまり」は

存在しないのかと

考えもしない

未成熟な心も

ある。



「正しい」ことが

「善」であると

信じてしまう

未成熟な心も

ある。



「あやまり」が

「悪」であると

信じてしまう

未成熟な心も

ある。



。。。




「あやまり」という

「正しい」

信心に導かれた

「このよ」の

事実。。。





「正しい」という

「あやまり」の

信心に導かれた

「このよ」の

現実。。。





「あやまり」が

「あやまり」を導き、

「このよ(この世/子の世/未来)」が

結果的に

「あやまり」により

正しくなる

可能性。





「正しい」という「あやまり」が

「あやまり」の「正しい」現実を導き、

「このよ(この世/子の世/未来)」を

結果的に

正しくする

可能性。





「あやまり」という「正しさ」が

「正しい」「あやまり」の事実を導き、

「このよ(この世/子の世/未来)」を

結果的に

正しくする

可能性。




。。。。




「このよ(この世/子の世/未来)」には


「正しい」という「あやまり」が


ある真実。








「このよ(この世/子の世/未来)」には


「あやまり」という「正しさ」が


ある真実。




。。。。




これまで

人類の歴史が、

幾度も

実証しているとおり、


「正しい」ことが、

「このよ」を

「正しく導く」と

信じる

「あやまり」が

ある。






これまで

人類の歴史が、

幾度も

実証しているとおり、


「正しい」ことが、

「あやまり」に

なることが

ある。





これまで

人類の歴史が、

幾度も

実証しているとおり、


「正しい」ことが、

「このよ」を

「正しく導く」と

信じる

「あやまり」。





じきに、

人類は、


「あやまり」の

「正しさ」を




そして



「正しさ」の

「あやまり」を



嫌でも


知ることになる


「しぜん」。





人類、皆、


「死する」までには、


もしくは


遅くとも


「死する」時には、



人類誰もが、



嫌でも、



「このよ」の『 真実 』が



「わかる」





「 しぜん 」。




ありがとうございます。



。。。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。


「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「2020」。。。。




「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「しぜん」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}。。。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

。。。


「みなのこころせんたくしだい」


「このよこころ大平和2020」と成ろうとも、


「とんでもない2020」と成ろうとも、



とてもとても「たのしみ」な、



「2020」。。。。




「みなのこころせんたくしだい」


「めぐりかえりあらわれる」「しぜん」。






「このよこころ大平和2020」のために、

「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

「わたし」は、

「すべて」に

感謝します。





ありがとうございます。






「このよ(この世/子の世/未来)」のために、

わたし」は、「いま」できる「このよこころ」の「さいぜん」を成し、

「わたし」は、「すべて」に感謝します。

「みちのかみ」「やみわかみ」「このよこころ」「すべて」「しぜん(自然/至全/至善/至禅/自禅)」。

みなでひとつ。みなでしあわせ。

しんのしあわせみなそれぞれじぶんじんせいさいぜんにいきることいかすこと。


ありがとうございます。




念のための明示再掲】
2013年3月11日(月);「このよおおせんたくおおつなみ。」
「3.11」の「つぎ」が生じる前に。
。。



【重要】(「このよおおせんたく」に関する内容は初めてこのブログをご覧いただいた方のために幾度も記させて頂いております。ご理解頂けたら幸いです。ありがとうございます。)
2009年6月13日(土)の「おつたえ」;このよおおせんたくしあわせせんたくのかくしん
【参照】
2008年9月5日(金)11:00頃とどきました。;みちびき
2008年9月16日(火)9:00すぎにとどきました。;おおせんたくはじまる
2008年9月16日(火)20:30の「おうかがい」;おおせんたくとは


「わたし」への如何なる思念、想念等も「すべて」に感謝いたします。
ありがとうございます。


「全感謝のこころ」は、「このよ(この世/子の世/未来)」の「創価力」「昇華力」。

すべてに、ありがとう。全感謝。
{注;以下、「スポンサー」が表示される場合がございます。このブログはスポンサーの協力により高速表示等が可能となっております。「スポンサーおよびその内容」等に関しては、ブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の管理者まがたまぱじゃま。は関与しておらず、ブログ運営会社FC2 Inc.によるものです。}
プロフィール

Author:magatamapajama
まがたまぱじゃま。全感謝。

愛知で誕生。日本(関東)在住。
サラリーマン。すぴりちゅありすと。全感謝。

( >>= ATTENTION =>> To non-Japanese speaking people; "Automatic translation function" of Web browser, such as "Live S. Translator" will sometimes NOT show CORRECT meanings of this blog. When you translate this blog into different languages, please Do NOT be MISLED by the wrong translations. Thank you very much.)

毎週末に近所の神社でめでぃてーしょんをさせていただくさなか、「おつたえ」をいただきます。
幼少時代から「こころのこえ」のようなものを感じており、青少年時代に、あるきっかけで毎日「お墓参り」をさせていただいたなか、「ご先祖様(?)」からの「こえ」を聞くようになり、「こころのたいわ」を意識するようになりました。「物質ではない存在とのコミュニケーション」を学ぶことができました。

数年前から毎週末にお世話になっている、近くの神社でのめでぃてーしょんを通じて、「おつたえ(しんい・めっせーじ)」をいただき、最近はその「おつたえ」が「くげん」となっております。
(◆2010年クリスマスより「おつたえ」等は「そのひ」まで「ふす」こととなりました。ありがとうございます。)

<詳細は、下のカテゴリの中の「◎はじめに。」をご一読頂けましたら幸いです。>

{★このブログはリンクフリーです。リンクご自由にどうぞ。}
(一部「コメント」等、筆者以外の人物における行為により記された箇所を除き、このブログ『すべてに、ありがとう。全感謝。』の記述内容は筆者「まがたまぱじゃま。」個人に基づくものです。)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター